尼崎寺町散策 善通寺


永禄年間(1558-69)覚阿上人の開基と伝えています。

時宗の四条派金蓮寺の末寺ですが、尼崎は一遍上人遊行の地として深い関わりがあり、近在の時宗寺院の筆頭の位置を占めていました。

寺内には秦武文の碑が建てられ、境内八角堂には首無し地蔵がまつられて信仰を集めています。

当寺は、時宗四条派大本山金蓮寺末三大寺の一寺としてたびたび法主を出した由緒ある寺院。

本堂は宝永3年(1706)の大修理を受けていますが、移築当時の様式をそのまま伝えているようです。

寺内には秦武文(はたのたけふみ、右衛門府の下官)の碑が建てられています。

「後醍醐天皇」の皇子、「尊良親王」は土佐国(とさこく:高知県)の幡多(はた)郡へ配流されたとき、秦武文がお供をしました。

妃を土佐に迎える途中尼崎で海賊のために奪われ、ついに自決した南朝方の忠臣悲話(太平記、「金ヶ崎恋物語」)が伝えられています。(尼崎市教育委員会)

この時期アジサイが見頃です。

【首無地蔵尊由来】
 
今を去る三百年前、善通寺境内に霊験あらたかな地蔵尊がお祭りされていましたがいつの頃にか心無い者が、お首から上をとって庄下川に捨てゝしまいましたので、それから以後、人々は首無地蔵尊と呼び参詣者の絶えることがありませんでした。
 
或る時、此の地に住む一漁師が沖で網打ちをしていたところ、地蔵尊の御首が網にかかりましたので、日頃信心深い漁師はその御首を我家に持ち帰り、朝夕お祭りをしていたところ、或夜、夢枕に相形あらたかな地蔵菩薩が「我は善通寺の地蔵なり、我をば元の座に据え置けば我首は無きものとして首から上の病を治すなり」と一度ならず二度迄も御告げがあり漁師は早速時の住職、学解上人に此の事を申し出て御首を元の座に戻しますと不思議な事に、御首胴が一致したので、上人は此の尊像が尋常でない事を知り広く世の人々の篤志を仰いで地蔵堂を建立して、御尊体を奉祉されたもので、今に至る迄、病気入学老人ボケ等、諸々の願掛けにお詣りする人々は絶えませんでしたが、昭和20年6月1日戦災によって御堂を消失致しましたが御首から上はご無事で残られました。

古くは、海に流されたり余程御首から上に御正念の有る地蔵大菩薩と思われます。
 
昭和37年7月に、現在の檀家、信者の多数の方々の御協力を得て、現在の八角堂が新しく建立されて、お堂内には、其御首が厚く御まつりされて今日に至っております。(資料:善通寺)

【首無地蔵尊御詠歌】
一番
 ひきよせて むすぶ
 心は 首地蔵
 我が手に もれな
 老いも 若きも

二番
 昔より こゝに
 おさまる 首地蔵
 たすけ たまわる
 すがる わが身を

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

尼崎寺町散策 長遠寺


長遠寺(じょうおんじ)は日蓮宗の仏教寺院。山号は大尭山。

大本山本圀寺(六条門流)の旧末寺であり六条門流三長(他に長満寺、長源寺)の一寺。
親師法縁。塔頭として中正院がある。

『大堯山縁起』では、1350年(観応元年)永存院日恩により七ツ松の地で創建され、のちに風呂辻町・辰巳(巽)・市庭(市場)(すべて、現・東本町の地名)の地へ移転したと伝えられる。

画像は多宝塔、慶長12年(1607年)建立、方三間2層、本瓦葺、釈迦如来像安置、高さ15.4m 1960年、大修理。

長遠寺は、風呂辻町の南側にあったと推定されている。

西側は当時の尼崎の中心として賑わった市庭である。
七堂伽藍と子坊16坊を持っていたという。

法花寺と呼ばれていたが、1617年(元和3年)に尼崎城築城にともなって現在地に移転した際、寺号を現在のものに改めた。

画像は鐘楼 ― 1627年建立。

本堂は入母屋造、本瓦葺。

柱上の組物や幹屋根の傾斜などに桃山時代の建造美をうかがうことができます。

昭和56~58年の解体修理によって慶長3年(1598)に建立され、元和9年(1623)に当地に再建されたことが判明した。

多宝塔も、棟札に慶長12年(1607)とあり、移築されたものと考えられています。

塔身は円形で幹そりがの形が良く、組物や蟇股などの形態には桃山時代の特徴が良く表れています。
いずれも国の重要文化財に指定されています。

客殿、庫裏、鐘桜の三棟は慶長の頃の重要な建造物であり、指定文化財に指定されています。

その他室町時代の銘をもつ鰐口・雲板、裏書に永録8年(1565)と記された絹本著色涅槃図、元亀3年(1572)~天正16年(1588)にいたる古文書が指定文化財に指定されています。(尼崎市教育委員会)

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

尼崎寺町散策 大覚寺


摂津国八十八箇所第65番札所で、現存する尼崎最古の古刹である。

律宗の寺院。山号は月峯山、本尊は千手十一面観音。

寺伝によると、百済の僧・日羅が聖徳太子の命により剣尾山(大阪府豊能郡能勢町)に月峰寺を創建、推古天皇13年(605年)には長洲(尼崎市)に剣尾山を遥拝する灯炉堂を建立したのが始まりと伝えられる。

2月3日 節分祭 – 本堂手前の能舞台で、大覚寺狂言が執行される。
狂言は、明治以後、行なわれなくなっていたが、昭和28年(1953年)に復活した

大覚寺に伝わる56点の、正和2年から天正17年(1313~1589年)に至る間の文書(『大覚寺文書』)は尼崎の中世を今に伝え、兵庫県文化財に指定されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

尼崎寺町散策 法園寺


永禄4年(1561年)に没した玉蓮社勝誉恵光法園の創建と伝えられる。

浄土宗鎮西派の寺院。山号は恵光山、院号は謝徳院、本尊は阿弥陀如来。

肥後国人一揆の責任で豊臣秀吉に幽閉された佐々成政が、天正16年(1588年)閏5月14日(7月7日)に当寺で切腹させられ、本堂内には墓石の五輪塔(高さ88.7cm)がある。

成政は豊臣秀吉のもとで肥後国主在任中、領地内で反乱がおこり、その責により天正16年(1588)尼崎で切腹させられた。
山門を入って左側の墓碑は複製で、実物は本堂内に保管されています。

恨みの秀吉のいる大阪城の方向に自らの臓腑を投げつけたと伝えられています。

寺宝として、後陽成天皇(1571~1617)直筆の和歌一首「なき人のかたみの雲やしぐるらん 夕の雨に途はみえねと」の掛軸や成政肖像画などがあります。

特に山門の内に桐、外には菊の紋があり、由緒ある寺院を偲ばせています。(尼崎市教育委員会)

ササラ峠越えのエピソードを残す 富山城
本能寺の変後、越中に居た佐々成政は徳川家康の決起を促すため富山から雪の立山を徒歩 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

矢田寺アジサイ見本園

矢田寺には様々な種類のアジサイを集めた「見本園」もあり、小型のガクアジサイやコアジサイなどを中心に楽しめます。

今回はその矢田寺あじさい見本園から、撮影当時に咲いていた16種類を紹介したいと思います。

クロジクアジサイ

カシワバアジサイ

ナデシコガク

三原八重

ガクアジサイ

斑入り黄金葉

斑入りガクアジサイ

ウズアジサイ

八重ガクアジサイ

城ケ崎

天城甘茶

佐橋の庄

海峡

椎葉ヤマアジサイ

ヨスミザワ紫黒葉

乙女の夢

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

矢田寺 アジサイ園


別名「あじさい寺」とも呼ばれ、境内には約10,000株、約60種のアジサイが植えられている。

高野山真言宗の寺院。山号は矢田山。正式の寺号を金剛山寺(こんごうせんじ)という。

さらに矢田寺大門坊では、古くより容眞御流(ようしんごりゅう)華道の家元として、華道研究も盛んに行われている。

なお、京都寺町通三条にある金剛山矢田寺は、現在は宗派が異なるが、京都矢田寺の寺伝によると奈良時代初期に当寺の別院として開かれたとされている。

寺伝によれば天武天皇の勅願により天武天皇8年(679年)に智通が開基。

七堂伽藍四十八坊を造営、十一面観音菩薩と吉祥天を安置したという。

その後の戦乱などにより多くを焼失し、現在は矢田寺北僧坊・矢田寺大門坊・矢田寺念仏院・矢田寺南僧坊の4つの僧坊を総称して矢田寺と呼ばれている。

矢田寺の名は万葉の昔からの地名が矢田の里であったことに由来する。

当初は十一面観世音菩薩と吉祥天女を本尊としていましたが、後に、地蔵信仰の中心地として栄え、日本最古の延命地蔵菩薩が安置されています。

沙羅双樹はお釈迦様入滅の逸話にある聖木ですが、日本では「夏椿」のことを指します。
朝咲いて、夜には花が首から落ちることから盛者必衰のたとえとされています。

大門坊正面右側に双樹の名の通り2本植わっています。あじさいが有名なこの寺ではすっかり忘れられがちですが、初夏には白く美しい花を咲かせています。繊細で可憐な様子にうっとり見入ってしまいます。

アジサイとともに、かわいいお地蔵さまが並んでいました。
赤い前掛けがかわいい。

あじさいはアジサイ科の植物で、日本の暖地に自生するガクアジサイを母親として、 日本で生まれた園芸品種です。

学名の変種名「オタクサ」は、 江戸後期に日本の動植物をヨーロッパに紹介した、長崎出島のオランダ商館の医官シーボルトが、 帰国後、日本滞在中の妻「おたきさん」を偲んでつけた名前と言われています。

梅雨時にさまざまに花の色を変えながら咲き続けるその美しさから、 古来より数々の詩歌にも詠み込まれています。万葉集からご紹介しましょう。

あじさいの 八重咲くごとく 八つ代に
をいませ我が背子 見つつ偲ばむ
(左大臣 橘諸兄)

言問はぬ 木すらあじさい 諸弟らが
練りのむらとに 欺かれけり
(大伴家持)

矢田寺には、5月中旬に咲き始めるツルアジサイから、9月頃に咲く中国のあじさいまで、 約60種、10,000株のあじさいが植えられています。

様々に咲くアジサイの数々を使用開始ます、ごゆるりとお楽しみください。












関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

尼崎寺町散策 甘露寺


室町時代、円誉上人源永が開いたと伝えられる。
浄土宗、薬王山、沖縄県宮古島に布教所を持つ。

龍の棟瓦や彫刻で飾られた山門をくぐり、重層の本堂を仰ぐと、優美な曲線をもった屋根に金色の鳳凰が参詣者を迎える。

本堂は貞享4年(1687)に15世寂誉上人によって中興され、江戸時代中期の質素で優雅な浄土堂が建立されましたが、平成3年(1991)旧本堂のイメ-ジをとどめて改築された。

もとは大物町にあり、尼崎城築城にともない寺町へ移転した。(資料:尼崎市)

法然上人(1133-1212)は崇徳帝の長承二年(1133)四月七日(太陽暦五月二十日)、美作国久米南条稲岡庄(現在の岡山県久米郡久米南町)に 押領使 (おうりょうし) (地方の治安維持にあたる在地豪族)である父の漆間時国と、その奥方である母の秦(はた)氏(うじ)のひとり子として誕生され、幼名を 勢至丸 (せいしまる) と名づけられた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

尼崎寺町散策 広徳寺


臨済宗、瑞雲山。1390年に言外宗忠が京都大宮から大物へ移した寺院。細川高国切腹の地。
正式には旧字体を用い「廣徳寺」と記す。

明徳元年(1390年)京都紫野大徳寺の第七世である言外宗忠和尚が開基。

または宗忠の弟子にあたる華岳宗栄が開基としたともされる。
その後、宗忠の法嗣で大徳寺27世の明遠宗智が住し、文明10年(1478年)頃には柔仲宗隆が住持となっていた。

享禄4年6月8日(1531年)には、大物崩れの戦いで敗れた細川高国が三好一秀に捕らえられ広徳寺で切腹させられている。

その後荒廃したが、永禄年間(1558年 – 1570年)に笑嶺宗訢が隣接していた栖賢寺(現在は京都市)とともに再興、当時は豊臣秀吉から寺領をもらっていたと言われている。

また徳川秀忠の朱印状には寺領三十石と記載されている。

慶長20年(1615年)前後、尼崎城築城にともない大物町から現在の尼崎市寺町に移転した。

移転後も大物に秀吉から与えられた寺領を有していたという寺伝や、『絵本太閤記』、『絵本豊臣勲功記』などでは中国大返しの際に、秀吉が同寺に逃げ込んで難を逃れたという逸話などがあり、太閤ゆかりの寺として有名。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

尼崎寺町散策 本興寺


法華宗本門流大本山。
細川満元により大物に創建。

文化財が多く、塔頭が6院ある、寺町の中心的寺院。

日隆が尼崎に布教した時、細川満元は夫人の懐妊に際し、男子誕生の祈願を依頼。

無事に男子が誕生し、その礼として本興寺が建立された。

本能寺が伝道の中心地であったのに対し、本興寺は教学の中心地であり、勧学院という教育機関が設置された(現・学校法人法華学園興隆学林専門学校)。

「天下五剣」の一振で、日蓮聖人の愛刀だった数珠丸恒次を所蔵する。

日蓮聖人が身延山にお寺を建てようとした時、護身用に寄進されたのがこの数珠丸でした。

号はその柄に「数珠」をかけていたことから。

この時、身延山(現在の山梨県)に建てられたのが日蓮宗総本山・久遠寺です。

数珠丸は江戸時代に一度行方不明になり、大正時代に再発見されましたが、諸事情から身延山に返されることはかなわず、ここ本興寺の重宝となりました。

日蓮大聖人銅像。

台座の正面には日蓮大聖人ご真筆より集字した「末法下種」が 金文字で表され、お題目の信仰が人生に光明を与える原動力に なることをよびかけいるそうです。

鐘楼 – 1633年に建立。

境内も広く散策も自由、清掃も行き届き気持ちのいい寺です。

本堂 – 1822年に焼失、1827年に再建された。

よく目立つ三重の塔、納骨堂です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

尼崎寺町散策 全昌寺


兵庫県尼崎市寺町にある曹洞宗の寺院。
山号は桃源山。

慶長年間(1596年~1615年)膳所藩主・戸田氏の菩提寺として戸田甚五郎が膳所桃木原(現・滋賀県大津市)に建立したと伝えられる。

元和3年(1617年)戸田氏鉄が尼崎藩主として移封された際、随伴した僧・雪山呑秀により当地に再建された。

寛永11年(1635年)、戸田氏鉄の美濃国大垣藩移封により大垣でも「全昌寺」を建立、尼崎を本院とした。

文政5年(1822年)の火災で記録などが焼失、阪神淡路大震災でも被災し、鐘楼などは再建された。

曹洞宗の本山である総持寺(神奈川県)の輪番地寺院としてたびたび禅師を送り出した名刹です。

檀家には尼崎藩旧松平家の家臣も多く、漢学者の豊島成温、内田頼重らの墓所としても知られています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!