秋の気配ただよう京都植物園

まだまだ暑い日が続くが植物園では秋の気配が感じられる。

日本語では、ススキの穂は、それを動物の尾に見立てて尾花(おばな)と呼ぶことがあり、ススキ自体もそのように呼ばれることがある。

この「尾花」はススキおよびススキの穂を意味する古名であり、奈良時代初期の歌人・山上憶良が『万葉集』(巻八 1538)にて「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また 藤袴 朝顔の花」と詠んだように、古来、秋の七草の一つに数えられている。

また、馬の毛色で尾花栗毛(おばなくりげ)というのは、栗毛馬や栃栗毛馬であることに加えて鬣(たてがみ)や尾の長毛が白色のものを指す。

この白毛は遠目には金色に輝いて見えるため、その特徴を秋のススキの穂になぞられて呼ばれたものである。

江戸時代中期の俳人・与謝蕪村は「狐火の 燃えつくばかり 枯尾花」と詠んでいるが、こちらは、夜の野原にて風に揺らめく枯尾花の情景を、怪しく燃え盛るこの世のものならぬ狐火に譬えた俳句である。

ワレモコウ

源氏物語にも見える古い名称。
漢字表記においては吾木香、我毛紅、我毛香など様々に書かれてきたが、「〜もまた」を意味する「亦」を「も」と読み、「吾亦紅」と書くのが現代では一般的。

名の由来には諸説あるが、前川文夫によれば木瓜文(もっこうもん)を割ったように見えることからの命名という。

ほか、「我もこうありたい」の意味であるなど、様々な俗説もある。

別名に酸赭、山棗参、黄瓜香、豬人參、血箭草、馬軟棗、山紅棗根などがある。

ハグロトンボ

真っ黒の翅が、薄くらい藪や川のほとりをひらひらと飛んでいる姿が不気味。

俗にオハグロトンボと呼ばれてたりします。

名前は、実が熟して割れたさまが、人の「あくび」に似ていることから「あけび」に変化していった。
 
また、実は熟してくるとぱっくり口をあけたように 裂けることから、「開け実(あけみ)」→「あけび」になった、という説もある。

中国原産のヌマミズキ科カンレンボクは、強い生命力と多くの実をつけることから、子孫繁栄にたとえられる喜びの木として喜樹(キジュ)と呼ばれています。

雌雄同株で夏にクリーム色の花を咲かせ、秋になる実をつける。

でき始めの実はヤマボウシの実のようだが、徐々に小型のバナナのような風体に変化していく。

カピタータとホンコンエンシスの交雑から生まれた常緑のヤマボウシ品種。

ややクリーム色を帯びた大輪白花で、花と葉はともに大きく、自然ときれいな樹形にまとまる。

オトコエシは、オミナエシ科の多年草。
オミナエシに姿形は似ているが、花の色は白く、姿は遙かに逞しい。

オークサカーナマツ

メキシコ原産のマツの仲間の1種。
葉は線状でやや長めで垂れ下がる。

青花のスイレン、きれい。

アンブレラフワワー、毒マスクのように見えてしまいました。

キンシャチ、小さな花がかわいい。

バオバブは地球上に存在する最も大きな樹木ともいわれ、また、アップサイドダウンツリー(上下さかさまの木)として、ユニークな形でも知られています。

語源は:諸説あるが、アラビア語で果実が多いという意味のbu hobab に由来し、baobab に変化したと言われています。

アリストロキア アルボレアが開花しています。

多くのアリストロキア属がつる性であるのに対し、高さ3メートル程度のかん木になる種です。

一つの花の寿命は一週間程度ですが、株元につく花茎には次々と花が咲き、長期間楽しめます。
花は直径7センチ程度の頭巾のような形をしており、花色は茶色で、下部が白くなります。

原産地は、メキシコからエルサルバドルにかけての中央アメリカで、湿度の高い環境を好みます。

現在開花している株は、2000年9月にインドネシアのボゴール植物園からs挿し穂を譲り受けたもので、京都植物園では初開花。

また、アリストロキア アルボレアの開花は、花空間けいはんなについで国内2例目。

子宝草は、ベンケイソウ科・カランコエ属に分類される常緑性の多肉植物。

ベンケイソウ科の胡蝶の舞(コチョウノマイ)と子宝弁慶(コダカラベンケイ)を交配させて作られた。

その見た目から、子孫繁栄の象徴として子宝のお守りとされ、人気があります。
子株がたくさんついている姿は、葉の縁にフリルがあしらわれているな、不思議な形。

噴水の周りに虹が・・・そばで鳥が楽しそう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

初秋の長居植物園


まだまだ暑い日が続きますが、空はすみわたり秋の到来を予感させます。

広葉樹の落葉が見られ始めました。

ハナミズキも色づき始めています。

長く楽しませてくれた蓮もそろそろ終わり。

マリーゴールド、群生もきれい。

カツラ、葉はハート型に似た円形が特徴的で、秋には黄色く紅葉する。
落葉は甘い香り(醤油の良いにおいに似ている)を呈する。

センダン、花が散ると緑色の実がなり、秋には黄色く色づきます。
落葉後にも長く実が残ります。

パンパスグラス、群生を見ることが多いが、こういうのもいい。

渓流にも秋色が。

ボタン園のそば、いつもの場所で彼岸花が咲き始めました。

ここの彼岸花はよそより早く咲き始めます。

小池の流れ込み、向こうにはメタセコイヤも見える。

小池の渓流に架かる橋。

ここも秋の気配。

キッコウチク(亀甲竹)はモウソウチクの突然変異で、稈の枝下部分の節間が交互に膨れており節が斜めとなった竹。

節が亀甲状に稈が連鎖した特異な形は観賞用に庭園へ植えられて珍重される。

京都特産と言われており、京都ではキッコウチクを収穫し火あぶりにより磨き上げた製品を京銘竹として京都府伝統工芸品の一つに指定している。

加工品は主に床柱・花器・結界など。
なおテレビドラマの「水戸黄門」に登場する水戸光圀の杖はキッコウチク製。

チシャノキも実をつけている。

オミナエシ

「萩の花尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」山上憶良(万葉集・巻八 1538)

「手に取れば袖さへにほふ女郎花この白露に散らまく惜しも」不詳(万葉集・巻十 2115)

カリンもたわわに実をつけています。

ソテツは雌雄異体の植物、雄花は棒状に咲き、雌花は球状に咲く。

バタフライガーデンで、ツマグロヒョウモン(オス)。

秋の風情。

むかご、春から夏に伸びた山芋のつるに秋ごろ付き始める山芋の実。
炊き込みご飯などにするとほくほくとした芋の滋味深い味わいが楽しめます。

バタフライガーデンの裏手も彼岸花の咲く場所。

コスモスが咲き始めています。

スタペリア

花はヒトデ形で大きさは5cm~30cmと種によって異なる。

色は暗紫色や紫褐色、黄色などで斑点や横紋の入るもの、花にびっしりと毛の生えるものなどもある。

(風鈴仏桑花) は、大型の五弁花に細く深い切り込みがあり、後ろに反っているハイビスカスの一種の非耐寒性常緑低木。

花柄は、下に長く伸びて、先端付近には筒状の雄シベがついています。

ハイビスカスが、通常、一日花なのに対して、フウリンブッソウゲは何日も咲き続けます。

サクララン、ガガイモ科サクララン属(ホヤ属)に分類されるツル植物の総称。

葉っぱがランに似ていて、花が桜のようなピンク色をしていることから「サクララン」の和名がついた。

花は分厚く光沢があって、飴細工のような感じ。

コリウス

和名は金襴紫蘇(きんらんじそ)、錦紫蘇(にしきじそ)。

花は

『善良な家風』『健康』『かなわぬ恋』『恋の望み』『絶望の恋』

1年中きれいな葉っぱをつけることから「健康」という花言葉がつけられた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

恋の宮 金ケ崎宮


当地にあった金ヶ崎城址の麓にある。
恒良親王と尊良親王を祭神とする。
建武中興十五社の一社で、旧社格は官幣中社。

年末まであとわずだか、こんなきれいな紅葉が。

花換の小径を進むときれいな夕日。

明治時代、金崎宮へ桜見物に訪れた男女が「花換えましょう」と声をかけあい、桜の小枝を交換することで思いを伝えたそうです。

「花換え」をしたカップルは将来幸せに恵まれるといわれ、いつしか金崎宮は「恋の宮」と呼ばれるようになりました。
今でも桜の季節のみならず良縁を願う若者が大勢訪れています。

金ケ崎城跡を根ざす、左手には敦賀湾が、苫小牧行きのフェリーも見えている。

標高86mの金ヶ崎城跡、眺望が良い。天候がよければ遠く越前海岸まで見える。

戦国武将は皆、この地をターニングポイントにした。

敦賀湾を一望する小高い山、そこに『金ヶ崎城跡』がある。
延元元年(1336年)恒良、尊良両親王を守護した新田義貞が足利軍と戦った古戦場。

戦いは激しさを極め、尊良親王ら300人は籠城から半年後、城に火を放ち自害。
中腹の金崎宮には、その両親王が祀られている。

また、この地には戦国時代の「つはものども」の気迫を今に伝える、数々の逸話も残っている。

―時は元亀元(1570)年4月。朝倉義景討伐を企てた織田信長が越前に攻め入ろうとしたその時、近江浅井氏裏切りの報が。

窮地に陥った信長だったが、金ヶ崎城でしんがりを努めた木下籐吉郎(豊臣秀吉)の活躍で、無事帰京できたという― 姉川の合戦で、浅井・朝倉連合軍を敗った信長。

そして、その信を受け天下取りの道を進んだ秀吉。
さらに、秀吉のしんがりを助け、後に謝意を受けた徳川家康…金ヶ崎城をめぐる出来事は、それぞれの武将にとって天下取りへの転換点となっている。

落日が迫っている、慌てて下山するも間に合わず、樹間から残照。

敦賀関連の記事一覧

敦賀散策
賀市は、木ノ芽峠のすぐ南側で若狭湾の最も東に位置する。 更に、日本海側と太平洋 … 続きを読む →

大谷吉継の敦賀城跡
大谷吉継は裏切りが常の戦国の世に、盟友・石田三成との堅い友情に殉じた武将、また晩 … 続きを読む →

天下取りへの転換点 金ヶ崎城
南北朝、戦国期を通じ常に天下取りへの転換点となった金ヶ崎城址への訪問記。 金ヶ崎 … 続きを読む →

南北朝、戦国争乱の城と恋物語 金ヶ崎城址
金ヶ崎城は敦賀市北東部、敦賀湾に突き出した海抜86メートルの小高い丘(金ヶ崎山) … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

金ケ崎宮へのアクセス、行き方歩き方

金ケ崎宮公式サイト

福井県敦賀市金ヶ崎町1-4

JR北陸本線敦賀駅からぐるっと敦賀周遊バスで8分、金ヶ先緑地下車すぐ

萬福寺 ナンテンがきれい

鎖国下であった日本に、隠元はその名からつけられたインゲン豆やスイカ、レンコン、タケノコ(孟宗竹)などをもたらし、普茶料理を広めた。

字体でもお馴染の明朝体もまたそうだという。

これらは黄檗文化とも呼ばれ、現代の日本の日常に見事に浸透している。

玄関に当たる天王殿には太鼓腹の布袋尊を祀る。
弥勒菩薩の化身という、都七福神の一つ。

すべての不平・不満を笑い飛ばすかのような福徳円満の相をしておられるので、諸縁吉祥、縁結びの神とされる。

また、袋の中には財宝が入っているということから、布袋さんの行く所には幸せがもたらされるとされています。

布袋さんと背中合わせには韋駄天(いだてん)をお祀りしてあります。
中国では、韋駄天はお釈迦さまをお守りする護法善神(ごぼうぜんしん)の一つです。

左右の壁面には十八羅漢が安置されています。
日本のお寺では十六羅漢が一般的ですが、萬福寺では「慶友尊者(けいゆうそんじゃ)」「賓頭廬尊者(びんずるそんじゃ)」が加わって十八羅漢」となっている。

齊堂前にある開版は魚板で木魚の原形とされる。

この石畳が龍のうろこだとさける、そしてお寺全体が龍だという。

庭のこの丸い物体、気になる。

ナンテンの実が真っ赤に熟れてきれいです。

葉も真っ赤です、和名の由来は、漢名の「南天燭」の略。

南天の花は、仲夏の季語。実は三冬の季語。

音が「難転」即ち「難を転ずる」に通ずることから、縁起の良い木とされ、鬼門または裏鬼門に植えると良いなどという俗信がある。

葉は、南天葉(なんてんよう)という生薬で、健胃、解熱、鎮咳などの作用がある。

葉に含まれるシアン化水素は猛毒であるが、含有量はわずかであるために危険性は殆どなく、食品の防腐に役立つ。このため、彩りも兼ねて弁当などに入れる。

今日のお昼にいただいた普茶料理にもナンテンが添えられている。

萬福寺関連記事一覧

萬福寺に普茶料理を食す
禅宗の精進料理として、江戸の初期にもたらされたという普茶料理を食す。 「普茶」と … 続きを読む →

萬福寺に紅葉を訪ねる
萬福寺は建物や仏像の様式、儀式作法から精進料理に至るまで中国風で、日本の一般的な … 続きを読む →

萬福寺界隈
萬福寺を訪れたことは以前の記事の通りだがその時の町の印象などを記しておきたい。 … 続きを読む →

冬日の萬福寺
隠元禅師は中国福建省福州府福清県の黄檗山萬福寺の住持だった。 日本からの度重なる … 続きを読む→

宇治茶発祥の地 黄檗山 萬福寺
江戸初期、中国から渡来した隠元禅師が中 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

萬福寺への行き方歩き方

萬福寺公式サイト

・住所:〒611-0011 京都府宇治市五ヵ庄三番割34
・電話:0774-32-3900
・拝観時間:9:00~16:30
・拝観料:500円

・アクセス:JR奈良線、京阪電車宇治線の「黄檗」駅から徒歩約10分

晩秋の好古園

「好古園」は、江戸時代に現在の庭園入口付近に存在した藩校「好古堂」に因むもの。

今日のお昼はサブウェイ「イーグレひめじ店」

ローストビーフ、野菜増量、ミネストローネ、パンが閉じられません、今日はベジタリアン。

城を借景に造られた庭園の面積は約1万坪(3.5ha)。
滝や池のある「御屋敷の庭」や本格的数奇屋建築の茶室、双樹庵のある「茶の庭」など9つの庭園群で構成。

江戸時代をしのばせる築地塀や屋敷門・長屋門、渡り廊下で結ばれた活水軒と潮音斎のたたずまいが特別史跡地にふさわしい歴史的景観を創り出し、時代劇や大河ドラマのロケ地としても使われる。

庭園群を区切る築地塀。

もうすでに晩秋、庭の木々も葉を落とす。

活水軒横の渓流の紅葉の赤が見事。

御屋敷の庭の池周辺もわずかに紅葉が残る。

苗の庭では播磨地方野生菊の代表といえるのじぎくが残っていた。
特に姫路市東南部の海岸に群生していることは、よく知られている。

流れの平庭、ひときわ紅い紅葉が目を引く。

姫路のマンホールの蓋、市の花サギソウが白色バージョン。

姫路城のカラーデザインに、「世界遺産 姫路城」と「OSUI」の文字が入っています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

紅葉の穴場 西教寺

西教寺は、天台宗総本山の延暦寺、天台寺門宗総本山の園城寺(三井寺)に比べ知名度は高いとは言えないが、天台系仏教の一派である天台真盛宗の総本山として、400か寺以上の末寺を有する。

西教寺へは徒歩で辿った、途中琵琶湖のビューポイントが沢山ある、晩秋の野にはススキが揺れていた。

総門をくぐると、参道の左右に計6か寺の子院が並ぶ、既に盛りを過ぎているが紅葉のトンネルとなる場所。
訪問してわかったが゜紛れもなく紅葉の穴場だ。

参道の正面突き当たりには勅使門があり、その左に宗祖大師殿、奥の小高くなった場所に本堂、客殿、書院などが建つ中心伽藍があり回廊で結ばれている。

山門の辺りはまだまだ紅葉が見事だ。

山門の右を見ると真っ赤な紅葉。

山門を潜り振り返る、見事な紅葉。

濡れた参道に散りモミジ、見事な風情を独り占め。

荘厳な風格を誇る本堂(重文)、739年建造、本堂・客殿・書院などが建つ中心伽藍は、回廊によってつながっている。

宗祖真盛上人廟への石段。

伏見城の遺構を移したという客殿、その内部の狩野派(かのうは)による人物・花鳥襖絵(ふすまえ)など、多くの見所がある。

元亀2年(1571)織田信長の比叡山焼き打ちによって西教寺が全焼、本堂・丈室・鐘楼・僧厨等が焼失した。

坂本城主となった明智光秀が、西教寺を菩提寺にしようとして、復興には特に心を用い大壇越となって、坂本城の陣屋を寄進して大本坊を再建した。

昭和33年に大本坊を改築の際、「天正年中明智公所造之古木」と彫った古材が屋根裏から出てきた。

明智光秀公と妻?子夫人の木像が安置されている、現大本坊は、昭和33年に完成されたものである。
昭和の木造建造物では、滋賀県内最大の建造物と言われている。

書院庭園、明治初期の作庭。

天正18年(1590年)、後陽成天皇は綸旨を発し、応仁の乱後、荒廃して廃寺となっていた京都・岡崎の法勝寺をその末寺である西教寺に合併させることとした。

法勝寺の寺籍は西教寺に引き継がれ、法勝寺伝来の仏像、仏具等も西教寺に移された。
寺の別名を「兼法勝西教寺」というのはここから来ている。

現在、西教寺客殿の仏間に安置される、秘仏・薬師如来坐像は、法勝寺の遺物とされている。

「兼法勝西教寺」という石標と駒札が見えている。

西教寺の護猿(ござる・・守りざる)・・西教寺の法難を救う

1493年、坂本の地で徳政一揆が勃発。

比叡山の僧兵たちが、西教寺の真盛上人が関わったのではないかとして、西教寺を襲撃してきました。
その時、本堂の鉦をならし続けて急を知らせたのが手が白い猿でした。

猿が真盛上人の身代わりとなって鉦を撞いていたのです。

その猿は日吉神社の神のおつかえであるとして、僧兵達はその場を撤退したということです。
搭頭の屋根瓦には猿が随所に置かれています。

勅使門へ降りる石段から見上げた景観、素晴らしい。
まさに紅葉の穴場にふさわしい。

辺りは城壁と見まがう石垣、もちろん穴太積だ。

散りモミジも見事。

一面モミジの絨毯。

勅使門脇の見事な紅葉。

十三重石塔は江戸時代前期の作で、鎌倉時代などの石塔より時代が下がり、粗雑な作りになっている。

時代が下がると、石塔建立の需要が大幅に増加した為、粗製濫造の傾向が加速される。

また、発注する側も塔を寄進する行為そのもの重視するようになり、石塔の優美な美しさが消えていく。

宗祖大師殿唐門前からのレイクビュー、正面に近江富士を配し、本来は枯れ枝が紅葉の枝のはず。

宗祖大師殿唐門を額縁に見立てる、見事な景観だ、紅葉が残っていれば最高の景観。

宗祖大師殿は、明治11年別派独立が公許されたのを記念して、宗祖真盛上人像を安置するため建立されたもの。

宝珠丸像、真盛上人は、紀貫之の末裔で幼名は宝珠丸。

母が地蔵菩薩から宝珠を授かった夢をみて上人を身籠ったのでこう名付けたと言われる。

門前にある沢庵禅師の碑、江戸時代の禅僧沢庵禅師(1573~1645)が、慶長19年(1614)5月頃に42歳の時、近江を巡歴し「石山行記」という紀行文に書かれている文で、沢庵禅師は京都を出発し石山寺、三井寺を参詣で、琵琶湖を船で坂本に渡り西教寺を訪れている一節である。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

西教寺へのアクセス、行き方歩き方

西教寺公式サイト

滋賀県大津市坂本5丁目13番1号
TEL:077-578-0013

JR湖西線『比叡山坂本』駅 下車、江若バス約7分(西教寺下車)、又は徒歩30分 ◎京阪電車『坂本』駅下車、江和バス約4分(西教寺下車)、又は徒歩25分

坂本の紅葉またまだきれいです


12/5坂本訪問、駅前は濡れた地面に落ち葉が積り、朝日が射しています、とてもきれいです。

もうすでに紅葉も終末期に近く、葉を落とした木が目立つがまだまだきれいな姿を見せてくれています。

歩道は落ち葉がとてもきれい。

落ち葉に陽が射して雰囲気が盛り上がる。

ベンチの落ち葉もいい。

濡れた歩道と落ち葉そして陽が射し込む、いい取り合わせだ。

快晴の空に飛行機雲、そして紅葉。

歩道わきの結界の綱が張られた大石と落ち葉。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

紅葉の壺坂寺に遊ぶ 


盛りを過ぎたとはいえまだまだ紅葉が楽しめる壺坂寺、参道山道で。

駐車場から見上げれば朝日に照らされた紅葉が。

朝の光は神々しい。

今日は空の表情もいい。

赤い頭巾がかわいい。

掌にかわいい仏像が。

頭が清々しい。

釈迦の足元から。

ズームダウン回転。

多重露光。

レンズベビー、写軸とピント合わせが難しいが慣れるしかない。

レンズベビー。

レンズベビー。

レンズベビー+多重露光。

多重露光。

センターフォーカス。

しっかり遊べる場所だ、愉しく遊んでいるうちに陽は西へ、流れる雲がきれいだった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

壺坂寺へのアクセス、行き方歩き方

奈良県高市郡高取町壷阪3
電話 0744-52-2016

近鉄壺阪山駅から壷阪寺前行きバス「壷阪寺前」下車すぐ、便数が少ないので注意。

習作2

絶景紅葉でなくとも紅葉が楽しめる作画技法、目下悪戦苦闘中。

ぶらし

ぶらし

多重露光

ぶらし

ぶらし

ぶらし

塩ビミラー

水晶玉

多重露光

多重露光

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大覚寺の嵯峨菊展2016


毎年大覚寺の境内にて11月1日~11月30日の1ヶ月間開催され、大覚寺で栽培されている門外不出の嵯峨菊、約800鉢が公開される。

嵯峨菊は江戸期に品種改良が進んだ古典菊の一種で日本三大名菊の一つ。見頃は11月中旬。

この嵯峨菊は大沢池、菊が島に咲いていた菊がルーツとされ、門外不出として長年にわたり境内で大切に植えられてきました。

いけばな嵯峨御流とも密接な関係があり、その育て方は実に様々な流儀があります。

色は、御所の雪(白)・御所の秋(黄)・御所の綿(朱)など単色が多いのが特徴。

大覚寺では、王朝風の七五三作りで仕立てます。

花は、先端が三輪・中程に五輪・下手に七輪です。

葉は、下部を黄色・中程を緑色・上を淡緑、そのようにして、春夏秋冬を表している。

それを、一鉢に三本。
高さは、殿上から観賞するのに良い長さの約2mで展示。

実はこの高さ、御殿の上から見てちょうど見やすい位置に花が来る高さなのです。
嵯峨天皇も御殿の上から嵯峨菊を眺めたのでしょうか。なんと贅沢な話。

五大堂のテラスから大沢の池の背景とともに楽しむ、納得。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大覚寺へのアクセス、行き方歩き方

京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
075-871-0071

市バス・京都バス「大覚寺」下車 徒歩すぐ