名残の桜 長居植物園

桜はほぼ終息の感があるが長居植物園の広い園内には様々に品種の桜が華やかさを競っている。

オモイガワ(別名:思川桜、学名:Prunus x subhirtella ‘Omoigawa’)は日本の栃木県小山市原産の栽培品種のサクラ。

1954年(昭和29年)に小山市の小山修道院の庭先で東京大学理学部付属植物園元主任の久保田秀夫がジュウガツザクラの実生を採取して植えて育てたところ、ジュウガツザクラとは違う特性を持った突然変異のサクラが育った。

これを日光植物園で栽培品種の新種として固定し、小山修道院の付近を流れる思川に因んで命名されたのがオモイガワ。

サトザクラの歴史は、人々がサクラを庭に植え始めた平安時代からと言われる。

このころから品種の育成が行われ、人為的な交配や突然変異、野生のものからの選抜育成などが続けられた結果、200種以上のサトザクラが誕生した。

オオシマザクラの影響は大きいと言われる。

サトザクラは往々にして人間の観賞用に改良されてきたため、花びらの数の多いものや、見栄えのするものを選んで作られている。
八重咲き、枝垂れ咲きの種類も多い。

ソメイヨシノはほぼ終わっているが中には残って咲き続けているものもある。

カンザン (関山 学名:Prunus lannesiana Wils. cv. Sekiyama )はバラ科サクラ属の植物。

サトザクラ群の桜で、日本原産の園芸品種のヤエザクラ。

学名にはセキヤマという名が登録されており、別名はセキヤマ。
どちらの読みが正しいかは分かっていない。

四月中旬から五月上旬にかけて花期を迎える。
花や蕾の色は濃い桜色であり、八重咲きである。

花弁は多い場合は50枚を超える。
花は大輪であり生育条件が整えば5cmを越えることもある。

雌しべは2本葉化しており、花の中心から突き出ている。
花の時期には葉が生えている場合が多い。

また、花が長い期間持つことも特徴であり、長い期間楽しむことができる。

フゲンゾウ(‘普賢象’ 学名:Cerasus ×lannesiana Carriere, 1872 ‘Alborosea’)はバラ科サクラ属の植物の一種。

サトザクラ群の桜で日本原産の園芸品種のヤエザクラ。

八重咲きのヤエザクラであり、大輪の花を咲かす。
四月の下旬に最盛期を迎える。

花は若いうちは薄紅色をしており、徐々に白くなっていく。
最盛期を過ぎると徐々に花の中心部が赤く染まる。

雌しべが花の中央から2本出ており、細い葉のように葉化している。
この雌しべが普賢菩薩の乗る普賢象の鼻に似ている事からこの名前がつけられた。

異称に普賢堂というものがある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

岩倉実相院門跡


入り口の四脚門をくぐった正面に背の高い山桜が1本植えられていますが、ほぼ満開です。

現在ある本堂(客殿)、四脚門、車寄せは、享保6年(1721)に、東山天皇(在位1687~1709)の中宮承秋門院の女院御所を移築したものといわれます。

枯山水庭園の枝垂れ桜は訪問時(4月7日)には蕾の状態でした。

3つあるこのオブジェは木製で、表面を杉皮、白砂で覆われており波を表している。

表面は杉皮が施され、後側に盛り土をして、その表面を白砂で覆っています。

奥の書院と客殿の間にある池泉回遊式庭園、山地の澄んだ水にしか生息しないモリアオガエルが棲んでいるという。

うさぎちゃんを見つけた。


現在これらの建物は、かなり老朽化が進み、斜交い(はすかい)や鉄柱などで補強されています。
修繕のための資金集めに苦慮しているようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

関西最後のお花見 ミホミュージアム


ミホミュージアムのエントランスから枝垂れ桜の並木道が美術館へ続きます。

今日はあいにくの雨、しかし、日曜日とあって大変な人出です。

MIHO MUSEUMの本館は、駐車場に隣接するレセプション棟からさらに一山越えたところにあります。

レセプション棟からはしだれ桜の並木道がおよそ150mほど続き、まるで桜のカーテンのようです。

枝が長くしだれるのが特徴で、江戸彼岸よりも一層優雅な趣きがあります。

葉が出る前に淡紅白色の花が咲き、満開時には白くなります。

いよいよトンネルですが、桜の種類、傘の色のコラボレーションが素晴らしい。

「桃源郷」をイメージして造られているだけあって幻想的なシーンが続きます。

利用者の移動を助けるためと環境にあわせ、電気自動車がレセプション棟と展示館の間を往復していますが桜の最盛期は人でも多く混乱を避けるため運休です。

後ろを振り返るとトンネルの向こうに見事な桜。

壁面がピンクに染まっています。

移動すると壁面の色合いも変わってきます。

トンネルを抜けると吊り橋。

建築容積の8割が地下に埋没しているというこの建物は、周囲の自然景観保全に配慮したもの。

ミュージアムからの眺め、向こうに見える白い建物、あれは神慈秀明会の本部です。

左にあるのはカリヨン塔と呼ばれるもので、これまたI・M・ペイさんが設計したという。

本部は信者のみ立ち入り可能とのことで、一般人は立入禁止です。

ミュージアムは世界救世教から分立した宗教法人神慈秀明会の会主・小山美秀子のコレクションを展示するため、1997年(平成9年)11月に開館した。

雨に濡れた緑がきれいです。

設計はフランスのルーブル美術館のガラスのピラミッドやワシントンのナショナルギャラリー東館などを手掛けた世界的にも有名なI.M.Pei氏

コレクションは、ギリシア、ローマ、エジプト、中近東、ガンダーラ、中国、日本など、幅広い地域と時代に渡る優品2000点以上が含まれている。

「曜変天目」見学は平日の午後をお奨めします。
土日の午前中は約1時間待ちになっております。と、ホームページに断りが入っている、事実1時間並びました。

レストランでは自然農法で作られた作物が提供されているようなので、たぶん値は張るけど身体に良さそうです。
食べたかったな。

しかし長蛇の待ち行列に退散。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

海津大崎の桜散策


海津天神社の近くにバスを停め徒歩で海津大崎を目指します。

7年前にマキノから永原まで歩いた記録、当時はまだ元気だった。
海津大崎 琵琶湖随一の桜の名所を行く
桜の満開の時期に合わせ、JR湖西線マキノ駅から海津大崎を経て、JR永原駅までの約12kmの距離を徒歩で巡るという念願の散策を果たす。 … 続きを読む →


例年、見頃は4月中旬となり、近畿圏では遅咲きの桜名所として知られています。

まさに今日は満開です。

ただ寒気が入っているため肌寒い。

琵琶湖バレーは雪だった、気温はマイナス4℃とか。

桜のトンネルです、ただ路上駐車の不届きものには困ったものだ。

自転車で桜見物の人も多い、しかし、車の往来が激しく怖い。

日本のさくら名所100選」にも選ばれている海津大崎の桜。

樹齢80年を越える老桜から次世代へ引き継ぐ若木まで約800本の華麗なソメイヨシノがびわ湖岸4kmにわたり続きます。

海津大崎は、琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」としても知られる景勝地で、びわ湖随一の岩礁と、湖の碧、遠くに望む竹生島、その景色の絶妙なコントラストは何度見ても美しく、毎年多くの花見客で賑わいます。

誰が取り付けたのかブランコ、向こうでは女子会の宴会。

造り酒屋にチョイと立ち寄る。

戦前・戦後に京阪神からのスキー客を乗せた汽船が発着した桟橋跡。
町は大変な賑わいぶりだったという。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

海上から海津大崎の桜


菅浦の船溜まりから小型船で会場からの桜見物。

今日は折からの低気圧で湖上は時化ています、船外に出ないようにと言われるが船内からは御覧の通りの画像で絵にならない。

ご覧の通り湖は時化ています。

安全のためいつもとコースを変更していますといわれるがどう変更しているのかよくわからない。

できるだけ船外に近い席に陣取り、身を乗り出して撮影するわけで思った通りの画角には収まらない。

それでも色づき始めた山々の様子も見れます。

遠景です。

きょうはちょうどこちらの「奥琵琶湖を望む宿 つづらお」でお昼をいただいた。



船溜まりの近くまで戻ってきました、ご覧のように護岸が大きく崩れています、昨年の台風21号の影響と思われる。

あちこちで倒木も見られた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

隠れ里菅浦集落と奥琵琶湖桜並木


琵琶湖の北端は「奥琵琶湖」と呼ばれ、湖岸まで山がせり出しているその地形は、北欧のフィヨルドのような美しさ。

かつての監視門であった茅葺きの四足門(しそくもん)をくぐると、そこは懐かしい漁村の風景が広がります。

集落の東西の出入口には「四足門(しそくもん)」と呼ばれる茅葺き屋根の門、関所の役割と共に、有事の際には倒壊させてバリケードにしたという説も残されています。

764年(天平宝字8年)、藤原仲麻呂の乱の際に逃れた淳仁天皇の隠棲伝説も伝わり、須賀神社(旧・保良神社)の祭神として祀られている。

恵美押勝の乱で敗れた淳仁天皇が都を追われてこの地に隠棲したというものです。

通説では淡路の敗帝となり淡路(現在の兵庫県)に遷じられて崩御されたと伝わっていますが、実は「淡路」は「淡海」の誤読であり、都を追われた天皇が葛篭に乗り、琵琶湖を渡ってこの地で隠棲されたという逸話があります。

また、1573年(天正元年)、小谷城落城の際に浅井長政の子の万菊丸が菅浦の現・安相寺に逃れたという伝承もある。

ここからは土足厳禁。

『かくれ里』白洲正子 新潮社

正子は、こうした菅浦に伝わる話を『かくれ里』にこう書いている。伝承の真偽はともかく、「そのような伝説が、ひそかに伝えられて来た事実はやはり私の心をひく。そして、それが菅浦の歴史であり、信仰でもあることを、私は疑う気にはなれないでいる」。

千数百年を経た今も、語り継がれる伝説と人々の信仰心に正子は敬意すら覚えた。

往時この地は辺境の地に有って外界からの交通手段といえば湖上からの水運しかなく排他的で自主独立心の強い集落で、警察署や消防署も無く、惣と呼ばれる自治組織が発達していた。

菅浦は、天皇に供える食物を献上する贄人(にえひと)が定着したのが始まりとされる。

葛籠尾崎の付け根部分に位置する菅浦は、険しい山に囲まれているため、水運主体の隔絶された集落であった。

これにより早くから惣村(そうそん)が形成され、自検断を行使して、近江国を領有した京極氏や浅井氏の統治を嫌い、対立したこともあった。

浜辺には「ウマ」と呼ばれる共同の洗い場が残る。

これら集落の掟と動向ならびに構造は、1917年(大正6年)に須賀神社より発見された「菅浦文書(すがうらもんじょ)」(国宝[10]、須賀神社蔵・滋賀大学経済学部付属史料館寄託)に詳細に記されており、近隣の大浦(大浦庄)との激しい争いもよく知られる。

また、菅浦は両墓制であり、門外の埋め墓へ遺体は埋葬され、門内の寺院境内に詣り墓が設けられている。

菅浦口より菅浦集落を望む。

山の中腹に奥琵琶湖パークウェイの桜並木が見える。

昭和46年に造られた奥琵琶湖パークウェイは大浦と月出の間 、全長18.8kmにわたる県営の有料観光道路として造られましたが、償還が終わり現在は無料で通行できます。

道路に立っている看板などには桜並木4000本と宣伝されています。

パークウェイは月出側の道路がいたる所、崖が崩壊しており大浦~菅浦経由の一方通行で運用されています。

沖に竹生島が見える、葛籠尾崎と竹生島の間は、沖合約2Km。

今日はドンピシャの満開、少し肌寒いが気持ちよく花見ができた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

桜の時期も素晴らしい 妙満寺


妙満寺の仏舎利大塔は、最上階に仏舎利が納められている。

また、檀家さんたちの納骨もされており、トヨタ自動車の創設者、豊田佐吉翁以来の豊田一門の遺骨も。

大書院前のしだれ桜 満開が続いています。 2019/04/07

四季折々に花々が彩られる境内は、桜の時期もまた素晴らしく、しだれ桜や紅しだれ桜が咲きほこり春の訪れを告げます。
中には、桜守・佐野藤右衛門が寄贈した桜も。

市街地から少し離れているので、のんびりとお花見ができる穴場。
近年、門前に3000株のツツジが植えられて、花の寺として親しまれている。

雪の時期に訪れた妙満寺、本坊の雪の庭は、松永貞徳が造園した雪月花三名園の一つ。
雪の庭で有名 妙満寺
顕本法華宗の総本山。 康応元年(1389)日什上人により、六条坊門室町(現在の、 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

桜が見頃を迎えた 茶臼山


公園本体との間には河底池(かわぞこいけ・こそこいけ、通称ちゃぶいけとも言う)があるが、これは788年(延暦7年)に和気清麻呂が、大和川や河内湖の排水と水運のために上町台地をここで開削しようとして失敗した跡地とも言われる。

5世紀ごろの全長200m近い前方後円形古墳であるという説がなされている。

しかし1986年の発掘調査結果によると、古墳に欠かせない葺(ふ)き石や埴輪(はにわ)が全く見つからなかった。

一方、規則正しい作られ方をしている盛り土は、堺市の大塚山古墳や御勝山古墳にも共通していることから、茶臼山が古墳丘ではないとも断定できず、専門家の間で議論が繰り広げられ、結論が出されていないのが現状。

1614年(慶長19年)の大坂冬の陣では茶臼山一帯が徳川家康の本陣となり、翌1615年(慶長20年)の大坂夏の陣では真田信繁(幸村)の本陣となって「茶臼山の戦い(天王寺口の戦い)」の舞台となった。

明治以降は住友家邸宅の敷地の一部となっていたが、1925年(大正14年)に住友家から邸宅敷地(現・大阪市立美術館)、慶沢園とともに大阪市に寄付され天王寺公園の一部となった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

枝垂れ桜の桃源郷!「原谷苑」 ほぼ満開


京の桜の隠れ里、約4,000坪の敷地には20数種類の桜が約450本。
なかでも紅しだれ桜は、樹齢70年をこえる桜約65本を含め、約250本。

苑内は濃いピンク色に覆われます。

桜以外にもボケや雪柳なども同じ時期に綺麗に咲いていて、頭の上から足元まで花だらけ。

原谷苑の桜の見ごろ、京都市内のソメイヨシノの見頃から一週間遅れが目安。

遅咲きで有名な御室仁和寺とは見頃がほぼ一致。

桜の種類も多いので、長い期間桜が楽しめるというのも重要なポイント。

入苑料はなんと時価!

花の咲き方によって300円から最大1500円までという幅があります。

1500円というと高いという気がしますが見れば納得、逆に1500円の時は見頃ということ。

気になるアクセス方法、「原谷苑」があるのは金閣寺から見て北西の方向にある原谷という小さな集落内。

この原谷は金閣寺の裏にある山をひとつ超えた山間部に位置しており、辿り着くのが少し大変なのです。

先ず一つ目は京都市バス。

立命館大学前と原谷の間を結ぶM1系統は1時間に1~2本しかありませんが、唯一の原谷へ通じる公共交通機関。

2時間に1本程度ですが北大路バスターミナルと原谷を結ぶルートもある。

ただ、市バスM1は原谷地元住民の生活の脚となっており、花見時に大変混雑し、迷惑をかけますので、出来る限り賃走タクシーをご利用ください。と、原谷苑のホームページには但し書きがあります。

二つ目はタクシー。

一緒に行く人が多い場合はタクシーの方が効率もいいし、割安になるかも。

●地下鉄<北大路駅>またはJR<円町駅>より約10分。
●阪急<西院駅>より約15分。
●金閣寺のタクシー乗り場、もしくはわら天神前から約5分。

三つ目はシャトルバス。

原谷苑が無料で運行、乗り場はわら天神宮の鳥居前あたり、原谷苑の門前まで9:00~16:00の間を約10分で結んでいます。

四つ目ツアーに参加すること。

桜シーズンの京都は各旅行会社によるツアーが数多く販売されていますが、原谷苑がコースに入っているツアーも毎年企画されています。

原谷苑以外の桜も同時に楽しみたいのなら、お手軽にツアーに申し込むのが賢明。

ツアー参加の場合はタクシーで原谷苑へ向かうことになります。

五つ目は徒歩。

●市バス北1系統源光庵バス停より約2.5km。 (所要時間:約30~40分)
●鹿苑寺金閣より、約2.2km。 (所要時間:約30~40分)
●御室仁和寺より、約2.1km  (所要時間:約30~40分)

金閣寺、仁和寺よりのコースは登りとなり、健脚向き。

鷹が峰から千束を経て【原谷苑】、御室仁和寺へ下るコースがオススメです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春爛漫 慶沢園


桜のシーズンになると慶沢園の桜とあべのハルカスのコラボを楽しめます。

元は住友家の茶臼山本邸庭園として、1918年(大正7年)に完成した。

1908年(明治41年)に木津聿斎の設計、小川治兵衛の作庭により造園が開始されて以来、完成までに10年を費やしている。

大小3つの島が浮かぶ池の周囲の林間を回遊し鑑賞する様式(林泉回遊式)で、全国から名石・名木を集めた広大な庭園となっている。

1921年(大正10年)に住友家が大阪市に寄付を打診。
1925年(大正14年)に住友家本邸が神戸に移転したことで、隣接する旧本邸敷地(現・大阪市立美術館)、茶臼山とともに寄贈された

治兵衛は山県有朋の無鄰庵を手掛けて以来、京都を中心に活躍し、日本の近代造園に大きな足跡を残した造園家で、彼の手になる庭園は国や京都市の名勝などに多く指定されている。 

慶沢園は、大名庭園をモデルとした林泉式回遊庭園である。

中島を浮かべた大池を中心に、三方に築山を築き変化に富んだ地形をつくり出している。

周辺には園路や飛石、橋をめぐらせ、茶室や四阿(あずまや)が配されている。

南門を後にして茶臼山に向かいます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!