秋の気配 兼六園

兼六園は小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。
江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。

穏やかな初秋の光を浴びて秋の始まりを感じさせる園内を散策。

「兼六園」の名前の由来

奥州白河藩主松平定信公が、12代藩主前田斉広(なりなが)の依頼により命名。
中国の古典『洛陽名園記』の中の「湖園」の章から採り、

宏大(こうだい)、幽邃(ゆうすい)、人力(じんりょく)、蒼古(そうこ)、水泉(すいせん)、眺望(ちょうぼう)
の「六勝」を兼ね備えていると言う意味で命名された。

長らく殿様の私庭として非公開だったが、1871年(明治4年)から日時を限っての公開が開始。

同年に園内の山崎山の下に異人館が建てられ、噴水前には理化学校が開設された。
1872年(明治5年)には異人館は成巽閣とともに国内初の博物館である金沢勧業博物館となった。

同館は1909年(明治42年)に廃止されるが、その間1879年(明治12年)に図書館、1887年(明治20年)に金沢工業学校(後の石川県立工業高等学校)が附属されるなど、大規模なものに拡張された。

徽軫灯籠と霞ヶ池(かすみがいけ)

霞ヶ池は兼六園で最も大きな池。
周辺に徽軫灯籠、虹橋、唐崎松、蓬莱島、栄螺山、内橋亭などの名勝、銘石が配されている。

徽軫灯籠(ことじとうろう)

霞ヶ池の北岸に位置する灯籠で、兼六園を代表する景観となっている。
脚が二股になっており、琴糸を支える琴柱に似ていることから名付けられた。

無料で24時間解放されたときの深夜、何者かによって灯籠が破壊される事態が発生し、当時のものは別のところに保管され、現在の灯籠は新造されたものである。

唐崎松(からさきまつ)と秋を感じさせるすすき。

唐崎松は前田斉泰が琵琶湖の唐崎松から育てた兼六園内でも有名な樹木。
雪の重みによる枝折れを防ぐ為の雪つりは冬の風物詩。

兼六園の日の出
献六江のの日の出の撮影に挑戦、圧6時前にホテル出発。 兼六園での日の出撮影は初め … 続きを読む →

冬の兼六園
雪の兼六園が撮りたいなという漠然とした願望を持ち続けていたが、雪とライトアップと … 続きを読む →

日本三名園 兼六園
17世紀中期、加賀藩により金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

まちに開かれた公園のような美術館

金沢21世紀美術館は屋外展示のオブジェと大通りとの間には垣根がありません。
開放的に感じる要因のひとつは敷地の周囲に垣根がないことです。

美術館や博物館の中には、敷地の周囲に垣根を巡らし、敷地に入る時点で有料となるミュージアムが多く見られますが、21美には垣根がなく、来場者は3方向から街角の公園に立ち寄るような感覚で敷地に入ることができます。

金沢21世紀美術館は垣根のない憩いのアート広場です。

建物は地上1階、地下1階建て。芝生の敷地中央にあり、円形(直径112.5m)総ガラス張りで正面といえる面がなく、逆に言えばすべてが正面といえる。

外壁同様各所にガラスが多用されているため、館内の見通しが非常に利く。

中央の有料エリアからも建物外部の公園や道路を見ることが出来るため、開放的だ。

外周が全面ガラス、映り込みを楽しみながら一周。

多くの美術館では写真撮影は一切禁止という施設が多いのですが、21美では館内の「撮影禁止」となっている展示室以外は作品の撮影もokです。

今日は日曜日で大変な人出です、待ち行列の長さに圧倒されそそくさと退散。

朝の光の中「乙女の像」が陽を浴びてまぶしい。

金沢21世紀美術館過去の訪問記

素晴らしきかな 金沢21世紀美術館
金沢21世紀美術館、愛称はまるびぃ(由来は「丸い美術館」)であるが、一般的には「 … 続きを読む →

21世紀美術館はアートな雰囲気
金沢散策で是非立ち寄りたいところがありました、21世紀美術館です。 足早に駆けつ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

本多の森最後の散策は、静寂の水面に想う鈴木大拙館

金沢市出身の仏教学者である鈴木大拙への理解を深め、思索の場とすることを目的に、金沢市が2011年(平成23年)10月18日に開設した。

前方に鈴木大拙館が見えてきました。

施設の設置に併せ、本多の森公園の斜面緑地に沿って金沢市立中村記念美術館まで「緑の小径」が整備された。

辰巳用水が流れる斜面横の階段を上がれば石川県立美術館、用水沿いに下れば金沢21世紀美術館に抜けられ、まちなかの回遊性に配慮されている。

奥の「穴」の向こうには,つくばい様の石が,なぜか三角形のくぼみに水をたくわえます。

施設の設計は金沢市にゆかりの深い日本芸術院会員の谷口吉生。
大拙生誕地の近くに立地し、借景となる本多の森公園との調和や大拙の精神とされる「静か」「自由」の具現化を図ったとされる。
なお、開館日の10月18日は大拙の生誕日(旧暦)である。

内部回廊、奥の光のところに「玄関の庭」が。

簡素な小屋。これが思索空間です。

心を表す水鏡の上に浮いているように佇んでいます。
思索というものと、心というものの関係性を見出しているように思えます。

心地良く孤立したこの空間では、誰にも邪魔されない思索に耽ることができます。

左の山手が県立美術館のある高台。
歩いてきた経路は,左の壁の外の奥の方から手前。
また、前記事の松風閣庭園は,左の壁の外側一帯。

建物は「玄関棟」「展示棟」「思索空間棟」とこれらを結ぶ回廊からなり、回廊の両側には「水鏡の庭」「玄関の庭」が配されている。

「水鏡の庭」は浅く水をたたえ、「思索空間棟」はその中に浮かぶように立っており、静かな空間を演出している。

「思索空間棟」は床が上下し、座禅を組んだり、腰を掛けて語り合う場として想定されている。

「展示棟」では収蔵品のうち大拙の書、写真など33点が展示されている。
展示品には詳細な説明はなく、これは来館者がそれぞれに考え、大拙の思考を感じるための趣向であるとされる。

前回の訪問記

思索空間 鈴木大拙館
名の「大拙」は居士号。 同郷の西田幾多郎、藤岡作太郎とは石川県立専門学校以来の友 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

安藤忠雄の世界 京都陶板名画の庭


「京都府立陶板名画の庭」は歩きながらミケランジェロやモネ、ルノアールの名画が間近に迫ってくる不思議な美術館。

入ってまず驚くのが、水の中に沈められた「睡蓮・朝」。

ほぼ原寸大である200×1,275cmの大きな陶板、そこに描かれた華麗な睡蓮の花が水の中をたゆたう様子には、なんともいえない風情。

「鳥獣人物戯画」の並ぶ回廊を進む。

繊細な「鳥獣人物戯画」も近くで見ると見事です。

安藤忠雄得意のコンクリート打ちっぱなしの立体構造。

日本最古の漫画といわれる「鳥獣人物戯画」を見ながら歩みを進めていくと、ざぁっという滝の音が強まり、ミケランジェロ作「最後の審判」が姿を現。

1,430×1,309cmという巨大な陶板は、ほぼ原寸大。
左右には滝が流れ、絶え間ない水の音が鳴るその空間は「最後の審判」を厳かに演出。

シャープな設計で構成される建物の間から眺める空が素晴らしい。

展示陶板画は「最後の晩餐」、「最後の審判」、「清明上河図」、「鳥獣人物戯画」、「睡蓮・朝」、「糸杉と星の道」、「テラスにて」、「ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後」と多彩だ。

安藤忠雄の世界
頭上に広がる秋
秋真っ只中、高く流れる雲が気持ちいい。 安藤忠雄建築で秋の空を楽しむ。 大阪府立 … 続きを読む →

西日本最大級!海辺の巨大美術館 兵庫県立美術館
2002年に開館した兵庫県神戸市「HAT神戸」にある美術館。 愛称は「芸術の館」 … 続きを読む →

古墳を模したといわれる 近つ飛鳥博物館
近つ飛鳥博物館はエリア全体が遺跡博物館ともいわれる陵墓・古墳の宝庫「近つ飛鳥」の … 続きを読む →

没後20年 菜の花忌の準備万端
今年は司馬遼太郎の没後20年にあたる。 御存じの通り彼の命日2月12日は 「菜の … 続きを読む →

三角形という大胆な形状 坂の上の雲ミュージアム
司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』をテーマにしたミュージアム。 コンクリートとガラス … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

青春18切符旅行記 奈義町現代美術館

今回の青春18切符旅行記は岡山県の奈義町にある奈義町現代美術館。
美術館という枠が拡張して、美術品と建物が一体化している、いわば第三世代美術館だ。

コスト比較、通常の交通費、15280円  青春18切符2370円
所要時間 4時間

大阪~姫路、ノンストップの新快速は大阪発7時51分が一番早い、それなりに乗客も多いので早めにホームへ。

このコースの難点は姫路岡山間、快速がなく、時間帯によっては1時間以上列車がないこと。
小刻みに乗り継ぎを検討するか、それでもダメな場合は、諦めて途中下車するなりで時間を有効に使う。

6番線ホームでは駅弁を売っている、旅の楽しみの一つだ。
また、津山線はローカル線には珍しく快速が走る

右手奥に見えるのが目指す、奈義町現代美術館、手前にあるのが「PIZZERIA La gita 奈義」

ナポリ最古の石窯メーカーGIANNI ACUNT社の石窯で一瞬のうちに焼き上げ、ナポリピッツァの表面はパリッ中はもちもちとした食感、薪の香ばしい香りが楽しめます。

本日はマルゲリータ   1,300円をいただいた。

奈義町現代美術館は美術館という枠が拡張して、美術品と建物が一体化している、いわば第三世代美術館だ。

町立図書館、観光案内所は前面のシンボルロードにパラレルに置かれるが、現代美術館は道路計画からの制約を飛び越え、この土地の自然条件にもとづいた固有の軸線を持つ。

すなわち「太陽」の軸は正確に南北軸と重なり、「月」の平坦な壁は中秋の名月の午後10時の方向を指し、「大地」の長軸は秀峰那岐山の山頂に向かっている。

この布置の「見立て」を更に拡張していくと、那岐という聖なる山を中央に据えて、手前に〔大地〕がひろがり、左右に〔月〕と〔日〕が配されるという構図となり、容易に、六曲一双の日月山水図屏風を想起することも可能であろう。

将来、奈義町の文化的中心軸となるように計画されているシンボルロードに沿って、奈義町現代美術館、奈義町立図書館、奈義町観光案内所の建築群が配置されている。

現代美術館、町立図書館は共通のエントランスを持ち、芝生広場の南端、竹藪の中に観光案内所が設けられた。

この円筒形の建物、左側の高い建物、それぞれが美術品だ。
もうすでにトンボが飛び交っています、加増をクリックして拡大してお楽しみを。

奈義町現代美術館のポスター、展示室「大地」、「太陽」の部屋 ≪遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体≫、「月」の部屋≪HISASHI-補遺するもの≫からなる。

「太陽」の部屋 ≪遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体≫展示室「大地」「うつろい」の画像。

最初の計画案では、垂直の円筒型の建築物の中に倒立した法隆寺があって、「胎内潜り」のように、その法隆寺を潜って行くと何時しか建物の外部に出ているというものであったという。

正面が、「月」の部屋≪HISASHI-補遺するもの≫

それぞれについては個別に掲載します。

奈義町の全体模型、美術館から車で7.8分山道を登ると「那岐山麓 山の駅」がある。

中央に江戸時代から伝わる伝統伝統芸能の「横仙歌舞伎」、周囲に町の木イチョウ、町の花ウメをデザイン。 「なぎ」「おすい」の文字。
汚水管マンホールの蓋

説明文はホームページを参照しています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

真夏の広沢の池を散策

送り火の行われた日、広沢の池を散策した。
夏に別れを告げるという送り火だが照り付ける陽はまだ暑い。

昭和42年に嵯峨帝心経写経1150年を記念して建てられた心経宝塔。

まだ蓮は咲いています、送り火の祭壇は蓮を刈り取って設けられる。

水草も美しい。

サギが飛来。

鵜は口を大きく開け、頭を振って何か叫んでいます、サギは狩りに余念がない。

名古曽滝跡へ通じる小径、風情を感じる小径です、左は梅園、木陰で少し冷気を感じほっと一息。

名古曽滝は、離宮嵯峨院の滝殿庭園に設けられたもので、「今昔物語」では百済河成が作庭したものと伝える。

水は早くから枯れ、石組みだけが残った。

大正11年国定指定名称に指定され、平成6年からの発掘調査で中世の遺水が発見され、平成11年に復元が完了した。

大沢池は中国の洞庭湖を模して嵯峨天皇が築造したものといわれ、当時の唐風文化の面影を今に残す。

この池の蓮は小ぶりで、「名古曽」と名づけられている。

大沢池の北約五十メートルの所に嵯峨天皇の造営された離宮嵯峨院の滝殿の石組み跡、「名古曽滝(なこそのたき)」があるが、その名に因み命名されたのであろう。

薄明光線(はくめいこうせん、英語: crepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象の俗称。

通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。

おもに、地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られる。
世界中の人々の間で美しい自然現象と認識されており、写真撮影における人気も高い。

「薄明光線」のほか、別名が多数ある。気象現象としては「薄明光線」、一般的には「天使の梯子」がよく知られている。
光芒とも呼ぶ。

天使の梯子、天使のはしご(てんしのはしご、angel’s ladder)
天使の階段(angel’s stairs, angel’s stairway)
ヤコブの梯子、ヤコブのはしご(Jacob’s ladder)
レンブラント光線

池の背後を流れる水路、緑が美しい。

池にかわいい水草が咲いている、名前を知らず。

モミジの種子、かなり成長しています。

この日は特に雲がきれいでした、池への映り込みの雲が特にきれいです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

水に浮かぶ美術館


1998年(平成10年)、佐川急便創立40周年を記念して開館した。
収蔵作品は、日本画家・平山郁夫と彫刻家・佐藤忠良の作品が中心となっている。

美術館の敷地は大部分が水庭(人工池)になっており、水の上に浮かぶように見える2棟の切妻屋根の展示館(竹中工務店設計・施工)は、そのデザインが高く評価されている。

夏季の夜間はライトアップされる。

佐藤忠良の作品が至る所に展示されている。

水はひたひたに満たされ、木々の陰影とあいまって美しい。

風に吹かれて僅かに波立つ水面に、キラキラと光が反射し、周りの樹木が映されています。

そのシルエットは、敷地の大部分を占める水庭の美しさとあいまって、「光と影」の「空間」を際だたせ、周辺の風景との一体感を演出しています。

こちらも佐藤忠良作品。

「水に浮かぶ美術館」称される贅沢な空間の中に、日本画家の平山郁夫(1930-2009)、彫刻家の佐藤忠良(1912-2011)、陶芸家の樂吉左衞門の展示館を設け、3巨匠の作品をゆっくりと鑑賞。

佐藤忠良の「蝦夷鹿」と題する作品。

館内は広々として車いすも楽々。

エントランスの像。

池の中に立つ佐藤忠良作品。

別館(2007年竣工)では、陶芸家 樂吉左衞門氏とのコラボレーションにより現代の茶室と非日常的展示室を創出。

葦の茂る水庭に浮かぶ現代の茶室と水面下に埋没された樂茶碗の展示室により構成されている。

正面の明るいところは、その上だけ天井にガラスがはめられ、その上を水が流れています。

その光が、(多分)コンクリート打ちっ放しの壁に差込み、終始微妙な光の動きを作っている。

エントランス室内には、どこから持ってきたのかと思うほどの、巨大な古木のベンチがおかれています。

室内に入った瞬間、何が起こっているのか?とあせるほどです。

そして左手扉奥が展示室、室内は暗く、ライトが多用された中に作品が浮かび上がっています。

佐藤忠良の作品で有名なのは、「帽子シリーズ」。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

けいはんな記念公園の春

けいはんな記念公園は愛称であり、正式名称は京都府立関西文化学術研究都市記念公園。

24.1haにもなる広大な公園であり、14.1haの自然保全区域と、10.1haの交流施設区域とに大きく分けられている。

ビジターセンターにはオイカワがいた。

カワムツとオイカワが両方生息する川では、オイカワが流れの速い「瀬」に出てくるのに対し、カワムツは流れのゆるい川底部分「淵」に追いやられることが知られる。

さらにこれにアユが混じると、アユが川の浅瀬部分に生息し、オイカワは流れの中心部分や淵に追いやられカワムツは瀬に追い出されアユと瀬で共存する。

このことから河川が改修され平瀬が増えるとオイカワが増えてカワムツが減ることがわかっており、生物学の棲み分けの例として教科書等に載っている。

ハヤ、ハエ、ハイ(各地・混称)ハス(淀川流域)、シラハエ、シラバエ、チンマ(近畿地方、北九州)ヤマベ(関東地方と東北地方の一部)ジンケン(東北地方・長野県の一部)など。

各地に多くの方言呼称があるが、多くの地方でウグイやカワムツなどと一括りに「ハヤ」と呼ばれる事もある。

カワムツ

川や湖沼などに生息するが、ヌマムツやオイカワよりも水がきれいな所を好み、その中でも水流が緩い所を好む。

岸辺の植物が水面に覆いかぶさったような所に多く、人が近づくと茂みの陰へ逃げ込む。

観月橋

水面上約10mに架かる歩廊橋。(延長123m、幅4m)。橋から庭園内を一望することができる。

観月橋から巨石群、紅葉谷を望む。

観月楼のガリレオの子孫たち

望遠鏡で月の観測を行い、月面図を作成したガリレオの科学への探究心は、その子孫である現代人に引き継がれ、月に着陸した。

現代人の科学への探究心が21世紀を切り開く。
現代人の様々な表情をした彫像(抽象化)8体を設置。

コナラの幼葉が陽に照らされきれいです。

コナラ(小楢、学名:Quercus serrata)はブナ目ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。別名ホウソ。

「コナラ」の名は、もうひとつの日本の主要なナラであるミズナラの別名であるオオナラ(大楢)と比較してつけられた。

紅葉陽に透かすときれい。

水谷池で日光浴中のカメたち。

半夏生の湿地。

ウツギの見られる季節です。

モチツツジ。

ツツジの花芽。

倒木もあり、その向こうではカメさんが昼寝。

結構雰囲気もあっていいです。

こもれびもいい感じ。

タンポポ。

オニノゲシ、タンポポのような黄色の花を咲かせる。
全体的にノゲシに比べると、少し大きく荒々しい感じがあり、名前に「鬼」が付くのが理解できる。

ミズキ、和名は早春に芽をふく時、地中から多量の水を吸い上げることから。

アヤメ

ガマズミ、花期は5-6月。白い小さい花の花序を作る。晩夏から秋にかけて3-5mm程度の果実をつけ、食用となる。果実は赤く熟し、最終的に晩秋の頃に表面に白っぽい粉をふき、この時期がもっとも美味になる。
焼酎に漬けて果実酒にも利用する。

なんか人の顔見てるみたい。

風の門―宙―っていうモニュメントなんです。

観月橋。

観月橋、水景園。

観月橋の中空部。

こもれびがきれい。

巨石群の中を散策。

紅葉谷。

観月楼の中から。

観月橋の上からモミジ谷を見る。

風雨の中、街角で見かけた道行く女性・・・・・・・

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

未来への偉大な贈りもの

大塚製薬グループの創業75周年事業として1998年(平成10年)に開設され、運営は一般財団法人大塚美術財団。
とくしま88景に選定。

システィーナ礼拝堂天井画

バチカン市国のバチカン宮殿内に建てられたシスティーナ礼拝堂の天井に、ミケランジェロ・ブオナローティによって描かれた絵画作品。

エリュトレイアの巫女。

リビアの巫女。他の4人の巫女とともに古典文学や人文主義の啓蒙を表す。

向かって左側には天国へと昇天していく人々が、右側には地獄へと堕ちていく人々が描写されている。

スクロヴェーニ礼拝堂

イタリアのパドヴァにある礼拝堂。
エンリコ・デッリ・スクロヴェーニが購入し、礼拝堂を建てた場所が古代ローマの競技場(アレーナ)であるアンフィテアトルム跡に隣接していることから「アレーナ礼拝堂」とも呼ばれる。

天井の青が美しい礼拝堂。

テュルプ博士の解剖学講義  レンブラント

描かれているのは、ニコラス・テュルプ博士が腕の筋肉組織を医学の専門家に説明している場面。

死体は矢作り職人アーリス・キント(Aris Kindt)のもので、その日の午前、持凶器強盗の罪で絞首刑になった。

見学者の一部は、絵に描いてもらう代金を支払った医者たち。

トビアスとその家族と別れる天使  レンブラント

トビトは貸した金を集めに息子トビアスを旅立たせる。

同行した大天使ラファエルがトビアスを呑み込もうとした魚を捕え、内臓を取っておく。

集金を終えたトビアスは肝臓とと心臓をいぶして親戚の娘サラから悪魔を払い妻とする。

家に帰り胆嚢の薬をトビトに飲ませると眼病はたちどころに治る。
大天使ラファエルは正体を明かして去る。

作者はヒュー・ゴールドウィン、「エデンの園」と題された1900年の作品。

何よりも印象的なのは公園の一郭で連れの男性に笑みを浮かべる女性の表情がなんとも素晴らしい。

我が子を食らうサトゥルヌス

サトゥルヌスは、ローマ神話の農耕神で、主神ユピテルの父。

鎌で父ウラノスを去勢させ権力を奪う。

予言で、自分と同じように、我が子に支配権を奪われると言われ、次々と我が子を食らって殺した。
ユピテルだけが、母の機転で救われる。

ユーディットとホロフェルネス

旧約聖書外伝からの主題、イスラエルの未亡人ユーディットは、敵軍アッシリアの将軍ホロフェルネスを誘惑し熟睡中にその首を切り落とし、イスラエル軍に持ち帰った。

女性の残酷さ、or 勇敢さ or 救国の女傑・・・・・

聖書外伝トビア書の、邪悪な愛と肉欲の悪魔アスモディア

赤いマントの女性アスモディアが男性を魔女の夜宴へ連れ去るという話なのだが、描かれている情景は少し違う。

読書(解読)

読書とは軽すぎる題である。
重要な情報が書かれているのは明らか。

食事をする二老人

エリザベート=ルイーズ作「画家と娘」

ヘラクレスとオンファレ

オンファレは、夫亡き後、女王として気丈にリュディアを統治していた。
3年間の奉公のあいだ、力自慢のヘラクレスは、例によって盗賊や猛獣、近隣の残虐な王らを倒して、オンファレに奉仕する。
 
が、その一方で、女王に見事制圧されてしまったヘラクレス。

彼から奪い取った獅子の毛皮を纏い、棍棒を手にして命令する女王の前に、ヘラクレスのほうは従順に従い、女装して糸を紡ぎまでした。
なんという情けなさ、軟弱さ。

ジョン・エヴァレット・ミレーのオフィーリア

この絵はちょうどオフィーリアが溺れる前、歌いながら川に浮かんでいる姿を描いている。
このシーンは『ハムレット』第4幕第7場で王妃ガートルードのせりふの中で表されている。

描かれたエピソードは舞台上では見られず、ガートルードのせりふにのみ存在する。

牛乳を注ぐ女 フェルメール

青いターバンの少女 フェルメール

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大塚国際美術館へのアクセス、行き方歩き方

大塚国際美術館公式サイト

徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦

①大阪・なんばから、大塚美術館への直通バスがあります。
岸和田観光バスの <鳴門うずしおルート>

②高速バスで鳴門まで行き、路線バスに乗り換えて美術館へ行くルート。

③JRで兵庫県舞子まで行き、そこから高速バスに乗るコース。

ワ・ッ・ハ・ハ






関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

「民博」へのアクセス、行き方歩き方

電車でお越しの方
大阪モノレール「万博記念公園駅」・「公園東口駅」下車徒歩15分

車でお越しの方
万博記念公園「日本庭園前駐車場」徒歩5分、「東駐車場」徒歩15分、「中央駐車場」徒歩20分