恋の宮 金ケ崎宮


当地にあった金ヶ崎城址の麓にある。
恒良親王と尊良親王を祭神とする。
建武中興十五社の一社で、旧社格は官幣中社。

年末まであとわずだか、こんなきれいな紅葉が。

花換の小径を進むときれいな夕日。

明治時代、金崎宮へ桜見物に訪れた男女が「花換えましょう」と声をかけあい、桜の小枝を交換することで思いを伝えたそうです。

「花換え」をしたカップルは将来幸せに恵まれるといわれ、いつしか金崎宮は「恋の宮」と呼ばれるようになりました。
今でも桜の季節のみならず良縁を願う若者が大勢訪れています。

金ケ崎城跡を根ざす、左手には敦賀湾が、苫小牧行きのフェリーも見えている。

標高86mの金ヶ崎城跡、眺望が良い。天候がよければ遠く越前海岸まで見える。

戦国武将は皆、この地をターニングポイントにした。

敦賀湾を一望する小高い山、そこに『金ヶ崎城跡』がある。
延元元年(1336年)恒良、尊良両親王を守護した新田義貞が足利軍と戦った古戦場。

戦いは激しさを極め、尊良親王ら300人は籠城から半年後、城に火を放ち自害。
中腹の金崎宮には、その両親王が祀られている。

また、この地には戦国時代の「つはものども」の気迫を今に伝える、数々の逸話も残っている。

―時は元亀元(1570)年4月。朝倉義景討伐を企てた織田信長が越前に攻め入ろうとしたその時、近江浅井氏裏切りの報が。

窮地に陥った信長だったが、金ヶ崎城でしんがりを努めた木下籐吉郎(豊臣秀吉)の活躍で、無事帰京できたという― 姉川の合戦で、浅井・朝倉連合軍を敗った信長。

そして、その信を受け天下取りの道を進んだ秀吉。
さらに、秀吉のしんがりを助け、後に謝意を受けた徳川家康…金ヶ崎城をめぐる出来事は、それぞれの武将にとって天下取りへの転換点となっている。

落日が迫っている、慌てて下山するも間に合わず、樹間から残照。

敦賀関連の記事一覧

敦賀散策
賀市は、木ノ芽峠のすぐ南側で若狭湾の最も東に位置する。 更に、日本海側と太平洋 … 続きを読む →

大谷吉継の敦賀城跡
大谷吉継は裏切りが常の戦国の世に、盟友・石田三成との堅い友情に殉じた武将、また晩 … 続きを読む →

天下取りへの転換点 金ヶ崎城
南北朝、戦国期を通じ常に天下取りへの転換点となった金ヶ崎城址への訪問記。 金ヶ崎 … 続きを読む →

南北朝、戦国争乱の城と恋物語 金ヶ崎城址
金ヶ崎城は敦賀市北東部、敦賀湾に突き出した海抜86メートルの小高い丘(金ヶ崎山) … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

金ケ崎宮へのアクセス、行き方歩き方

金ケ崎宮公式サイト

福井県敦賀市金ヶ崎町1-4

JR北陸本線敦賀駅からぐるっと敦賀周遊バスで8分、金ヶ先緑地下車すぐ

萬福寺 ナンテンがきれい

鎖国下であった日本に、隠元はその名からつけられたインゲン豆やスイカ、レンコン、タケノコ(孟宗竹)などをもたらし、普茶料理を広めた。

字体でもお馴染の明朝体もまたそうだという。

これらは黄檗文化とも呼ばれ、現代の日本の日常に見事に浸透している。

玄関に当たる天王殿には太鼓腹の布袋尊を祀る。
弥勒菩薩の化身という、都七福神の一つ。

すべての不平・不満を笑い飛ばすかのような福徳円満の相をしておられるので、諸縁吉祥、縁結びの神とされる。

また、袋の中には財宝が入っているということから、布袋さんの行く所には幸せがもたらされるとされています。

布袋さんと背中合わせには韋駄天(いだてん)をお祀りしてあります。
中国では、韋駄天はお釈迦さまをお守りする護法善神(ごぼうぜんしん)の一つです。

左右の壁面には十八羅漢が安置されています。
日本のお寺では十六羅漢が一般的ですが、萬福寺では「慶友尊者(けいゆうそんじゃ)」「賓頭廬尊者(びんずるそんじゃ)」が加わって十八羅漢」となっている。

齊堂前にある開版は魚板で木魚の原形とされる。

この石畳が龍のうろこだとさける、そしてお寺全体が龍だという。

庭のこの丸い物体、気になる。

ナンテンの実が真っ赤に熟れてきれいです。

葉も真っ赤です、和名の由来は、漢名の「南天燭」の略。

南天の花は、仲夏の季語。実は三冬の季語。

音が「難転」即ち「難を転ずる」に通ずることから、縁起の良い木とされ、鬼門または裏鬼門に植えると良いなどという俗信がある。

葉は、南天葉(なんてんよう)という生薬で、健胃、解熱、鎮咳などの作用がある。

葉に含まれるシアン化水素は猛毒であるが、含有量はわずかであるために危険性は殆どなく、食品の防腐に役立つ。このため、彩りも兼ねて弁当などに入れる。

今日のお昼にいただいた普茶料理にもナンテンが添えられている。

萬福寺関連記事一覧

萬福寺に普茶料理を食す
禅宗の精進料理として、江戸の初期にもたらされたという普茶料理を食す。 「普茶」と … 続きを読む →

萬福寺に紅葉を訪ねる
萬福寺は建物や仏像の様式、儀式作法から精進料理に至るまで中国風で、日本の一般的な … 続きを読む →

萬福寺界隈
萬福寺を訪れたことは以前の記事の通りだがその時の町の印象などを記しておきたい。 … 続きを読む →

冬日の萬福寺
隠元禅師は中国福建省福州府福清県の黄檗山萬福寺の住持だった。 日本からの度重なる … 続きを読む→

宇治茶発祥の地 黄檗山 萬福寺
江戸初期、中国から渡来した隠元禅師が中 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

萬福寺への行き方歩き方

萬福寺公式サイト

・住所:〒611-0011 京都府宇治市五ヵ庄三番割34
・電話:0774-32-3900
・拝観時間:9:00~16:30
・拝観料:500円

・アクセス:JR奈良線、京阪電車宇治線の「黄檗」駅から徒歩約10分

晩秋の好古園

「好古園」は、江戸時代に現在の庭園入口付近に存在した藩校「好古堂」に因むもの。

今日のお昼はサブウェイ「イーグレひめじ店」

ローストビーフ、野菜増量、ミネストローネ、パンが閉じられません、今日はベジタリアン。

城を借景に造られた庭園の面積は約1万坪(3.5ha)。
滝や池のある「御屋敷の庭」や本格的数奇屋建築の茶室、双樹庵のある「茶の庭」など9つの庭園群で構成。

江戸時代をしのばせる築地塀や屋敷門・長屋門、渡り廊下で結ばれた活水軒と潮音斎のたたずまいが特別史跡地にふさわしい歴史的景観を創り出し、時代劇や大河ドラマのロケ地としても使われる。

庭園群を区切る築地塀。

もうすでに晩秋、庭の木々も葉を落とす。

活水軒横の渓流の紅葉の赤が見事。

御屋敷の庭の池周辺もわずかに紅葉が残る。

苗の庭では播磨地方野生菊の代表といえるのじぎくが残っていた。
特に姫路市東南部の海岸に群生していることは、よく知られている。

流れの平庭、ひときわ紅い紅葉が目を引く。

姫路のマンホールの蓋、市の花サギソウが白色バージョン。

姫路城のカラーデザインに、「世界遺産 姫路城」と「OSUI」の文字が入っています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

紅葉の穴場 西教寺

西教寺は、天台宗総本山の延暦寺、天台寺門宗総本山の園城寺(三井寺)に比べ知名度は高いとは言えないが、天台系仏教の一派である天台真盛宗の総本山として、400か寺以上の末寺を有する。

西教寺へは徒歩で辿った、途中琵琶湖のビューポイントが沢山ある、晩秋の野にはススキが揺れていた。

総門をくぐると、参道の左右に計6か寺の子院が並ぶ、既に盛りを過ぎているが紅葉のトンネルとなる場所。
訪問してわかったが゜紛れもなく紅葉の穴場だ。

参道の正面突き当たりには勅使門があり、その左に宗祖大師殿、奥の小高くなった場所に本堂、客殿、書院などが建つ中心伽藍があり回廊で結ばれている。

山門の辺りはまだまだ紅葉が見事だ。

山門の右を見ると真っ赤な紅葉。

山門を潜り振り返る、見事な紅葉。

濡れた参道に散りモミジ、見事な風情を独り占め。

荘厳な風格を誇る本堂(重文)、739年建造、本堂・客殿・書院などが建つ中心伽藍は、回廊によってつながっている。

宗祖真盛上人廟への石段。

伏見城の遺構を移したという客殿、その内部の狩野派(かのうは)による人物・花鳥襖絵(ふすまえ)など、多くの見所がある。

元亀2年(1571)織田信長の比叡山焼き打ちによって西教寺が全焼、本堂・丈室・鐘楼・僧厨等が焼失した。

坂本城主となった明智光秀が、西教寺を菩提寺にしようとして、復興には特に心を用い大壇越となって、坂本城の陣屋を寄進して大本坊を再建した。

昭和33年に大本坊を改築の際、「天正年中明智公所造之古木」と彫った古材が屋根裏から出てきた。

明智光秀公と妻?子夫人の木像が安置されている、現大本坊は、昭和33年に完成されたものである。
昭和の木造建造物では、滋賀県内最大の建造物と言われている。

書院庭園、明治初期の作庭。

天正18年(1590年)、後陽成天皇は綸旨を発し、応仁の乱後、荒廃して廃寺となっていた京都・岡崎の法勝寺をその末寺である西教寺に合併させることとした。

法勝寺の寺籍は西教寺に引き継がれ、法勝寺伝来の仏像、仏具等も西教寺に移された。
寺の別名を「兼法勝西教寺」というのはここから来ている。

現在、西教寺客殿の仏間に安置される、秘仏・薬師如来坐像は、法勝寺の遺物とされている。

「兼法勝西教寺」という石標と駒札が見えている。

西教寺の護猿(ござる・・守りざる)・・西教寺の法難を救う

1493年、坂本の地で徳政一揆が勃発。

比叡山の僧兵たちが、西教寺の真盛上人が関わったのではないかとして、西教寺を襲撃してきました。
その時、本堂の鉦をならし続けて急を知らせたのが手が白い猿でした。

猿が真盛上人の身代わりとなって鉦を撞いていたのです。

その猿は日吉神社の神のおつかえであるとして、僧兵達はその場を撤退したということです。
搭頭の屋根瓦には猿が随所に置かれています。

勅使門へ降りる石段から見上げた景観、素晴らしい。
まさに紅葉の穴場にふさわしい。

辺りは城壁と見まがう石垣、もちろん穴太積だ。

散りモミジも見事。

一面モミジの絨毯。

勅使門脇の見事な紅葉。

十三重石塔は江戸時代前期の作で、鎌倉時代などの石塔より時代が下がり、粗雑な作りになっている。

時代が下がると、石塔建立の需要が大幅に増加した為、粗製濫造の傾向が加速される。

また、発注する側も塔を寄進する行為そのもの重視するようになり、石塔の優美な美しさが消えていく。

宗祖大師殿唐門前からのレイクビュー、正面に近江富士を配し、本来は枯れ枝が紅葉の枝のはず。

宗祖大師殿唐門を額縁に見立てる、見事な景観だ、紅葉が残っていれば最高の景観。

宗祖大師殿は、明治11年別派独立が公許されたのを記念して、宗祖真盛上人像を安置するため建立されたもの。

宝珠丸像、真盛上人は、紀貫之の末裔で幼名は宝珠丸。

母が地蔵菩薩から宝珠を授かった夢をみて上人を身籠ったのでこう名付けたと言われる。

門前にある沢庵禅師の碑、江戸時代の禅僧沢庵禅師(1573~1645)が、慶長19年(1614)5月頃に42歳の時、近江を巡歴し「石山行記」という紀行文に書かれている文で、沢庵禅師は京都を出発し石山寺、三井寺を参詣で、琵琶湖を船で坂本に渡り西教寺を訪れている一節である。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

西教寺へのアクセス、行き方歩き方

西教寺公式サイト

滋賀県大津市坂本5丁目13番1号
TEL:077-578-0013

JR湖西線『比叡山坂本』駅 下車、江若バス約7分(西教寺下車)、又は徒歩30分 ◎京阪電車『坂本』駅下車、江和バス約4分(西教寺下車)、又は徒歩25分

坂本の紅葉またまだきれいです


12/5坂本訪問、駅前は濡れた地面に落ち葉が積り、朝日が射しています、とてもきれいです。

もうすでに紅葉も終末期に近く、葉を落とした木が目立つがまだまだきれいな姿を見せてくれています。

歩道は落ち葉がとてもきれい。

落ち葉に陽が射して雰囲気が盛り上がる。

ベンチの落ち葉もいい。

濡れた歩道と落ち葉そして陽が射し込む、いい取り合わせだ。

快晴の空に飛行機雲、そして紅葉。

歩道わきの結界の綱が張られた大石と落ち葉。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

紅葉の壺坂寺に遊ぶ 


盛りを過ぎたとはいえまだまだ紅葉が楽しめる壺坂寺、参道山道で。

駐車場から見上げれば朝日に照らされた紅葉が。

朝の光は神々しい。

今日は空の表情もいい。

赤い頭巾がかわいい。

掌にかわいい仏像が。

頭が清々しい。

釈迦の足元から。

ズームダウン回転。

多重露光。

レンズベビー、写軸とピント合わせが難しいが慣れるしかない。

レンズベビー。

レンズベビー。

レンズベビー+多重露光。

多重露光。

センターフォーカス。

しっかり遊べる場所だ、愉しく遊んでいるうちに陽は西へ、流れる雲がきれいだった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

壺坂寺へのアクセス、行き方歩き方

奈良県高市郡高取町壷阪3
電話 0744-52-2016

近鉄壺阪山駅から壷阪寺前行きバス「壷阪寺前」下車すぐ、便数が少ないので注意。

習作2

絶景紅葉でなくとも紅葉が楽しめる作画技法、目下悪戦苦闘中。

ぶらし

ぶらし

多重露光

ぶらし

ぶらし

ぶらし

塩ビミラー

水晶玉

多重露光

多重露光

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大覚寺の嵯峨菊展2016


毎年大覚寺の境内にて11月1日~11月30日の1ヶ月間開催され、大覚寺で栽培されている門外不出の嵯峨菊、約800鉢が公開される。

嵯峨菊は江戸期に品種改良が進んだ古典菊の一種で日本三大名菊の一つ。見頃は11月中旬。

この嵯峨菊は大沢池、菊が島に咲いていた菊がルーツとされ、門外不出として長年にわたり境内で大切に植えられてきました。

いけばな嵯峨御流とも密接な関係があり、その育て方は実に様々な流儀があります。

色は、御所の雪(白)・御所の秋(黄)・御所の綿(朱)など単色が多いのが特徴。

大覚寺では、王朝風の七五三作りで仕立てます。

花は、先端が三輪・中程に五輪・下手に七輪です。

葉は、下部を黄色・中程を緑色・上を淡緑、そのようにして、春夏秋冬を表している。

それを、一鉢に三本。
高さは、殿上から観賞するのに良い長さの約2mで展示。

実はこの高さ、御殿の上から見てちょうど見やすい位置に花が来る高さなのです。
嵯峨天皇も御殿の上から嵯峨菊を眺めたのでしょうか。なんと贅沢な話。

五大堂のテラスから大沢の池の背景とともに楽しむ、納得。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大覚寺へのアクセス、行き方歩き方

京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
075-871-0071

市バス・京都バス「大覚寺」下車 徒歩すぐ

大覚寺 「真紅の水鏡」2016年度

本堂および大沢池周辺の広大なエリアを、幻想的で柔らかな光で照らし出す。
見頃を迎えた紅葉と光の競演は、大覚寺ならではの風雅を演出したもの。

ライトアップは中や入れ替え制、夜間の部開場1時間前には既に100人以上の待ち行列、人気のほどがうかがえる。

境内にある大沢池の周囲は、桜、もみじと、およそ650本もの樹を組み合わせており、桜の季節、紅葉の季節はもっとも美しい場所です。

ライトに照らし出された木々が美しい。

圧巻は放生池の水面に映し出される心経宝塔。

天神島辺りにかけての木々の映り込み。

この先は名古曽の滝跡。

大沢池の周辺散策の後は諸堂を巡る。

画像は勅封心経殿、大正14年、法隆寺の夢殿を模して再建。

殿内には嵯峨天皇をはじめ、後光厳、後花園、後奈良、正親町、光格天皇の勅封心経を奉安し、薬師如来像が奉伺されている。

ライトに浮かび上がる霊明殿。

勅使門前の白砂の上に浮かび上がる嵯峨菊のあでやかさは圧巻の光景、別途掲載します。

闇に浮かび上がるナンテン。

この辺りは紅葉も美しい。

1200年の歴史を誇る大覚寺の諸堂を巡り、悠久の時間を過ごす。

諸堂を一巡、見事な紅葉のライトアップを堪能。

五大堂前から退出、名残に一枚。

最後の最後まで楽しませてくれました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大覚寺へのアクセス、行き方歩き方

京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
075-871-0071

市バス・京都バス「大覚寺」下車 徒歩すぐ

紅葉と竹 嵯峨野の直指庵

1646年(正保3)に隠元禅師の高弟独照性円禅師が草庵を結んだのが始まり。

直指人心(じきしにんしん)の黄檗の正統を守り寺号をつけず直指庵とした。

「直指庵」という名前、「直指人心(じきしにんしん)見性成仏(けんしょうじょうぶつ)」という禅の言葉が由来となっています。

「直ちにあなたの心を指してごらんなさい。そこには仏性、つまり仏さまになる種(性)があるんですよ」という意味です。

人は何か不都合や困難な事に直面したとき、他人や社会のせいにすることがあります。

しかし、そんなときにこそ「人や社会のせいにしてはいけない」と反省する、その気持ちこそが仏性です。

手を合わせて拝み、そして、自分自身と向き合う時間をもつことで、仏性は磨かれていくのだそうです。

山門を入ると竹林の道が続く。

その後荒廃し、幕末に近衛家の老女津崎村岡局が浄土宗の寺として再興したのが現在の直指庵である。

再興時の建物は明治年間に消失し、現在の建物は1899年(明治32年)に再建されたものである。
画像は本堂。

窓近き竹の林は朝夕に
心をみがく種とこそなれ
    津崎村岡局

本堂から眺める庭は素晴らしい。

竹や木々の葉擦れの音、鳥の鳴き声が聞こえ、自然に包まれながら本堂から庭を眺めていると、時間の経つのも忘れて、心が静まり癒されることでしょう。(HPより)

づっと昔に流行ったヒット曲を思い出した。

作詞 伊藤アキラ 作曲 小林亜星 姉妹フォークデュオの「タンポポ」の唄、嵯峨野さやさや

京都嵯峨野の直指庵 旅のノートに恋の文字
どれも私によく似てる
嵯峨野 笹の葉さやさやと
嵯峨野 笹の葉さやさやと

雨の落柿舎たんぼ道 藪の茶店で書く手紙
きのう別れたあの人に
京都嵯峨野の笹が鳴る
京都嵯峨野の笹が鳴る

朝の祗王寺苔の道 心がわりをした人を
責める涙がぬらすのか
嵯峨野 笹の葉さやさやと
嵯峨野 笹の葉さやさやと

京都嵯峨野に吹く風は 愛の言葉を笹舟に
のせて心にしみとおる
嵯峨野 笹の葉さやさやと
嵯峨野 笹の葉さやさやと 
さやさやと

爽やかな歌声とハーモニーが印象的でした。

一部書籍やWebサイト等で「(女性の)駆け込み寺」「想い出草は女性の想いを綴ったもの」と紹介されているが、直指庵の公式サイトではこのような事実はなく誤りとしている。

もちろん男性の拝観や「想い出草」への書き込みも可能である。

小さなお庭「竹の庭」。
いろいろな種類の竹が並ぶ最後に狸が3体。

境内には石畳の小径が縦横に続く。

静かな竹林の小道を進み、境内に入ったところにあるのが、“愛逢い地蔵”さま。

仲良く寄り添いあうふたりのお地蔵さまの姿が、ほほえましく、優しいお顔立ちに心がなごみます。
縁結びや恋愛成就のお地蔵さま。

訪れた旅人の成長を優しく見守って下さる“想い出草”の観音さま。

開山堂のある山の上から本堂を見望む、紅葉と竹林の中に茅葺の本堂。

ここはとにかく紅葉と竹が特徴。

山を少し下り、振り向くと開山堂の屋根が紅葉と竹林に埋もれて見える。

開山堂を下り、順路を行くと、修練道場。

石畳の小径を辿る。

旅人を癒し続ける竹林と紅葉

阿弥陀堂の庭園、苔と白砂の枯山水庭園です。
ただ今秋の特別公開中。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

直指庵へのアクセス、行き方歩き方

直指庵公式サイト

京都市右京区北嵯峨北ノ段町三番地
電話 075-871-1880

市バス 京都バス 大覚寺バス停から徒歩約15分