旧柳生藩陣屋跡


陣屋は柳生一族の菩提寺である「芳徳寺」が完成した後、江戸時代前半の寛永19年(1642年)に柳生藩初代藩主の柳生宗矩によって建てられたものであり、広さは1374坪(4534平米)であったとされています。

なお、正式な陣屋の建物があった期間はそれほど長くはなく、約100年後の延享4年(1747年)の火災による全焼後は復興せず、仮建築のまま廃藩を迎えたという歴史を持っています。

現在は静かな風情が広がる「広場」になっている陣屋跡は、建物などは残されていないものの史跡公園として奈良市により整備され、屋敷の区画が石垣で再現されているほか、春にはソメイヨシノが300本ほど咲き誇る隠れた「桜の名所」としても知られており、柳生エリアの観光・ハイキングの途中に休憩に立ち寄るのにも適した空間となっています。

ここは宮本武蔵が柳生石舟斎を訪ねたところです。
立ち合いのときに、風の音、鳥の声が聞こえるか?と諭しています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

柳生八坂神社


元は春日大社の第四殿比亮大社を祀っていたが、柳生宗冬が大保町の八坂神社からスサノオの分霊を勧請して社殿を造営して、八坂神社と改めたという。


拝殿については同じく柳生エリアにある神社であり、本殿ではなく磐座をご神体とする天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)の能舞台として用いられていた建物を移築したという歴史も持っています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

のどかな「柳生の里」を見渡す摩利支天山


摩利支天山へ向かう途中で見かけた天狗の案山子、とても怖そうです。

摩利支天(まりしてん)山は、剣豪の里「柳生」エリアの中心部、「柳生八坂神社」や「陣屋跡」に近い場所にある小高い丘(山)です。

柳生の集落を望む眺めの良い空間には、隣接する柳生八坂神社も創建した柳生藩2代藩主の柳生三厳の子柳生宗冬が武道・武将の神様としても信仰を集めた「摩利支天」を祀ったとされており、かつては祠があったとされています。

現在は祠は残されていませんが、それにちなんで「摩利支天碑」と呼ばれる石碑もあり、摩利支天のレリーフが刻まれています。

丘から家老屋敷を望む。

芳徳寺など柳生の名所や街並みが一望できます。
丘には桜が植樹され、春には桜で彩られます。

柳生中学校の南に位置する摩利支天山は、校地の一部であり、かつては桜の名所であった。

雑木の茂るままに長年放置されてきたこの山を復活させるために、以下の取組みを行った。

① 柳生中学校の環境整備活動の一貫として、生徒・教職員・保護者が頂上付近を伐採。
② 伐採の専門家を含む地域ボランティアが急 峻な斜面を伐採。

今後は、山桜の苗を入手し、苗木の植樹にふさわしい時期を選んで、関係者全員の手によって植樹する予定。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

旧柳生藩家老屋敷


バス停から家老屋敷跡へ向かう、田植えの終わったばかりの田に塀が映り込みきれいです。

ちょうど田植えの真っ最中、緑がきれいです。

柳生藩の財政立て直しを行った、家老小山田主鈴(おやまだしゅれい)の旧屋敷。

豪壮な石垣がみごとで、天保12年(1841)尾張石工が築いたと刻まれています。

旧柳生藩家老屋敷の「長屋門」。

説明文には「正門の両側に長屋があり、中間部屋としていた。
明治になって茶づくり部屋に改造されていたが一部を残して両はしの部分が取りこわされた。」とありました

長屋門をくぐって建物を見ると、庭のあちこちに「米蔵」「納屋」「平門」「物置」などの看板が立っていて、その配置が分かるようになっている。

玄関  柵があって ここからは入れない、当時は、主人と殿様や来客者のみが使用した。

家紋「二階笠」。
こちらは、坂崎出羽守という武将からもらった家紋です。

十兵衛映画やドラマを見ていると笠を被った姿が印象的です。

笠の下には眼帯をした十兵衛登場!といったところかな♪

柳生家家紋も”二蓋笠”と呼ばれる二つ笠を記した模様となっております。

殿中衣

庭園:面積約250㎡、東面から北面に、矩折に展開している。

作庭にあたっては大阪の茶人木津宗詮の指導を受けたと伝え、前庭と合わせて大小24基の灯篭が配置されていたという。

手水鉢のあとの石組みのほか、各所に岩の景石が残されている。

カエデ・カシ・モチの巨木は樹齢およそ200年を数えるとみられる。

修復にあたってはできるだけ原型をとどめるよう意を用いた。(現地案内板より)

主鈴は岩代国(現在の福島県)の出身。江戸の柳生藩邸に仕え、文政9年(1826)に国家老として奈良に移り、商才を生かして柳生藩財政を立て直した。

昭和39年作家山岡荘八氏の所有となり、氏の小説「春の坂道」(NHKでドラマ化)の構想を練った屋敷として注目を集め、氏の亡き後は、その意志により、奈良市へ寄贈されました。

柳生焼は、柳生十兵衛の祖母、春桃御前が馬頭観音を焼いたのが始まりと言われる伝統の窯。

藩の性格上「お庭焼」の域だったが、明治に至り、長く中断していたこの窯を、井倉家先々代より再興と研究し、先代喜太郎の代に柳生焼と成した。」とある。

燕が巣を作っています。

 『兵法の かちをとりても 世のうみを わたりかねたる 石のふねかな』
 (意訳:剣術でいくら勝っても、世の中どうにもならんよね)

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

柳生の里散策


市内の中心部からバスで約50分、散策の出発点「柳生バス停」を目指す。

出発時はバスは満員、大半が途中の円成寺で降りる。

新緑の円成寺
奈良市街東方の柳生街道沿いに位置する古寺で、仏師・運慶のもっとも初期の作品である … 続きを読む →

柳生の里を何回かに分けて紹介します。

中央にある枯れた木が十兵衛杉。

墓地の最上部に在る巨大な杉で、真っ直ぐに天を衝き四方に雄大な枝を広げています。
昭和48年の夏、二度の落雷により枯れてしまいました。

 樹齢は350年ほど
 幹周りは目通り約4m

この杉は、柳生十兵衛三巖が三代将軍家光の内命を受け、柳生村を出立する時、先祖の墓所である中宮寺に、一本の杉の若木を植えたと伝えられます

柳の森は、柳生の地名の元になった場所で、大昔、ここに誰かが杖を立てておいたところ、やがてそれが柳の大木となりそこから柳生という地名になったという伝説の場所で、「柳の森」と呼ばれるようになりました。

「柳生」は大化の改新の頃には「楊生郷」という字が使われていましたが、南北朝時代に後醍醐天皇に味方して敗れ、建武の中興で復活して、以降、「楊生」から「柳生」に変わったと考えられています。

柳生の里は今田植えの真っ最中、まばゆいばかりの新緑です。

“柳生新陰流”で知られる剣豪・柳生の里は奈良市の東北部にあり自然豊かな里です。

柳生石舟齋宗厳(やぎゅうせきしゅうさいむねよし)が徳川家康に無刀取りを披露し、将軍家の兵法指南役として仕えた。

柳生陣屋跡近くにある花しょうぶ園は、1万m2の広大な土地に期間限定でしょうぶ園が開かれます。

約80万本460品種のしょうぶがあり、一面の緑の中に青や紫、白や黄のしょうぶやあじさいが咲き乱れ観光客の目を楽しませています。
開園/6月上旬~下旬

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新緑の円成寺


奈良市街東方の柳生街道沿いに位置する古寺で、仏師・運慶のもっとも初期の作品である国宝・大日如来像を所蔵する。

真言宗御室派の仏教寺院。
山号は忍辱山(にんにくせん)、本尊は阿弥陀如来。

伽藍の前面に広がる苑池を中心とした庭園はその形式から平安末期、12世紀頃の作と推定される。
この時期新緑が見事。

円成寺について、『和州忍辱山円成寺縁起』(以下『円成寺縁起』と略称)は、奈良時代の創建を伝え、別の縁起には延喜年間(901 – 923年)の創建を伝えるが、いずれも伝承の域を出ない。

『円成寺縁起』によれば、この寺は、鑑真とともに渡日した唐僧の虚滝(ころう)が天平勝宝8年(756年)に聖武天皇の勅願で創建したという。

『和州忍辱山円成寺略言志』も同様の創建縁起を伝えるが、虚滝なる僧については、他に確認できる史料がない。

一方、『忍辱山知恩院縁起』によれば、この寺は京都東山鹿ケ谷に円成寺を建立した益信という僧が、延喜年間に大和忍辱山を訪れ、この地に寺を建てて円成寺と号したという。

「苑池」から眺めた風景で、正面の建物は楼門。

本堂前から楼門(応仁2年(1468年)建)。

本堂 – 室町時代の建築だが、全体の意匠は寝殿造風。

入母屋造で妻入(屋根の形が三角形に見える方向を正面とする)とするのは仏堂建築には珍しい。

寺の説明には文正元年(1466年)建立とあるが、文化庁の資料では棟木銘から文明4年(1472年)建立としている。

現本尊である阿弥陀如来坐像は、技法・作風から11世紀後半〜12世紀初頭の作とみられ、『円成寺縁起』に登場する経源が本尊として安置した阿弥陀像がこれに当たる可能性もある。

柱には阿弥陀如来に随って来迎する二十五菩薩の像が描かれている。

現存する多宝塔は平成2年(1990年)の再建で、旧多宝塔は大正9年(1920年)、老朽化のため撤去された。

ちなみに、鎌倉市の長寿寺にある観音堂は、旧円成寺多宝塔の初層部分の材を用いて建てられたものである。

多宝塔には現在は大日如来坐像の新調されたレプリカが安置されており、金色に光り輝く姿をみられる。

春日堂(左)・白山堂(右)(国宝)

本堂の脇に建つ2棟の社殿で、2棟とも同規模・同形式。

安貞2年(1228年)の再建といわれる。
春日造社殿の現存最古の例として国宝に指定されている。

明治初期の神仏分離令による破壊をまぬがれるため、仏堂風に「堂」と称した。

新緑のきれいな境内、秋には美しい紅葉が見られる。

行きにくい場所にあることから隠れ寺の感がある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

今井の環濠集落


八木西口駅からガードをくぐり蘇我橋を渡ったところが今井町。
橋のたもとに残る大エノキ。樹齢400ン十年とか。

天文年間(1532~55)、本願寺の今井兵部によって建てられた称念寺が、今井町の起こりと言われています。
農民などを門徒化し、ここを拠点に一向宗の布教を進めるためでした。

[歴史ある伝説の地には井戸がつきものですが、江戸時代の景観が今も残る今井町入口にも井戸がありました。

飛鳥川の畔、蘇武橋を渡った所にある蘇武の井。

蘇武の井の解説パネル

『かつて、蘇武井からは良質の水がこんこんと湧き出てき、今井の里の千軒の家々がこの水を毎日汲んでも、またいかなる日照りが続いても、涸れることはなかったという。

庚申の右手に石碑が立ち、「今井ソンボの朝水汲みは桶がもるやら涙やら」と歌の一節が刻まれている。

今井蘇武の朝水汲みは、桶から漏れる水と自分の涙で、襦袢や片袖がみな濡れたという意味だそうな。
朝水汲みの厳しさが伝わってくるような歌である。

この付近は昔の高市郡遊部郷にあたる地域で、飛鳥川も遊部川といい、蘇武井のある付近は”遊部の岡”とか”あそふ岡”と呼ばれていた。蘇武または尊坊は、”あそぶ”がなまって、”アソブベ”の上・下音アとベを省略した語であるとする説がある。

文明15(1483)年に書かれた聖徳太子伝玉林抄という書物では、「太子斑鳩より蘇武蘇武の橋を渡り、八木の里を経て橘京へ通う」と書かれているそうで、また、聖徳太子が水を飲まれたとも、愛馬の黒駒に水を与えられた井戸とも伝えられている。』 

この頃、天下統一を狙っていた織田信長と一向宗は敵対しており、各地で一向一揆が起こっていました。

今井町も濠を深くし、厳重武装で反抗していましたが、本願寺の降伏に伴い、交流の深かった堺の豪商や明智光秀のとりなしで武装放棄しました。

その後は、商工業都市として発展。俗に、「今井千軒」「海の堺 陸の今井」と呼ばれるほどになっていきました。

また、経済的に豊かな町民は、茶道などの文化・文芸にも従事し、華道・能楽・和歌・俳諧などが好まれ、各地との交流も盛んになりました。

豊臣秀吉が、吉野詣での途中に今井の茶室で接待されたという記録もあります。

条里制の基幹線である中街道 (下ツ道)は八木町の札の辻、井戸の辻、醍醐辻を南北に走り、醍醐辻を西に延長していくと、今井町の本町筋に合致し、今井町を形成計画していく上での中心線となっていて、ほぼ長方形の区域の中に東西南北方向に方眼状に道路を配し、町並みや街路の形状は町造りの始められた頃の区画が今も残っている。

下ツ道を行く 東の平田家訪問記
江戸時代中期以降「八木の札の辻」界隈は、伊勢参りや大峯への参詣巡礼などで、特に賑 … 続きを読む →


細く入り組んだ道が縦横無尽に張り巡らされた集落だけに、防災に対する意識も高いのでしょう。

旧米谷家や音村家のある通り沿いに「中町筋生活広場」という防災拠点が設けられていました。

過去の今井町散策記録。

古い街並みが残る「今井町」散策
近世以前の町並みがこれだけまとまって残っている場所は日本では他に無いといわれ、重 … 続きを読む →

今井町 上田家住宅
上田家は、今西家、尾崎家と共に惣年寄を勤めた家で、江戸時代初期には酒造業も営んで … 続きを読む →

今井町 中橋家住宅
称念寺東方斜め筋向かいの御堂筋北側に面する中規模な民家。 切妻造、本瓦葺、平入り … 続きを読む →

9今井町 町家茶屋 古伊
今井町の本町筋(豊田家の北側)にある、『町屋茶屋 古伊』。 中心部にあってアクセ … 続きを読む →

都市住宅の始まりを伝える江戸初期の町家 豊田家住
伝統的な都市住宅の先駆けと評価される豪商の住まい。江戸初期に建てられた塗り屋造り … 続きを読む →

「八棟造り」と呼ばれる 今西家住宅
投稿日時: 2016年5月19日
戦国時代の構造様式を残す建造物で慶安3年(1650年)に7代目当主今西正盛によっ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

第1回近畿の駅百選選定駅 浜寺公園駅舎


「東京駅」や「中之島中央公会堂」など、数々の重要文化財を手掛けた辰野金吾の設計により、1907年に建てられた木造平屋建ての駅舎は、1998年に国の登録有形文化財に登録されている。
第1回近畿の駅百選選定駅。

駅舎は1907年(明治40年)に現在の駅名に改められた時から現存するもので、私鉄最古のものとされている。

テレビ番組等でもしばしば紹介され、近代建築の代表作の一つとして知られる。

なお、近江鉄道日野駅、桜川駅の駅舎は同鉄道の資料によれば当駅より古い1900年(明治33年)開業以来のものとされている。

曳き家に先駆けて実施した構造補強の調査を行ったところ、従来は構造材の柱・梁・斜材などを露出させ構造材以外をモルタルで仕上げた「ハーフティンバー様式」と考えられていたが、旧駅舎の斜材などは構造材でなく装飾材であり同様式でもないことが判明した。

鉄道唱歌第5集(関西・参宮・南海篇)(1900年(明治33年)作詞)59番の歌詞にて、当駅が登場する。

かけじや袖とよみおきし その名高師が浜の波 よする浜寺あとに見て ゆけば湊は早前に

鉄骨で補強された姿が痛々しい。

建物を解体せずに移動させる「曳家(ひきや)」が実施され、元の場所から30メートルほど西側前方に移動した。

2018年(平成30年)4月15日 – 旧駅舎がギャラリー、カフェ・ライブラリー、イベントホールなどの営業を開始し、地域交流拠点として試験活用される。

木造平屋建ての南北2つの棟の間に通路がある。
南棟はかつて特等客の待合室として使われた。

高い天井、広い窓、シャンデリアが格調の高さを示し、壁際には小さな暖炉が今も残る。

日本最古の公立公園・浜寺公園の真ん前にある阪堺線の単式1面1線の終着駅。

公園前の開放的な空間にたたずむ1面ホームとレトロ感のある駅舎は、地方のローカル線の終着駅的な雰囲気を醸し出している。

浜寺駅前駅は、南海浜寺公園駅開業から遅れること15年の1912年(明治45年)に開業。

ともに1世紀以上の歴史を有する駅だ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大野寺 弥勒磨崖仏


大野寺は、奈良県宇陀市室生大野にある真言宗室生寺派の寺院。

山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝える。
室生寺の西の大門に位置する。

宇陀川岸の自然岩に刻まれた彌勒磨崖仏があることで知られ、枝垂桜の名所としても知られる。

桜の時期に訪れた時の記録

大野寺 磨崖仏と小糸枝垂桜
大野寺(おおのでら、おおのじ)、山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝え … 続きを読む →

境内の桜は台風の爪痕か幹となる枝が切り落とされ寂しい枝ぶりでした。

宇陀川をはさんだ対岸にある弥勒磨崖仏は、「石仏縁起」(万治2年・1659年)や「興福寺別当次第」によれば、興福寺の僧・雅縁の発願により、承元元年(1207年)から制作が開始され、同3年に後鳥羽上皇臨席のもと開眼供養が行われたもの。

像の向かって左手の岩壁下方には円形の区画内に種子曼荼羅(尊勝曼荼羅)を刻む。

石仏は岩盤からの地下水の滲出等で剥落の危険があったため、1993年から1999年にかけて保存修理工事を実施。

岩表面の苔類の除去や地下水の流路を変える工事などが行われた。
史跡指定名称は「大野寺石仏」。

大野寺は宇陀川沿いの景勝の地にあり、近鉄室生口大野駅方面から室生寺へ向かう際の入口に位置する。

伝承では白鳳9年(681年)、役小角(役行者)によって草創され、天長元年(824年)に空海(弘法大師)が堂を建立して「慈尊院弥勒寺」と称したという。

役小角は修験道の開祖とされる伝説的要素の多い人物であり、空海が堂を建立との話も創建を宗祖に仮託した伝承とされており、創建の正確な経緯は不明である。

寺の境内からの眺望。

この時期オオデマリが今を盛りと咲いていました。

境内にある説明板

『史跡 大野寺おおのじ石仏

この石仏は、鎌倉時代の初期、承元三年(1209)三月六日、後鳥羽上皇が石仏開眼供養のため、御幸されたことによって、その造像年代をうかがい知ることができるものであり、笠置寺かさぎでら本尊弥勒菩薩磨崖仏を模したものとされている。

石仏は大野寺(おおのじ)の東、宇陀川を前に西面して峙立する流紋岩質溶結凝灰岩の大岩壁に二重円相光背を彫り凹め、その面に薬砥彫影線で現わされている。

羅髪は鯖状に、眉目は全部彫り下げ、口は輪郭を刻む。

首は三道を現し、総身袈裟を纏い、右手垂下して、施無畏印、左手屈腎掌上外にして、第一、第二指を念じ、斜め右を向いて割蓮筆座上に立つ総長約11.5mの巨像である。

開眼供養の際、後鳥羽上皇や公家たちの筆になる願文類を石仏体内に納めたと記録されているが、これを裏付けるかのように、大正五年の調査で小巻子を検出したが朽ちていたため開くことができず再び胎内に戻されている。

このように造像年代が知られ、巨大であるばかりでなく、政策も秀れているということから、対岸の大野寺境内地などを含めて、昭和九年(1934)十一月十日史跡に指定された。

向かって左手の河岸にも石仏の線刻画が見られる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

奈良公園バスターミナル


「奈良公園バスターミナル」が4/13(土)に開業、早速訪れてみた。

団体観光や修学旅行のバスの乗降専用に利用するターミナルで、深刻化している周辺道路の交通渋滞の緩和につなげる。

乗客の降車後の観光バスは指定の場所に駐車する。

現在、乗降・駐車場となっている大仏殿前駐車場は、障害者や高齢者などが乗車する観光バス以外は利用できなくなる。

屋上は解放され、若草山も目の前。

大仏殿も目の前。

奈良公園バスターミナルは乗降用のスペースが12台分、予備に4台分の計16台分。

乗客を降ろした後の駐車は、ターミナルから車で30~40分ほどの大和郡山市に設置する上三橋駐車場を利用する。

短時間の駐車の場合は、現在も駐車に利用されている県庁南側の高畑駐車場に振り分ける。

観光情報の入手、歴史や文化の学習に役立つ情報広場や展示スペース、300席のホールも備える。

飲食店や土産店、着物レンタル店なども併設。東棟の屋上スペースも開放し、若草山などを一望できるビュースポットとする。

2階に、「スターバックス コーヒー 奈良公園バスターミナル店」が同時オープン。

近鉄奈良駅から東大寺や春日大社などへ向かう途中にあり、観光での行き、帰りとも非常に便利な立地。

しかも、店舗の内外に奈良の伝統や文化などが感じられるデザインが随所に施され、テイクアウトはもちろんイートインでの利用でもとても居心地よい空間となっています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!