冬木立

冬しか見れない!冬の絶景

大空に伸び傾ける冬木かな 虚子

澄み渡る青空に向かってすっくとのびた冬木。
ほどよく曲がったその姿も実に様になっています。

斧入れて香におどろくや冬木立 蕪村 

葉をすべて落とした冬木立には、もはや生気は感じられぬ。
その一本に勢いよく斧を打ち込むと、意外や意外、新鮮な木の香りが漂ってきた。

枯れたこの季節にも、木はしっかり生きている。
驚くべき生命力だ。

凛とした冷気の中、この時期にしか味わえない絶景を愛でながらの散策は楽しい。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

隠棲の地 三千院の冬


冬枯れの木立に青空が似合う。

坪庭の笹にかすかに陽が射す、そして残り雪。

聚碧園の池も凍てつく、木漏れ日がきれいです。

手水鉢も凍って寒そう。

本堂から見た庭園、背景に見えるのは往生極楽院。
苔に残雪、斜めからの日差しがいいね。

この日も寒さにかかわらず多くの参拝客でにぎわっている、客足のわずかに途絶えたところをパチリ。

池への映り込みがきれいです。
恋に疲れた一人旅の女性は、池の水面にどんな想いを映し出していたのでしょう。

有清園(ゆうせいえん) 豊臣秀吉の建立といわれる宸殿(しんでん)を囲む回遊庭園は、杉苔が地面を覆い、天に向かって真っ直ぐに伸びた北山杉が立ち並ぶ。

三千院を訪れる楽しみは愛らしい童地蔵。

光が射し込むまで待ちます。


作家の井上靖が「東洋の宝石箱」と称賛する二つの苔庭(聚碧園・有清園)はまさに見事であります。

陽が傾いてきました、そろそろ帰宅の時間です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

冬の貴船

雪の合間を縫ってきぶねをほうもん、寒さのわりに参拝者も多く、凛とした空気の中散策。

鞍馬寺西門。
爽やかな冷気の中、日差しが温かく感じられる。

鞍馬山 義経修行の道を歩
京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する。 鞍馬は牛若 … 続きを読む →


貴船神社山門、ご神木の桂、まるで御神氣が龍の如く大地から勢いよく立ち昇っている姿に似て、貴船神社の御神徳を象徴。

貴船神社は今や神社では必須アイテムの“絵馬”発祥の地でもあり、本宮では白と黒の2頭の馬の像が私たちを出迎えてくれます。

「水を司る神」を祀る「貴船神社」や「丹生川上神社」には、日照りや長雨が続くと、朝廷より勅使が派遣されて、降雨を祈願するときには「黒馬」が、止雨を祈願するときには「白馬」が、その都度、奉納される習わしになっていた。

和泉式部もたどったといわれる恋の道を奥宮へ向かう。

緑の風の中 貴船川沿いを華やかに染める 貴船祭
貴船神社の氏子は、わずか20世帯。 市街地のお祭りのように、決して賑やかとは言え … 続きを読む →


ちょうどお昼時、店の前では熱心に呼び込みが。

相生の大杉

樹齢1,000年の名木。
同じ根から生えた2本の杉の大木がぴったりと寄り添っている。
「相生」は「相老」に通じ、その寄り添う姿が仲睦まじい老夫婦の姿にたとえられ、夫婦円満の象徴として親しまれている。

奥宮の入り口にさしかかる、ここは「思ひ川」

奥宮参道の入り口に架かる橋を「思ひ川橋」といい、その下の流れを「思ひ川」という。
和泉式部の恋の道をたどり貴船へ
恋愛遍歴が多く、道長から「浮かれ女」と評された。 また同僚女房であった紫式部には … 続きを読む →

また同僚女房であった紫式部には「恋文や和歌は素晴らしいが、素行には感心できない」と批評された(『紫式部日記』)。

女人往生の念仏道場 誓願寺
女人往生のさきがけとして、都の才女・清少納言が誓願寺において発心し、髪を落して尼 … 続きを読む →

恋多き情熱の歌人・和泉式部が女人往生を遂げた誠心院
恋多き女も娘に先立たれ、この世のはかなさを思い、仏門に入ります。 その娘というの … 続きを読む →


かつては御物忌川(おものいみがわ)と呼ばれ、参詣する際にこの川で禊して心身を清めたと思われる。

和泉式部も参詣して恋を祈ったとことから、「おものいみがわ」が変じ、「おもひがわ」になったのではないかといわれている。

大木の中、和泉式部の恋の道を奥宮へ向かう。

奥宮の境内。

伝説では、第18代の反正天皇の御代(1600年程前)の創建といわれています。

今は奥宮ですが、元々ここが本宮だった。

この奥宮が鎮座している場所は、貴船の谷の一番低い所にあるためしばしば水の害に遭い、天喜3年(1055年)に貴船神社の本宮を現在の場所に遷したという。

左が神門、正面がご神木「連理の杉」
 
連理とは、別々の木が融合している状態のことで男女・夫婦仲の良いことに例えられることも。
この木は、杉と楓が和合した珍しい木。

拝殿、その奥が本殿、右奥が権地。

「権地」とは、社殿の新築・改築・遷座などで社殿の工事を行う際に、仮の社殿を建てる場所のことをいう。

文久年間(1861~63年)、本殿工事の際に大工が誤ってノミを本殿下の竜穴に落としたところ、にわかに天候が変わって突風が起こり、ノミを空中へ吹き上げたなどという話も伝わっています。
 
またその時、怒った竜が現れ、その大工は落命したという話もあります。
 
そんな伝説も遺されているほど、「決して侵したり、穢したりしてはいけない神聖な場所」だと考えられていたのでしょう。

船形石

鎮座地としての伝説では、浪花の津(大阪湾)に、黄色い船に乗った女の神様が現れ、「われは玉依姫(たまよりひめ)なり、この船の留まるところに社殿を建てて、そこの神様を大事にお祀りすれば国土を潤し、庶民に福運を与えん」とのお告げがあり、その船は淀川、鴨川をさかのぼって水源の地・奥宮辺りの川のそばから水の湧き出るところに船を留め、そこに、御社殿を建てたと言われています。

この黄船を隠すため小石を積み上げたとされるのが船形石。

小石は、旅行や航海安全のご利益として持ち帰る人もいるそうですが皆がそうすると大変なことになるので、やめたほうがいいでしょう。

白鳳6年(1300年程前)には、本殿を造り替えたとの社伝が残っておりキフネの地名は、玉依姫の乗ってこられた黄船から起こったともいわれています。

また、この地は丑の刻参りの伝説でも知られる。

宇治の橋姫伝説
さむしろに 衣かたしき 今宵もや 我を待つらむ 宇治の橋姫 「古今和歌集」 「む … 続きを読む →

能楽「鉄輪」とは夫に見捨てられた女が、貴船神社に丑の刻参りをして恨みを晴らそうとするも、安倍晴明に祈り伏せられるという物語である。

丑の刻参りと鉄輪の井
堺町筋を北に上がり、万寿寺通りを超え、松原通に出る手前の左側に不思議な路地ある。 … 続きを読む →

その形相はさながら夜叉の如く、詣でる時の服装はといえば、顔には朱をさし、体には丹を塗り、頭には鉄輪をかぶって、そこに三本のローソクを灯し、口に松明(たいまつ)をくわえて、洛中から遥か貴船までの道をひた走った。

悪縁切り 菊野大明神
河原町二条交差点の少し北東にある法雲寺は、ガランとした境内の地味なお寺という印象… 続きを読む →

「菊野大明神」の覆屋
縁切り石となった由縁は、「宇治の橋姫」が宇治から貴船神社へと通う毎夜、この石に腰を掛けて休んだからだとか。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

冬の京都水族館

みぞれ交じりの雨、こんな日は水族館に緊急避難。

淡水魚の展示をしている水族館は珍しく、ここで初めてオオサンショウウオを見たという人も多いのでは。

入館してすぐにあるのが淡水魚の水槽、懐かしく鑑賞させてもらった。

秋にはここで面白い紅葉の画像が撮れる。

京都水族館で紅葉を撮る

観光寺院の混雑に悩まされることなく、雨の日もゆうゆうと紅葉の撮影を。 今年の紅葉 … 続きを読む →

みぞれ交じりの小雨の中、イルカたちの熱演。

見事なジャンプに寒さも忘れてシャッターを切る。

海の貴婦人、ハナミノカサゴ。
美しく長いヒレを広げて優雅に泳ぐ姿には目を奪われる。

その美しさとは裏腹に美しいヒレには毒がある。
また、肉食性の魚で小魚や小さなエビやカニなど丸呑みにしてしう。

クラゲの優雅な泳ぎには見とれてしまう。

暗いので撮影が難しいのが難点。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

冬の実相院


厳冬期、実相院を訪れた。
寒気もやや緩んでいるせいで屋根の積雪がボタボタと音を立てて落ちる。

池は氷、残雪と木漏れ日が美しい。

この時期訪れる人はまれで、陽の当たる縁側でのんびりと庭を眺める。

凍てついた池、陽を受けた池のグラデーションを楽しむ。

折からの容器で屋根の積雪が滝のように流れる。

高速シャッターに、高速すぎて球粒になってしまった。

建物は老朽化が進みあちこちにつっかい棒が施されてようやく倒壊を免れているのが現状。

枯山水の庭、裏山の景色と溶け込んだ日々表情を変える素晴らしい庭。

内部から石庭を。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

雪の庭で有名 妙満寺


顕本法華宗の総本山。
康応元年(1389)日什上人により、六条坊門室町(現在の、烏丸五条あたり)に創建。

度々の兵火にあい市内各地を移転。
昭和43年に寺町二条から岩倉の地に移転。

近年、門前に3000株のツツジが植えられて、花の寺として親しまれている。

境内には仏舎利を納めたインドブッダガヤ大塔を模した仏舎利塔がそびえる。
展示室には、娘道成寺で有名な安珍清姫ゆかりの鐘が安置されている。

本坊の雪の庭は、松永貞徳が造園した雪月花三名園の一つ。

本堂から東の景観、比叡山を正面に望む。

本堂。

方丈。

寺は俳諧発祥の地といわれる。

俳諧の祖・松永貞徳(1571-1653)により、初の俳諧興行「雪の会」が催された。
これにより、連歌から独立した文芸が確立された。
 
現在も句会が催され、春の「花の会」、秋の「月の会」、冬の「雪の会」がある。

本坊の庭は、枯山水式庭園であり、豪快な石組とともに東にある比叡山を借景にしている。

夏の日の出は比叡山頂から上る。白砂、石組、刈込、植栽などで構成されている。

かつて塔頭・成就院の庭園であり復元された。
「雪の庭」といわれ、「三成就院」の一つとされた。

清水寺・成就院の「月の庭」、北野か祇園にあった成就院の「花の庭」とともに、「雪月花の洛中三名園」といわれた。

雪の庭 – 俳諧の祖と仰がれる松永貞徳の造営。

安珍・清姫の鐘 – 和歌山県道成寺にあったとされる梵鐘で、安珍・清姫伝説ゆかりの梵鐘とされ、豊臣秀吉の紀州征伐の際に家臣の仙石秀久が京都に持ち帰ろうとしたが、鐘が重かったために途中で破却し近くの住民の手によって妙満寺に奉納。

安珍・清姫伝説の鐘

1359年(正平14)3月11日、道成寺では安珍、清姫の伝説以来、永く失われていた鐘を再鋳し、鐘供養を盛大に営みました。

その席に一人の白拍子が現われ、呪力で鐘を落下させると、蛇身に変わり日高川へと姿を消してしまいます。

その後、近隣に災厄が続いたため、清姫のたたりと恐れた寺は鐘を竹林に埋めました。

後に、その話を聞いた「秀吉根来攻め」の大将・仙石権兵衛が掘り起こし、京都に運び込み、妙満寺に納めました。
鐘は供養で恐念を解かれ、鳴音美しい霊鐘となりました。道成寺を演じる芸能人はこの鐘に芸道精進を祈ります。

仏舎利塔は、1973年に建立された。

紀元前200年頃、釈迦正道の聖地にアソカ王が建立したインドブッタガヤ大塔型を日本で初めて建立したという。
 
1階に釈迦牟尼仏坐像を安置する。
最上階には仏舎利、日什の分骨を奉安する。

発明家・実業家・豊田佐吉(1867-1930)以来の豊田家の遺骨が安置されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

黄昏時 先斗町


先斗町では住民が5年ほど前から景観に合わない大型看板、ネオンなど広告物を自主的に撤去してきた。

しかし、看板がなくなると電線が余計に目立つようになり、住民が2013年、市へ電線の地中化を要望していた。

電線の地中化完成は平成31年度末の見通しで、観光客や舞妓が行き交う歴史ある通りの景観が良くなる。

逆に、春の夕暮れの京都、先斗町。

老舗すき焼き屋の和な佇まいとモダンな電信柱、そして群青色の空が織りなす絶妙な美しさが忘れられない、といった意見もあるようだ。

狭い路地を足早に歩く舞妓、とにかく足が速い。

黄昏時に忙しく行きかう彼女たち、店ののれんをくぐりすぐ出てくる。

女将さんらしい身なりの人も忙しく通り過ぎる。

一説によれば、先斗という地名の語源はポルトガル語のponto(「先」の意)にあるとされる。

しかし、正しいポルトガル語は”PONTA”なのに「ポント」と読まれることや、なぜ「先斗」の字があてられたのかはっきりしない。

そんな彼女たちの行きかう姿を、屋根の上から優しく見守る鍾馗さん。
花見小路あたりではよく見かける風景。

縁起については諸説あるが、もともとは中国の唐代に実在した人物だとする以下の説話が流布している。

ある時、唐の6代皇帝玄宗が瘧(おこり、マラリア)にかかり床に伏せた。

玄宗は高熱のなかで夢を見る。
宮廷内で小鬼が悪戯をしてまわるが、どこからともなく大鬼が現れて、小鬼を難なく捕らえて食べてしまう。

玄宗が大鬼に正体を尋ねると、「自分は終南県出身の鍾馗。武徳年間(618年-626年)に官吏になるため科挙を受験したが落第し、そのことを恥じて宮中で自殺した。

だが高祖皇帝は自分を手厚く葬ってくれたので、その恩に報いるためにやってきた」と告げた。

夢から覚めた玄宗は、病気が治っていることに気付く。
感じ入った玄宗は著名な画家の呉道玄に命じ、鍾馗の絵姿を描かせた。

その絵は、玄宗が夢で見たそのままの姿だった。
この伝説はやがて一般に広まり、17世紀の明代末期から清代初期になると端午の節句に厄除けとして鍾馗図を家々に飾る風習が生まれた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

晩秋 白川畔のたそがれ


今年の紅葉も終わりだなあと言いつつ撮り歩く。

切り通しの路地、ここはいつも若い人でにぎやか。

晩秋です、桜の紅葉が鮮やか。

白川湖畔といえばヤナギ、夕日を受けてキレイです。

お馴染みとなったサギが狩りをする。
のどかな晩秋のひと時。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

神護寺の紅葉2017

三尾の寺を順番に尋ね、最後が神護寺、紅葉の名所で期待してきたがすでに紅葉は終わっていた。

長い石段を上った先に神護寺の楼門が西を正面として建つ。

最盛期には楼門前は紅葉満開だが、今年はすでに枯れ枝であった。

五大堂から近藤への階段、本来なら境内の一番の見どころだかほとんどは枯れ枝。

金堂の脇も寂しい。

神護寺は、京都市右京区高雄にある高野山真言宗遺迹(ゆいせき)本山の寺院で、山号を高雄山と号する。

本尊は薬師如来、開基は和気清麻呂。

楼門を入ると、山の中腹を平らに整地した境内が広がり、右手に書院、和気公霊廟、鐘楼、明王堂が建ち、その先には五大堂と毘沙門堂が南向きに建つ。

毘沙門堂の後方には大師堂がある。

五大堂北側の石段を上った正面に金堂、その裏手の一段高いところに多宝塔が建つ。
境内西端には地蔵院がある。

境内の一番奥には「かわらけ投げ」があり、広場から渓谷に向かって投げ、厄よけ、厄払いを行う事も出来る。

清滝川が白く輝ききれいであった。

お茶屋の店先のタヌキ、せめてもの愛嬌。

山国の日は短く、帰るころには西日が長く尾を引いていた。
今年の紅葉は始まりが早く、もう終わりを思わせるが、京都市中はまだまだ楽しめるところもあるようだ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

西明寺の紅葉2017

三尾の紅葉散策2番目は西明寺。

清滝川の景色、少し紅葉も時期を過ぎたかな、枯れ枝が目立つ。

川沿いの店の屋根にも散り葉が積もり、紅葉が過ぎたことを物語る。

山門脇の塀の影絵が印象的。

境内も少し寂し気。

紅葉の美しさを求めてシャッターを切る。

空間からのぞく紅葉が印象的でした。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!