天王寺7坂めぐり ⑦真言坂


生國神社の神宮寺であった法案寺をはじめとする生玉十坊が、明治の廃仏廃仏毀釈まで神社周辺で栄えていた。

うち、神社の北側には医王院・観音院・桜本院・新蔵院・遍照院・曼陀羅院の六坊があった。

すべて真言宗であったので、この坂は真言坂と呼ばれた。

天王寺七坂の一番北にあるのが真言坂。

真言坂はかつて真言宗の寺が六坊並んでいた為、その名が付いた。
生國魂神社の周りは、江戸時代から大阪で最も人が集まる場所の一つで、往来客を見込んだ店が次々にオープン。

更に遊女がいる泊茶屋も次々にオープン。
この近隣にラブホテルが多いのは、泊茶屋の伝統がラブホテル街に受け継がれている為。

初代 米沢 彦八(よねざわ ひこはち、生没年不詳)は、江戸時代(元禄から正徳)中期の上方の落語家。
一部書籍では1714年7月14日(正徳4年6月3日)に興行先の名古屋で死去したとされている。

本名は不明。豊笑堂と号す。

大道に床几を据えるだけの文字通りの辻咄から生玉神社(いくたまじんじゃ、現在の生國魂神社)境内の小屋に、大道芸人が技を競いあい大いに賑っていた。

そのなかで彦八は人の足を止めて注目させるため、「当世仕方物真似(しかたものまね)」の看板を出して興行している

松尾芭蕉句碑。

1694年(元禄7年)9月9日(重陽の節句の祭礼日)に奈良から難波に入り、ここ生玉で『菊に出でて奈良と難波は 宵月夜』の句を詠んだとされる。

ここの句碑は石に直接文字が刻まれておらず、タイルが組め込まれている。
2000年(平成12年)建立。

地下鉄谷町9丁目駅のすぐ南西側にある生國魂神社は幼い頃のオダサクにとって大切な遊び場だった。

この神社は『木の都』『放浪』『雨』などオダサクの作品にもしばしば登場する。
バイオリニスト辻久子をモデルにした『道なき道』や6年前に見つかった未発表の『続夫婦善哉』にも。

『木の都』には「幼時の記憶は不思議にも木と結びついている。
それは、生國魂神社の境内の、巳さんが棲んでいるといわれて怖くて近寄れなかった樟の老木であったり……」と書いた。

行き暮れてここが思案の善哉かな
大黒橋から道頓堀川を眺める。 太左衛門橋 橋の名は橋の東南角で歌舞伎の小屋を開い … 続きを読む →


生玉神社といえば井原西鶴。

浮世草紙(小説、好色一代男とか)を書く前は俳諧師(俳句読み)だったらしく、なかでも夜を徹して数多くの俳句を創作する「矢数俳諧」の先駆者として有名で、この生玉神社でも1680年に一晩で四千句を読み上げたとのこと。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

天王寺7坂めぐり ⑥源聖寺坂


天王寺七坂と呼ばれる坂の一つで、名称は坂下にある寺院名に由来する。

画像は銀山寺、銀山寺には、近松門左衛門の「心中宵庚申」にでてくるお千代、半兵衛の比翼塚が建てられている。

「齢延寺」には、幕末に泊園書院を興して活躍した藤沢東畡、藤沢南岳父子の墓がある。

これは、司馬遼太郎「世に棲む日日」の1巻で吉田松陰が大阪に行ったときに、藤沢東畡を訪ねたというあの人物です。

松屋町筋に面する坂下の源聖寺と金台寺の間から東へ石畳を登り、上町台地の急崖に差し掛かると石段となり、少し東南東に向きを変える。

再び石畳を登り、坂上の齢延寺と銀山寺の間で水平となる。

道は坂上からも東へ伸び、中寺筋を横断して谷町筋・生玉南交差点の一つ南の辻へと至る。

下寺町(25ヶ寺)・生玉寺町(14ヶ寺)を横断し、坂上から東は生玉中寺町(12ヶ寺)を横断するため、周辺には寺院が多い。

松屋町筋から東に10mほどの石畳は、昭和44年に廃止された大阪市電の敷石が転用されているということです。

上り始めは石畳の緩やかな坂道ですが、途中から急勾配で大きくカーブした石の階段になります。
「天王寺七坂」の中でも、一番複雑な構造の坂だと思います。

かつて石段を上りきった場所に昭和末期まで「源九郎稲荷」があった。

コンニャク好きの狸が祀られ、天王寺区史に「こんにやくの八兵衛」という祠があったことが記されている。

現在どこへ還座されたかは不明で、生國魂神社に還座されたと記した資料がある一方、同名の末社とは無関係との記述もある。

名前の由来となった源聖寺。

源聖寺坂の南2軒となりには新選組の大阪旅宿跡である萬福寺が。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

天王寺7坂めぐり ⑤口縄坂


天王寺区下寺町2丁目から夕陽丘町にかけて東西にのびている坂で、東側(夕陽丘町)の標高が高くなっており、途中は石畳の階段になっている。

前後の道はそのまま西側は松屋町筋、東側は谷町筋(地下鉄四天王寺前夕陽ヶ丘駅付近)につながっている。

「口縄」とは大阪の古い言葉で「蛇」のことであり、坂の下から道を眺めると、起伏が蛇に似ていることからそう呼ばれるようになったとされている。

南側に織田作之助の文学碑があり、彼の著書である『木の都』の一節が刻まれている。

また、織田作之助が七坂の内、一番愛した坂でもある。

口縄坂は寒々と木が枯れて白い風が走っていた 私は石段を降りて行きながらもうこの坂を登り降りすることも当分あるまいと思った 
青春の回想の甘さは終わり 新しい現実が私に向き直って来たように思われた 
風は木の梢にはげしく突っ掛ていた

織田作之助「木の都」より

行き暮れてここが思案の善哉かな
大黒橋から道頓堀川を眺める。 太左衛門橋 橋の名は橋の東南角で歌舞伎の小屋を開い … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

天王寺7坂めぐり ④愛染坂


その名の通り、坂の下り口にある愛染堂勝髷院から名付けられた。

愛染さんの夏祭り(6月30日)は大阪夏祭りの先駆けとして知られ、境内の多宝塔は市内最古(文禄三年)の建造物で、重要文化財と指定されている。

寺伝によれば、この寺は聖徳太子が開いた施薬院に始まると伝えられ、鎌倉時代には鎌倉幕府5代執権・北条時頼から寺領を寄進されたという。

多宝塔 – 慶長2年(1597年)、豊臣秀吉により再建。
本尊は大日大勝金剛尊。
ただいま修理中。

ここは清水坂を下って大阪聖光学院の裏を通り松屋町筋に円成院から④愛染坂を登ると、すぐ大江神社。
四天王寺の鎮守である四天王寺七宮の一つです。

愛染坂には2つのルートがあります。

広く開けた愛染坂を通る道とすぐ隣にある大江神社境内にある「百歳の階段」を通る道。

「百歳の階段」は百一段あり、人生の区切り百歳よりあともう一歩、心も身体も健康でありますように、という願いが込められています。

大江神社には「夕陽岡」の碑があり、このあたりからの夕焼けは今も美しい。

大江神社には松尾芭蕉も訪れており、境内には俳句碑があります。

「あかあかと日はつれなくも秋の風」松尾芭蕉

この句は、大江神社がある上町台地は東が高く、西が大阪湾で低くなっているため、夕陽が大変美しいと昔から言われており、松尾芭蕉も美しい夕日を見たのでしょう。

句碑は文化14年(1817年)に大坂の俳人三津人によって建てられました。

境内に狛犬ならぬ狛虎が鎮座しています。
阪神タイガースのメガホンや優勝を祈願する札もある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

天王寺7坂めぐり ③清水坂


ここから北には細い道が迷路のようです、右に高台に清水寺です。

京都の清水寺を模して建立されたために、新清水寺(しんきよみずでら)とも呼ばれる。

境内の西側の崖に「清水寺舞台」と称するテラスがあり、京都の清水寺を彷彿とさせるが、現在はテラスだけで堂はない。

高台にある新清水寺境内からの眺望は格別、ハルカスを望む。

通天閣も見えています。

京都清水の音羽の滝にならった「玉出の滝」があります。

大阪唯一の滝として知られている、また、この付近一帯は昔から名泉どころとして知られ、増井、逢坂、玉出、安居、土佐、金竜、亀井の清水は七名泉と呼ばれている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

天王寺7坂めぐり ②天神坂


国道25号線を渡って左にすぐ安居神社の参道が北に続きます。
真田幸村戦死の地と言われ、真田幸村公の像と戦死跡の碑が建っています。

安井神社の北に出ると②天神坂です。

「天王寺七坂」のひとつ。
菅原道真を祀る安居神社に通じる坂なので、この名がついたという。

坂を上がる前あたりに、大阪市建設局による石組みの樋(とい)がつくられ、付近一帯に昔から名水があることが偲ばれる。

安居神社の境内にも「癇静めの井」(かんしづめの井)と呼ばれる井戸の跡が残っており、これも「七名水」(増井・逢坂・玉手・安井(安居)・有栖(土佐)・金龍・亀井の清水)のひとつだ。
延喜23年(901)に道真が大宰府に左還された際に、河内の伯母を訪ねる途中、ここに立ち寄って井戸の水を口にしたと伝えられている。

安井神社、創建年は不詳であるが、当社は少彦名神が祭られており、天慶5年(942年)から菅原道真が祭られるようになったと伝えられている。

菅原道真が大宰府に流されるときに、風待ちのために休息をとった為にその名がついたという伝承がある。

「大坂夏の陣」の際、ここで休息していた真田幸村が討たれと言われ、境内には石碑と幸村の像や幸村がもたれていた「さなだ松」(現在は2代目)が残る。

昭和の「和」のヘンとツクリがさかさまになってますよね。
これが、異体字です。

昭和九年と言えば、室戸台風が京阪神を直撃、大阪市内も大被害を受けました。
四天王寺の五重塔が倒壊したのもこの時です。

異体字は、ルール等、詳しくわからないところもあるのですが、概ね、厄払いの意味があります。
基本は、前後の文脈から読みが判るようにして表記をわざと変えます。

「秋」「稔」なども異体字になるケースがあるそうです。
同じ文字が重複した時に一字を逆さにしたり、上下逆転させる場合もあります。

そんなにたくさんある訳ではないですが、神社めぐりをしていて偶然見つけた時は、
異体字が彫られた時代やその背景を考えるのも楽しいかも知れませんね。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

天王寺7坂めぐり ①逢坂


安土桃山時代、大阪の上町台地北端に豊臣秀吉によって大坂城が築城され、その後大坂夏の陣で戦功を幕府によって評価され大坂城主になった松平忠明によって城下の寺院を移転・統合、現在の大規模な寺町になったと言われています。

ここが逢坂です。
一心寺の門前を出ると国道25号線(竜田越奈良街道)です。

松屋町筋が北に続き、東側の北に続く上町台地のふもとを通る為に松屋松筋から谷町筋に急な登り坂が多く並んでいます。
これを「天王寺七坂」と言われています。

道路(坂)としての逢坂は上町台地の西斜面の坂で、現在の国道25号四天王寺前交差点(谷町筋交点) – 公園北口交差点(松屋町筋交点)間にあたる。天王寺七坂のひとつで、最も南に位置する。

名称は逢坂関に由来するとも、聖徳太子と物部守屋が法について討論した合法四会に由来するとも言われ、「合坂」や「相坂」とも表記された。

また、逢坂下の現在の公園北口交差点のあたりは合邦ヶ辻(がっぽうがつじ)と呼ばれ、のちに浄瑠璃『摂州合邦辻』の舞台ともなった。

近代以前は馬車馬が音をあげるほど急な坂だったと伝えられ、道も狭く、事故多発地点だった。

明治9年(1876年)に茶臼山観音寺の住職(静明)が寄付を集めて坂を切り崩して緩やかにする工事を行った。

この住職の功績をたたえた石碑が現存している。
明治42年(1909年)に大阪市電西道頓堀天王寺線の敷設に伴い、道路が拡幅されてほぼ現在の姿になった。

一心寺の塀越しにハルカスを望む。

一心寺 山門と仁王像。

宗旨に関係なく参詣や納骨を受け入れる寺(現在は、創価学会のみ、受け入れを拒絶している)でもあったため、全国から多くの納骨が集まった。

嘉永4年(1851年)に遺骨数万体を集めて最初の大きな骨仏(阿弥陀仏)を作り、1887年(明治20年)以後10年ごとに集まった納骨で骨仏を作っている。

猫がすやすやとお休み。

大坂冬の陣では家康の陣が茶臼山に隣接したこの寺に置かれている。

本多出雲守忠朝は、徳川家康公四天王の一人といわれた本多忠勝の第ニ子で、関ヶ原の合戦に武功をあげ大多喜五万石に封ぜられていましたが酒を過したため大坂夏の陣(1615年)において討ち死にしました。

死に臨んで深く酒弊を悔い死後は酒のために身を誤るものを助けんと誓って瞑目したと伝えられています。

爾来、酒封じの神として酒に苦しむ当人や家族の多数参拝するところとなり、酒弊の除滅に信を得ています。

墓碑周辺のシャモジは参拝者による断酒祈願。
墓碑は、元和2年(1616年)に建立されたものです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

中高野街道・瓜破台地


地下鉄喜連瓜破駅から中高野街道を下り、瓜破台地を散策する。

磯歯津路(しはつみち) から瓜破台地を歩く。
磯歯津路は住吉津から大和を結ぶ、古代の幹線道路で、長居公園通が磯歯津路に比定されています。

中高野街道は、北は平野郷を抜けて、守口で京街道に接続、南は三宅(松原市)を抜けて河内長野市で東西の高野街道と合流する高野山参詣の道。

旧喜連村の中と西の村境とされていたこの細い道が往時の姿をそのまま伝えている。

すぐ北の中小路との交差点にはこの街道の道標(天保四年 辻吉兵衛建立)が建っていたが、近年紛失したので、平成二十六年末、やや南側に地元有志により復元された。


昔の瓜破村の中心部には、今も立派な屋敷が残っていました。
とても雰囲気のいい旧瓜破村の中心部です。



小松神社 紀伊国に湯浅城を築いたことで知られる湯浅宗重の子・宗光が瓜破の地に住んでいた。

宗光 は過去に平重盛(平清盛の嫡男で、小松殿と称された)に危うい命を助けられたことがあり、重盛 が熊野で入水してこの世を去ったと知らされた宗光は、社殿を建てて、その霊を祀り、小松大明神 と名付けたとされます。

しかし、入水したとされるのは平重盛の子・平維盛であり、小松大明神が 重盛、維盛のどちらを指すのか明確ではありません。

小松神社はかつて大和川堤防沿いに広い社 域を持ち、東の宮と称されていましたが、鉄道の敷地となったために瓜破天神社に合祀されること となりました。

現在の社殿は地元の有志により昭和22年(1947)に再建されたものです。

廃線となった阪和貨物線

阪和貨物線は、かつて大阪府八尾市の関西本線八尾駅から大阪市住吉区の阪和線杉本町駅に至っていた貨物線の通称。

正式には関西本線の支線であり、「阪和連絡線」とも呼ばれた。
2004年に休止され、2009年に廃止された

宝永元年(1704)の大和川付け替え後、中高野街道は大和川によって分断され、瓜破渡しができました。

付け替え工事により村は南北に分断され、多くの田地を川の敷地に奪われるため、東瓜破・西瓜破両村は大和川 付け替えに反対しました。

瓜破遺跡

大和川右岸から瓜破霊園周辺にかけて瓜破遺跡が広がっている。

後期旧石器時代から江戸時代までの複合遺跡だ。

約7万年前のナウマンゾウの足跡や旧石器時代の石器工房跡、縄文早期頃の土器、弥生前期~後期の集落跡が見つかっている。

高野大橋の上流100~200m付近の河川敷から弥生土器などが見つかった。

それらの遺物の一部は瓜破下池にある瓜破会館や平野区民センター(コミュニティプラザ平野)で展示されている。

大阪市設瓜破霊園 市域拡張により大阪市の人口が増大した結 果、大阪市は墓地不足となり、昭和3年 (1928)の第二次都市計画事業として、中河 内郡・瓜破村(瓜破地域は1955年に大阪市 に編入されました)に60,200坪、豊能郡・野 田村(現豊中市)に52,400坪の墓地新設が 計画され、瓜破霊園は昭和15年(1940)5月 に竣工した。

霊園内の卍マークについて、 寺院建築跡が確認されているわけでありませんが、奈良時代の瓦や磚仏が出土したこと から何らかの寺院があった場所とされ、地名 から瓜破廃寺と呼ばれています。

合葬式墓地のモニュメントが聖地を思わせる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

今日のお昼はがんこ二条苑

高瀬川二条苑(たかせがわにじょうえん)は、1611年(慶長16年)、高瀬川開削者である豪商角倉了以がその源流に建設した別邸跡にある日本庭園である。
高瀬川源流庭苑とも呼ばれる。庭園の一角には、江戸時代初期に小堀遠州により作られた茶庭が現存する。

明治時代になって、元勲山県有朋が当地に第二無鄰菴と称される別邸を建設した。
このときに庭園は、無鄰菴を作庭した小川治兵衛により改修され、現在に至っている。
山県以降は、日本銀行総裁川田小一郎らが当地に別邸を構えていた。

京都市を流れる運河「高瀬川」にて。川の名は「高瀬舟」にちなんでいる。

高瀬舟といえばわが故郷が有名です。

のれんのかかる町 町並み保存地区 勝山
勝山は三浦藩2万5千石の城下町である。 昭和60年に町並み保存地区に指定され、昔 … 続きを読む →

旧遷喬小学校 迎賓館を思わせる明治のモダンな校舎
真庭市南部の観光スポットとして映画やテレビのロケでも使用される迎賓館を思わせる明 … 続きを読む →

故郷の山河
ふるさとは遠くにありて思うもの・・・・・・ 故郷へ所要がありつかのまの里帰り、観 … 続きを読む →


高瀬川の源流、鴨川の水をここから取り入れ高瀬川の始まりとなっている。

たまたま舞妓のショーが有り楽しませてもらう。
今日のお昼はがんこ二条苑
「がんこ二条苑」はおおよそ380年前の慶長16年 角倉了以によってつくられその後 … 続きを読む →

秋の紅葉の時期は見事な紅葉が。
紅葉2015 もしかして紅葉絵巻のフィナーレはがんこ二条苑かも
嵐山花灯路を見ようとゆっくり目に出発、とりあえずがんこ二条苑高瀬川源流庭園で腹ご … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万葉文化館


奈良県立万葉文化館は奈良県高市郡明日香村にある美術館・博物館。
日本最古の歌集『万葉集』をテーマとする。

『万葉集』は、古く5世紀から、8世紀にかけて詠まれた4500余首を収めたわが国最古の歌集で、日本人の心の古典、言葉の文化遺産といえる。そのなかでも、奈良を対象に詠まれた歌が最も多く、県内各地には『万葉集』ゆかりの歴史的風土・自然景観が多く残されている。

「歌の広場」(古代の市空間を再現)「さやけしルーム」(万葉人が感じたであろう、音や光を体験)「万葉劇場」(人形や映像などを用いて万葉の世界を紹介)などの展示が行われている。

平成13年9月に、建設費約140億円の巨額資金を投入して明日香村飛鳥に開館したが、当初、年間25~30万人と見込んでいた入館者数は半数以下の10万人前後と低迷を続けており、存続そのものが問われている。

以前の訪問時、展示の紹介を行った。
万葉人のくらし
万葉人はどのように暮らし、どんな恋をし、どんなふうに四季の移ろいを眺めたのでしょ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!