荘厳浄土寺


荘厳浄土寺は住吉神宮寺、津守寺と共に住吉三大寺として有名であったが、今は現存する唯一の寺となっている。

山門は明治時代になって廃寺となった住吉大社の神宮寺である新羅寺から移築したものである。

創建は天慶年間(930年~946年)頃と考えられている。

応徳年間に、白河天皇の勅願寺となり、荘厳浄土寺の寺号を賜る。

1084年(応徳元年)住吉大社第39代神主津守国基は白河天皇の勅命により、八町四方の寺域を以って再建したと伝わる。

山門前に後村上天皇歌碑がありました。

ー新葉和歌集ー
正平18年8月16日
「秋をへて 月やはさみの 曇べき 泪かきくるる いざよひの空」

正平21年2月17日
「思ひやる さが野の春の 雪にもや 消ける罪の 程は見ゆらん」
「をしむなよ 法の席の 春の雪 消らん罪の ためしなりせば」御返(妙光寺内大臣)

山門とその脇に「後村上天皇聖跡碑」と「後村上天皇御製碑」が建っている。

後村上天皇は、後醍醐天皇追善のため当寺にて、「法華八講」の法要を1375年(正平18年)と78年(同21年)と2回修し、五色仏舎利と和歌を奉納している。

参考記事:住吉大社で森女と邂逅 溺る一休

後村上天皇の正平年間に、住吉に畢中、父後醍醐天皇の、御霊を信修した聖蹟であると、山門に向かって右側の石碑の裏には書いてある。

正平20年/貞治4年(1365年)ごろ、後醍醐・後村上の護持僧を務めた文観房弘真の高弟の宝蓮が仏教書『瑜伽伝灯鈔』を著し、本寺で指南の書として用いている。

後村上天皇は、後醍醐天皇追善のため、「法華八講」の法要を1375年(正平18年)と78年(同21年)と2回修し、五色仏舎利と和歌を奉納している。

吉野朝(南朝)の後村上天皇は、足利方の攻撃を避け、正平七年、住吉に滞在され、さらに同十五年より八年間、住吉に坐しまして、京都回復を図られたが、先帝以来のご悲願もついに果たすこともできず、正平二十三年(1368年)三月十一日、宝算四十一をもって、住吉大社から約300メートル南の行宮(正印殿)で崩御された。

参考記事:南朝の里 賀名生梅林散策

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万代池公園 桜


万代池公園のサクラは、近隣では花見の名所として知られている。

池の周囲は約700メートル。
歴史ははっきりしないが、上町台地の浸食した谷をせき止めて作られたといわれている。

「聖徳太子が曼陀羅経をあげて、池に棲む魔物を鎮めた」という言い伝えから、「まんだら池」が転じて万代池という名称になったと伝えられている。

明治時代までは灌漑池として利用されていた。

万代池の成り立ちをみてみると、池の西端に熊野街道が接して通っていることから、上町台地の浸食台をせき止めてつくらせた池とされており、明治の中頃までは灌漑池として利用されていた。

熊野御幸記を歩く①八軒屋浜~住吉大社
実は熊野古道大阪編は5月5日に第一回が始まったのですが、どうも歩き通す自信がなく … 続きを読む →

歩行距離:15.2km   歩行時間:約5時間
八軒家船着場跡スタート → 第一社・窪津王子(坐摩(いかすり)神社行宮) → 坂口王子(南大江公園・朝日神明社跡) → 榎木大明神 → 上町筋 → 郡戸(こうず)王子
(高津宮) → 上野王子(上宮学園前) → 四天王寺 → 近鉄あべの橋駅前→ 安倍晴明神社 → 阿倍王子(阿倍王子神社) → 万代池公園 →  住吉神社(住吉大社)ゴール

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

神ノ木停留場界隈


国道26号に面した所に立つ高灯篭は、住吉大社の灯篭で、鎌倉時代創建の日本最古の灯台とされる。

熊野街道と住吉街道の四つ辻角にあって、創業は永禄年間、450年以上の歴史を持つ名店。
明治・大正・昭和天皇にも献上していたという、手造りの「住乃江味噌」が名物。

住吉東駅は住吉大社の裏門にあたる高野線の最寄り駅として、高野鉄道当時の明治33年(1900)9月に開業。

前方に見えるのが南海電鉄高野線との立体交差がある上町線「神ノ木」停留所。
ここはチンチン電車が南海高野線をオーバークロスする形になります。

駅名は、かつて住吉一帯が海岸に面していた頃、中でも大きな古松があり、神木として崇められていたことから来た地名(現在は消失)による。

また、このあたりに神様の宿った三本の木があったからと言う説もある。

熊野街道を南下してきた上町線の線路の東南側を通る道路が熊野街道。

近くは市営住吉住宅。

隠れた桜スポットとして有名。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住吉大社界隈 桜咲き始め


住之江公園の様子、開花宣言から約1週間、やっと咲いた。

今年はコロナウイルスの影響で今一つ盛り上がりません。

造幣局の桜の通り抜けも中止になってしまったし。

住吉公園も桜の開花はぼちぼちといったところ。

むしろユキヤナギがまだ幅を利かせています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

遣唐使船の守護神


唐に使いする朝廷官吏や留学生のほか遣唐使船を動かす主だった乗組員は、「難波ノ津」を出る前にかならずこの住吉大社に詣で、航海の神・海の軍神である「住吉三神」(底筒男命(そこつつのおのみこと)・中筒男命(なかつつのおのみこと)・表筒男命(うわつつのおのみこと))に渡海の無事を祈ることになっていた。

その海上安全の祭祀を司る神職(津守氏)は遣唐神主として遣唐使船に乗船し、船の舳先に立てた「三神」の護符の前で航海中ずっと神事を行うのである。

「津守」とは「津を守る(神職)」の意。

「反橋」は住吉の象徴として名高く「太鼓橋」とも呼ばれています。

現在の石造橋脚は、慶長年間に淀君が豊臣秀頼公の成長祈願の為に奉納したと伝えられている。

かつての「反橋」は足掛け穴があいているだけで、とても危なかったそうです。

川端康成は作品『反橋』(昭和23年)において、「反橋は上るよりもおりる方がこはいものです、私は母に抱かれておりました」と記しています。

「反橋」を渡ったところにある鳥居は四角柱で角鳥居と呼ばれています。

このような四角柱の柱は古い様式で大変珍しく、各本殿と拝殿の間に建っている木造朱りの鳥居が原形となっているそうです。

なお、額は陶製で、有栖川宮熾仁の筆。

「反橋」のたもとの古木。

神宮寺跡は神仏混淆(こんこう)の名残りで、平安時代には有名神社のほとんどに設けられたという。

当寺は天平宝字(てんぴょうほうじ)2年(758)創建と伝えられ、津守寺(廃寺)・荘厳浄土寺とともに住吉の三大寺に数えられていた。

明治初年、神仏分離令により廃絶、多くの著名な秘仏も散逸したが、そのうち西塔は徳島県切幡(きりはた)寺に売却、移築され現存している。

なお今に伝わる住吉踊りは、ここの僧徒により広められたものという。

荘厳浄土寺について触れています。
住吉公園界隈の桜便り
この記事は誤って消去してしまった記事の再掲です。 画像は2013年3月30日訪問 … 続きを読む →


境内には今開催中の大相撲立浪部屋の土俵があります。
コロナの影響で無観客での開催となって寂しい限りです。

津守王子は、九十九王子の6番目の王子。

大阪市住吉区墨江2-3の墨江小学校にあったが現在は姿を留めていない。

現在は住吉大社境内の摂社・新宮社に合祀されたとも、住吉区沢之町1-10-4の止々呂岐比売神社(若松神社)に合祀されたともいわれている。

津守という名称は、住吉大社の古代よりの奉斎氏族であり宮司家でもあった津守氏にちなんだものである。

熊野御幸をした天皇、上皇たちは、この地の住吉大社に和歌を奉げた。

熊野御幸記を歩く②住吉大社~信太山
熊野御幸記を歩く第二回、今回は住吉大社~信太山まで20㎞だ。 津守王子跡 津守王 … 続きを読む →


五大力パワーもコロナにはかなわなかった。

神仏習合の影響で、神宮寺の五大力尊信仰と結びついた。
その「五大力さん」というのは、仏教の中の、五人の明王のことです。

住吉大社への観光は路面電車の阪堺電車。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ゆく年くる年


大みそかの夕日。

2019年は令和時代の始まりという明るいニュースはありましたが、総じて災害等の暗いニュースの多い年ではなかっただろうか。

沖縄県の首里城が火災で全焼、東日本における大雨、台風の被害、京都アニメーション放火殺人事件、締めくくりがゴーン被告の国外逃亡。

開けて元旦の日の出。
横着をしてベランダからの撮影。

今年はいい年になってほしいと願っています。

住吉大社へ初詣、今年はどうも気のせいか人出が少ないようだ。

第一本宮の様子。

御田に新しい年の光が射し込む、いい年でありますよう。

近年は時間差の初詣です、早朝8時ごろが一番空いているようだ。

護国神社、此方もパラパラと人が参拝している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

卯の花苑開園 住吉大社


令和に改元なったこの日、住吉大社の卯の花苑が開園した。

「すみよしの ゆふしでなびく 松風に
うらなみしろく かくるうのはな」
(後鳥羽院皇子 光台院親王)
歌碑に寄り添うように卯の花が咲いています。

卯の花苑は住吉大社の境内の一画にある卯の花畑のことで、13品種500株、白・淡紅・紫紅色の美しい花が咲き、とても見ごたえがあります。

大阪市内に残る数少ない卯の花の名所として有名です。

鎮座日が、神功皇后摂政11年の卯年の卯月の卯日と伝えられ、「卯の葉神事」にはかかせない花となっています。

古式床しく 卯之葉神事 住吉大社
住吉っさんがこの地に鎮座したのが、神功皇后摂政11年(211)の卯年の卯月の卯日 … 続きを読む →


開園は5/1~5/31、見頃は5月中旬のようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住吉大社 御即位奉祝 奉納行事


令和に改元され各地でお祝いの行事が行われているが住吉大社でも御即位奉祝の行事が行われた。

住吉公園では今、ルピナスが見頃。

平成最後の日も令和最初の日もあいにくの雨。

お祝いのちょうちんで飾られた住吉大社。

境内にはいつの間にか遣唐使発進の地の日が建てられている。

参拝者は雨の中長蛇の列。

各本宮の前には行列ができています。

第四本宮向かい側では御即位奉祝記帳所が設けられている。

5月1日~6日(9時~16時)の期間、「神館」を一般公開、皇室ゆかりの御品や肖像画が展示される。

夏祭や御田植神事で奉仕されている各団体をはじめ、御代替りに相応しい能「大典」の奉納や舞楽の奉納が行われている。

武者行事の皆さん、神館前で記念撮影。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春の水辺


ここ住吉大社の池、鳥たちが春の訪れにじゃれあう姿が見られる。

傍らでは鵜が羽を広げている、何か意味があるのかな。

カワウは水に潜るのが得意な鳥だけど、そのために一つ体の秘密を持っている。

普通の鳥は、羽に油を塗って水をはじくようにしているんだけど、ウのなかまの羽は水をはじかない。
そのために水に入っても、浮力が少なくなって潜りやすいんだ。

そのかわり水中で行動していると羽がびっしょりぬれてしまうから、水から上がった時に乾かす必要が出てくるわけ。

鵜のダンスのような仕草はあちこちで見かけます。

久礼湾のだるま朝日に挑戦
今回のだるま夕陽撮影行も三日目、最後の日です。 今日だるま朝日を求めて土佐久礼の … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

雲 住吉大社


住吉大社上空、冬独特の割と低い空にできる雲、層積雲、うね雲と言ったりしますね。

雲の命は短く、撮影中に無くなってしまった。。

日一日と春が近づくこの頃です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!