桜咲く 出石城址


谷山川に架かる登城橋から登城。

今年の桜の見納めとなった出石城址の桜。

出石城の代名詞の感のある本丸西隅櫓。

稲荷郭の高石垣はすばらしい、この時期緑がきれいです。

東隅櫓。

出石城には天守はなく、櫓が四基上げられていた。
そのうち本丸西隅櫓と東隅櫓が現在復興されている。

感応殿は明治時代に仙石氏の旧臣が建立。

祀り神は幕末に藩主であった仙石氏の祖、仙石秀久公。

1604年(慶長9)、小出吉英により有子山城の山上の丸および天守部分が廃され、有子山城山麓の郭および館のみを出石城と命名し幕府に居城として届けた。

それにともない平地に、堀で囲まれた三の丸が築かれ、下郭、二の丸、本丸、稲荷丸が階段状に築かれた。

城主の居館も成り、このとき城下町も整備され、出石の町並みが形成された。

山上の旧有子山城天守は城割は行われなかったが幕府を憚り荒れるに任されたため樹木が生い茂り一見したところ山林となった。
なお、一国一城令により、但馬守護山名氏以来の出石城が但馬国唯一の城郭となっている。

江戸時代は、出石藩の藩庁となり、小出英及が1696年(元禄9)3歳で死去すると小出氏は無嗣改易となった。

代わって松平(藤井)忠周が入城。
1706年(宝永3)忠周が転封となると、仙石政明が入城し、廃藩置県まで仙石氏の居城となった。

江戸末期には仙石騒動がおこっている。

明治時代になり、廃城令で出石城も取り壊されたが、辰鼓楼、堀、石垣などが現存、また隅櫓、登城門・登城橋などが復元され、堀の周囲一帯は登城橋河川公園として整備されて、観光地となっている。

2017年(平成29年)4月6日、有子山城とともに続日本100名城(162番)に選定された。

三の丸には、藩主 の居宅と政務の場所を兼ねた対面所と呼ばれる建物や上級武士の屋敷が 構えられ、周囲を内堀で囲まれていた。

辰鼓楼は、明治4年(1871)旧三の丸大手 門脇の櫓台に建設された。

明治14年 に医師、池口忠恕氏が大時計を寄贈してからは、時計台として親しまれ、今では3代目 の時計が時を刻み続けている。

駐車場より本丸西隅櫓を望む。
緑に包まれ美しい姿を見せる。

過去の出石の記事

小雨降る出石城跡
6月に引き続き今年二度目の出石訪問です。 今回は小雨の中の城下町探訪です、雨にた … 続きを読む →

但馬の小京都 出石散策
城下町として整備された町割が碁盤の目状であることなどから、但馬の小京都と呼ばれ、 … 続きを読む →

近畿最古の芝居小屋 出石 永楽館
1901年に竣工し、100年以上歴史を持つ建築の劇場で、現地に現存する劇場建築と … 続きを読む →

山峡の城下町 出石城
小出氏は九代、約100年間続きましたが後縦ぎがなく断絶し、元禄10年(1697) … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

勝山弁天桜も雪の中


突然襲った雪に桜も震えているだろう。
勝山弁天桜(九頭竜河畔の桜)の桜は勝山橋を渡った右岸に展開する。

九頭竜川右岸に約1.5km続く弁天桜並木は一目千本と呼ばれ、約450本のソメイヨシノが美しい姿を見せてくれる。

毎年4月中旬には「弁天桜まつり」が行われ、桜のトンネル沿いに出店が並ぶ。

残雪輝く奥越前の山々とのコンビネーションは多くの人々を魅了する美しさだが今年ばかりは様子が違う。

ガスがかかり美しい残雪の山々が見えません。

こいのぼりと桜のコラボです。

勝山橋の上から越前の山々と九頭竜の激流にうっとり。

継体天皇穂訪ねる福井の旅も終わりに近づいています、彼が治水に苦心したという九頭竜川を眺めながら感慨に浸る。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春雪にびっくり 白山平泉寺訪問記


見地の人もびっくりの突然の雪です。
雪と桜が同時に見れるというハプニングに見舞われた。

福井からえちぜん鉄道に乗車、途中からちらちらと積雪が見られた、ところが勝山に着いてみるとなんと白銀の世界ではないか。

参道にはほとんど人影もなく静かな雪の世界。
この坂を精進坂という、これより上は魚類の持ち込みが禁止だった。

境内は1935年(昭和10年)「白山平泉寺城跡」として国の史跡に指定された。
その後、1997年(平成9年)に史跡の指定地域が追加され、指定名称が「白山平泉寺旧境内」に変更された 。

旧玄成院(別当・平泉宮司邸)庭園は、1930年(昭和5年)に国の名勝に指定された。

二の鳥居が霞んで見える、幻想の世界です。

額の上に屋根があるのは神仏習合の名残、1777年のもの。
境内の道路の大半は石畳道で、石組みの側溝など、技術的にも当時の日本の最先端だったと考えられています。

振り返ると一の鳥居がカスミの彼方に。

拝殿が見鵜てきた。

現在の建物は江戸時代の終わりに建てられたもの。

かつては三十三間拝殿という大きな建物が建っていた。

今は、その柱を支えていた礎石が残っています。

拝殿の周辺は、樹齢数百年の杉林の下に、青々とした苔がじゅうたんを敷きつめたように広がっています。

しかし、今日は苔は雪の下です、一面の銀世界です。

以前の訪問記、苔がきれいです。
日本一の苔を見に 平泉寺白山神社にやってきました
白山の登拝口に建てられた平泉寺は、古代から中世後期にかけて白山信仰の拠点寺院とし … 続きを読む →


天正2年(1574年)当時、織田信長方に仕えていた白山平泉寺は、大阪の本願寺方の一向一揆に攻められ、全山が焼失。

10年後に一部再興されたが、境内はもとの10分の1程度にすぎず、多くの坊院跡は山林や田畑の下に埋もれました。

本社は、寛政7年(1795)、福井藩主の寄進で建てられた。

本社の向かって右手には別山社、左手には越南知社があり、白山三山の神をおまつりしています。

彼方に三宮が見える。

白山神社境内の一番奥に位置する社で、この後から白山への登拝道である越前禅定道がはじまります。

三宮の手前には楠正成の墓があり、室町時代の石塔が建っています。

鎌倉時代の初めには、源頼朝に追われた義経主従が、山伏姿に姿を変えて奥州に落ちる途中で平泉寺に立ち寄ったといわれ、義経や弁慶に関する伝説も残っている。

御手洗池(みたらしいけ)は、養老元(717)年、泰澄が白山への道中に発見した泉。

現れた女神に、白山へと登ってくるようにお告げを受けたとか。
平泉寺の名前の由来にもなっています。

国史跡白山平泉寺旧境内は、古くから信仰の対象であった霊峰白山(標高2,702メートル)の越前側の拠点として、養老元年(717年)に泰澄によって開かれたと言われています。

先ほどから雪が激しく降っています。

幹が3つに分かれた御神木の杉を見ながら上を目指す。

中世、平泉寺は悪僧の巣窟でもあった。
貴族たちから寄進された所領が多く、寺は富裕で・・・・・・
街道をゆく18 越前の諸道

帰りの道をたどっている。

降りがいよいよ激しくなり振り返っても二の鳥居が見え隠れする。

雪の中、女性の二人連れが参道を上っていく。

あまりの激しい雪に二人は大丈夫だろうかと他人事ながら心配になる。

白山平泉寺歴史探遊館 「まほろば」でバス待ち。

「まほろば」は史跡平泉寺や白山の歴史・自然・文化に関することを展示紹介しています。
また、文化財を活かした学習・交流・地域づくりの拠点施設ともなっています。

降りしきる雪の中に満開の桜、めったに拝めない世界です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

福井城


復元なった山里口御門と櫓門・廊下橋。

廊下橋。藩主は西三の丸御座所に居住し、そこから本丸内の藩政所へ通うための専用の橋が廊下橋であった。

桜はすでに盛りを過ぎている。

改装なった福の井。

「福の井」は慶長6年(1601)の北ノ庄城(後の福井城)築城当時からあった井戸と考えられている。

安永4年(1775)の「御城下絵図」の天守台には「福井」と記された井戸が描かれている。

この頃には一般に「福の井」と呼ばれ、福井城の特別な井戸となっていたことがうかがえる。
 
昭和23年(1948)の福井地震では、本丸の石垣がいたる所で崩れた。

「福の井」が崩壊することはありませんでしたが、井戸の形が大きく歪んだことから、震災後に井戸枠が大きく作り変えられた。

雁木(がんぎ)、本丸大手門脇、石塁の城内側を石の階段としている。
防備上で重要な所に設ける。

今日の泊はじゃらん 福井マンテンホテル

駅近で新しくきれいなホテルです。

久しぶりの福井、美酒に酔いしれる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

石山寺の桜


約八百年前の中興の祖 朗澄律師ゆかりの庭園。
朗澄律師は自 分の死後鬼の姿になって、石山寺の一切経と聖教を守護し、 人々の降魔招福を誓い入寂された。
大きな石に刻まれて いるのは「石山寺縁起絵巻」に描かれた朗澄律師のお姿。

開基(創立者)は良弁。当寺は京都府の清水寺や奈良県の長谷寺と並ぶ、日本でも有数の観音霊場であり、西国三十三所観音霊場第13番札所となっている。

季節は進みすでに青葉の美しい時期。

本堂に裏に回ってみる、ミツバツツジが美しい。

『和泉式部日記』(十五段)では、「つれづれもなぐさめむとて、石山に詣でて」とあり、 和泉式部が敦道親王との関係が上手くいかず、むなしい気持を慰めるために寺に籠った様子が描かれている。
http://www.eotona.com/gazo2/ishiyama2018.04.02 (4).jpg” target=”_blank”>
ミツバツツジが加わり白鮮やかな境内。

甘露の滝、ここも色鮮やかで美しい。

過去の訪問記もどうぞ。

梅開く侯 早春の石山寺
早春、石山寺は紫式部が梅の花を題材にした多くの作品を残していることで知られる。 … 続きを読む →

雪の石山寺に二人の美女を訪ねる
紫式部が七日間参籠し「源氏物語」を起筆したという石山寺。
実はもう一人ゆかりの深い女性がいます。… 続きを読む →

紫式部・清少納言「石山詣」の寺に紅葉を訪ねる
『蜻蛉日記』『更級日記』『枕草子』などの文学作品にも登場し、『源氏物語』の作者紫 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

三井寺の桜


琵琶湖疏水に架かる鹿関橋(かぜきばし)から疏水トンネルを望む。

大門(重文)-仁王門とも呼ばれる。

入母屋造の楼門(2階建ての門で、下層と上層の境には屋根の出を造らないもの)。

もと近江の常楽寺(滋賀県湖南市)にあった門を慶長6年(1601年)、徳川家康が寄進したもの。
墨書銘等から室町時代の宝徳3年(1451年)の建立と推定される。

ちょうどミツバツツジの盛りを迎えており、桜とともに彩が美しい。

「村雲橋」脇には紅しだれが美しく咲く。

園城寺(おんじょうじ)は、天台寺門宗の総本山。山号を「長等山(ながらさん)」と称する。

開基(創立者)は大友与多王、本尊は弥勒菩薩。

日本三不動の一である黄不動で著名な寺院で、観音堂は西国三十三所観音霊場の第14番札所。
また、近江八景の1つである「三井の晩鐘」でも知られる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

奥河内さくら公園の花見


奥河内さくら公園は河内長野駅より南東へ300m、市内5ヶ所ある長野公園の中でも河内長野駅から最も近いところにあります。

天見川の清流を見ながら落合橋を渡る。

清教学園への近道・通学路にもなっている「しらかしの径」。

緑の広場は夕雲揃っており子供たちの楽園。

展望台のあるアジサイ園は季節にはアジサイが見事。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

関西一の早咲き桜 紀三井寺


JR紀三井寺駅方向から名草山(なくさやま、228.6メートル)を望む、山桜がきれいです。

寺域は紀ノ川河口平野の南部にある名草山の中腹にあって、境内から和歌浦湾を一望のもとに収める。

竹の青とと桜、そして空がきれい。

寺号は詳しくは紀三井山金剛宝寺護国院と称し、宗教法人としての公称は「護国院」であるが、古くから「紀三井寺」の名で知られる。

仏殿から北を眺める。

山内に涌く三井水(さんせいすい:吉祥水・清浄水・楊柳水)は紀三井寺の名の由来とされ、いずれも水源には慶安3年(1650年)の年記とそれぞれの名水の名を刻銘した砂岩製の水槽がある。

楼門からの231段の急な石段は結縁坂と呼ばれている。

豪商紀ノ国屋文左衛門は若いころ貧しいが孝心篤い青年でした。

ある日母を背負って紀三井寺の表坂を上り観音様にお参りしましたが草履の鼻緒が切れてしまいました。

困っていた文左衛門の鼻緒をすげ替えてくれたのは和歌浦湾にある玉津神社の宮司の娘おかよさんでした。

これがきっかけで二人に恋が芽生え結ばれました。
その後文左衛門は宮司の出資金によって船を仕立てミカンと材木を江戸へ送って大儲けしたのです。
紀ノ国屋文左衛門の結婚と出世のきっかけとなった紀三井寺の表坂はそれ以来結縁坂と呼ばれるようになったそうです。

護国院楼門(重要文化財)、本来はこちらが正門 – 参道正面、境内への入口に建つ楼門。

室町時代中期の建立、三間一層入母屋造。
寺伝では永正6年(1509年)に建立、永禄2年(1559年)に加修。下階中央間は開放で扉がなく、正面両脇間に仁王像を安置している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住吉大社界隈 桜は見頃


住吉大社幸寿門の前の枝垂れは美しさで定評。

住吉公園は大勢に花見客でにぎわっています。

菜の花、桜、待つのコラボレーションが見事。

社務所前の枝垂れもきれいです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ラグビーのまちの花見


東花園は東京の秩父宮ラグビー場とならぶ日本におけるラグビーの聖地、東花園駅は花園ラグビー場前の副駅名を持つ駅長配置駅。

東大阪市花園ラグビー場は、ラグビーワールドカップ2019日本大会成功に向け2017年2月から改修中。

近鉄東花園駅から北へ5分~10分。
ここは桜の名所として有名。

ドリーム21の東側は桜の多い広場で、花見客で賑わう、ラグビー場と市民美術センターにはさまれた広場の桜も見ごたえがある。

南側のメインゲートにある石モニュメントと噴水は公園のシンボル。

まちはラグビー一色。


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!