北港ヨットハーバーの夕日


先日の「コスモシーサイド」の対岸の舞洲から北港ヨットハーバーへ行こうと思う。

足的には結構行きにくい所です。

調べたら4種類の行き方があった。

1. JR線桜島駅 「舞洲アクティブバス」に乗車(所要時間 約21分 210円)
「舞洲東」停留所から徒歩 約15分

2. JR線大阪駅 市バス「大阪駅前」停留所にて「59系統 北港ヨットハーバー行き」に乗車(所要時間 約50分 210円)
「北港ヨットハーバー」停留所から徒歩 約5分

3. JR線西九条駅 阪神なんば線西九条駅 市バス「西九条」停留所にて「59系統 北港ヨットハーバー行き」に乗車(所要時間 約25分 210円)
「北港ヨットハーバー」停留所から徒歩 約5分

4. JR線桜島駅 「舞洲アクティブバス」に乗車(所要時間 約7分 210円)
「環境局前」停留所から徒歩 約19分

まだほかにあります。

コスモドリームラインと言って地下鉄コスモスクエア駅 セレッソスポーツパーク舞洲 おおきにアリーナ舞洲 大阪シティ信用金庫スタジアム ホテル・ロッジ舞洲というルートがあります。

舞洲から橋一つ越せば北港ヨットハーバーに行けるのではないか。

バスに乗って運転手に聞くと、舞洲東が近いのでは・・・

どれくらいかかるの   行ったことないからわからん。

と、いうことで舞洲東で降りる。

前方に見えているのは此花大橋、この交差点を左折してどんどん道なりに行けばいいとのこと。

此花大橋は2025年日本国際博覧会の開催に向け、大阪港湾局において此花大橋を6車線に拡幅する工事が始まっています。

それに伴い当面の間、歩道の利用ができなくなります。

令和3年12月6日~令和11年3月(予定)

いきなり衝撃的風景。

帰ってネットで調べたら。

大阪・舞洲の倉庫火災 放火容疑で派遣社員の19歳少年逮捕

「日立物流西日本」の倉庫内で昨年11月に起きた大規模火災

火災は昨年11月29日朝に発生。

倉庫には窓が少なく内部に煙と熱気が満ちて消防が立ち入れず消火活動が難航し、5日後の12月4日午後に鎮火。

舞洲東から約10分、目指す常吉大橋が見えてきた。

右側の派手な建物は焼却場。

2001年(平成13年)4月に大阪市環境局により建設された。

2015年(平成27年)4月1日に、他の大阪市の清掃工場とともに、大阪市・八尾市・松原市環境施設組合(現大阪広域環境施設組合)に移管された。

外観はフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーによるデザインである。

なお、フンデルトヴァッサー自身は当工場の完成を見ることなく、2000年2月に死去している。

常吉大橋は、大阪市此花区常吉と舞洲を結ぶ大阪港に架かる橋。

塔が1基の斜張橋として日本国内最大規模。
また、非対称構造であることが、特徴。

ヨットハーバーが見えてきました。

何とか間に合ったようだ。

もう陽が落ちかかっている、少々焦りが・・・・

状況はかなりきついが結構距離がある。

対岸にヘリポートがあるのでヘリコプターがホバリングしながら降りてくる。

クリックして拡大して見てね。

やっと入り口に到達。

まだ日没までは小1時間ある、一安心。

女神像を夕日が照らす。
8年ぶりの北港ヨットハーバーの夕日です。

大阪北港ヨットハーバーの夕日
昨日、鷲羽山からの夕日の様子を紹介しましたが、大阪にも夕日のスポットはたくさんあ … 続きを読む →


西に目をやると暮れていく空のグラデーションがきれいです。

日没にはまだ時間があります。

ブルーの空と夕日、きれいだ。

ここからは一工夫しています。

使っているソフトに夜景合成機能がある。

このモードで同じ撮影シーンを複数枚合成した場合、通常のノイズリダクションをはるかに超えた精緻で高階調な写真に仕上げることができます。

※4枚合成するとISO感度2段階分、16枚合成するとISO感度4段階分減感した時の画質再現されます。

夜景向けのノイズ除去や彩度、黒レベルを重視した合成をおこないます。

このモードを使うと手持ち撮影した複数の画像から、三脚を使用した長時間露光のような美しい夜景写真に仕上げることができます。

手持ち補正機能まで付いているのだ。

ついでにこのソフトのティスとを試してみる。

全67種類のオリジナルのテイストが収録されており作品作りにたまに使っている。。


クリックして拡大して見てください、六甲山頂の建物が夕日に光っている。

これはすごいことだ。

しかし、落とし穴がありました、手持ち補正はやってくれますが、ヨットのマストの振れまでは取ってくれない・・・・・


17時2分、ほぼ夕日も見納めだ。

陽は沈み、ブルーモーメントの始まりです。

帰りのバスの時間が迫っている、乗り過ごすと1時間待たねばならない・・・・

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

シーサイドコスモの夕日


前回の「ダイヤモンドポイント」に続き対岸のコスモスクエアの海岸です。

盛んに浚渫が行われています。

難波津の故事でも明らかなように土砂がどんどん堆積するのです。

8世紀に入ると、難波津は土砂の堆積によって港湾施設としての機能を失ってしまった。

海上警察の船舶が頻繁に行き来する。

シーサイドコスモ

全長1.4kmの長さを誇る海浜緑地。

大阪港を広く見渡せる海辺の遊歩道からは、海遊館や天保山の観覧車を見る事ができます。

コスモスクエア海浜緑地は原則、釣りを禁止しておりますが、シーサイドコスモの東側の一部区域に限り、カラーコーン等により明示を行った上で釣りができる場所として開放しております。

しかしながら、釣り開放区域以外の場所でも釣りがされております。

また、夕日や夜景も大変美しく、ベイエリアならではの場所となっています。心地よい潮風を感じながらゆったりとした気分に浸ってみてはいかがでしょうか。

なにわの海の時空館

平成12年(2000)開館。

ユニークな形のガラス張りの建物は大阪港のランドマークで、平成14年(2002)には英国構造技術者協会から「Structural Special Award 2002」を受賞しました。

設計はポール・アンドルー氏(フランス人設計家)です。

館内には江戸時代に活躍した菱垣廻船(千石積級)を実物大で復元した「浪華丸」があります

不人気から、2013年(平成25年)2月8日、大阪市は、閉館日を同年3月10日と発表。

施設は閉館後使用されておらず電気、機械設備は老朽化が進んでいる。

内部に残されている、菱垣廻船(ひがきかいせん)『浪華丸(なにわまる)』

全長 : 29.9m、幅 : 7.4m、帆柱の長さ : 27.5m、積載量 : 約150t。

約10億円をかけて復元された。

1999年7月29日 – 8月1日、大阪湾で帆走実験が行われた。

風速9m/sで記録された最高速力(対水船速)は7ノット強(13 km/h強)であった。

建物の建設時に基礎の上に置いた状態でドームを作ったため屋外に出すことができず時空館の閉館後も他の大型展示物とともに建物内部に残されており・・・・・・

古代船「なみはや」は平野長原遺跡高廻り₂号噴出土の船形埴輪をモデルとして復元された準構造船。

「倭の五王」時代の航海を再現しようと、大阪港から韓国釜山港への実験航海にも成功しました。

フェリーターミナルへ回ろうと考えたが日没まで10分しかない、どうしよう。

今は使われていない、咲洲キャナルを行こう。

咲洲キャナルは海水を取り入れた運河で、コスモスクエア地区内を流れ、東西にゆるやかなカーブを描く親水空間です。水辺の散策が楽しめます。

ギリギリ間に合いました。

大阪南港コスモフェリーターミナル

株式会社フェリーさんふらわあ が大阪南港コスモターミナルの命名権を2017年10月1日(日)より10年間取得したことにより、乗り場の名称が『さんふらわあターミナル(大阪) 第1ターミナル』に変わりました。

よく利用させてもらった航路です。

大阪 ↔ 別府航路

「東洋のチロル」由布川峡谷を撮る
最初の訪問地、由布川峡谷はその美しさから「東洋のチロル」とも称され、新緑や紅葉、 … 続きを読む →

大阪 ↔ 志布志航路

志布志へ
指宿へ菜の花を見に行きます。 指宿は12月下旬〜翌年2月上旬に菜の花の見頃を迎え … 続きを読む →

渓流に癒される菊池渓谷の光芒
今日は光芒撮影の本番、ホテルを5時出発です。 4時起床、見上げる空には月が、やっ … 続きを読む →


ATC(アジア太平洋トレードセンター)

昭和8年(1933)、木津川飛行場の移転先として南港の埋め立てが始まりましたが戦争のため中断。

戦後、港湾用地と住宅用地として利用する計画となり、現在の南港ニュータウンが誕生しました。

約1億4千万立方メートルの土砂(ダンプカー1日1000台で運んでも約55年かかる)が埋め立てられたといわれています。

ATCは平成6年(1994)に貿易トレードセンターとしてオープンしたもので、ショールームやレストラン、輸入品ショップなどがあります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ダイヤモンドポイント


ダイヤモンドポイント「大阪港で夕陽が一番美しい場所」

大阪港の中央突堤にある夕日スポット「ダイヤモンドポイント」。

大阪港で夕陽がいちばん美しい場所とされ、夕暮れ時には多くのカップルやカメラマンが集まるスポット。

ダイヤモンドポイント前は、サンタマリア号の運行ルートになっているため、コロンブス時代の旗艦をイメージした船が目の前を通ります。

ライダーが夕日を背にして愛車を撮影。

ものの10分くらいか撮影が済むとサッサと立ち去ります。

サンセットまで少し時間があるので天保山まで散策。

目の前が水上警察、警察用船舶「きづがわ」

陽を受けて輝く船、そばでは何やら燃料補給でもしているのか警察官が忙しく動いている。

隣は大阪海上保安監部の巡視艇てるぎく。


キャプテンラインは、ユニバーサルシティポートと海遊館西はとばを片道10分で結んでいます。

コペンハーゲン港にある「マーメイド像」は、世界各地から観光客が訪れる観光名所にもなっていますが、そのマーメイド像が大阪港にあります。

じつは大阪港とコペンハーゲン港は平成6年(1994)に交流港となり、、その友好を記念してビール会社のカールスバーグ社から寄贈されたものです。

再びダイヤモンドポイントへ。

2018年10月よりウッドデッキからインターロッキングブロックへ変わっています。。

天保山へ急ぐサンタマリア。

春や夏は工業地帯へ日が沈み、冬の11月と2月には真正面の海に日が沈みます。

この時期にしか見れない光景です。

古代から大阪(難波津)は西に海を抱き、夕陽の美しい場所として有名でした。

上町台地や船場といった市内中心部は高層の建物が立ち、なかなか夕陽が見られなくなりましたが、築港ダイヤモンドポイントからは現在も大きな夕陽が海に沈んでいく「おしてるや難波津」の光景を見ることができます。

「あをによし」というのは奈良の枕詞ですが、難波(大阪)の枕詞は「おしてるや」といいます。

「おしてる」は、夕陽の光が海原と空一面を明るく照らすさまを意味していて「や」というのは間投助詞です。

直越の この道にして おしてるや 難波の海と 名づけけらしも

万葉集に出てくる大阪の歌です。直越の道(奈良から大阪までの山道)を歩いていると、美しく光り輝く海が見えた。

なるほど。
これが噂の「おしてるや 難波の海」か……意訳するとこういう感じでしょうか。

大阪は西に海があって、太陽が沈む「夕陽の国」です。

中世には、沈み行く太陽を目指して、難波津や住吉津から船を漕ぎだして「西方浄土へ行く」と補陀落渡海した人々も大勢いました。

ブルーモーメントが始まりました、これからしばらくの間空はブルーに輝きます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大和川 夕日とチン電


新年初訪問です。

橋梁に照り返す夕日がきれいです。

日没までまた時間があるのでゆっくりと周辺観察。

枯草に夕日、これもなかなかいいね。

川面の砂嘴と水面の波紋そしてグラデーション、きれいです。

通過する南海電車、夕日の照り返しが川面にも・・・

コロナの小休止が皆に余裕を与えているようだが、この状況もたちまち急変です。

夕日にドラムの根が小気味よく響いてきます。

チン電の橋梁下笛を吹く女が・・・・

この女性かなり長時間ここにいます、帰るときにもまだいました。

ドラムと笛の音が心地よく響いてきます。

少し下流にはギターをつま弾く高校生のグループもいた、さながらコンサートを聴いているようだ。

凧あげに興じているグループも数グループ見かけた。

陽も落ちたので家路につく、女性はまだ笛を吹いています。

太陽が今まさに沈もうとしている。

沈む夕日と上空を関空へ急ぐ飛行機。

楽しそうな沢山の家族が見られました、幸せな気持ちで家路を急ぐ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日の出 住吉大社


池田屋、熊野街道と住吉街道の四つ辻角にあって、創業は永禄年間、450年以上の歴史を持つ名店。
明治・大正・昭和天皇にも献上していたという、手造りの「住乃江味噌」が名物。

住吉街道の「経路は住吉大社境内西北角地点の紀州街道を起点に、大社境内を地を横断する。

その道筋は大社第一本宮と旧神宮寺境内との境界道路を通る。

東門北側で境内を抜けたあとはそのまま東進、長居公園通りに合流して終わる。」との説明があります。

大社の木々も日毎に秋色に染まってきます。

御田に降り注ぐ朝日。

御田は刈り取りが済んでひっそりとしています。

11月23日は新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)です。

太鼓橋、朝露を含んでしっとり。

第一本宮からの日の出。

大社では樹木を拝んでいる人をよく見かけます。

巨木信仰・・・・天を衝く高木、途方もない大きさの巨木、人の寿命をはるかに凌駕する古木に神性を見出したことに始まったとある。

今、七五三参りが全国の神社で盛んにおこなわれているが、天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力でだ。

現在では全国で盛んに行われているが、江戸期は関東圏における地方風俗であった。

やがてこの儀式は京都、大阪でも行われるようになり、だんだんと全国に広まっていった。


汐掛道、落ち葉に陽光が降り注ぐ、いつ見ても趣がありいい街道だ。

海岸に上陸した海神が通った道で、出見の浜〜住吉高灯籠〜住吉公園〜住友燈籠〜表参道鳥居〜反り橋〜住吉大社本宮と一直線に連なっています。

汐掛道
住吉大社の旧表参道の汐掛道は、海岸に上陸した海神が通った道で、出見の浜〜住吉高灯 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日の出とチンデン


日の出前の風景、下方に雲があり日の出は遅くなりそう。

ただ今6時12分、日の出10分前。

6時37分、だいぶ時間が遅れている、河川敷からの画像。

太陽を画面に入れられる構図ってずいぶん楽だ。

人の動きがあわただしくなってきた。

下方に雲があったが上は雲がなく順調。

南海本線の画像。

6時59分、そろそろ帰って朝飯にしよう。

堤防上をランニングしたり、ウォーキングしたり・・・・こう言う風に太陽に向かって絵が撮れると作風のレパートリーが広がる。

愉しみがまた増えた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

夕日とチンデン


近くにいながら大和川を訪れるのは約半年ぶり。

今日はどちらかというと暖かく、学校帰りの学生たとも散歩に。

二人連れも仲良く腰を下ろしています。

南海電車が夕日を受けながら走り去ります。
ボディが銀色に輝く。

陽がだいぶ落ちてきました、建設機械を積んだトラックが阪神高速通過しています。。

ランニングの人が一人、二人と走り去ります。

散歩の人もいます。

ラピートが来ました。

阪神高速が大きく湾曲して阪堺電車とクロスします。

天王寺行きの電車がが来ました。

先客がいました、東大阪から来たという女性、我孫子道駅から歩いてきたという。

「今日はイマイチ焼け具合がよくいですなあ」愚痴りながらの撮影。

以前来たときいい感じの夕日が撮れたので今度はそれ以上を狙ってるのだと、勤めがあるので普段はここれないので・・・・
ぎりぎりまで粘っています。

そのうち男性が一人現れた、中百舌鳥から自転車できたという。

もう一人現れた「これ阪堺線ですか」「そうです」

陽は落ちてもう暗くなりかかったが皆、帰らない、「お先に失礼します」

我孫子道駅に回り、ラッシュの様子を撮影。

いつも行く居酒屋の常連に阪堺電車の運転手がいて、写真を持っていくと「これは誰誰や」とい言いながら喜んで持って帰ります。

周りが暗くなってきました、そろそろ引き揚げます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

朝ぼらけ


今日も気持ちのいい日の出です。

朝ぼらけ 有明の月と みるまでに
吉野の里に ふれる白雪       坂上是則(31番) 『古今集』冬・332

坂上是則が、大和権少掾に任ぜられて大和に赴いた延喜六年(908年)の冬のこと。

吉野の山の近くにある宿に泊まった夜明けにふと目を覚ますと、表がとても明るいようです。

「夜明け方(有明)の月だろうか?」底冷えのする寒さの中、外を見てみると、雪が降っていました。

吉野の名所に降る雪明かり。

月の白い光を雪や霜に見立てるのは中国の漢詩でよく行われていた比喩です。

中国の大詩人・李白の作った「静夜思」にも「牀前看月光、疑是地上霜」の一節があります。

カモたちも気持ちよさそうに泳ぐ。

きれいなトワイライトです。

雲が少なくあまり焼けないのは残念。

サイド光も強く差し込む。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

朝日と雲


朝日、夕日も雲が無ければそっけない表情になってしまいます。

ここ数日の空の模様をお届けします。

センダンの実が色づき始めています、画像をクリックして拡大して見てください。

雲に陽が射してきれいに染まっています。

非常奇麗な風景です。

この日は低空に雲が立ち込めてきれいな日の出にはなりませんでしたが、きれいなトワイライトが楽しめました。

少し遅れて色づいてきました。

雲に陽が射して色づき始めです。

その後きれいに焼けました。

低空に厚い雲があるとこのような焼け方になります。

とてもきれいです。

日の出時刻にはよく鳥が飛びます、絵になります。

この時期、ススキがきれいですが、焼けた空をバックにできればよかったのですが、位置関係に無理がありました。
残念。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

散歩


今日も低空に雲があり日の出が少し遅れた。

久しぶりにハーフNDフィルターを取り出して使ってみた。

フルサイズを使っていたころのもので思いついて使ってみたのだが強い光を遮って思いのものを表現したいときは欠かせないものだ。 

バリアブルNDフィルターを探しているのだが長いこと使わないので所在不明。
スナップを撮っているときなど遮光量に応じたフィルターをセレクトしている猶予が無い時などに重宝する。

毎日相当な距離を歩くタフな老人、以前も記事にしたことがある。

朝の輝きの中で
今日も住之江公園、住吉川を朝の散策です、今日は「朝の輝き」をテーマに楽しみます。 … 続きを読む →


朝日の降り注ぐ坂道、逆光でとらえると素晴らしいシルエットが生まれます。

散歩
暑さ寒さも彼岸までと言われますが、昨日が彼岸明けになります。 暦のうえでは立秋か … 続きを読む →


毎日多くのウォーカーがこの道を歩きます。

毎日のことで知り合いも少しずつ増えてきます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!