アジュール舞子の夕日

「アジュール舞子」という愛称は、一般公募によってつけられました。

フランス語でアジュール(azur)は「青」。

舞子海岸が南フランスのコートダジュールのような美しい砂浜に復元され、憩いとふれあいの海辺となるよう、期待を込めて名付けられました。

かつて「舞子の浜」と呼ばれた、白砂青松の景勝地を復元した海浜公園。

明石海峡大橋や淡路島を望む公園で、海釣りやバーベキュー、ウォーキングを楽しめます。

また夏には海水浴場となり、神戸市内にありながら水質の良い海で遊泳することができます。

明治天皇は舞子をこよなく愛され、1885年以来7回も行幸された。

当時は立派な料理旅館などが並んでおり、ひときわ立派な「亀屋旅館」(廃館)がよく御在所になったという。

松林の中に歌碑があり3首 刻まれている。

はりまがた 舞子の浜の はま松の
かけに遊びし 春をしぞ思う

はりまがた 舞子の浜に 旅寝して
見し夜こひしき 月の影かな

あしたつの 舞子の浜の 松原は
千代をやしなう  処なりけり

明石海峡大橋は、兵庫県神戸市と淡路島の間の明石海峡に架かる、橋長3,911m、中央支間長1,991mの世界最大の吊橋です。

雄大な橋に向かって沈む夕日は素晴らしいものです。

海の色が素敵だと思いませんか?太陽の光を反射して、きらきら輝いています。

アジュール舞子は針の形のビューポイントが目印!

この「ピンホール(針穴)」の目印は、西宮市の建築家、岩橋翼さんがデザインしました。

高さは約170センチ、針穴の部分から景色をのぞいて楽しむこともできます。

江戸時代、「東海道五拾三次」を描いた安藤広重(1797~1858)は、「播磨舞子の浜」(口絵)で舞子浜の美しい海岸風景を描いています。

また、志賀直哉(1883~1971)は「暗夜行路」のなかで、「塩屋、舞子の海岸は美しかった。

夕ばえを映した夕なぎの海に・・」と舞子浜の様子を描いています。

大阪湾と瀬戸内海を繋ぐ明石海峡は、海峡の幅が約4km、最大水深は約110m、海峡を流れる潮流の速さは最大で毎秒4.5m(約9ノット)に達します。

肉眼で泳ぐ魚も確認することができる、アジュール舞子の海は、水質調査が開始された平成17年から13年連続で最高ランクの透明度である「全透(1m以上)」と判定されています。


そろそろブルーモーメントの始まりです。

沖をシティライントラベル 1便の船が新門司へ向かっています。

幾度もこの海峡は船で通過しました船旅をご覧ください

孫文記念んがシルエットで浮かびます。

すっかり陽も落ちました、そろそろ家路へ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

頑張れ大阪


深里橋(四ツ橋筋)から日本橋(堺筋)まで夜の街を歩いてみた。

新型コロナウイルス感染の終息!!
 
我がまち・ミナミ、大阪の回復を願って…。

いっとこミナミ実行委員会

道頓堀川万灯祭2020が行われている。
人出はそこそこ感じられる。

ただこういうキャッチガールは必要悪だ。
これも自然淘汰を待つしかないのかな、知恵比べだ。

深里橋(四ツ橋筋)から日本橋(堺筋)の約800メートルの区間の川沿いを約1300灯のちょうちんで飾ります。

献灯は地元の商店街や関係者が中心ですが、今年は1000灯を越える申し込みのうち、100灯が一般の方からの申し込みだったそうです。

大阪)負けへんで、やったるで 道頓堀ポスター第2弾

道頓堀も人出はそこそこある。

しかし、店の中をのぞくと客はまばら。

「がんばれミナミ がんばれ大阪!!」と記された広告は4月15日から掲げられている。

づぼらや閉店のニュースは新しいところ。
ナニワの看板御三家と言われるのが「くいだおれ太郎」「かに道楽の動くカニ」「づぼらやのちょうちんフグ」。

これも世の中の流れか。

先日、松井市長と吉村知事が出席してづぼらやの前で盛り上げのニュースが流されていた。

吉村知事もコロナ過でいまや時の人。

法善寺横丁は人もまばら、店の中もガラガラ。

これからゆっくりと回復していくのか。

水かけ不動にお参りする人も真剣。

裏通りに入ると人通りはぐっと少なくなる。
まだまだ様子見のタイミングか。

つぼらや別館は当然閉まっている。
この辺りは人通りはきわめて少ない。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ナイトズー 天王寺動物園


いつもの動物園も、夜になるとまた違う表情をみせてくれます。
現在、天王寺動物園では春、夏、秋と期間限定でナイトズー(夜の動物園)を開催しています。

みどころはサファリゾーン アフリカサバンナ。

ハルカスを背景にキリン、ライオンなどのいるサバンナのゾーンは一番の人気スポット。

特にネコ科の生き物は昼間とは全然違う姿を見せてくれます。

メスのライオン二匹が並んでのんびり。でも昼はだいたい寝てるけど夜だから起きてる。

キリンは2頭います、こういうイベントをやると飼育係のおじさんたちは大変だね。

昼間はなかなか姿を見せないカバも夜になると姿を現します。

サイも昼間はあまり行動的でないのだが夜はよく動きます。

ムフロンは家畜として世界中で広く利用されているヒツジの原種のひとつとして考えられているが、体高は70~80cm程度で、野性のヒツジの中ではもっとも体が小さい。

これは、北アメリカに分布しているオオツノヒツジに比べるとふた周りほども小さい。

また、家畜としてのヒツジは、紀元前6000年頃にムフロンなどを原種として改良されたものだと考えられているが、現在のムフロンの野生種の分布域はコーカサス地方やイラク北部 、イラン北西部などとされている。

かつてはクリミア半島やバルカン半島などにも分布していたとされているが、これらのものは3000年前には消えてしまったと考えられている。

ジャガーも夜は行動的。

ピューマも動き回るのでなかなかうまくとらえられない、この画像も被写体ブレ。

トラも動き回ってなかなかピントの合った画像が撮れない。

あー、楽しかった。

夜の7時を過ぎていますがまだまだ入館者は続いています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

海遊館イルミネーション

各地のイルミメーションはほぼ終了したが海遊館のイルミネーションは3/2まで

光の海のはじまりを彩るゲート

ゆったりと色が変わる穏やかで幻想的な演出にひと心地。

夢の空間へトリップしたかのような高揚感と、瞬きを忘れるほどの恍惚感。

神秘的なクラゲの世界を彷彿とさせる 幻想的なきらめきが、あなたの心に甘くあたたかな光を灯します。

冬の海遊館で過ごすひとときが、大切な記憶として刻まれますように。

ウィンドチャイムで七色に移り変わる美しさは必見。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

夜景 松虫界隈


日中は殺人的猛暑、以前から気になっていた阪堺電車とアベノハルカスの夜間撮影。
松虫の電停あたりが最適ポジションだろう。

夜の撮影は光源の確保が難しく大変。

最後に阿倍野に移る、ここまで来ると画角の確保が問題になるが広角でやっと収まった感じ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日本一の絶景夜景ポイント 東大阪JC


東大阪市役所は、24階建て、高さ115.8メートルの建物。

東大阪市荒本にあり、22階には大阪の街を一望できる展望ロビーが設けられています。

現在18寺15分、トワイライトタイムまで約1時間あります。

東大阪ジャンクションでは、阪神高速東大阪線と近畿自動車道が交叉しています。

前方が大阪市内、後方が奈良方面、左が近畿自動車道大東鶴見IC方向、右が八尾IC-4b4 >、

展望ロビー内部、22階展望ロビーからの撮影は原則禁止となっておりますが、南側、東大阪JCT方面のみの撮影はできます。

ただ、JCTの撮影ポイントは前方の狭い窓の範囲、人二人が限度。
今日は奈良から来たという青年と二人。

19寺40分、トワイライトタイム真っ最中。

映り込みが激しく、奈良の青年にブラインド用の布を借りる始末でお粗末。

絞りF13、シャッタースピード25秒。
走行中の車のライトの光跡を楽しんでいます。

日本でも、こんなにJCが綺麗に見える場所はここしか有りません。

JCTマニア垂涎の夜景ポイントです。

撮影ポイントが狭いので、行くならば平日がお薦め、誰も居なくて貸切ってのよく有るそうです。

WBを色々と変えたり、結構楽しめる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

なら瑠璃絵 東大寺 夜間特別拝観


南大門(国宝)
平安時代の応和2年(962年)8月に台風で倒壊後、鎌倉時代の正治元年(1199年)に復興されたもの。

上層の正面中央には「大華厳寺」と書かれた扁額が掲げられている。

これは古い記録にそのような扁額があったと書かれていたことに基づき、2006年10月10日に行われた「重源上人八百年御遠忌法要」に合わせて新調されたもの。

木造金剛力士像(国宝)もライトアップされている。

闇に浮かぶ中門(重要文化財)と金堂(大仏殿)(国宝)。

観相窓を開扉されライトアップされた金堂。

ズームアップ。

なら瑠璃絵でじっつされている夜参り提灯の皆さん。

金剛力士像の右足、力強さを感じる。

金剛力士像の左足。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

なら瑠璃会2018


~しあわせ回廊~なら瑠璃絵は、早春の2月に奈良を代表する三社寺(春日大社、東大寺、興福寺)を幻想的な「光の回廊」でつなぎ、美しく神秘的な瑠璃絵の世界を演出します。

ここ奈良春日野国際フォーラム甍では庭園イルミネーションが幻想的で神秘な空間を体感できます。

凛と冷えきった冬の空気に、染みわたるような青い光が輝く。

いつまでも瑠璃色の星が美しく輝くようにとの願いが込められています。。

画像は無料ゾーンから撮影したものですが、有料でイルミネーションの中を歩くこともできます。

きれいさに寒さを忘れていたが、奈良の冬は冷え込みます、そそくさと次の会場へ向かう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

あべの 夜景


夕日を受けるハルカス。

各地で大阪光の饗宴が展開されており、ここてんしばでもWelcoming冬のイルミネーションが始まっている。

各店も無明かりが華やか。

天王寺動物園100周年で導入された動物たちの光のシルエットが路面を照らす。

キューズモールスカイコートからハルカス。

ガーデンエリアは食事を楽しむ人たちで賑わっている。

Q’small 2F

街はクリスモスムード一色。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪ガーデンシティのクリスマス


梅田では大々的にイルミネーションが催されているが、ここガーデンシティでは控えめ。

西端の「坂のギャラリー」には壁面にアート作品を配置。

ラッシュ時以外は人の流れはまばら。

オオサカガーデンシティの西端から梅田ターミナル地区の地下街に接続する延長600メートル、最大幅員19メートルのプロムナード「ガーデンアベニュー」

一日中ごった返しているJR近辺とは雲泥の差。

きれいな壁画を楽しみながらの散策が楽しい。

ショップも比較的暇。

ハービス前のクリスマスの飾り。

階段の下に回り込むと床に瓶を敷き詰めたフロア。

2階のフロアも静か。

ヒルトンプラザのクリスマスツリー。

天井からの飾り付けがユニーク。

地価の壁面の影。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!