なにわの灯り 御堂筋  2016


ウィークエンドだか人通りは少なく静かだ。

美女とライトアップ。

以前もこのアングル、撮ったような気がする。

三脚の使用、危険だからと注意される、だんだんやりにくくなるなあ。

ならばブラシで表現だ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

なにわの灯り 中之島公園  2016


お馴染み大阪市庁舎。

淀屋橋より西を望む。

中之島イルミネーションストリート。

大阪市中央公会堂・プロジェクションマッピング。

中之島スマイルアートプロジェクト ひかりの実。

行き交う観光船の航跡も美しい。

多くの人が船から中の島のライトアップを楽しむ。

中之島ガーデンブリッジ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

なにわの灯り なんばウォーク 2016


紅葉に、ハロウィンにと浮かれているうちに世の中早、クリスマスへ。

華やかなクリスマスツリーをしり目に家路を急ぐ。

なんばウォークも静かに昏る。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

嵐山花灯路2016


「長神の杜」として、憩いの公園になっている。

「長神」(ちょうじん)は、このあたりの古い地名だそうだ。

嵐山花灯路でおなじみの「創作行灯デザインコンペ」第1回最優秀作品の「落花灯」

落花灯に照らし出される長神の杜、杉林、すすきがきれい、空はちょうどトワイライトブルー。

落柿舎前。

落柿舎を正面から、今年も柿がたわわに実っている。

木にいたのは、人形工房&カフェテラス アイトワさんの個性的なお人形さん。

小倉池のライトアップ。

御髪神社前。

お馴染みの竹の小径、繁華街並みのラッシュだ。

カラフルな演出。

嵐山公園よりの眺め。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

京の七夕2016

今年も京の七夕の催しが行われています、堀川御池から堀川今出川まで散策。

提灯(ちょうちん)ゲートをくぐると願いの広場、それぞれ「願い」を書いた「絵はがき短冊」をつるす。

遊歩道には京都に縁の著名人や話題性のある方々からのメッセージを掲載した大型の「メッセージ行灯」が並ぶ。

香りのトンネルのサービスも、二条橋では「出会い」を、竹屋町橋では「恋」をイメージした香りでおもてなし。

七夕の夜空に浮かび上がる満天の天の川を、竹を使用したアーチとLEDで再現。

ブルーのLEDで更に美しく輝く。

遊歩道の両サイドに七夕飾りを配置、ライトアップにより幻想的に演出します

光の友禅流し(竹屋町通〜丸太町通)
豊富できれいな水によって育まれてきた京都の文化。

幾重にも色を重ねて織り成される京友禅。

織姫と彦星の七夕伝説になぞらえて、「恋に華やぐ気持ち」を色とりどりの牡丹の花に、揺れる恋心を舞い遊ぶ蝶にそれぞれ託して、光とともに川面に流す。

レースのように輝く光ファイバーボールが光のしずくとなり、まるで天の川からこぼれ落ちた星のように堀川を彩る。

フルートの音色が爽やかに流れる。

堀川かがり火のみち

ろうそくの灯がそっと揺れる。

戻り橋の下では妖怪の行燈も登場。

なつかしのチンチン電車、かつて押小路通から二条通までを走っていた市電。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ポルトヨーロッパの夕日


ヨーロッパ南部の港街をイメージしたテーマパーク、ポルトヨーロッパで夕日を楽しむ。

ビルのガラスに反射する夕日。

青空と夕日のコラボが美しい。

フランス、イタリア、スペインの街並みを本格的に再現した。
海に囲まれたとってもロマンチックなテーマパーク。

マリーナを紅く染めて陽が沈む。

夕日が沈むがまだ空の青は残る。

花火を見るため川のほとりに移動、ヨーロッパの街並みがシルエットになる。

楽しいイベントや、大興奮のアトラクションもギュッと詰まっています。
日が暮れても遊園地のにぎわいは続く。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

和歌山マリーナシティへのアクセス、行き方歩き方

和歌山マリーナシティ公式サイト

和歌山県和歌山市毛見1527
0570-064-358 (和歌山マリーナシティインフォメーション)

JR海南駅からマリーナシティ行バスに乗り15分 マリーナシティ下車すぐ、JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅からマリーナシティ行バスに乗り30分 マリーナシティ下車すぐ、阪和道海南ICから国道42号経由で車で10分

スターライトイリュージョン2016


連夜の花火観賞です。

すっかり和歌山マリーナシティの名物となった、夏恒例の音楽と花火のコラボレーションイベント。

花火デザイナーがオリジナルで制作したプログラムを、最新の打上げ技術を駆使し、 息を飲む大迫力の音と光のスペシャル花火ショーを。

和歌山マリーナの一文字から打ち上げられる花火をイルカが泳ぐ川の手前から狙います。。

目の前は急流すべり「ハイダイブ」

たった10分間のショーです、テクニックを駆使する余裕はありません。
花火の新しい撮り方が必要です。

「ポルトヨーロッパ」は、3月19日より入園無料だよ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

和歌山マリーナシティへのアクセス、行き方歩き方

和歌山マリーナシティ公式サイト

和歌山県和歌山市毛見1527
0570-064-358 (和歌山マリーナシティインフォメーション)

JR海南駅からマリーナシティ行バスに乗り15分 マリーナシティ下車すぐ、JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅からマリーナシティ行バスに乗り30分 マリーナシティ下車すぐ、阪和道海南ICから国道42号経由で車で10分

なにわ淀川花火大会2016

今年も友人の尽力と新大阪ワシントンホテルプラザ の協力で涼しい部屋からの観覧です。

夕方に一雨あり一時嫌な雰囲気が漂ったがその後持ち直し無事開催です。

19時38分、定刻より少し遅れてスタート。
なんと、無風状態で上空に煙が充満、折角の花火も台無しです。

無風状態は約30分続きやきもきさせます。

その後風も出て、いい塩梅です。

このような形態での花火観覧は2013年より続いていますが、2014年は思わぬ豪雨に見舞われ花火機材が流されてしまうというハプニングもあり中止される。

昨年の花火大会の様子です。
なにわ淀川花火大会2015

なにわ淀川花火大会の運営委員会はボランティアによって構成されていて、地元十三の人 … 続きを読む →

●十三会場側 最寄駅
JR東西線 御幣島駅
阪神電鉄 姫島駅
阪急電鉄 南方駅・十三駅
JR 塚本駅
地下鉄 西中島南方駅

●梅田会場側 最寄駅
阪急電鉄 梅田駅
地下鉄千日前線 野田阪神駅
阪神電鉄 野田駅
JR 大阪駅
地下鉄 梅田駅
JR東西線 海老江駅

打上玉数は未公開ですが約20,000発ともいわれています。

作品作りもします、ISO感度2000ケルビン、ブルーの世界がきれいです。

露光間アウトフォーカス回転。

ズームを少し加減して見る、楽しい作品作りです。

今日は新大阪ワシントンホテルプラザ からの観覧です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

なにわ淀川花火大会へのアクセス、行き方歩き方

阪急十三駅→徒歩15分(十三会場側)
JR塚本駅→徒歩15分(十三会場側)
JR大阪駅→徒歩25分(梅田会場側)

涼しい天国 1,000万ドルの夜景を望む六甲天覧台

昭和天皇の行幸でも有名な展望台。大阪平野や和歌山方面を中心にした光の粒が、圧倒的なスケール感で迫ってきます。

入道雲が真夏を象徴、でもここの気温は都心より約5℃くらい低い。

空を紅く染めて夕日が落ちます、いよいよ夜景の本番。

見晴らしの塔も夕闇に沈む。

見晴らしの塔はヨーロッパの古い建物をイメージして作られた。階段をくるくると登り、11mの塔の一番上へ。

まわりに遮るものがないので、一段とパノラマの景色が広がります。六甲山上で一番ワイドな景色は、一見の価値あり。

眼下に1,000万ドルの夜景が広がる。

色とりどりの宝石をちりばめたような輝きに心を奪われる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

六甲天覧台へのアクセス、行き方歩き方

神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1-32
TEL078-861-5288

JR「六甲道駅」、阪急「六甲駅」、阪神「御影駅」からの行き方

1.上記の各駅で神戸市バス16系統「六甲ケーブル下行き」に乗り換え、「六甲ケーブル下駅(終点)」下車(約20分)
2.六甲ケーブルに乗り換え、「六甲ケーブル下駅」から「六甲山上駅」へ(約10分)
3.六甲ケーブル「六甲山上駅」で下車すぐ

夏は別天地 六甲枝垂れ

海抜約900m。1957年開業の十国展望台が2002年に老朽化したために閉鎖になった跡地に、経営する阪神電鉄系の「阪神総合レジャー」により建設された。

枝垂れをイメージし、末広がりの円筒状のヒノキの板張り建築(幹、高さ約10m)を六角形を基本としたヒノキの枠(枝・葉)により構成される葉脈状の網目のドームが覆い尽くす独自の形状で、ほとんど電力を使わず、太陽光、風力などの自然エネルギーを活用されている。

檜のフレームを内側から見あげる。

ヒノキの枠には冬季に樹氷が張り付くよう考慮され、枠の内部から空を見上げると木洩れ日に包まれるような感覚をもたらすように意図されている。

内部の氷室には冬季に氷が蓄えられ、夏季には空調を利用せずして吹き抜ける風により涼しさを体感できるよう工夫されている。

これにより市内に比しマイナス10℃と猛暑にはたまらない魅力となっている。

建物中心部(樹の幹)から見上げる。

氷棚ではカエルが釣りをしています。

夕闇が迫ってきます。

夕焼けに包まれる六甲枝垂れ。

見事な夕日です。

暮れゆく六甲枝垂れ。

夜には、建物全体を覆う枝葉をイメージした檜のフレームに、1000万色以上の色彩表現が可能なLEDを照射する光の演出を実施しており、1000万ドルの夜景とももに、幻想的な光景が楽しめます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

六甲枝垂れへのアクセス、行き方歩き方
神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
078-894-2281

六甲ケーブル山上駅から六甲山上バスで約7分~11分