恵方初詣 南南東 熊野本宮大社


最後の恵方参拝は熊野本宮大社。

画像は国道から見た大斎原大鳥居、かつて神倉の地に降臨した熊野三神のうち熊野家津御子大神(けつみこおおかみ)が川を遡りこの地に坐したのが始めとされています。

熊野本宮大社の旧社地である大斎原は熊野川・音無川・岩田川の3つの川が合流する川の中州にある。

ちなみに、江戸時代まで音無川には橋が架けられなかったそうです。
そのため参詣者は音無川を草鞋を濡らして徒渉したそうです。

熊野では「濡藁沓(ぬれわらうつ)の入堂」と言って水で濡れたわらじと泥で汚れた着衣での参拝が許されていました。

参詣者は音無川の流れに足を踏み入れ、冷たい水に身と心を清めてからでなければ、入ることができない神域として信仰されていたそうです。

現在の社地は山の上にあるが、1889年(明治22年)の大洪水で流されるまで社地は熊野川の中州にあった。

明治以後、山林の伐採が急激に行われたことにより山林の保水力が失われ、大規模な洪水が引き起こされ、旧社地の社殿は破損した。

現在、旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、日本一高い大鳥居(高さ33.9m、横42m、鉄筋コンクリート造、平成12年完成)が建っている。

こちらが参道、木々がとても美しい。

現在の熊野本宮大社は、流失を免れた上四社3棟を明治24年(1891)に現在地に移築・再建したもの。

大斎原には、流失した中四社・下四社をまつる石造の小祠が建てられています。
 
大斎原の大社は、およそ1万1千坪の境内に五棟十二社の社殿、楼門、神楽殿や能舞台など、現在の数倍の規模だったそうです。

この大鳥居高さ約34m、幅約42m、ほんとに巨大です!!

入り口参道鳥居と立ち並ぶ表参道の白旗と階段。
立ち並ぶ「熊野大権現」の白旗が印象的。

参道入り口の鳥居は、神が宿る神域と人間が住む俗界との結界を表します。

参道の中央「正中」は神様のお通りになる道なので、右端を登り、左端を下るのが作法です。

杉木立に囲まれた158段の階段を上る広い境内には堂々とした本宮大社拝殿と神殿が建っている。

「八咫烏(やたがらす)」の神旗がお出迎え。

門をくぐって、向かって左手の社殿が牟須美(むすみ)・速玉(はやたま)の両神。
中央は主神の家津美御子神(けつみみこのかみ)。

そして右手は天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。

甘酒拝戴所で甘酒をいただきました。

「熊野権現垂迹縁起」によると、熊野坐大神は唐の天台山から飛来したとされている。

熊野坐大神(家都美御子大神)は、須佐之男命とされるが、その素性は不明。

太陽の使いとされる八咫烏を神使とすることから太陽神であるという説や、中州に鎮座していたことから水神とする説、または木の神とする説などがある。

家都美御子大神について他にも五十猛神や伊邪那美神とする説があり、菊理媛神とも関係する説もあるが、やはりその素性は不詳とされる。

古代から中世にかけて、神職はニギハヤヒの後裔で熊野国造の流れを汲む和田氏が世襲していた。

かつては湯立が行われており、「熊野権現垂迹縁起」では大斎原が「大湯原」と表記されていることや、熊野をユヤと読む際に湯屋や湯谷の字をあてられたことなどから、熊野信仰の中核に湯の観念があったことが指摘されている。

和泉式部が熊野詣をして、伏拝の付近まで来たとき、急に月の障りとなり参拝ができないと悲観してこれでは本宮参拝もできないと諦め、彼方に見える熊野本宮の森を伏し拝んで、歌を1首、詠んだ。
「晴れやらぬ身のうき雲のたなびきて月のさわりとなるぞかなしき」。

すると、その夜熊野権現が、夢に現われて
「もろともに塵にまじはる神なれば月のさわりもなにかくるしき」
とお告げがあり、参拝することができたという。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

恵方初詣 南南東 滝尻王子


2番目の恵方参拝は滝尻王子。

現在の宗教法人としての名称は滝尻王子宮十郷神社(たきじりおうじぐうとうごうじんじゃ)。

前身は九十九王子の滝尻王子で、五体王子の一つに数えられた(『熊野権現蔵王宝殿造功日記』)。
国の史跡「熊野参詣道」(2000年〈平成12年〉11月2日指定)の一部である。

現在は天照皇大神、日子火能迩々芸命、天忍穂耳命、日子穂々手見命、鵜茅葺不合命の5柱を祀るが、『熊野縁起』(正中元年〈1326年〉、仁和寺蔵)によれば九十九王子の一であった時代には不空羂索菩薩を本地としていた。

滝尻王子は熊野の神域への入り口として古くから重んじられ、『中右記』には「初めて御山の内に入る」との添書きがあるだけでなく、『源平盛衰記』にも同じ趣旨の記述を見出すことができる。

中世熊野詣の頃には宿所があったともいわれ、藤原定家の「熊野道之間愚記」(『明月記』所収)建仁元年(1201年)10月13日条や藤原経光の参詣記(『民経記』所収、寛喜元年〈1229年〉)にそれを示唆する記述があるが、詳細は定かではない。

滝尻王子からはいきなり急坂が始まります。胎内くぐり、乳岩、不寝王子を経て「剣ノ山経塚跡」までは激しい登りが続きます。

滝尻の上の山中にはいくつかの磐座があり、入り口近くにもこのような大岩を咥えこんだ気が見られた。

参詣者が初めて岩田川に出会う稲葉根王子から滝尻王子まで、参詣者は何度となく岩田川を徒渉しなければならず、一種の難所であった。

「熊野道之間愚記」建仁元年(1201年)10月13日条で、この間の道中について、幾度も川を渡り山を越さなければならないと述べると同時に、紅葉が川面に映るさまを見事であると讃えている。

滝尻王子に至った参詣者たちは、奉幣を行い、王子の目の前の流れに身を浸して垢離の儀礼を行った。

滝尻王子における垢離について、鎌倉時代初期以降成立の寺社縁起『諸山縁起』は、右の川は観音を念ずる水、左の川は病を除く薬の水 — 『諸山縁起』とし、さらに前出の『熊野縁起』は、滝尻両方河ニ橋ヨリ上ニハ千手浄土御坐。又丑寅ヨリ流タル河ニハ薬師浄土御坐ス。彼水ハ偏其浄刹ヨリ落智水ナリ。是以テ無始無終罪滅ス。
— 『熊野縁起』

と述べて、観音菩薩の補陀落浄土から流れてくる岩田川の水と、薬師如来の浄瑠璃浄土から落ちてくる石船川の水で沐浴することで罪が滅される、と滝尻での垢離の意義が説かれている。

帰路「道の駅 熊野古道中辺路」でトイレ休憩。

花山法皇の伝説を残す牛馬童子像(モニュメント)。

ただいま16時19分、日暮れも間もなくです、前方の山に次の王子を目指す一行があった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

恵方初詣 南南東 闘鶏神社


今年の恵方は南南東。

まず訪れたのは闘鶏神社、允恭天皇8年9月、熊野権現(現在の熊野本宮大社)を勧請し、田辺宮と称したのに始まる。

白河法皇の時代に熊野三所権現を勧請した。

平安時代末期の熊野別当・湛快のときにさらに天照皇大神以下十一神を勧請して新熊野権現と称し、湛快の子の湛増が田辺別当となった。

二ノ鳥居、講師からは台輪のある鳥居は宇佐神宮と何らかの関連があると説明されたが、調べてみると少し違うようだ。

台輪のある明神鳥居を、特に台輪鳥居と呼ぶ。伏見稲荷などの稲荷神社に多いので、稲荷鳥居とも呼ばれる。

台輪鳥居の特徴

 (1)反り増がある
 (2)島木がある
 (3)貫が柱から出ている
 (4)額束がある
 (5)台輪がある

柱と島木の接続部分に、一枚の台輪と称する座をはめてあります。防腐効果を持たせるためと言われていますが、多分にデザイン的なものでしょう。

宇佐鳥居の特徴の一つにご覧の通り額束がない、しかし、闘鶏神社の鳥居にはちゃんと額束がある。

弁慶は湛増の子と伝えられ、その子孫を名乗る大福院から寄進された弁慶の産湯の釜が当社に残る。

田辺は熊野街道の大辺路・中辺路(熊野古道)の分岐点であることから、皇族や貴族の熊野参詣の際は当社に参蘢し、心願成就を祈願した。

熊野三山の全ての祭神を祀る熊野の別宮的な存在であり、当社に参詣して三山を遥拝して山中の熊野まで行かずに引き返す人々もいた。

拝殿。

『平家物語』などによれば、治承・寿永の乱(源平合戦)の時、湛増は社地の鶏を紅白2色に分けて闘わせ、白の鶏が勝ったことから源氏に味方することを決め、熊野水軍を率いて壇ノ浦へ出陣したという。

このことから「闘鶏権現」と呼ばれるようになり、明治の神仏分離の際に鬪雞神社を正式な社名とした。

2016年10月23日、第40回世界遺産委員会継続会議において、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録された。

神木の大楠

大楠は、落雷により中央部を失ったため高さはないが、幹回り、枝振りは見事なもので、樹齢1200年ほどと推測されていまる。
歯病平癒の御利益があるとされ、楠の下に立って楠の葉を患部に付け、祈願すると平癒するとか。

熊楠の妻は、闘鶏神社宮司であった田村宗造の四女・松枝(まつゑ)であり、そうした縁もあり、熊楠は、この闘鶏神社の森を「熊野植物研究の中心基礎点」とした。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

華岡青洲の里


春林軒

~華岡青洲の住居兼診療所~

当時の青洲の住居兼診療所で医学校でもあった建物群。特に主屋と蔵は当時そのままの建物で、その他の建物は発掘調査資料などに基づいて復元された。

かつての待合室、診察室、奥の間などとして使われていた主屋の各部屋では、青洲がはじめて麻酔を使用した手術風景をはじめ、家族の協力を得て行った麻酔の実験、門弟に講義をする様子などが、人形と音声を使ってリアルに再現されている。

全身麻酔薬の発明とそれを使った初の乳癌(がん)手術に成功し、人々の命を救うことに生涯を捧げた医聖、華岡青洲。

1760年(宝暦10年)、紀の川市(旧那賀町)に生まれます。
代々医者の家系で父のもと医学を学び、23歳の時に京都へ遊学。

オランダ医学系統の外科学や儒学の研究に没頭し、ここで麻酔剤を使った開腹手術の存在を知ります。
 
帰郷後青洲は、診療の傍ら麻酔剤を考究。当時としては新しい「実験」を繰り返し、動物実験の成功後、自らの妻と母を被験者として麻酔薬「通仙散(つうせんさん)」を完成させました。

その名声は全国にとどろき、多くの患者や学生が青洲を訪ねて来県。
紀州藩の公職に就いてもなお一般患者の診療を続け、命と向き合い、医者としての使命を全うした。

曼荼羅華(まんだらげ)

薬用植物ではあるが毒性も著しく強く、「キチガイナスビ」といった別名を持つ。

チョウセンアサガオの薬効は、古くから知られており、中国明代の医学書「本草綱目」にも、患部を切開する際、熱酒に混ぜて服用させれば苦痛を感じないとの記述がある。

ベラドンナやハシリドコロなどと同様にアトロピンを含んでおり、過去には鎮痙薬として使用された。

世界初の全身麻酔手術に成功した江戸時代の医学者である華岡青洲は、本種を主成分としていた精製した麻酔薬「通仙散」を使用していた。

このことから日本麻酔科学会のシンボルマークに本種の花が採用されている。

文化元年(1804年)には、世界初の全身麻酔による乳癌摘出手術に成功。

アメリカのエーテル麻酔成功より40年余前の快挙でした。


主屋奥居間

妻が実験台になって、麻酔薬の実験が行われている様子。

なかなか目覚めない妻の様子を心配しながら見守っているところ。



文化元年(1804年)世界初の全身麻酔手術を成功したことで華岡青洲の名声は広まり、全国から多くの患者と入門希望者が次々と集まった。

彼らを迎え入れて育成するため青洲は建坪20坪余りの自邸兼診療所の近くに、建坪220坪の住居兼病院・医学校を建設した。これが「春林軒」である。

輩出された門下生は1,033名、大坂・中之島に作られた分校「合水堂」門下生を含めると2,000名を超え、彼らにより日本全国に華岡流外科医術が広められた。

主屋客室

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万葉故地 橋本の万葉歌碑 船岡山


船岡山は紀の川に浮かぶ島で、中山とも言われている。

標高は60m、東西500m、南北125m。

かつて対岸の妹山と地続きでした。
紀の川の水害を防ぐために、南側を切り開いて洪水を早く下流に流すようにした。

昭和63年春、船岡山の南側に長さ80メートルの吊り橋が架けられた。

この橋を渡って、弁財天を祭る厳島神社を参詣したあと、島内一周の遊歩道を散策しながら、さわやかな川風と森林浴を楽しめる。

  勢の山に 直に向へる 妹の山
   事聽せやも 打橋渡す

背の山の真正面にある妹の山は、背の山が通ってくることを許したのだろうか、二つの山の間の紀ノ川に、打橋が渡されているのだから」。

厳島神社への石段。

永承3年(1048)、平安貴族の藤原頼通が高野参詣の帰途、紺碧の水に映える紅葉と風景を愛でて、船遊びを楽しんだことでも知られている。

船岡山から妹背山を望む。

映画「紀ノ川」のロケ地としても有名。

さわやかな川風を受け、うっそうと茂る照葉樹林を散策。

妹に恋ひわが越え行けば背の山の妹に恋ひずてあるが羨(とも)しさ

巻七(一二〇八)

妻への恋心に苦しみつつ山路を越えてゆくと、背の山が妹の山と一緒にいて、恋苦しんでいないのがうらやましい

妹背山

和歌山県北東部,紀ノ川中流沿岸にある二つの丘の総称。南岸の丘を妹山(124m),北岸の丘を背山(兄山,168m)といい,ともにかつらぎ町に属する。

優しく寄り添うように美しい姿を見せる妹山・背山。
万葉人が、はるか紀伊の旅路から奈良・飛鳥の都に残してきた愛しい人への想いをその姿に重ねて詠んだとされている万葉ロマンの里。

万葉集には、かつらぎ町の「背の山・妹の山(妹背の山)」が15首も詠まれている。
これは万葉集では茨城県の筑波山の25首に次いで2番目に多い歌数です。

万葉時代をはじめ古代には、女性からみて愛しい人(夫・恋)を「背(せ)」、男性からは「妹(いも)」と呼びました。

遠くふるさとに愛する人を残し、その人を恋しく思いながらの異国での旅の途中、仲良く並んでいる妹背の山を見て「羨ましいことよ」と歌っています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万葉故地 橋本の万葉歌碑 橋本中学校校庭


 ″大我野”

橋本の西部市街、東家(とうげ)から市脇にかけての一帯は、いわゆる相賀荘(おうがのしょう)の地であった、大宝元年行幸の時の歌、
 
大和には 聞えゆくか 大我野の
 竹葉刈り敷き 廬せりとは

「大我野」は、いろいろ説もあるが、このあたりではなかろうか。
 
紀ノ川畔の竹林は今はなくなっているが、竹葉を刈り敷いて草枕の旅寝をするわびしさを、故郷に知らせたく思う旅人の心も、じかにわかるようである。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万葉故地 橋本の万葉歌碑 橋本駅前広場


橋本市は楳図かずおゆかりの町『まことちゃん像』が万葉歌碑と並んで建つ。

「白栲(しろたえ)に にほふ信土(まつち)の 山川(やまがわ)に わが馬なづむ 家恋ふらしも」

信土山の川で私の乗る馬が行き悩んでいる。
家人が私を思っているらしい。

この川のところで馬が難渋するのも、家人らが、こちらを思っているからだろうと、郷愁を訴えるのだ。

信士(真土)の山川は現在落合川と呼ばれ和歌山・奈良県境の川。
 
当時の旅人が難渋したことは、「神代の渡り場」に立って見ると、その渓谷の深さに実感させられる。
 
歌碑は、駅前広場にあるので馬が難渋する風景てはないが是非「飛び越え石」の現地に行って、この歌をうたってほしい。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万葉故地 橋本の万葉歌碑 妻の杜


橋本駅より奈良方面に向かい大和街道を歩くと妻の杜(つまのもり)があります。

杜ということなのでこんもりと木々が繁っているという静かな雰囲気を期待して行ってみたのですが、大きな木は伐採されていて、とても明るい雰囲気になっていました。

静かな住宅街の中にある。

国道24号沿いの旧大和街道の南側で、14段の石段を登ると、約200平方メートルの境内があり、椋(むく)の巨木の陰に、小さな祠(ほこら)と大きな歌碑が並ぶ。

紀の国に 止まず通はむ 妻の社
 妻寄しこせね 妻といひながら

         或云、坂上忌寸人長(巻九―一六七九)

紀の国に絶えず通おう、妻の社よ、妻を与えて下さい、妻という名なのだもの。

この歌にあやかって、ハート形の良縁祈願の絵馬を橋本駅前のはしもと広域観光案内所で1枚500円にて販売中。
関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万葉故地 橋本の万葉歌碑 JR隅田駅前


JR隅田駅は相対式2面2線のホームを持つ行違い可能な地上駅。
和歌山線の電化時に無人化された無人駅(現在の管理駅は橋本駅)。

駅舎と下りホーム待合室には落書き防止のため橋本駅長の依頼を受け2011年4月29日から沿線の隅田中学校美術部員によりイメージキャラクターや地元の風景などの絵が描かれ、同年12月27日に完成式典が開催され。

すみだ河原

落合川を渡り、隅田町芋生を過ぎれば、紀ノ川の河谷は広くなって、いまJR隅田駅もあるほどだが、かつては、隅田八幡宮の近くまで広い河原となっていたようだ。

           
亦打山(まつちやま) 夕越え行きて 廬前(いほさき)の

隅田(すみだ)河原に ひとりかも寝む

        弁基(巻三-二九八)

亦打山を夕方に越えて行ってノ廬前のすみだ
       河原に今夜は独り寝ることであろうか。

旅に出て安らかな宿がなく独り寝ることは非常な苦しさであっただろう、

歌の「隅田河原」は、その一帯の総名であったのだろうが、廬前の名は、こんにちはもう消滅してしまっている。

*作者の弁基はお坊さんです。大宝元年三月に還俗し、春日蔵首老となり大宝律令のもとで官人として活躍した。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万葉故地 橋本の万葉歌碑 真土山


真土山の山裾を流れる川で現在は「落合川」とよばれ県境です。

昔の県境界は東方の山頂でした。

この落合川に、土地の古老らが今に伝える「神代の渡り場」だ。
大岩の中央部が川の流れ路となって、人が跨げる幅である。

古代から通路「渡り場」としていたのであろう。
 
犬養孝先生は「万葉の国宝」だと絶賛。永く後世に残し伝えて行く必要と責任があると力説された。

橋本万葉の会の冊子より。

最初の目的地真土に向かう。

 朝毛吉 木人乏母 亦打山 行来跡見良武 樹人友師母 (①-55 調首淡海)

【読み下し文】 あさもよし 紀人ともしも 真土山 行き来と見らむ 紀人ともしも

(あさもよし) 紀伊の人が羨ましい 真土山(まつちやま)を いつも行き来に見ているであろう 紀伊の人が羨ましい。

あさもよし 紀伊へ行く君が 真土山 越ゆらむ今日そ 雨な降りそね (⑨-1680)

(あさもよし) 紀伊へ行くあの方が 真土山を 今日あたり越えているはず 雨よ降らないでおくれ。

大君の 行幸みゆきのまにま もののふの 八十伴やそともの男と 出でて行きし 愛うるはし夫は 天あま飛ぶや 軽かるの道より 玉だすき 畝傍うねびを見つつ あさもよし 紀伊き路ぢに入り立ち 真土山まつちやま 越ゆらむ君は 黄葉もみちはの 散り飛ぶ見つつ にきびにし 我は思はず 草枕くさまくら 旅をよろしと 思ひつつ 君はあるらむと あそそには かつは知れども しかすがに 黙もだもえあらねば 我が背子せこが 行きのまにまに 追はむとは 千度ちたび思へど たわやめの 我が身にしあれば 道守みちもりの 問はむ答へを 言ひ遣やらむ すべを知らにと 立ちてつまづく

天皇の行幸に従って、文武の百官たちと共に出発して行ったいとしいわが夫は、(天飛ぶや)軽の道から、(玉だすき)畝傍山を右に見ながら、(あさもよし)紀伊路に進み入り、今ごろは国境の真土山を越えているであろうあなたは、黄葉の風に散り飛ぶのを見ながら、馴れ親しんだ私のことは思わず、(草枕)妹も悪いものではないなどと思っているだろうと、うすうすは知っているけれども、それでも黙っていることができないので、あなたの行った道のままに、追いかけて行こうとは何度も思うものの、かよわい女の身なので、途中で道の関の番人が咎めた時の答えを、何と言ってやればいいのか、そのすべも分からずに、進みかねためらっています。

真土飛び越え石に向かう。

石上 布留の尊は たわやめの 惑ひに因りて 馬じもの 繩取り付け 鹿じもの 弓矢囲みて 大君の 命恐み 天離る 夷辺に罷る 古衣 真土山より 帰り来ぬかも (⑥-1019)

石上 布留の君は たおやめ故の 迷いのために 馬のように 縄を掛けられ 鹿のように 弓矢で囲まれ 大君の お咎めを受けて (天離る) 遠くの国に流される (古衣) 真土山から すぐに帰って来ないものか

橡の 衣解き洗ひ 真土山 本つ人には なほ及かずけり (⑫-3009)

橡(つるばみ)の 衣を解き洗って 又打ちー真土山の もとつ人ー古女房には やはり及ぶものがない

石上乙麻呂卿が土佐の国に流された時に詠まれた歌の歌碑。

飛び越え石のある落合川、みどりがきれいです。

”まつち”の語感

大和・紀伊二つの国をへだてる峠であればこそ、別離・望郷・妻恋の抒情がここに集まることとなる。

その上、万葉集には「まつも山」に「亦打」言一例)、「又打」こ一例)が使われていて「まつち」は「またうち」の略、すなわち、布をきれいにする砧で「またうつ」の意で、「まつち山」の語のひびきに、意識・無意識を問わず、「清新」の感が持たれていたのではないかと思われる。

橋本側から五条側を見る。

橋本側の道。

自然がつくった畳一枚ほどの平たい浸食岩。
二つの石をはさんで奈良県と和歌山県に分かれる(左が五條市、右手前が橋本市)

歌碑右面には
 「誰にかも 宿りをとはむ待乳山
   夕こえ行けば逢うひともなし

新千載和歌集八〇七の歌

左面には
 「いっしかと待乳の山の桜花
  まちてもよそに 聞くが悲しさ

後撰和歌集一二五六の歌が刻まれている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!