神農さん


祭神は薬・医療・温泉・国土開発・醸造・交易の神であるが、少彦名神社では、薬の神として健康増進、交易の神として商売繁盛の神徳があるとされている。

神社の入口に金色の虎の像がある。

文政5(1822)年に、日本でコレラが大流行し、道修町薬種商は、疫病除薬として、「虎面殺鬼雄黄円」という丸薬を無料で施した。

このとき、張子の虎をつくり、丸薬とともに神殿で祈願し、張子の虎は、病除祈願のお守りとされている。

この五葉笹(神虎)には、表面に「祈願 家内安全 無病息災」と記された赤い紙札、「薬」の文字印が腹に押された「張子の虎」、少彦名大神御靈と記された布製の神札、花詞(はなことば)の札が付けられている。

医薬にゆかりのある祭神を祀っていることから、医薬業に携わる会社・関係者などの信仰を集めている。
また、病気平癒・健康祈願や医薬業関連の資格試験合格を願う参詣者も多い。

近年ではペットの病気平癒・健康祈願に参拝する人も多い。伊勢講から始まった神社でもあるため、伊勢神宮のお札を求める参拝者で正月は賑わう。


少名彦神社は谷崎潤一郎の『春琴抄』、菊田一夫の『がしんたれ』の舞台となったことで知られ、谷崎潤一郎の文学碑「春琴抄の碑」がある。

「春琴抄」は、谷崎が43歳のときの作品である。(昭和8年・1933年)

船場の商人の娘・春琴と奉公人・佐助。

気が強く、尊大な態度を佐助に振舞う容姿端麗の春琴、子どもができても、頑として否定する春琴・佐助。

ある日、熱湯をあびせられた春琴の部屋にゆく佐助。

自分の目を針で刺し、見えなくなった佐助は、春琴に『佐助、それはほんとか』と言われたとき、佐助は、『この世に生まれて、これほど生きていてよかった』ことはないと思えたのである。

「春琴抄」は 妻 松子夫人への愛を道修町の豪商の娘である盲目の琴三弦の天才 春琴 と使用人であり彼女の弟子であった佐助に託して創作した至高の愛の物語 である。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

北浜にレトロビルを訪ねる


北浜駅の近くにあり、壁一面に蔦の絡まった独特の雰囲気のビル。

蔦は甲子園から株分けされたという。

国登録有形文化財で、隣の伏見ビルとともに大正時代のビル。

館内には建設当時のステンドグラスやガラス窓が現存しており、階段の手すりのねじり細工、食堂(現在は珈琲店)のマントルピースや、葡萄模様の施された梁など、建物の各所に施主のこだわりがうかがえる。

薬問屋街の道修町に残る旧小西家住宅は、近代大阪の町家を集大成した和風建築(国の重要文化財)。

小西家は、初代儀助(ぎすけ)が安政3年(1856)、京都から大阪道修町に出て薬種業・小西儀助商店(現・コニシ株式会社)を創業したことに始まる商家。

現在の建物は明治36年(1903)から3年かけてつくられたもの。
主屋裏には奥庭を挟んで衣装蔵および二階蔵がある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

懐かしのガラス瓶コレクション

レトロな建築物が残る北浜一帯。
大正時代の古民家を利用した《日本精工硝子》のショップ&ギャラリーを訪ねた。

店の名は「CuteGlass Shop and Gallery」
大正時代に建てられたという木造家屋「宗田家住宅」を一部改装・復元し、同社が製造するガラス瓶やスキンケア化粧品の販売店と、ガラス瓶の歴史を展示するギャラリーを兼ねる施設が誕生した。

奥には蔵も見えています。
そして驚きが畳の下はなんと防空壕。

大阪市内で防空壕はめったに見れない。

防空壕の中に敷き詰められ光っているのはガラスの原料である「カレット」です。
きらきらと今は美しい防空壕となっています。溶かせばガラスになります。

ショップではお部屋のインテリアに、ハーバリウムに、化粧水入れに、調味料入れに、あらゆるタイプの素敵なガラス瓶が一つ100円から買えます。


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

2019御結鎮神事 住吉大社

御結鎮神事は御弓始めともいわれ神功皇后の故事(新羅遠征)にちなみ、邪気退散、天下泰平を祈願して行う奉射の神事で、一切の不浄を祓い、福を招くといわれている。
 
年の初めにあたり、農事に禍(わざわい)をもたらす悪霊を退散させることを目的として行われてきた。
奉射は大阪府弓道連盟有志により、執り行われる。

御結鎮神事の行われる神館。

普段は厳しく閉門され、けっして開放されることのない神館は、大正天皇の御即位大礼を記念して建立された玉座を有する歴史的建造物です。

中世貴族が愛した御殿造りと呼ばれる木造建築で、回廊からの石庭の眺めや樹齢一千年以上の大楠の風情など、ゲストを最上のおもてなしで迎えます。

今日は回廊からの撮影です。

江戸時代の<住吉名勝図絵>を紹介します。

石舞台を挟んで、池越えに 東に向かって射た様子が描かれています。

神事を終えた奉仕者の方々が入場。

奉行   幣   日記  

背景に巡らされている幕に御注意下さい。

この幕は鯨幕と呼ばれるもので黒白の斑(まだら)幕です。(ご葬儀で使われる物とは形式が異なります、裾の部分が違います、葬儀で使われるようになったのは昭和に入ってからだそうです。)

この鯨幕は各式の高い神社で最も重要な行事を行う時に用いられます。

御皇室では慶事の時に用いられるそうです。    

いよいよ始まりです。
奉行が「はじめそうらえ」射手が「かしこまってそうろう」とあいさつ。

審判をする人たち、的に当たると白い幣がサッと上がる。

射手は10名で男性は直垂(ひたたれ)、女性は狩衣(かりぎぬ)を来て、頭には立烏帽子、足は浅沓(あさぐつ)をはいて古式ゆかしい装束を身にまとい、古式の所作にもとづいて矢を射る。 

たとえば、弓を射るときにはめる革製の手袋(ゆがけ)は、生涯、ひとつだけで、替わりがないこと。

それが「かけがえのない」という言葉の由来となった。

そのまま弓を引くと袖に引っ掛かりますので「肌脱ぎ」といって左肩を服から出します。
女性の場合は袖をたすきでまとめます。

この弓矢神事の奉射は、的当てを競うものではありません。
    的を射た矢は 「天の邪気を祓い」、
    はずれた矢は 「地の邪気を祓う」と。。。
云われているそうです。

鳥の羽は反りの向きで表裏があり、これを半分に割いて使用し、一本の矢に使う羽は裏表を同じに揃えられるため、矢には二種類できる。

矢が前進したときに時計回りに回転するのが甲矢(はや、早矢・兄矢とも書く)であり、逆が乙矢(おとや、弟矢とも書く)である。
甲矢と乙矢あわせて一対で「一手(ひとて)」といい、射るときは甲矢から射る。

女性の場合は「肌脱ぎ」でなく袖をたすきでまとめます。

射たれた矢のスピードが200~250km/hとのことで飛んでいる時は殆ど見ることが出来ず、的を射て後ろの畳みに突き刺さった音で飛んできたことが分かるといった具合。

一の組が一巡すると、射た矢が回収され、持ち主に返されます。

競技が終わるとまず最初にゆがけを外します。

弓十番ということで、全部で十回されるのでしょうか。
昔は夜通し行い、馬などが景品として与えられたそうですが。

前回の神事の記事、動画もあり、わかりやすくなっています。
邪悪退散・天下泰平を祈願 住吉大社 御結鎮神事
「お弓神事」とも呼ばれている同大社の伝統行事。 弓のつるや、矢の風きりの音などで … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

2019住吉大社 湯立神事

湯立神事は釜で湯を煮えたぎらせ、その湯を用いて神事を執り行い、無病息災や五穀豊穣などを願ったり、その年の吉兆を占う神事の総称である。別名を「湯神楽(ゆかぐら)」とも言う。

儀式の1時間以上前からお湯の用意が始まる、用意された窯は四つ。

神主のお祓いからスタート。


まず塩をまく、神社によっては釜の中に入れるところもある。

続いて米を入れる。

最後に酒を注ぐ。

巫女は打掛を脱ぎ、神前への献湯のため木桶に汲み入れる。

いよいよ湯立神事の乱舞の始まり。

巫女が熱湯を撒きあげる度に、熱湯が冷気に晒され湯煙に変わり辺りが厳かな雰囲気になります。

ここでの神事は激しく湯を跳ね上げる。

いずれも撒かれた湯(その飛沫)を浴びると無病息災になるとされる。

また、神社によっては釜湯を飲むと無病息災になるとされているところもあり、ビンなどにつめて持ち帰ることのできるところもある(長野県天龍村池大神社など)。

乱舞が終わると神職が先ほど脱いだ白い打掛を持って現れ巫女にそっと掛ける。

今度は白い小袖(白衣)に緋袴を履いた通常の巫女装束で再びあらわれ、岩戸舞を奉納する。

胸をそらし激しくふる仕草はなにか古事記、日本書紀の記載をほうふつとさせる踊りた゛。
気のせいか乳首が見えているようにも感じる。

『古事記』では次のように記述されている。

「槽伏(うけふ)せて踏み轟こし、神懸かりして胸乳かきいで裳緒(もひも)を陰(ほと=女陰)に押し垂れき。」

つまり、 アメノウズメがうつぶせにした槽(うけ 特殊な桶)の上に乗り、背をそり胸乳をあらわにし、裳の紐を股に押したれて、女陰をあらわにして、低く腰を落して足を踏みとどろかし(『日本書紀』では千草を巻いた矛、『古事記』では笹葉を振り)、力強くエロティックな動作で踊って、八百万の神々を大笑いさせた。

笹の束での乱舞が終わった後は、神楽女が参拝者の頭の上で鈴を鳴らし、湯立神事は終了。

各地の神社の湯立神事。
それぞれ特徴があって面白い。

住吉大社 若宮八幡宮例祭 湯立神事
1月12日、住吉大社で若宮八幡宮例祭 湯立神事が行われた。 穀物の豊穣を祈るため … 続きを読む →

豪快!! 石清水八幡宮で湯立て神事
京都の裏鬼門(南西)を守護する神社の代表格として鬼門(北東)の延暦寺とともに重要 … 続きを読む →

巫女・ソネッタンの御湯立による清め祓いの神事
この記事は誤って消去した記事の再掲です。 春日若宮おん祭御湯立神事(みゆたてしん … 続きを読む →

城南宮で湯立神楽
京都の城南宮で1月20日湯立神楽が行わ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

海遊館イルミネーション

各地のイルミメーションはほぼ終了したが海遊館のイルミネーションは3/2まで

光の海のはじまりを彩るゲート

ゆったりと色が変わる穏やかで幻想的な演出にひと心地。

夢の空間へトリップしたかのような高揚感と、瞬きを忘れるほどの恍惚感。

神秘的なクラゲの世界を彷彿とさせる 幻想的なきらめきが、あなたの心に甘くあたたかな光を灯します。

冬の海遊館で過ごすひとときが、大切な記憶として刻まれますように。

ウィンドチャイムで七色に移り変わる美しさは必見。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

京都鉄道博物館


京都鉄道博物館エントランスホール

「京都鉄博」のある梅小路公園は、元々は日本貨物鉄道(JR貨物)の「梅小路駅」があった場所であり、また、かつては「梅小路蒸気機関車館」という蒸気機関車だけの博物館があった場所でもあります。

スロネフ25形501号車 「トワイライトエクスプレス」

1989(平成元)年に登場し、本年3月12日に引退した寝台特急「トワイライトエクスプレス」のA個室車両。

「スイート」1室と「ロイヤル」4室の客室を備え、特に「スイート」は眺望のための大きな窓があり、移動手段としてではなく乗車時間を楽しむ部屋として大変人気がありました。

キハ81系は1960年(昭和35年)に東北本線の特急「はつかり」として登場。

非電化区間のホープとして誕生し、翌年に誕生したキハ82系と共に国鉄特急のネットワークを構築し、旅客輸送の近代化に大きく貢献。

登場時の上野~青森間の「はつかり」での活躍後、電化などに追われて、「つばさ」「いなほ」「ひたち」と転属し、1972年(昭和47年)から紀勢本線の特急「くろしお」として活躍しましたが、1978年(昭和53年)9月新宮~和歌山間の電化完成により、その役目を381系へと譲り、引退となりました。

100系125型5003号

0系新幹線に代わり、1985年に東海道・山陽新幹線に登場した100系新幹線電車。

『ひかり』『こだま』として国鉄からJR西日本・JR東海に引 き継がれたが、300系・500系などJR世代の新幹線電車の台頭によって2003年に東海道新幹線から撤退。

500系521形1号車

JR西日本は、自社の路線である山陽新幹線の航空機に対する競争力強化の一環として、より一層の高速化を目指して「500系」を開発。

車体強度・台車強度・力行性能などすべて320km/h対応として設計・計画され、1996年1月から1998年12月にかけ、16両編成9本合計144両が製造された。

当初は山陽新幹線区間限定で「のぞみ」運用を中心として運転を開始し、その後東海道新幹線での営業運転を開始し、後続系列である700系の最高速度が285km/hと低く抑えられたこともあり、「のぞみ」の中でも特に速達性を重視した運用に長く充当された。

2代目京都駅貴賓室シャンデリア

このシャンデリアは昭和天皇の御大典に合わせて駅舎が改築された時に新調されたものですが、大正3年の駅舎新築当時からあって渡辺節さんのデザインによるものと、新たに錯覚してしまうほど。

扇形機関庫

国指定の重要文化財である扇形車庫と、蒸気機関車がダイナミックに回転しながら向きを変える転車台。
ここには、明治から昭和にかけて活躍した代表的な蒸気機関車を展示しています。

SLスチーム号で活躍しているC62形は日本を代表する蒸気機関車の1つで、C62形の中でも人気の高い2号機は、特急「つばめ」の牽引で活躍しました。

C62形2号機は除煙板に『つばめマーク』が付いていることから『スワローエンゼル』の愛称で呼ばれていました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪港の夕日に行く年への感謝と新年の訪れを祈る


数日前からここで最後の日の夕日を撮ろうと決めていたが天候の具合が気になって仕方がない。

昼前後は曇りがちでヤキモキさせられたが結果は御覧の通り。

マーメイドに後光が射している。

今年もいろいろなことがあったが無事1年を過ごせたことに感謝。

サンタマリアの後ろには残照が美しい。

クローズアップしてみる。
残照が闇を赤く照らす、くる年もいい年になりそうだ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

2018年も暮れようとしています

年も押し詰まった30日、梅田の空中庭園展望台を訪れた。

9月に関西を襲った台風21号の影響から、閉鎖していた梅田スカイビルの「空中庭園展望台」の屋上。約3カ月間の復旧工事を終えて再開した。

10月7日からは39・40階のみを再開するも、観光客からは「屋上に行きたかった」というメッセージも届いていたため修繕を急いで、12月20日に復活した。

伊丹空港へ着陸しようとしている航空機が見えています。

中国等からの観光客が大半のようだ。

あいにく低空には雲があり、きれいな夕日は望めそうにありません。

16時43分雲の中に没してしまいました。

画像をクリックしてみてください、拡大されます。
左手、ちょうど太陽の下あたりが南港フェリーターミナル。

右手の川は淀川、右端彼方に明石海峡大橋が見えています。

ズームアップして見ます、右手奥に明石海峡大橋が見えています。

空中庭園を後にする、その時点では入場の待ち行列が長く伸びていました、おそらく何時間かかかるでしょう。

街ゆく人は急ぎ足です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

民博 オセアニア

海がほとんどの面積を占めているオセアニアには、大小数万をこえる島々が点在しています。
そこには、発達した航海術をもち、根栽農耕を営む人びとが暮らし てきました。

オセアニアの中で一番目についたのが、シングルアウトリガー・カヌーでした。

アウトリガーとは腕木の事だそうです。

シングルアウトリガー・カヌーは、オセアニアの人びとが島に移住・定着してから、島間の人の移動や物の交換には欠かせない乗り物であった。

民博の収蔵品としては、固有名がついている点でも特殊だし、おそらくもっとも知名度が高いもののひとつではなかろうか。

このカヌーは、1975年の沖縄海洋博覧会の企画として、ミクロネシア・カロリン諸島のサタワル島から洋上を航海してきたものである。

6名の乗組員たちが昼夜をとおして操縦し、47日間かかって3000kmの距離を走破した。

カヌーの全長は8メートル、マストの高さは7メートル。
建物の天井よりもマストが高いので、展示場では船体が大きく傾いているが、結果として、帆に風を受けて荒波を乗り切る姿が再現されている。

カヌーの船首飾り
パプアニューギニア 19世紀後半制作

あかくみ

カヌーにたまった水を汲みだす道具。
木材を手斧(ちょうな)で彫り込み、船腹のかたちに合うように丸みを付け、水を逃さないよう工夫されている。
この形式のあかくみは、オセアニアのほぼ全域に分布する。


ラピタ人骨の復顔像  片山一道監修(2004年制作)

出土した前1800年ごろの頭骨をもとに、復顔されたラピタ文化人の胸像。
発掘者によってマナと名づけられたこの人物は、大柄で骨太の健康的な女性だった。

アモイ(復顔)  チリ ラパヌイ(イースター島)

アモイはラパヌイの人々が帰属する親族集団の祖先をあらわしたものとされる。
11世紀から16世紀ごろまでに作られた。

凝灰岩を使用しており、大きいものには10mに及ぶものもある。

オセアニアの割れ目太鼓。

顔みたいな彫刻がかわいらしい太鼓。

「パプアニューギニア」で、1974年に収集された「祖先霊の彫像」

女性や子供は立ち入ることができない男性集会所のなかに置かれる。

木彫「ビス」  インドネシア アスマット族

ニューギニア島南部に住むアスマットの人々は、尖塔などで多数の死者が出たときに儀礼をおこない、この木彫のビスを作った。
 
死者の像を重ねたビスは、敵への報復が成功するまで男性集会所の前に立てておかれた。

女神像 ハワイ

キリスト教が浸透する以前、ハワイ諸島の人々は様々な神をまつっていた。

アウマクアと呼ばれるこの女神像は祖先の霊をあらわしている。
個人や家族が家でまつっていた。

仮面 パプアニューギニア カプリマン族

仮面 パプアニューギニア パイニング族

木の枠にタパをぬいつけて、と鳥をあらわしている。

子供の誕生を祝う儀礼などの際に、仮面の下部に長い草の葉をのれん状につけ、中に人が入って踊る。

仮面 パプアニューギニア ラオ族

仮面 パプアニューギニア セビック川流域

葬儀長の衣装 フランス領ポリネシア ソサエティ諸島 ヒロ・オウ・ウェン地域

タヒチの首長階層の葬礼で喪主が身に着けていた衣装。
喪主は首長に最も近い親族や神官がつとめた。

前掛けや帽子などにはタパ、ケープにはタパと羽毛、胸飾りやマスクには真珠貝が使われている。

仮面 パプアニューギニア セビック川流域

クラは、ニューギニア島に近いトロブリアンド諸島でおこなわれてきた活動である。

島民たちは、隣島から「宝物」を受け取ると、しばらく手元においた後、反対側の隣島にこれを贈る。
受け取った相手は、同じようにして反対側の隣島にこれを贈与する。

「宝物」が一巡してもとの島に戻ってからも、同じことがくりかえされて、「宝物」は島々を循環し続ける。
こうした循環的な贈与の連鎖がクラである。

クラのときに贈られる「宝物」には、反時計回りに島々を循環する腕輪(ムワリ)と、

時計回りに循環する首飾り(ソウラヴァ)がある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!