奈良県立民俗博物館


博物館の周囲に広がる大和民俗公園は、26.6万平方メートルの広大な敷地を有する都市公園で、自然との共生の場、里山も保持している。

梅林や菖蒲園で四季折々の草花を眺めたり、森林浴ウォーキングなども楽しめる。

奈良県内各所で江戸時代に建てられ実際に使われていた茅葺き屋根などの様々な建築様式の家屋(民家・土蔵)11件(15棟)を公園内に移築・展示している。

うち、2件(3棟)が日本国の重要文化財、7件(10棟)が奈良県指定有形文化財となっている。

こちらは唐箕(とうみ)。

風のチカラで穀物の実と、秕(しいな)・籾殻(もみがら)を吹き分ける農具です。

秕(しいな)とは、空ばかりで中身の無い籾(もみ)のことを言います。

必要なものと不要なものを選別する道具というわけですが、お米の国に生まれていながら唐箕のことを知らない人も多いのではないでしょうか。

水車を踏む風景。

奈良盆地のあちこちで、このような風景が見られた。

足踏脱穀機

足踏式脱穀機は、人が踏板を踏むとこぎ胴が自動的に連続回転するように工夫されていた。

その後、こぎ胴を発動機(ガソリンエンジン)や電動機(モーター)で回転させる脱穀機が登場し、脱穀作業の能率は飛躍的に高まった。

千歯扱き、千把扱き(せんばこき、せんばごき、せんばこぎ、せんばすごき)

木製の台に付属した足置きを踏んで体重で固定し、櫛状の歯の部分に刈り取った後に乾燥した稲や麦の束を振りかぶって叩きつけ、引いて梳き取る。

稲の場合にはこれで穂から籾が落ちるので、脱穀が完了する。

麦の場合には穂が首から折れて穂のまま落ちるので、これをさらに叩いて脱穀する。

山仕事、過酷で危険な重労働でした。

都市生活者はこのような光景を目にしたこともないのでは。

木馬(きんま)出し(ソリで運ぶ)。

割り木をならべた木馬道の上に、ソリをすべらせ、木を山からおろす。

木馬は枕木と摩擦して火を発することがあるので、木馬師は前に吊るした筒の中の油を枕木に塗りつつ、舵を取っていく。
なかなか重労働で、危険な作業。

こちらは筏流しの様子。

木で筏を組んで川に流します。
山があればそこには川があります。

川も重要な輸送経路であった。

機織りの様子。
日本昔ばなしでなじみがあるかも。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 十津川村の民家 旧木村家住宅(県指定文化財)


吉野郡十津川村大字旭字迫に所在していた山間の家で、農林業を営み、幕末頃には村役を務めたと伝えられている。

屋敷は狭い谷間の山腹を削って作られ、主屋をはじめ表門、納屋、物置の付属屋から構成されています。

主屋は棟札から文政4(1821)年に建てられたことがわかっています。

桁行12.5メートル、梁間7.3メートルの切妻平入の構造で、屋根は杉皮葺です。内部は「だいどころ」、「でい」、「なんど」、「ひろえん」などに分かれています。

この家が所在した当地は「迫と背中は見ずに死ぬ」言いならわされたほど山深い峡谷の地である。

また、全国でも最多降雨の一地帯であり、さらに季節によって、風が谷間から猛烈に吹上げる土地柄でもある。

その様な厳しい自然環境のため、県北部の民家とは姿や間取りが大きく異なっている。

主屋の建築当初の規模(間口4間、面積16.5坪)から増築をへて、さらに納屋・表門が建てられ、屋敷構えが拡充してきた過程も併せ示す好資料である。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 吉野の民家 旧前坊家住宅(県指定文化財)


吉野山の門前町筋にあって金峯山寺仁王門と発心門(銅鳥居)のほぼ中程、大道を北面して屋敷を構え、代々吉野水分神社の神官を勤めたと伝える家である。

建物の建築年代は、主屋(切妻造、一部二階建)、渡廊下及び離座敷の建築年代を示す資料は明かではないが、解体中の各種の部材調査から総合的に判断すれば、主屋の居室、表側四室の柱が経年的にみて18世紀中頃であり、また転入材もあるところから弘化年間(1844~7年)頃に主屋大修理・改造を行ない順次、渡廊下及び離座敷を建てたものと思われる。

屋敷構えは、主屋を道路に面して建て、後方に離れ座敷を配し、この間を渡廊下で接続しています。

主屋は桁行13.9メートル、梁間9.3メートル、切妻造、一部二階建、杉皮葺の構造です。

参道が尾根筋に当たるため、敷地後方に行くにつれて建物の床高が高くなる「吉野建」(懸造)の形態をとります。建物は19世紀中頃に建てられたと考えられる。

屋根の老朽化で見学は中断されており残念。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 室生村の民家 旧松井家住宅(県指定文化財)


宇陀郡室生村上笠間にあった農家。
当家の口伝によれば、その昔、代官を務めた子孫と伝えている。

この主屋の建築年代は、文政13年3月(1830年)記の祈祷札(解体中に発見)や、間取り、構造などから見ても、この文政13年の祈祷札から降らない頃に建てられたものと認められる。

間仕切り箇所には突き止め溝を多用するほか、居室裏側の床が、簀の子床となるところなど、東部山間の民家の変遷をよく示している。

主屋は桁行11.2メートル、梁間8.6メートル、入母屋造、茅葺で、文政13年(1830)の年記のある銘札が見つかっており、江戸時代後期に建てられたものであることが判明しています。

間取りは右半が土間、左半が床上部となり、土間の正面に「まや」、その背後に釜屋を設け、「まや」の右手に風呂場をつくります。

床上部は「くちのま」、「おくのま」、「なかのま」、「なんど」にわかれます。

床上部は桁行に喰い違う四間取りで、前座敷型三間取りの発展形式と考えられています。
この地方の民家の変遷をうかがい知る貴重な事例です

当家の所在した室生村上笠間の集落は、奈良県の東部に位置する山間であるが、往時には伊勢街道が集落内を横断し、笠間峠を越えるとそこは名張藩藤堂家領であった。

現在でも地理的には県内の主要都市よりも三重県名張市が近い。

室生村の民家については、昭和41年度に行われた民家緊急調査においては地理的条件から平面構成に三重県側の影響があるのではないかと期待されたが、結果としては大きな相違はなかったようである。

奥の間に床を備えてはいるものの特に格式高い造作はなされておらず、全体的には標準的な農家建築の典型と云える。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 都祁村の民家 旧八重川家住宅(指定文化財)


昨日紹介の「旧岩本家住宅」に隣接して建って居ます。

当住宅は山辺郡都祁村大字針に所在していた。代々農業を営んだ家であると伝える。

裏庭にはアジサイが咲いています。

裏に回ってみると農家らしいたたずまいを見せる。

建築年代を示す史料はありませんが、建物の形式手法からみて19世紀前半頃の建築と思われます。

移築前の間取りは、正面に向かって左半分が居室、右半分が土間でした。居室は三室で、表側に半間の縁がつき、表「ざしき」8畳は床、押入をしつらえ、裏の二室は土間側に、「なかま」8畳室、「なんど」3畳、押入付きで妻側へ半間張り出していました。

土間は表の右隅に「はたべや」4畳半、この妻側に風呂、便所を設け、はたべや裏側は釜屋で、その裏側は流し台、妻側に戸棚が付き、居室境は表より上り縁、「ひろしき」を付設し、奥に戸棚を設けていました。

復原にあたって、部材痕跡等によって、建築当時の間取り、外観に戻しています。
居室は二室、「なかま」は6畳となって、この表側に半間の縁がつきました。

また「はたべや」を撤去して「まや」とし、上り縁を撤去して土間を現しました。

外観については、棟飾り部分の桟瓦小屋をカラストビ形式の棟飾りとし、両側及び背面の庇を撤去して、四面葺き下ろし形式となりました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 室生村の民家 旧岩本家住宅(重要文化財)


宇陀郡室生村黒岩に所在していた。農業・林業を営み、庄屋年寄を務めたと伝えられている。

建築年代については、構造手法上から19世紀前半でも末頃の建築とみられる。

黒岩は室生寺から東南方へ約5キロへだたり、胎ノ川の支流、黒岩川の中程で、谷間の南斜面を利用した村落。

土間上の奥行に太い梁を半間毎に架け渡すなど、この地方の特色をよく示している。

岩本家は旧宇陀郡室生村大字黒岩に所在していた農家で、庄屋を勤めていた と伝えられています。

桁行14メートル、梁間11メートル、入母屋造、茅葺の大型の農家で、素朴な外観を呈しています。

間取りは向かって左半分を土間とし、正面側に馬屋、背面側にかまやを配しています。
右半は居室6間取りとしています。

表側をせがい造り、土間上を太い梁を半間ごとに架けるなど、この地方の特 色をよく示しています。

差物、梁組など木柄<きがら>の太い建物であり、19世紀前半の建築と考えられています。

大きい茅葺き葺き下ろし入母屋造屋根は間口約七間、奥行き五間半、いかにも素朴な山間集落の民家をよく残している。

正面から見ると、いかにも古い絵本に描かれて居そうな茅葺き屋根、その構造様式から江戸末期の嘉永頃(1850年頃)の建築だと言われて居ます。

内部にも改造はほとんどなく、西北馬屋を配し奥にかまど・流し・唐臼を備え当初の状態が良く保存されて居る。

室生村は奈良県東部の山深い寒村ながら平安時代初期建立の国宝にも指定される五重塔を持つ室生寺があることで全国的にその名が知られる。

当家の所在していた黒岩集落は、室生寺から更に奥まった場所にあり、当家は農業と林業を営む傍ら藩政期には庄屋職を務めたとのことである。

宇陀地方の民家の特徴として茅葺の屋根は庇を設けず葺き下ろされているため、大屋根がどっしりと落ち着いた風情を醸している。

更に当家の場合は桁行7間、梁間5間半と一般の民家と比較して特に大きな平面を持つため、屋根の巨大さは印象的である。

また、西面する主屋の表側を船枻造とし、縁側上部の庇小壁には桃型の明り窓が設けられるなど上層農家としての造作が随所に散りばめられ建物全体を上品なものにしてくれている。

内部の造作もすっきりしており、素晴らしい民家建築である。



関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 香芝市の民家 旧赤土家離座敷


香芝市狐井の赤土家に在った。当家は系図によると、楠木氏を祖とする農家で、庄屋を務めたと伝えられている。

この建物は見たところ小規模ながら、均整のよくとれた姿を表している。

内部は8畳1室で、本床を備えた構成にはすばらしいものがあります。

なお、8畳1室と本床部分は18世紀初期以前の建築とみられますが、屋根や庇は、後世に整えられたようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 桜井市の民家 旧萩原家住宅(指定文化財)


桜井市下(旧下村)に所在していた農家で、組頭を務めたといわれている。建築年代については史料を欠くが、構造手法上からみて18世紀初期の建築とみられる。

角度を変えて。

下村は昔、宿場で栄えた桜井から、南方へ約2km離れ、多武峰に向う街道に沿った村落である。

萩原家はこの村の北部にあって、西丘陵の中腹に屋敷を構え、主屋は奈良盆地を望むところに南向きに建てられていた。

当家も国中地域の民家として分類される住宅ではあるが、実際には桜井市の中心部から談山神社へ向う街道沿いの山間集落に所在していたため、全くの平野部に所在していた前項の旧吉川家住宅とは建築年代も18世紀初頭の殆ど変わらない時期のものであるにも関わらず、外観的に大きく隔たりがある。

当家は組頭を務めた上層農家であり、座敷には床の間を持つなど相応の造作でありながら、開口部が少なく古式を色濃く残していることも大きな特徴である。

同じ国中地域にあり、建築年代や階層、規模なども近似するにも関わらず異なる風情を持つ民家を並べて一度に比較できるのは民家園ならではである。




関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 橿原市の民家 旧吉川家住宅(県指定文化財)


奈良県中央部、国中平野、元、橿原市中町有り、庄屋を務めた国中地域を代表する典型的な茅葺き屋根の上級農家建築。

本瓦葺き下屋の上に桁行約13m、梁間8.5mの入母屋造、茅葺母屋を載せて居る。

建築年代は確証を欠くが、当家の過去帳によれば元禄16年(1703)に山ノ坊村より分家した頃の建築と推定されている。

国中の代表的な屋敷構えは、中央に南面して主屋を建て、表か裏かに物干し場をとる。

表側には長屋門を構え、この門の両端から奥へ、コの字形に納屋・稻小屋・米蔵・内蔵離座敷などの建物で取り囲むのが、いわゆる囲造りである。

当家もこの囲造りで、物干し場は主屋裏にあった

旧敷地は西側に南北の道に接し、南側に路地を作って南から主屋に通じていた。

主屋は、喰違(くいちが)い4間取り、屋根は大和棟、周囲に本瓦葺の庇をめぐらしており、吉川禎一家と比べると、土間とミセノマ境・ナンド入口などが開放的となり、発達した形式を示しています。

特に居室部の間仕切りの発展を知るうえでも貴重です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古民家を訪ねて 高市郡高取町の民家 旧臼井家住宅(重要文化財)


旧臼井家住宅はもと高市郡高取町上土佐に所在していた町家。
建物の構造手法上は18世紀前期頃の建築と推定されています。

主屋は間口約9間、奥行3間半、切妻造の萱葺で、表裏側に庇を付け、本瓦で葺かれています。

高取町上土佐(旧土佐町)は、植村藩2万5千石の城下町で、町奉行支配下の半商半農的な町でした。

臼井家は伊勢から当地に移り、旧高取城大手へ通じる道の北側に屋敷を構え、代々、屋号は「伊勢屋」。藩の公用伝馬の役を務め、酒、醤油の販売を営む他、大年寄を務めたと伝えられています。

解体前には主屋、離れ座敷、内蔵、高蔵、米蔵、道具蔵などで構成されていましたが、そのうち主屋と内蔵が移築されています。

主屋は桁行18メートル、梁間7メートル、屋根は切妻造茅葺で、内部は「しもみせ」、「なかのま」、「おくざしき」などに間取りされています。

農家風の町屋建築であり、屋根も草葺とする事例は珍しい。

正面向って右手に「土間」をとり、表隅に商いの場所とした中二階付きの「下店」を設け、その裏は釜屋となっています。

天井はすすけて黒光りがして年代を感じさせます。

臼井家住宅の裏、右手は内蔵。

内蔵は主屋についで建てられたようで、土壁で塗り固めた土蔵造りで、桁行5メートル、梁間4メートルの二階建て、本瓦葺きです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!