千本釈迦堂


山号は瑞応山(ずいおうざん)。
千本釈迦堂と通称される。
おかめの物語や、12月の風物詩である大根焚きで知られる。

夫を助けた妻・おかめの内助の功の話が有名なお寺。
境内のおかめさん像の前に、阿亀桜という立派なしだれ桜が咲きます。

地面すれすれまで枝を伸ばし、細やかで可憐な花をいっぱいに咲かせる姿は優雅。

おかめの物語

釈迦堂内の多数の面、人形の一つ。

本堂を造営する際、大工の棟梁であった高次が代りのない柱の寸法を切り誤ってしまい困っていた。

それを見た妻のおかめが斗組を用いたらどうかとひと言アドバイスし、その結果無事に竣工させることができた。

しかしおかめは女の提案で大任を果たしたことが知れてはと上棟式を待たずに自害してしまった。

高次は妻の冥福を祈り宝篋印塔(おかめ塚)を建て、おかめの名にちなんだ福面を付けた扇御幣を飾ったとされる。
その後、大工の信仰を得るようになり今日でも上棟式にはお多福の面を着けた御幣が飾られている。

度重なる戦乱にも残った本堂とも結びつき厄除、招福のおかめ信仰につながっている。

布袋尊は契此(かいし)という実在した僧で、弥勒菩薩の化身とされているらしい。

なぜ布袋尊は弥勒菩薩の化身だと言われているのか。

布袋尊は一旦死んだが、後に生き返ったという伝説が、56億7000万年後にあらわれるとされる弥勒菩薩とイメージが重ねられて、布袋は弥勒菩薩の化身だとされるようになったと、されているようです 。

〈千体地蔵塔〉

本堂の右手、境内の一番奥にあります。
おそらく明治の廃仏毀釈で廃棄されたお地蔵さんを集めたものかな?

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日本三奇 石の宝殿 生石神社


生石(おうしこ)神社の石宝殿

兵庫県高砂市・宝殿山山腹の生石神社に神体として祭られている巨石。
鎮の石室(しずのいわや)、天の浮石(あめのうきいし)または単に浮石とも。

石の宝殿(いしのほうでん、石宝殿)は、人工的な巨石が残る遺跡などに付けられた名称。
兵庫県と大阪府に5ヵ所ある

この生石神社の石の宝殿と、宮城県鹽竈神社の塩竈、鹿児島県霧島神宮の天逆鉾を総称して、「日本三奇」と呼ぶ。

6.4m、高さ5.7m、奥行き7.2m。重さは推定500トンを越える。
竜山石として知られる凝灰岩の岩山の中腹を削って作られており、三方を加工前の岩盤に囲まれている。

誰がいつ何の目的で作ったものであるのかは、学術的に判然としていない。

謎を解明するため、高砂市教育委員会が、大手前大学史学研究所の協力で各種の調査に着手している。

2005年から2006年にかけては、レーザーによる3次元計測を実施し、周囲の岩盤も含めた形状をくわしく調べた。

下部の岩盤は大きくくぼんでおり、池になっている。

社伝によれば、この池は旱魃の際にも枯れず、水位は海の潮位と連動するとされる。

「浮石」と呼ばれるゆえんは、わずかにつながった底部中央の支柱状の部分が巨石自体の死角になり、巨石が池の上空に浮かんでいるように見えるためである。

岩の上部には、加工当時にはなかったとみられる多くの雑木が生えている。

巨石の脇に建つ霊岩。

神社の脇から頂上に上がってみる、大正天皇の行幸碑が建つ、何のための行幸だったのだろうか。

周囲には竜山石を採石した遺跡だ沢山ある、竜山全体で160箇所以上の採石遺構がある。

竜山石とは今から約9000万年前に形成された凝灰岩で、古墳時代から現在まで約1700年間採石され続けています。

高品質で加工に適した石材として様々な石造物の製作に使われてきた。
古墳時代の大王の棺や江戸時代の建築材などに利用されてきた。

竜山石の製品は、西日本各地に流通し、石の文化を形成している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

天下茶屋の聖天さん


天慶2年(939年)光道和尚により開基。当時は、現在地より東に500mのところにあった般若山阿部寺の一坊であったが、元禄時代(1688年-1703年)に義道見明和尚が寺を移転し、海照山正圓寺と改めた。

本尊は木彫の大聖歓喜双身天王で、これは日本最大である。

また、1989年から2002年までは、大相撲春場所開催のさい鳴戸部屋(現在の田子の浦部屋)の相撲部屋の宿舎となっていた。

境内には鎮守の神を祭る奥之院と呼ばれる場所があり、鎮守堂(荼枳尼天)、寄松塚(八本松竜王)、石切社分祠、浪切不動明王、弁才天祠などが祭られている。

また、「兼好法師の藁打石」と「兼好法師隠棲庵跡」の碑が境内東側に建っている。吉田兼好は南北朝時代にこの付近に移り住み、清貧自適な暮らしを営んでいたと言われている。

別名「聖天山正圓寺」とも言われるが、「聖天山」は山号ではなく標高14mの低山の名前で、「大阪五低山」の一つ(残りは天保山、御勝山、荼臼山、帝塚山)。山頂は正圓寺境内にある。

ちなみにこの山は聖天山古墳と呼ばれる古墳であることが分かっている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

波切不動明王


略縁記によると昭和14年(1939年)7月に茶臼山南西2kmのところで、地面から掘り出されたらしい。

西成区の松一丁目だったという言い伝えも有ります。

「水かけ不動明王」とも呼ばれています。

昭和14年(1939年)に現在の松1丁目で発掘され、大きさは約150センチメートル、同年、北側にある西宝寺のそばに祀られました。

戦時中、数度の空襲で周囲は焼失しましたが、この不動明王は難を免れたことなどで、日ごと信仰者が増え、願いごとをかなえてくれる不動さんとして参拝者でにぎわっています。

波切不動明王とは弘法大師空海が唐に留学しての帰り大嵐で船が風前の灯火になったとき空海が木で不動明王を彫るとその不動明王の剣より火炎が発し大波が切られ嵐が鎮まり無事に日本に帰れた話に由来する。

諸説あるようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住吉大社のパワースポット 五大力さん


住吉大社の第一本宮のすぐ南に、「五所御前」という場所があります。
ここはなんと、御祭神の住吉大神が降臨した地とされているんです!
まさに聖地です。

それが、神仏習合の影響で、神宮寺の五大力尊信仰と結びつきました。

その「五大力さん」というのは、仏教の中の、五人の明王のことです。

•不動明王(中心)
•大威徳明王(西)
•軍荼利明王(南)
•降三世明王(東)
•金剛夜叉明王(北)

と、不動明王を中心に、守る方角も決まっています。
なので、
•体力
•智力
•財力
•福力
•寿(命)力

と、五つの力が授かるとされているんです。
そして、お守りにすれば心願成就のご神徳があるそうです。

「お守りにすれば」というのがポイントなのですが、垣内の玉砂利から「五」「大」「力」と書かれた3つの小石を探して、それをお守りにするんです。

そしてこの小石は、本殿授与所で専用御守袋を購入(300円)することができます。

そしてこれを御礼参りで返す時は、自分の近所で拾った小石に自分で「五」「大」「力」と書いて、拾ったお守りと一緒に倍返しします。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

京都「禅居庵」は猪の寺


どんよりと曇った冬日、鴨川も静かです、北部は降っているのかも。

京都でもう一つ猪で有名な寺、建仁寺の塔頭「禅居庵」

禅居庵は鎌倉時代後期、元国からの来朝僧、大鑑清拙正澄禅師(だいかんせいせつしょうちょう)を開基として小笠原貞宗が開いた臨済宗建仁寺派の塔頭寺院。

禅師将来の鎮守として、境内に祀られている摩利支天(まりしてん)は開運勝利のご利益により遠近より多く参詣者を集め、「日本三大摩利支天」の一つとして数えられています。

残り2寺は、金沢市の宝泉寺。
そして、東京の上野にある徳大寺です。

禅居庵では鎮守として、ご開山が元の国から将来された摩利支天が秘仏として祀られ七百年近くになります。

摩利支天は仏法を護る善神として禅宗では大切にされており、七頭の猪の上に座しておられるそのお姿から境内には多くの狛亥が祀られています。

古来より開運勝利のご利益、また亥歳生まれの方には守り神として深く信仰されています。

摩利支天は亥年の守り本尊として信仰を集めているだけでなく、開運や勝利に導くともされています。

摩利支天のルーツは古代インドの女神マーリーチで、陽炎が神格化したものなのだとか。

陽炎は捕まえられたり傷つけられたりすることがないので、かつては戦国武将の間に摩利支天信仰が広がっていたそうです。

また、猪づくしの禅居庵で一番のインスタ映えスポットといえば猪の像が置かれたお堂。

ここには像の足元にたくさんのミニ猪像がズラリ並んでいます。
実はこれは陶製の亥みくじで、この中にはおみくじが入っていたのです。

もちろんカワイイ猪ですので持って帰るもよし、こちらで猪の大群に加わるもよし!授与所ではこの亥みくじの他にも箱を振って、数字を引くタイプの開運勝利おみくじもあります。

隣接する建仁寺に抜ける道。
「ゆずりあいの道」と書かれていました。

長い道ではありませんが、風情のある道です。

建仁寺境内ではロウバイが盛りです。

梅もちらほら。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

足腰の守護神 護王神社 別名「 いのしし神社」


今年はいのしし年とあって護王神社が熱い。

和気清麻呂と姉の和気広虫を主祭神とし、藤原百川と路豊永を配祀する。

護王神社は、和気氏の創建による高雄神護寺境内に作られた、和気清麻呂を祀った護王善神社に始まる。
正確な創建の年代は不詳。

和気清麻呂と姉の広虫は、宇佐八幡宮神託事件の際に流刑に処せられながらも皇統を守った。

孝明天皇はその功績を讃え、嘉永4年(1851年)、和気清麻呂に護王大明神の神号と正一位という最高位の神階を授けた。

明治7年(1874年)、護王善神社を護王神社に改称し、別格官幣社に列格した。
明治19年(1886年)、明治天皇の勅命により京都御苑蛤御門前付近にあった公家の中院家の邸宅跡(現在地)に遷座された。

大正4年(1915年)、大正天皇の即位の際に広虫が合祀された。広虫は孤児救済事業で知られることから子育明神と呼ばれる。

和気清麻呂が宇佐へ配流の際に、道鏡から送り込まれた刺客に襲われたのを、突如現われた300頭の猪によって難事を救われたとの伝説から、明治23年(1890年)から狛犬の代わりに「狛猪」が置かれており、「いのしし神社」の俗称もある。

そのため亥年の参拝者は例年よりも増加する傾向がある。

境内には狛猪のほかにも多くの猪に因むものがある。

4月4日は旧暦で清麻呂の命日にあたり、例大祭「護王大祭」が行なわれる。

また、11月1日の「亥子祭」は、平安朝の古儀を再現した優雅な祭りとして知られる。

猪に助けられた清麻呂の足萎えが回復したという古事から、足腰の病気・怪我回復の御利益があるとされている。

境内はいのししのオンパレードだ。

日本一の巨樹 蒲生の大クス
藤原氏北家教通流の分出とされる蒲生(かもう)氏の初代当主舜清(ちかきよ)が保安4 … 続きを読む →

宇佐八幡宮神託事件で大隅へ配流された和気清麻呂が当地を訪れ、手にしていた杖を地に刺したものが根付いたものと伝えられ、神社創祀時には既に神木として祀られていたという。

新緑の神護寺
紅葉で有名な神護寺、新緑もまた格別。 神護寺は、高野山真言宗遺迹(ゆいせき)本山 … 続きを読む →

和気公霊廟がある。

時代祭2015 後編
御苑での撮影をさっさと切り上げ、行列のおさまる平安神宮へ向かう。 曇りがちの天候 … 続きを読む →

和気広虫、平安時代初期に活躍した和気清麻呂の姉で、我が国において孤児院の起源をなした。
唐風を色濃く残す規定外の平服姿です。

日本三大八幡宮の一つ宇佐神宮
全国に約44,000社ある八幡宮の総本社。 石清水八幡宮・筥崎宮(または鶴岡八幡 … 続きを読む →

奈良でも最も美しい尼寺 興福院(こんぶいん)
興福院(こんぶいん)は、奈良県奈良市法蓮町にある浄土宗の尼寺。 山号を法蓮山と称 … 続きを読む →

開基(創立者)は和気清麻呂ともいい、藤原百川ともいう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

菅原院天満宮神社


親子三代の邸宅で菅原院(すがわらいん)がその前身。左大臣・藤原時平によって大宰府に左遷させられた道真は都に戻ることなく延喜3年(903年)に薨去。その後、京の都には異変が相次いだ。

その菩提を弔うためもあり、菅原院跡地には歓喜寺が創建された。

しかし、長保5年(1003年)に源融の旧邸・六条河原院の跡地に移転していった(歓喜寺は正安元年(1299年)に時宗の善導寺に合併されて六条道場・歓喜光寺となる)。

その後、菅原院の跡地には移転した歓喜寺の殿舎が残されていたが、道真公生誕の地といわれる関わりあいの深いこの地に、新たに社殿を配し、相殿神に父是善、祖父清公を祀るようになった。

境内には『菅公御産湯の井』や『菅公御遺愛の石灯籠』がある。

幽霊屋敷 河原院跡
源氏物語「夕顔の巻」は圧巻である。 源氏は五条辺りに住む夕顔と恋におち、「某の院 … 続きを読む →


梅丸社(境内末社)
菅公御産湯の井

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

龍門司坂 大河ドラマ『西郷どん』ロケ地


旧加治木町に残る古道です。
旧大口筋の一部で、木田の高井田から毛上に通ずる石畳の坂。

寛永12年(1635年)に着工し、その100年余後に完成したと言われます。

石は近くの樋ノ迫山から切り出されたと伝えられ、石切場には、後に24代藩主となった島津久門(加治木島津家4代)の祠が残されています。

全長は1,500メートル余りありましたが、現在は464メートルが当時の姿で残っているのみです。

物資の往来する主幹線として薩摩の経済・文化に大いに関与し、明治10年(1877年)の西南の役の際は、西郷隆盛率いる薩軍がこの坂道を通って熊本へ向かいました。

平成8年に文化庁より「歴史の道百選」に選定されました。

大河ドラマ「篤姫のロケ地としても有名です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日本一の巨樹 蒲生の大クス

藤原氏北家教通流の分出とされる蒲生(かもう)氏の初代当主舜清(ちかきよ)が保安4年(1123年)に大隅国へ下向、生母が宇佐八幡宮の宮司家出身であった縁で同宮から勧請して創祀したという。

戦国時代、島津氏との激しい戦いの末に蒲生氏は敗れて島津氏の軍門に下り、弘治3年(1557年)他地に退去させられた。

その後島津義弘により社殿が再建される。
また元和4年(1618年)12月には義弘から鳥居と額が奉建されたともされる。

蒲生の大クス – 推定樹齢1,600年(平成22年現在)の楠の大木で、国の特別天然記念物。昭和63年(1988年)度の環境庁による巨樹・巨木林調査で日本一の巨樹であると認定された。

宇佐八幡宮神託事件で大隅へ配流された和気清麻呂が当地を訪れ、手にしていた杖を地に刺したものが根付いたものと伝えられ、神社創祀時には既に神木として祀られていたという。

幹の下部は凹凸が多く、幹の内部は直径約4.5m(タタミ8畳分)の空洞になっています。
また、樹木の枝張りは東方に約12m、西方に約12m、南方に約10m、北方に約19mにも広がっています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!