秘密にしておきたい紅葉の名所 旧秀隣寺庭園


道元が越前下向のおり当地の地形の様子が宇治興聖寺のそれに似ているのに驚き、建立する寺の名を同じにしたといわれる関西花の寺二十五霊場14番。

訪れた日は紅葉の真っ盛り。
風にハラハラ鳩落ち葉が舞っていた。

享禄元年(1528年)、足利義晴は細川晴元・三好元長らの反乱の難を避け、朽木稙綱を頼って享禄4年(1531年)まで朽木谷に滞在していた間、朽木氏一族を始め、京極高秀や浅井亮政、朝倉孝景らの協力のもと、管領細川高国が義晴を慰めるためにこの庭園を贈ったといわれる。

ここに樹齢500年近くの歴史をもつ藪椿(右奥の緑の低い木)があります。

見頃は4月中旬から5月上旬にかけて。千利休が訪れた際、一期一会の心を表す花だと賞賛したという。

散りモミジも見事。

この広い庭園にいるのは私一人、1時間半くらいいたが誰も訪れる人なし、誠にもったいない時間を過ごした。

興聖寺の略年譜

嘉禎 3年(1237年):朽木村の領主佐々木信綱が、承久の乱で戦死した一族の供養を願い、道元を招く。
寛元元年(1243年):招きに応じた道元が、越前下向のおり朽木村に立ち寄り、寺の建立が始まる。
享禄元年(1528年):室町幕府12代将軍足利義晴が、細川晴元・三好元長の追撃から逃れるため3年間滞在。
元亀元年(1570年) :4月、浅井長政の裏切りに合い、絶体絶命の危機に見舞われた織田信長を救う。
享保14年(1729年):上柏村指月谷から岩神村秀隣寺の地に移す。
文政11年(1828年):本堂が焼失。
安政 4年(1857年)3月:朽木大綱の寄進で25世仙英和尚の代に再建。

朽木は近江守護の佐々木一族(朽木氏)に代々治められてきた場所で。

興聖寺の開基となる宇多天皇の直系の佐々木信綱、その曾孫にあたる義綱より氏を『朽木』と改め、明治時代になり廃藩置県が行われるまで統治していた。

その朽木の地に興聖寺が建立されるのが鎌倉時代。

嘉禎3年(1237)、近江守護佐々木信綱が宋から京都に帰洛していた曹洞宗開祖・道元禅師に、承久の乱で戦死した一族の供養を願い出た。

朽木の里を訪れた禅師は付近の山野の風景が伏見深草の興聖寺に似て絶景だと喜び、山号を高巌山興聖寺とする一寺の創建を奨めた。

3年がたち仁治元年(1240)には七堂伽藍が完成し、遷仏式には永平二世・孤雲懐奘禅師を迎え盛大に行われた。
それ以来、興聖寺は曹洞宗第三の古道場といわれてきた。

秀隣寺は、朽木宣綱が、慶長11年(1606)に正室の菩提を弔うために、かつての岩神館のあった地に建立した寺院であることから、この庭園は、正しくは「岩神館庭園」と呼ぶべきかもしれません。

庭園は、安曇川が形成した段丘の縁にあり、安曇川の清流、そしてその背後に横たわる蛇谷ヶ峰を借景としています。

池泉鑑賞式の庭園で、左手の築山に組まれた「鼓の滝」から流れ出た水は池に注ぎます。

曲水で造り上げた池泉には石組みの亀島、鶴島を浮かべ、中央付近には見事な自然石の石橋を架けます。

随所に豪快な石組を配する、全国屈指の武家の庭です。

元亀元年(1570)4月、浅井長政の裏切りに合い、絶体絶命の危機に見舞われた織田信長。

信長は京に逃げ帰る道として朽木街道を選択します。

この時、浅井長政の勢力下にあったはずの朽木元綱は、長政を裏切って信長に味方し、信長が朽木谷を通過することを許します。

この時、もし元綱が長政に義理立てしていたら、信長はこの段階で歴史の舞台から姿を消していたでしょう。

この間の様子を『信長公記』は「4月晦日、朽木越えをさせられ、朽木信濃守馳走を申し、京都に至って御人数打ち納められ・・」
と、簡潔に記しています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

桜と紅葉を同時鑑賞 実光院

実光院は本来、現在地の向かい側、大原陵(後鳥羽天皇・順徳天皇陵)がその境内でした。

大正8(1919)年、普賢院と理覚院を統合する形で旧普賢院の境内に移転し、現在に至っている。

訪れたのは陽の落ちる直前、しかし、美しい紅葉を堪能。

庭園の中央に植えられた不断桜は、初秋から翌年春にかけて花を咲かせる珍しい品種。

錦秋の季節に、桜の花と紅葉が同時に楽しむことができます。

不断桜はヤマザクラ系統のサクラといわれ、白色、小輪一重の花をつけます。
10月~5月頃まで続けて花が見られることから、不断桜の名がついた。

境内では残り柿が夕日に照らされきれいです。

冬の到来を告げ科のような風情。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

隠れ里の絶景紅葉 大原三千院

かつては貴人や仏教修行者の隠棲の地として知られた大原の里の三千院、苔むした庭の紅葉は絶品です。

桜の馬場とも呼ばれる三千院の参道、白壁に沿って続くカエデの紅葉が美しい。

陽のある内にと先を急ぐ。

緑の絨毯に優しい陽の光。

散りモミジに優しい陽の光、そして美しい紅葉をまとった一枝。

緑の絨毯に散りモミジと木漏れ日。

三千院といえば、国宝の阿弥陀三尊像も有名ですが、こちらのわらべ地蔵も人気。

陽のあるうちにと急いだのはこの光景が撮りたかったため、しばらくすると陽はなくなった、滑り込みセーフ。

しっとりした苔の絨毯に優しい木漏れ日の光が当たり落ち葉が一葉。

桜の落ち葉かな、赤と緑のコントラストの美。

往生極楽院の南側にある朱塗りの小さな門は閉ざされた往生極楽院の正門。

江戸時代に再建されたもので、その昔、往生極楽院を本堂としていた頃の正門にあたる。

外側は来迎院や音無の滝への参道になっており、晩秋は散り紅葉が美しい穴場。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

紅葉の真っ盛りに宝泉院を訪れる

大原は春夏秋冬、何度も訪れているが、紅葉に惹かれまたまた来てしまった。

漬物屋の脇から畑に出る、空には秋の雲、畑にはコスモスが揺れる。
ここはいつ来てもいい、今日は紅葉の真っ最中、混雑を承知の上でまた来た。

三千院前のモミジのトンネル、いつ見てもきれいだ。
ここは急いで通り過ぎる。

見上げれば満天の紅葉。

透かし紅葉を楽しむ。

三千院の門をパス、律川を渡り、実光院をパスして正面の勝林院の左の小道を行く、ひたすら宝泉院を目指す。

宝泉院の入り口参道、この無人の空間は偶然に訪れた。
カリンり実が一つ残っていた。

額縁庭園は後の楽しみにしてまず、宝楽園へ。
きめの細かい白川砂の庭園と見頃の紅葉のコラボレーションをもう一度見たいと・・・・

地球太古の創世と、その原初の海をイメージした庭園、2005年3月、宝泉院の敷地内約660平方メートルに作庭された。

庭園作家の園冶(えんや)が造園し、山形県や長野県などから約300トンの石を運んでいる。

何度も見た光景だが、あためて確認するかのように見渡す。

見上げれば紅葉が降り注ぐ。

蹲が印象的。

近江富士を型どる樹齢700年の五葉松。京都市指定の天然記念物。
京都市内にある3つの著名な松の一つ。

この盤桓園(ばんかんえん)は「立ち去りがたい」という意味を持ち、書院の柱や鴨居を額に見立てて鑑賞することから、「額縁庭園」という名でも親しまれている。

左に目をやれば入り口参道の突き当りの門が見える、訪れた人はまずこの門から樹齢700年の五葉松を見て感激する。

右に目をやる、客殿の西方、柱と柱の空間を額に見立てて鑑賞する。
竹林の間より大原の里の風情を満喫できる。

紅葉シーズン真っ盛りの今日は、客殿も人で埋まる、出された抹茶をそそくさといただき席を譲る。

実は、この「宝泉院」は、山崎豊子さんの小説「不毛地帯」にも登場。

・・・・・「夕日がかげり、さながら幽玄の世界を眼のあたりにするようであった。

やがて霞のような夕靄が流れ、金色に輝いた竹の葉は紫色に変り、薄墨色の夕闇の中に溶け込むように昏れなずんで行った。」・・・・

70年ほど前に高浜虚子が無住寺の宝泉院を訪れ、「大原や 無住の寺の 五葉の松」と詠んだ。

最後にもう一度透かし紅葉を、「立ち去りがたい」席を立つ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

古寺



関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

帆船EXPO 帆船「みらいへ」入港

本日のしんがりは帆船「みらいへ」、もと大阪市が所有していた「あこがれ」です。

大関門通過は11時41分。

帆船「みらいへ」(もと「あこがれ」)
・総トン数:230トン
・全長:52.16メートル
・全幅:8.60メートル
・定員:旅客40名(1日コースの場合60名)船員13名 合計53名
・所属:一般社団法人グローバル人材育成推進機構

海王丸にくっつくように入港。

1993年に「あこがれ」として就航、大阪市が保有して大阪南港の「ATCオズ岸壁」を定係地として「セイル・トレーニング事業」に使用していた。
一般市民が航海を体験できた日本で唯一の帆船(スクーナー)であった。船名は一般公募で選ばれた。

売却された「あこがれ」は2014年7月5日から、船名を「みらいへ」に変え、神戸港を母港に体験航海事業を再開している。

3本マストのトップスルスクーナーで、船型は全通平甲板型。
帆装は横帆3枚(約215m2)、縦帆10枚(約568m2)、総帆13枚(約783m2)で、メインマスト高さは上甲板上約30m。

本日も体験航海の人たちを乗せ、セイルドリル(展帆訓練)をじっし、真っ白な帆を広げての入港。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

帆船EXPO 「海の貴婦人」海王丸

3隻目の入港は「海の貴婦人」海王丸。

海王丸が大関門に姿を現したのは日本丸通貨から大幅に遅れ、待っている人たちもイライラ。

・総トン数:2556トン
・全長:110.09メートル
・全幅:13.8メートル
・最大搭載人員:199名
・所属:公益社団法人海技教育財団

初代海王丸は、初代日本丸と共に1930年(昭和5年)に進水。二代目の就航に伴い、用途廃止され、現在は富山県射水市の海王丸パークに係留展示されている。

二代目は1989年(平成元年)に就航。

2004年(平成16年)10月20日、防波堤に座礁する事故が発生。
2006年(平成18年)1月5日、修繕を終え再就役した。

海王丸においては財団法人海技教育財団から一般人も体験航海として乗船することができる。
海王丸は「海の貴婦人」と呼ばれる。

海王丸II世は国有ではなく、民間の寄付により建造された。

現在は独立行政法人航海訓練所に用船契約される形で運航されている。

一般社会人向けの体験航海・遠洋航海コースも実施しているが、海事教育機関の練習船であるため、実習生の参加人数により一般募集枠が少なくなる場合もある。

日本丸II世との外見の違いは「船首像」「船体のライン数」「救命艇の形状」「後部フード(舵輪の屋根)の形状」。

日本丸II世で培われた建造技術をさらに進歩させ、帆走時には抵抗となるプロペラの迎え角を水流に平行とすることにより抵抗を減少させる、フェザリング機能を有する可変ピッチプロペラの採用などにより日本丸II世をしのぐ帆走性能を得た。

その年で最速の帆船に贈られる「ボストン・ティーポットトロフィー」を1990年、1991年、1994年、1995年と4回受賞(日本丸II世は3回受賞)している。

なかでも1995年には124時間で1394マイルを帆走する記録を打ち立てている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

帆船EXPO 「太平洋の白鳥」日本丸

帆船EXPO、反戦の入港パレードを大臣しています、2隻目は「太平洋の白鳥」日本丸。

日本丸の大関門通過は10時44分。

日本丸 (2代) – 二代目は1984年(昭和59年)に就航。
帆を広げたときの姿から、「太平洋の白鳥」と呼ばれる。

「太平洋の白鳥」日本丸
・総トン数:2570トン
・全長:110.09メートル
・全福:13.8メートル
・最大搭載人員:190名
・所属:独立行政法人海技教育機構

1984年、日本丸は50余年にわたって海の若人を育ててきた初代日本丸の代替船として建造された。

初代日本丸は鹿児島商船水産学校の練習船「霧島丸」の遭難を契機として、1930年に建造され、当時の田中隆三文部大臣の「日本の海の王者にふさわしい船にしたい」という我が国の海運に寄せる期待を込めて「日本丸」と命名された。

初代日本丸は 引退までの54年余りにわたって、実習訓練を行って来た。

正確な記録の残る昭和27年(1952年)4月1日以降でも162次の航海を行い、6,509名の実習生を育て、約127万kmの航海を完遂。

米国建国二百年祭(1976年)に参加するなど、華々しい航海を続けてきた初代日本丸ですが老朽化には勝てず、1974年以降は遠洋航海の規模を縮小するなどの応急的な航海を続けていました。

二代目の就航に伴い、用途廃止され、現在は神奈川県横浜市西区の日本丸メモリアルパークに係留展示されている。

日本丸の帆走性能は初代日本丸のそれをはるかにしのぎ、世界でも有数の高速帆船として世界の帆船の仲間入りをした。
その年で最も帆走速力の出した帆船に贈られるボストン・ティーポットを受賞。

天保山へと向かう日本丸、右は先に入港の大成丸。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

帆船EXPO 大成丸入港

大阪港開港150年を記念し、海や船に親しめるさまざまな企画が盛りだくさんの「帆船EXPO」が開催される。

26日10時30分からの入港パレードでは、「日本丸」「海王丸」「大成丸」「みらいへ」の4隻の帆船や汽船が、大関門を通過して順次入港し、消防艇による歓迎放水が実施されました。

9時54分、大関門に現れたのは中国の客船「蘇州号」、上海と大阪南港を週一回往復。

九州の旅ではよく見かける船だ。
雨の船出
今年の最終記事は九州からの船旅です。 新門司出航は雨の中、気分を入れ替えようとレ … 続きを読む →


歓迎放水をおこなう消防艇「ゆうなぎ」

放水砲を自在に操り、あらゆる角度へ色水放水を行う「孔雀放水」を実施します。

救助艇「ゆめしま1号」も参加です。

10時30分きっかりに「大成丸」が大関門に現れました。

「大関門(だいかんもん) :明治38年大阪港建設時に天保山の西南西約3kmの沖合に築かれた防波堤の切れ目で、大阪港への入港航路となっており、通称「大関門」として市民に知られる。

北側に白灯台、南側に赤灯台が設置されている。

大成丸
・総トン数:3990トン
・全長:91.28メートル
・全幅:15.5メートル
・最大搭載人員:176名
・所属:独立行政法人海技教育機構

消防艇「ゆうなぎ」による歓迎の放水。

空からヘリも歓迎。

大成丸は世界的にも数少ない蒸気タービン推進の練習船。
ディーゼル船に比べ速くて振動が少ないタービン船は、かつては客船向きとされていました。

しかし燃費が悪く、航空機や新方式の高速船が普及した現在は軍艦やLNG船に残るのみ。

大成丸という名前の練習船は過去に2隻ありました。
 
初代大成丸は1904年就航の帆船でした。
長さ84.14m、幅13.33m、総トン数2423.68tの4檣バーク型で、現在横浜で保存されている初代日本丸に近い規模の船だったようです。

終戦直後の1945年10月に神戸港で触雷して沈没。
 
2代目大成丸は、日本郵船の貨客船小樽丸(1948年就航)を改造した船でした。
船体を10m延長する大改造が行われ、1954年に練習船大成丸として就航。1981年に引退。
 
この船の丸窓が2つ、現在の大成丸の船内に保存されています。

3代目大成丸は1981年就航。
航海訓練所の練習船では最年長。

フォクスルデッキ(船首部分のデッキ)が一段高く、ドッキングブリッジ(後部デッキ上の左右に長い構造物)があり、後部マストも煙突から独立しているなど、他の練習船と比較するとやや古い様式の外観。
 
排気音はゴーッ‥‥と言う感じの連続音で、ディーゼル船と異なる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

アメリカ村界隈


通りには道頓堀出身のイラストレーター黒田征太郎と、阿倍野出身のグラフィックデザイナー長友啓典が、1983年に制作した大きな壁画がお出迎え。

今、まさに羽ばたこうとしている翼を広げた鳥人と“地球に平和を(PEARTH ON EARTH)”という言葉が壁一面に描かれていて、アメリカ村の自由でアートな雰囲気とぴったり。

三角公園周辺は若者の人だかり、群衆の中に目ざとくカメラを見つけたやつがいるようだ。

アートなのか宣伝なのかよくわからない雑然とした中にアメリカ村オリジナルの人型の街路灯も見える。

近くのビルにはスパイダーマンも。

付近は江戸時代、大阪湾から道頓堀を遡って炭が集められたことから「炭屋町」と呼ばれていた。

1970年代になって倉庫を改装した店舗で古着やジーンズが売られ始め、アメリカ西海岸で仕入れた中古レコードや雑貨なども販売され話題になった。

「アメリカ村」という名前は百貨店で開かれた「アメリカ村夏の陣」というイベントから命名されたもの。

この名にふさわしく、この街に行けば、いつでもアメリカ西海岸の文化に接することができると言われていた。

1990年代中頃から来訪者の低年齢化、大音量の音楽による騒音、粗悪な商品を押し売りに近い形で売りつける悪質な店舗の増加、建物や公共物への落書きなど街の荒廃が問題になり始めた。

2000年前後から北隣の南船場、西隣の堀江、さらには阪急梅田駅東側の茶屋町などへ若者が流れてしまい、1998年に約7万人だった休日1日あたりの来訪者数は2005年には半減してしまった。

しかし2014年2月頃から再び落書き被害が急増するようになっており、中には地蔵を保護するための防犯用ボックスにまで落書きするケースもあったとされ、大阪府警は事態が深刻化しているとして、パトロールを強化するなどしている。

アメリカ村オリジナルの人型の街路にもこんなに監視カメラ、2006年から東京・歌舞伎町より面積が広い事もあり50台を上回る77台の監視カメラ(24時間稼動)が設置され、治安回復を目指している。

外は小雨のぱらつく寒い日でした。

傘を差したまま両手を使える「肩ブレラ」
今日は雨の日の撮影の強力助っ人 肩ブレラの紹介です。 折りたたみ傘の持ち手とつけ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!