金運/良縁/厄除け/学業/芸能のパワースポット


社名の「車折」については、ある人が牛車に乗ったまま社前を通った所、突然車が裂けてしまったためとも、後嵯峨天皇の大堰川遊幸の際、社前で突然車が前に進まなくなったので、不思議に思って社の者に問うた所、頼業公を祀ると答えがあったので、還御の後に「車折大明神」の神号と正一位の神階を贈ったためともいう。

祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)。

頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった。

大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。

社名は「車裂」「車前」とも書いた。
旧社格は村社で、現在は単立神社。

新緑の嵐山で三船祭
三船祭」の名前の由来は、白川天皇が行幸の折に、「和歌」「漢詩」「奏楽」に長じたも … 続きを読む →

例祭は5月14日で、その延長神事として5月第3日曜日に「三船祭」が行われる。

昭和天皇即位を記念して1928年(昭和3年)より催行されているもので、嵐山の大堰川にて平安時代の船遊びが再現される。

500円で販売されている祈念神石

この祈念神石は、本当に願い事がの叶うパワーストーンだとして口コミで話題が広がり、近年脚光を浴びている。

祈念神石は肌身離さずに持ち歩けるお守りタイプと、神棚などに飾れるお札タイプの2種類がある。

いずれも毎日、祈念神石に願い事を強く念じるように、とされています。

なお、石を袋から取り出す行為はご利益が無くなるので禁止です!!

境内社の芸能神社(げいのうじんじゃ)は天宇受売命を祀っており、芸能・芸術の分野で活動する人々より崇敬を受けている。

余談ではありますが、天守受売命が踊った舞は相当エロい内容だった。

神話で詳細に書かれている・・・。気になる方は調べてみてください。
私の口からはこれ以上言えません。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

隠れ紅葉の鹿王院で青もみじを独り占め


このモミジの参道を独り占め、誰もいません、もったいない。

庭園は客殿の南に広がり、舎利殿を中心とした平庭枯山水。

建造物と一体となり、かつ嵐山を借景として、樹木・石の配置を含めて見応えのある庭園です。
面積は1,895平方メートル。

鹿王院は、足利義満が建立した宝幢寺という寺の塔頭(禅寺等で歴代住持の墓塔を守るために建立される寺院)であった。
宝幢寺は応仁の乱で廃絶し、その後は開山の塔頭であった鹿王院のみが残って寺籍を継いでいる。

宝幢寺は禅寺十刹の第5位に列せられる大寺であったが、応仁の乱で廃絶。

塔頭の鹿王院のみが残った。鹿王院は寛文年間(1661年 – 1673年)、酒井忠知(徳川四天王の一人である酒井忠次の子)によって再興され、忠知の子である虎岑玄竹(こしんげんちく)が中興開山となった。

山号は覚雄山。
本尊は釈迦如来。
開基(創立者)は足利義満、開山(初代住持)は春屋妙葩。

玄関を入ると誰もいません。
玄関を入って右側に吊された小鐘があり、御用向きがある人はこの鐘を撞木(というよりはただの枝)で3回叩くのです。

叩くと奥からおばさんが出てきて、拝観料を払うと由緒書を渡され、「スリッパを履いて、玄関を上がって、右側をお進み下さい」というと再度奥へ戻っていきました。

あとは勝手に見ろ、ということなのでしょう。

紅葉期の記事

紅葉2015 紅葉のアーチが美しい 隠れ紅葉の鹿王院
鹿王院(ろくおういん)は右京区嵯峨北堀町にある臨済宗系の単立寺院山号は覚雄山。本 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

梅宮大社は花盛り


全国の梅宮神社の総本社。
式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社で、旧社格は官幣中社。

現在は神社本庁に属さない単立神社。
旧称は「梅宮神社」。神紋は「橘」。

四姓(源平藤橘)の1つの橘氏の氏神として知られる神社。

元々は奈良時代に南方の綴喜郡井手町付近に創祀されたといわれ、のち平安時代前期に橘嘉智子(檀林皇后)によって現在地に遷座したとされる。

社務所の周りは猫だらけ。
気持ちよさそうに昼寝。

神苑はつつじが盛り。

アヤメも咲く。


少しピンクがかったつつじ。

キリシマつつじがきれい。

白い大輪のつつじ。

色とりどりに咲き乱れる。

この見事な神苑に参拝者は数名、誠にもったいない。

緑もきれい。

なんじゃもんじゃの木(一葉たご(ひとつばたご))

明治時代、東京の青山練兵場(今の明治神宮外苑)の道路沿いにこのなんじゃもんじゃの木があり、名前がわからなかったので「何の木じゃ?」とか呼ばれているうちにいつのまにか「なんじゃもんじゃ?」という変わった名前になってしまった♪

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

安産守護のお社 月読神社


一般にツクヨミ(月読尊)は、『古事記』『日本書紀』の神話においてアマテラス(天照大神)の兄弟神として知られるが、月読神社祭神の神格はその記紀神話とは別の伝承で伝えられた月神であると考えられている。

『日本書紀』顕宗天皇3年2月条における月読神社の創建伝承では、高皇産霊(タカミムスビ)を祖とする「月神」は壱岐県主(いきのあがたぬし)に奉斎されたとある。

また『先代旧事本紀』[原 2]では、「天月神命」の神名で壱岐県主祖と見える。

これらから、当社祭神の神格は海人の壱岐氏(いきうじ)によって祀られた月神(海の干満を司る神)と推定される。
また別の神格として、壱岐氏が卜部を輩出したことから亀卜の神とする説もある。

山城への勧請には、中央政権と朝鮮半島との関係において対馬・壱岐の重要視が背景にあるとされる。

壱岐・対馬の氏族が卜部として中央の祭祀に携わるようになった時期を併せ考えると、月読神社の実際の創建は6世紀中頃から後半と推測されている。

壱岐を訪れた際の記事
本神道の発祥の地 月読神社
壱岐最初の訪問地は日本神道の発祥の地といわれる月読神社。 鳥居の先に急な石段の参 … 続きを読む →


境内にある「月延石(つきのべいし)」は「安産石」とも呼ばれ、安産の神として信仰されている。

『雍州府志』所載の伝説では、この石は元は筑紫にあり、神功皇后が応神天皇を産む際にこの石で腹を撫でて安産し、のち舒明天皇の時に月読神社に奉納されたという。

御船社 祭神:天鳥舟命
松尾大社の末社にも属する。

松尾大社神幸祭の際には、御船社で渡御の安全祈願祭が行われる。

聖徳太子社 祭神:聖徳太子

月読尊を崇敬した太子の霊を祀ったものという。

解穢(かいわい)の水
自己の罪、穢れを除く効果があるという。

「願掛け陰陽石」

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

遅かりし松尾大社のヤマブキ

今年は花の盛りがあまりにも早くついつい時機を逸してしまう。

この垂れ下がっているのが、脇勧請です。

脇勧請は、榊の小枝を束ねたものです。
榊の束は、十二(閏年は十三)あります。

月々の農作物の出来具合を占った太古の風俗を、伝えていると言われています。

注意して見ないと、鳥居に、脇勧請がぶら下がっているとは、気づかないでしょう。

松尾山の神使が亀である事から、境内の至る所に亀の像があります。

もともと松尾大社周辺はヤマブキの自生地だったが、宅地開発などのため昭和30年代半ばから境内に移しかえたという。

境内を流れる一ノ井川沿いを中心に、花びらが5枚の「一重」と、花びらが重なり合い華やかな印象の「八重」の2品種が楽しめる。

今年は例年と比べ10日以上早く開花した。
担当者は「こんなに早く開花するのは初めてと。

中世以降は酒の神としても信仰され、現在においても醸造家からの信仰の篤い神社である。

平安期に始まったと伝わる神輿の巡行は有名。
松尾大社神幸祭 おいで
神輿の巡行は平安期に始まったと伝わる。 「松尾七社」の神輿と唐櫃(からびつ)が氏 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

斜め一文字 天橋立

北側の傘松公園からの天橋立の眺めは名前のとおり斜め一文字に見える景観から斜め一文字と呼ばれる。
日本三景の一つ。

天橋立は、宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔て、全長3.6キロメートル及ぶ湾口砂州。

形成についての詳細には諸説ある。

2万年前に宮津湾が完全陸地化して後、約7〜8千年前に氷河期が終わって海面上昇が落ち着くなか当初水中堆積で発達が始まり、縄文時代の後氷期(完新世、約6千年前)に急速に成長し、2〜3千年前に地震により大量に流出した土砂により海上に姿をみせ、有史時代に現在の姿にまで成長したとされる。

この松は、人の手により植林されたものではなく、大部分が自然発生的に生えたもの。

天然の道ともいえる天橋立には、「日本の道100選」にも選定された京都府道天の橋立線が走っており、主に観光の散策路となっている。

遠く見えるのが冠島(かんむりじま)、別名を、大島、雄島、常世島(とこよじま)、竜宮島ともいう。

舞鶴市成生岬の北北西方、約10キロメートル沖の日本海にある無人島で、1924年(大正13年)にオオミズナギドリ繁殖地として、島全体が国の天然記念物に指定されている。

島自体は、安山岩を主に火山性の岩石で、周囲のほとんどが切り立った崖になっており、タブノキなどの常緑広葉樹の原生林で覆われている。
また、島周囲の海底の一部には弥生時代に創られたといわれる遺跡のようなものの人工的痕跡があるが、その詳細ははっきりしない。

元伊勢の一社で「元伊勢籠神社」とも称し、また「元伊勢根本宮」「内宮元宮」「籠守大権現」「籠宮大明神」とも称する。
現在まで海部氏が神職を担当している。丹後国総社は不詳だが、当社が総社を兼ねたとする説がある。

主祭神
彦火明命 (ひこほあかりのみこと) 「天火明命」、「天照御魂神」、「天照国照彦火明命」、「饒速日命」ともいうとする。
社家海部氏の祖神。

社伝によれば、現在伊勢神宮外宮に祀られている豊受大神は、神代は「真名井原」の地(現在の奥宮真名井神社)に鎮座したという。

その地は「匏宮(よさのみや、与佐宮/吉佐宮/与謝宮)」と呼ばれたとし、天照大神が4年間営んだ元伊勢の「吉佐宮」にあたるとしている。

そして白鳳11年(671年)彦火明命から26代目の海部伍佰道(いほじ)が、祭神が籠に乗って雪の中に現れたという伝承に基づいて社名を「籠宮(このみや)」と改め、彦火火出見尊を祀ったという。

その後養老3年(719年)、真名井原から現在地に遷座し、27代海部愛志(えし)が主祭神を海部氏祖の彦火明命に改め、豊受・天照両神を相殿に祀り天水分神も合わせ祀ったと伝える。

境内に咲くつつじがきれいです。

つぼみもかわいい。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

京のパワースポット 日向大神宮


日向大神宮の社殿は神明造りで、内宮と外宮に分かれ内宮には“天照大神”が祀られているなど、三重県の“伊勢神宮”との共通点が多いことから「京のお伊勢さん」の名で親しまれてきた。

社伝によれば、第23代顕宗天皇の治世、勅願により筑紫日向の高千穂の峯の神蹟より神霊を移して創建された。

「宇治郡名勝誌」、「京都府山科町誌」には、延喜式神名帳小社に列する「山城国宇治郡 日向神社」とするが、「山城名勝誌」、「山城志」、伴信友の「神明帳考証」では別のものとしている。

応仁の乱で社殿等を焼失し、祭祀が一旦途絶えた。江戸時代初期に篤志家によって旧社地に再建され、交通祈願の神社として有名になった。

天の岩戸。

南禅寺に隣接するが訪れる人はほとんどいない。

紅葉の隠れた名所

不便でわかりにくい場所にあるため訪れる人は少なく観光地化されていない静かな雰囲気が宮の神聖さをいっそう高めている。

とくに紅葉スポットとして隠れた名所として知られる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

醍醐の花見


真言宗醍醐派総本山で、山号を醍醐山(深雪山とも)と称する。
豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地としても知られている。

三宝院 太閤しだれ桜

霊宝館 醍醐深雪桜

醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯(上醍醐)を中心に、多くの修験者の霊場として発展した。

後に醍醐天皇が醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を与え、その圧倒的な財力によって醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになる。

その後、室町時代の応仁の乱など戦乱で下醍醐は荒廃し、五重塔のみが残された。

しかし豊臣秀吉による「醍醐の花見」をきっかけに、紀州などから寺院建築が移築されたり三宝院が建設されたりなどし、今日の姿となった。

新緑も魅力の一つ。

伽藍から西大門を見ながら醍醐を後にした。

前回は新緑の季節に訪問したが、雨中の散策となる。
新緑の醍醐寺 雨中散策
醍醐寺の創建は貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が准胝観音 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春の訪れをささやく 法然院のツバキ


この時期法然院は森閑としています、特別拝観は4月1日から。

散りツバキに春の訪れを感じようとやってきた。

白砂壇(びゃくさだん)は水を表わし、その横を通ることで心身を浄める意味があるそうです。

お寺の人の遊び心か、時期によリ、日により、いろいろな模様や文字が描かれます。

いけの花瓶のようなものは何を表すのかなみ。

本堂正面の石段上にあるこの尊像は、1690年(元禄3)、忍澂和尚46歳の時、自身と等身大の地蔵菩薩像を鋳造させ、安置されたもの。

力強さを感じるかずら。

やはりここはツバキ、さりげなく散り花が。

聞思得修信の庭
聞(Listen)思(Think)得(Accept)修(Practice)信(Believe)とそれぞれに英単語が付されます。

散りツバキが春のおとっせれを告げています。

もうすっかり春です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

京都の桜 駆け足で探索


今年は天候がいまいちつかみづらい、桜の咲き具合を確かめるべく駆け足でポイントを歩く。
出町柳のおかめ桜は3月初旬が見頃と分かっているが確認のため訪問。

ほぼ今期は終了、ピンクの絨毯がきれいです。

哲学の道はユキヤナギがやっと終わったところで桜はこれから。

ただ一か所咲いている、人だかりで寄り付けない。

今日は時折小雨もあり肌寒い。
例年だと咲いている加茂大橋西詰南の「いぼ桜」、今年はだいぶ遅れているようです。

近衛邸跡の糸桜、さすがに満開です。

降ったり晴れたりのややこしい天気にもかかわらず大勢の人が群がっている。

京都御苑は桃の花が満開です。


梅もまだ残っています。


出水の枝垂れ桜は満開です。
閑院宮邸跡北側のユキヤナギ、いつもならきれいな姿を見せてくれるのだが今年はすでに終わっている。

シーズンの始まりにあたりざっと確認した。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!