春景

異常事態宣言以来のなんば。

なんばパークスガーデンは『世界で最も美しい空中庭園トップ10』に選ばれています。
5月19日より営業を再開。

ブラシノキ

オーストラリア原産で、観賞用に栽培される。
5-6月頃に開花し、花弁は緑で小さくて目立たないが、赤(ときに白)の長い花糸が目立つ。

オーストラリアでよく起こる森林火災が起こると割れて種子を放出する。

ブラシノキ属には計34種があり、そのうちの数種が観賞用に栽培されている。

近縁種のグレビレアはオーストラリア原産の植物で、花が彼岸花に似たような独特な花の形をしています。

別名「スパイダーフラワー」と名前が付けられるほどクモのような花の形が特徴です。

グレビレアの名前の由来は、イギリス王位園芸協会の創始者『チャールズ・グレビル』から名前が来ているという説があります。

グレビレアには「情熱」「平和」「燃える熱情」「あなたを待っています」といった花言葉があります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住吉大社


外出規制は解除されたけど、住吉大社は5月31日まで閉鎖中。

住吉大社の手水舎の水口は神使の兎像、次のような説明が付けられている。

「(住吉大社と兎) 兎(卯)は当社の御鎮座(創建)が神功皇后摂政十一年(211)辛卯(かのとう)年の卯月の卯日である御縁により奉納されたものです」

水面の照り返しを映しきれいです。

厩舎の軒先、朝の光が降り注ぐ。

角鳥居の脇に早咲きのアジサイが咲いていた。

境内のあちこちに卯の花が咲いています。
「住吉大社」は卯の年・卯の月・卯の日に鎮座したとされる。

今年は卯花苑の公開は中止された。

卯の花の咲く頃
住吉大社卯の花苑が公開中。 住吉大社にとって卯の花は特別、鎮座日が、神功皇后摂政 … 続きを読む →

住吉大社にとって卯の花は特別、鎮座日が、神功皇后摂政11年の卯年の卯月の卯日と伝えられている、「卯の葉神事」にはかかせない花となっている。

古式床しく 卯之葉神事 住吉大社
住吉っさんがこの地に鎮座したのが、神功皇后摂政11年(211)の卯年の卯月の卯日 … 続きを読む →

卯之葉神事は13時から第一本宮と五所御前で卯の葉を使った玉串を捧げての祭典が行われた後、14時からは石舞台にて舞楽が奉納されます。

住吉公園の心字池の桜の葉、池の水面を映してきれいです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

久しぶり 長居植物園


やっと長居植物園が開いた、4月4日以来だ、早速出かけた。
皆同じ思いか結構人出は多い。

密を避け、春らしい野原を撮ってみようと思う。

一面のクローバー、ベンチに腰掛け眺めている人がいる。

タンポポも新旧入り混じっている。

どうしても気になる木は撮ってしまう、カツラはいつ見てもかわいい。

メタセコイヤも盛んに新芽を伸ばす。

ひときわ存在感を示すセンダン。

アップで撮ってもかわいい。

スモークツリー、昨秋はなぜか枯れてしまっていたがどうやら復活。

小麦、地味だが何となく絵になる。

休憩中スズメが寄ってきた、精いっぱい春を満喫しているかのようだ。

大池の流れ込み、子供も久しぶりの外出にうれしそうだ。

ちょうどバラは満開、シャクヤクもまだきれいだ、そちらの方は超満員で近寄りがたい。
久しぶりの長居植物園、楽しませてもらった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住之江公園花散策


カラッと気持ちよく晴れた日が続く5月。

しかし、外出自粛要請で家に閉じこもる日々、体力維持のため近くの公園の散策が日課。
児童遊技場のあたりは子供ずれで賑わっている。

花と緑のスクエアは人もほとんどいない。

ブラシの木も咲きだした。

植物園にもバラ園にも行けない、ここのバラで辛抱。

朝露がきれいです。

花と緑のスクエアにはたくさんの花が植えられている、ラベンダーも咲いています。

ナデシコが咲き誇る。

派手さのないどちらかといえば地味な部類に属するシロタエギクが存在感を示しています。

散歩を楽しむ人たちが時折通り過ぎていく、静かな公園のひと時です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

花咲き鳥歌えど


イングリッシュガーデン風の「サンクンガーデン」(沈床花壇…周囲から眺められるように、真ん中を一段低く設計された花壇)、 スクエアの周りには20数種のバラが生育し、毎年顔を見せてくれる宿根草や多年草が何十種類も植わっていて四季おりおり楽しませてくれています。

春と秋には一年草を植え替えて、新しい表情を見せてくれます。

花が咲き誇り、鳥たちのさえずりがうるさいくらいの公園だが外出自粛のせいか訪れる人はまばら。

ベンチに腰を下ろしゆっくりと景色を楽しむ。

しかし、外出がままならない現実は何ともならない。

アヤメもちらほら

ボタンも咲いた、シャクヤクはあともう少し。

せめてきれいな花を眺めてしばしの英気を養う。



シャガもあちこちに目立つ。

じどう遊技場横のテラスでは富士真っ盛り、色とりどりできれいです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日ごとに春らしく


コロナ騒ぎをよそに自然は着々と春らしくなってきました、ここ住之江公園近辺でも花の数がめっきり増えました。

ハナミズキは街のあちこちで見かけます。

コデマリも今を盛りと咲き誇る。

コデマリの花言葉は「優雅」「上品」「友情」。

ベニバナトキワマンサク、春の開花期には枝先に集まるように咲くため株全体が花に覆われ、遠くからでもその美しさが楽しめます。

キングサリは名前のように、金色の鎖のような花序がぶら下がって咲く事から、ゴールデン・チェーンとも呼ばれとても美しい花を咲かせる花木です。

春になると、住宅街のなかで見事に咲くモッコウバラを見かけることがあります。

モッコウバラは中国原産の常緑性つるバラ。生育方法が難しいとされる一般的なバラよりも育てるのが簡単と言われ、初心者に向いているバラです。

フジもあちこちで見られるようになりました。

木々の緑も鮮やかさを増してきました。
早く自由に動き回れる日が来ることを。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住吉大社 枝垂れ桜見納め


早朝に住吉大社を訪れた。
汐掛け道は人通りもまばら、ちょうど側道の植え込みに潅水中であった。

外出自粛が出されており人通りはほとんどない。

ちょうど反橋の向こうから陽が昇るところです。

川端康成が、戦後に発表した、「しぐれ」「住吉」とともに住吉3部作の一つとして数えられる「反橋」には、「上るよりもおりる方がこはいものです。

私は母に抱かれておりました」と描いており、橋の傍には康成の文学碑が設置されております。

文末にあらすじを掲載しておきます。

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を鑑み、4月8日よりすべての業務を停止し、閉門中。

枝垂れ桜もこれで今年は見納めです。

まさかこのような形で見納めとは思いもよらなかった。

「反橋」

あらすじ

時を経て住吉を訪れた私は、宿で友人須山(故人)の書いた色紙を見つめる。
「仏は常にいませども現(うつつ)ならねど哀れなる人の音せぬ暁にほのかに夢に見え給ふ」(梁塵秘抄)。

宿の人に色紙を頼まれた私は後三条天皇の古歌を書く。
「住吉の神はあはれと思うらむ空しき舟をさして来たれば」空しき舟とは私の心、私の生にほかならないように思えるのだった。

私は遠い日を回想する。
五歳の私は母親に手を引かれ、うぶすなの住吉大社の反橋を上っていった。

「この橋を渡れたら、いいお話を聞かせてあげるわね」「どんなお話?」「大事な大事なお話」「可哀想なお話?」「ええ、可哀想な、悲しい悲しいお話」そんなやりとりの後で橋の頂上に立ったとき、私はおそろしい話を聞かされる。

今までずっと母と思っていた人は、実は本当の母ではなかった。

私は母の姉の子で、本当の母親はこの間死んだというのであった。
私は母のあごに流れる涙を見つめる。

そして私の生涯はこのときに狂ったのだった。

反橋は上るよりも降りるほうがこわいものである。
ほんとうにそのとき五歳の私が橋を渡ったのかどうか、私の妄想が描き出した夢だったのか、記憶も怪しい。
 
もう一度だけ住吉の橋を見たいという心に追い立てられるようにして、私は長く訪れなかった地にやって来た。

そこで不思議な偶然のように友人の色紙にめぐりあったのだった。
翌日住吉の社に行ってみると、反橋は意外に大きく、足がかりとしてあいていた穴も五歳の子どもの足では届きそうもないようであった。

反橋を降りきったところで、私は深いため息を吐く。
「あなたはどこにおいでなのでしょうか」

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

チン電と夕日


外出自粛で撮影もままなりません。
散歩がてら近所を撮り歩く日々。

画像は南海電車高野線。

曇りがちの天候で空がいまいちと愚痴っていたが、かすかに夕日が出てアクセントがついた。

やはり絵になるのはチン電こと阪堺電車、新型車両トラム。

お馴染みの派手な宣伝が売りの電車。

外出自粛の影響か乗客はまばら。

南海電車本線、ラピートは撮り逃してしまった。

阪堺大橋の下まで来ました、散歩している人はまばら。

沈む夕日と菜の花、そろそろ菜の花も終わりだ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大和川河川敷 菜の花と桜のコラボ


南海高野線から吾彦大橋にかけて大和川河川敷の菜の花がきれいだ

川沿いの歩道の散策は楽しい。

大阪市大グラント沿いの桜の並木、花期はほぼ終わりに近いがきれいです。

付近の住民の散策する姿が見られる。


堤防の上に上がってみる、この辺りは市営住宅、桜並木が見事です。





JR阪和線、車両はひっきりなしに通るが、非常事態宣言中で乗客はまばら。

ヨシのシルエットもきれいです。

遠景は対岸の浅香山浄水場、間もなくツツジが見られる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

チン電と菜の花


チン電こと阪堺電車と菜の花が撮りたくて迷路のような路地を行ったり来たり。

あびこ道より先のため電車の本数は半減、のんびりと電車待ち。

チン電と桜の花は撮ったがなかなかいいアングルがなく今のうちにもう少し探そう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!