admin の紹介

木村康雄 大阪在住 写真家

亀岡散策


丹波亀山城址、明智光秀によって丹波統治の拠点として機能した城郭。

丹波亀山藩が亀岡藩に改称したのは明治2年6月19日ですが、これはその1か月前に終結した戊辰戦争が関係しています。

前年の慶応4年に勃発した戊辰戦争では、伊勢亀山藩が新政府側、丹波亀山藩は旧幕府側にそれぞれつく形になりましたが、結果としては旧幕府軍が敗れています。

このため、版籍奉還に伴う形で丹波亀山藩は明治政府から改称を迫られて、現在の亀岡になったとされています。

江戸時代初頭には近世城郭として整備された。

大正時代に新宗教「大本」が購入、神殿を築いたが大本事件で日本政府により爆破・破却された。

戦後再建され、大本の本部が置かれている。

大円寺の創建は天文22年(1554)、専譽周公上人を招いて開山したのが始まりと伝えられています。

13代室町幕府将軍足利義輝が帰依した事で寺運が隆盛し当地域の学問所として多くの学僧が集い影響力を持ちました。

古き良き雰囲気を感じられる関酒造は、明治8年創業で屋号は「井づ源」といいます。

関家は、江戸時代には今の亀岡市内に35町もの田畑を所有する富農であり、米相場の商いもされていました。

酒造りは江戸末期に副業として始め、現在の建物は江戸末期から明治にかけて建てられた物です。

昔ながらの手作りの袋しぼりで酒造りをされている。

白壁になまこ壁の伝統的な酒蔵建築が印象的な丹山酒造。

楽々荘(らくらくそう)は京都府亀岡市にある旧田中源太郎邸を使用したホテル。

1898年(明治31年)頃建築の洋館と七代目小川治兵衛作庭の日本庭園が有名。

2018年3月にがんこフードサービスが借り受けて「がんこ京都亀岡楽々荘」として改装開業した。

京都鉄道株式会社(現在の嵯峨野線)の創設者で衆議院議員・貴族院議員を務めた田中源太郎が自らの生家を改築したものである。

煉瓦造りの洋館は1898年頃に本邸として、書院造りの和館は同年頃に迎賓館として建設。洋館と和館の前に広がる650坪の枯池泉回遊式庭園は七代目小川治兵衛(植治)の作庭で、安土桃山時代の石燈籠や鉄製井筒などが亀山城から移設されている。

今日はこちらでお昼をいただいた。

庭を歩くこともできました。

広い芝生が続く向こう側や離れの前は日本庭園になっていて、欧米の庭園の影響を受けた明治時代の庭づくり特色が伺えます。

そして作庭したのは七代目小川治兵衛(屋号「植地」)の手になるものと聞いて納得。

小川治兵衛といえば平安神宮や丸山公園、無鄰菴をはじめとした南禅寺別荘街の庭を作庭した方。

近代庭園の先駆者であり明治の名作庭家で明るく開放的な庭を作っておられます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

霧の出雲大神宮


亀岡駅に降り立ったら一面の霧の世界。

晩秋から早春にかけて亀岡盆地名物の深い霧(「霧の都 亀岡」とも言われる所以)が発生しており、この季節に京都市内から保津峡や老ノ坂峠を経て市内へ入ると景色が一変する。

霧の規模は全国的に有名で、最大、正午過ぎまで晴れないことも多い。

衛星写真では亀岡市全体が霧の影響で白く写ることもある。

真ん中のポールは両翼を風になびかせるカモメの姿をイメージした作品で、新設のスタジアムに隣接する広場のシンボルとなっている。

京都府亀岡市にあ式内社(名神大社)、丹波国一宮。
旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。

一面霧の海で神秘的でさえある。

2014年(平成26年)に造られた正面の石碑「丹波國一之宮 出雲大神宮」の揮毫は出雲大社現宮司・千家尊祐の筆。

『徒然草』 第236段「丹波に出雲と云ふ処あり」 聖海上人が参拝した際、獅子・狛犬が後ろ向きに立っていた。

これは他に例を見ないことできっと由緒のあることに違いないと思っていると、実は子供のいたずらだったという話。

教科書で教えられることも多い文である。
なお、現在の獅子・狛犬は、当時とは異なるものである。

亀岡盆地東部に立つ御蔭山(みかげやま。御陰山、御影山、千年山とも)の山麓に鎮座。

古くは御蔭山を神体山として祀る信仰があったとされ、社殿は和銅2年(709年)に創建されたと伝える。

旧称は「出雲神社」。別称として「元出雲」や「千年宮」とも。

「元出雲」の別称は、出雲大社が出雲大神宮からの分霊とする社伝に由来する。

いわゆる出雲大社は明治時代に至るまで「杵築大社」を称していたため、江戸時代末までは「出雲の神」と言えば出雲大神宮を指していたとされる。

拝殿は入母屋造、妻入で本殿と同じく檜皮葺を施した舞殿形式の建物であり、明治11(1878)年に官費により造営された。

ここでは4月18日の花鎮祭や、10月21日に斎行される例祭にて、巫女による御神楽「浦安の舞」が奉納されます。

社殿は元明天皇の和銅二(709)年に建立され、現在の本殿は鎌倉時代末期の元徳年間、あるいは貞和元(1345)年に足利尊氏が修造した事が当時の史料から知られています。

祭神の大国主神については、一般には出雲国の出雲大社(杵築大社)から勧請したとされている。

ただし社伝では逆に、出雲大社の方が出雲大神宮より勧請を受けたとし、「元出雲」の通称がある。

社伝では、『丹波国風土記』逸文として「元明天皇和銅年中、大国主神御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」の記述があるとする(ただし、社伝で主張するのみでその逸文も不詳)。

この辺りは禁足地、入山禁止。

磐座内は神域、禁足地となります。

「御蔭の滝」は竜神乃神をお祀りする滝としていにしえより地域の源として崇められている。

上ノ社 祭神:素戔嗚尊、奇稲田姫命

祭神は大国主神の祖先にあたる。

社殿は文化10年(1813年)の造営とされる。
大型の一間社流造で、一間社としては珍しく前室を有する。

これより先へは社務所で受付を済ませ、タスキをもらって入山する。

古来より御蔭山は国常立尊の鎮座する地として禁足地とされた。

現在も立ち入り可能なのは、国常立尊を祀る磐座までの参道のみである。

崇神天皇社 祭神:御真木入日子印恵命(崇神天皇)、祭神は、崇神天皇により再興されたという社伝に由来する。

安土桃山時代に入って明智光秀が丹波統治のため古世地区に丹波亀山城を築き城下町を形成したことによって、亀岡は近代的な発展を遂げる。

明智滅亡後も豊臣・徳川政権下において丹波亀山城には羽柴秀勝(於次、信長四男)、豊臣秀勝(小吉、秀吉の甥)、小早川秀秋、前田玄以・岡部長盛ら信任ある人間が配置されるなど京都の西北の入り口として重要視され続けた。

参拝を終えたころには霧も上がりきれいな青空。

神体とする御蔭山、手前は宮池。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪護国神社 護摩供養


大阪護國神社は大阪府出身ならびに縁故の殉国の英霊10万5000余柱を祀り、拝殿の神鏡は戦前の研磨技術では最大のものという、由緒ある神社。

今日は阿含宗による護摩供養が行われる。

毎年2月の節分に「炎の祭典・阿含の星まつり」を山岳密教、修験道の大柴燈護摩供の伝統的な様式に則り、金胎両部、それも「神仏両界の秘法」によって京都にある本山修法地にて開催することで有名である。

神殿内部では法要当日午前10時30分、山伏一行は拝殿内で大阪護國神社宮司による御神事を賜った後、結界へと入壇。

結界へ向かう一行。

次いで阿含宗彌榮神授雅楽部による御神楽「浦安の舞」の奉納、山伏問答ののち、護國ノ御英霊への献花・献水が祭壇に捧げられ、続いて斧・法弓・宝剣と各作法が営まれた。

ほどなくして『山伏問答』が始まりました。

修験者としての知識をテストするような問答が繰り広げられ、どこの流派の修験者か見極めるために行われたようです。

山伏問答とは、修験者として知るべき知識を聞くもので、山伏の真疑を確認し、答えられたものが護摩道場への入場を許されるというものです。

全員許されて護摩道場への入場を許されたようです。

続いて斧・法弓・宝剣と各作法が営まれる。

破魔矢が東西南北と護摩壇、鬼門の方角へと放たれます。

放たれた破魔矢はいただくと福が来るそうです。

護摩壇に火が放たれ護摩がくべられます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大和川夕景


近くにいながら久しぶりの大和川、大坂は今、コロナで大変な騒ぎだ。

出かけるのもはばかられる。

近くの大和川を歩いてみる。

もう、ゆりかもめが群れを成している。

夕空に群舞する景色は見事。

人出もまばら。

上流に歩を進める。

遠里小野まで来た、チン電と夕景。

この時期太陽の沈む位置が南へずれているため、電車と夕日のコラボは難しい。

電車の本数も我孫子道以南は激減、タイミングも難しい。

川沿いを散歩する人の姿もいつもと違ってまばら。
コロナの早い終息を願うのみ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日本庭園 茶室「汎庵・万里庵」特別公開


万博記念公園の茶室が特別公開されているというので訪問してみる。

汎庵、万里庵は、公開はされていませんが、茶会や茶室にふさわしい集会などで貸し出しが行われています。

春と秋に特別公開されます。



人間国宝・中村外二が手がけた茶室「汎庵・万里庵」。


草庵造りの万里庵

汎庵は武家住宅様式の書院造りを、万里庵は藁ぶきの小さな建物の草庵をイメージして造られており、互いに添景となるように建てられています。






千里庵は禅院の方丈を象った枯山水をイメージしているそうです。

敷地面積は小さいですが茶室があり、枯山水を眺めながらお茶がいただけるようになっていました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

紅葉がきれいです 万博公園 日本庭園


江戸時代初期に範を取った近世風の庭園。

お祭り広場と近接し休憩所を備えた中央門を設け、12,000m2の池(心字池)や背景に標高60mの芝山を築いた。

見上げると、この辺りは葉が落ちている。

竹林の小径、ツワブキとのコラボがきれいです。

渓流沿いのツワブキ、この時期の主役のようだ。

真っ赤に紅葉したもみじ。

差し込む光と赤と黄の紅葉のコントラスト。

木漏れ日の滝、まさに木漏れが当たっているよう。


苔の上の落ち葉。


紅葉のトンネル、きれいです。

ここでも赤と黄のコントラストが。

渓流沿いの真っ赤なモミジ。

松の州浜

鎌倉時代・室町時代期の日本庭園を再現した築山を背景とした池泉庭園。

標高50mのクロマツの疎林を主とする緩やかな山にツツジ類を密植し関西独特の景観を造成し、山の北側に渓流を設けモミジや竹を多植し滝も設け渓流と合わせて石庭を思わせる景観としている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

遅かりし万博公園の紅葉

コロナの感染拡大を心配しながら3連休の最終日万博公園を訪問、お祭り広場ではガレージセールも行われていてここはやや密状態。

密を避けて中津道をすすむ、水車茶屋のすすきがきれいです。

ケヤキの丘、すでに紅葉は終わったかの感。

2017年11月6日訪問時の紅葉

万博公園の秋
万博公園では早くも紅葉の見ごろを迎えている。 一方、先日の台風の被害は大きく、コ … 続きを読む →

万博公園の紅葉時期の認識を改めなければならない。

紅葉渓へと歩を進める。

うっそうとした森だがところどころ空を見上げる場所がある。

ソラードも人波は絶えない。

もみじの滝のあたりはまだ紅葉が残っている。

この水は日本庭園の心字池まで流れている。

川面への映り込みもきれい。

対岸に渡り池を見る。

女性ハイカーがこわごわ飛び石を伝う。

再び中津道へ進む、落ち葉がきれいです。

もみじ川にかかかる橋、やはり紅葉は終わっている。

もみじ川を下る。

展望タワーからは若い人たちの歓声が響く。

対岸へ渡れそうだが石が濡れているので注意が必要。

紅葉渓の方を振り返る。

もみじ川芝生広場、この辺りは広く、密の状態にはない。

西大路の彷徨を見る、東西に約360m続く石畳の両側にプラタナスの並木道が続きます、望遠で圧縮されているので錯覚を起こしそう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

秋深し 長居植物園


和名ツワブキの由来は、艶葉蕗(つやはぶき)、つまり「艶のある葉を持ったフキ」から転じたとする説のほか、厚葉蕗(あつはぶき)、つまり「厚い葉を持ったフキ」から転じたとする説もある。

スプレーマムは、菊と同じ「高潔」という花言葉を持っています。

これは、気高く気品ある花姿に由来します。
また、「清らかな愛」という純粋さを感じさせる花言葉から、ウェディングブーケによく用いられます。

ラクショウ

綺麗に紅葉している期間は短く、すぐチリチリになる。

ラクウショウの下には「気根」が見られる。

ラクウショウという名前は、秋になると羽状の葉が枝ごと落下することにちなむ。
漢字では「落羽松」だが、マツの仲間ではなくスギの仲間。

秋深し・・・・・いい感じで散策。

イロハモミジ

日本では最もよく見られるカエデ属の種で、紅葉の代表種。

花の後につく実は翼果(翼のある実)である。

子持山(こもちやま)、若(わか)かへるでの、もみつまで、寝もと我(わ)は思(も)ふ、汝(な)はあどか思ふ   巻14-3494 作者未詳

サキシマフヨウの実

和名は先島諸島に由来し、主に鹿児島県西部の島から琉球にかけて分布するとされてきた。
2014年の研究では台湾にも分布することが報告されている。

不思議な行列 ?!!

遠くからパンパスグラスの横を通り過ぎるパラソルの女性を撮った積り。

帰ってパソコンで見ると何やら不思議な人たちが映っている、これ何なの。

何か衣装を着たような一団、そして最後尾にはマスク姿の怪しい男???

クリックして拡大して見てください。

イワガラミ  アジサイ科イワガラミ属

名前のとおり、幹や枝から気根を出して高木や岩崖に付着し、絡みながら這い登り、高さ10~15mくらいになる。

ススキ

婦負(めひ)の野の すすき押しなべ 降る雪(ゆき)に 宿(やど)借る今日(けふ)し 悲しく思ほゆ  高市黒人  第17巻 4016番

ノジギク

兵庫県県花であり2006年に兵庫県で開催された国民体育大会「のじぎく兵庫国体」の名称の由来はこの花にある。

シナマンサクの紅葉

マンサクよりも綺麗に黄葉する、確かにきれいだ。

イエローガーデン

やさしい黄色で、中心部分がやや白い。

ピンク系の色しかなかった、おなじみのコスモスから初めて作られた黄花種。

コスモスフェア開催中
色とりどりの10品種約10万本のコスモスが秋風に揺れ、咲き乱れる光景は、まさに絶景!

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

秋 大阪城


大阪城公園も紅葉真っ盛りだ。

森の宮から散策を始める、まず外周約1kmを誇る「イチョウ並木」。

玉造口を目指す、この辺りもイチョウの紅葉がきれいだ。

長い階段、人通りは少ない。

林に差し込む光線がきれいだ。

桜がきれいに紅葉している。

雁木坂

大阪城の本丸を取り囲む二の丸は北が低く、内堀の東にあたるこの通路は南から北にかけて急な下り坂となっている。

空堀を西日が照らす。

内堀の石垣の紅葉。

重森三玲作の秀石庭、見学には事前予約が必要だが塀が低いので撮影は可能だ。

昔、男の背中という歌が流行ったこともあったっけ。

日本庭園、大阪城が一番きれいな場所だ。

本丸 隠し曲輪 にある リュウキュウハゼ 、きれいです。

ところがこのおばさん、いろいろとポーズをとりながら中々どけない、こちらもしまいに根負け。

空堀でおじさんが呼んでいるので行ってみると、なんとヌートリア、こんなところにもいるのか。

近くにはススキが群生していてきれい。

見上げれば空には秋の雲。

こちらも見事なスジ雲。

南外堀ではカモが見事な編隊飛行。

堀の上は見事な紅葉のトンネル。

一歩林へ踏み込むと色づいた落ち葉の絨毯。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

吸湖山青岸寺


青岸寺は、滋賀県米原市の太尾山西麓にある曹洞宗の仏教寺院。

山号は吸湖山、近江湖北二十七名刹第27番札所、近江七福神(福禄寿)。

境内にある築山林泉式枯山水庭園「青岸寺庭園」で知られる。

創建は室町時代初期で、開基はバサラ大名で有名な佐々木道誉。

本尊は佐々木六角氏頼が造立した「お腹籠観音」の名で知られる聖観音立像を胎内仏とする秘仏聖観音坐像。

本堂裏の 築山林泉式枯山水庭園日本庭園は国の名勝に指定されている。

山門を入るとシダ植物の一つである“岩苔”とも呼ばれるイワヒバ(岩檜葉)が、苔状になって参道の左右に繁茂しています。

大きな枝振りの百日紅の後方にあるのが「青岸寺」の本堂です。

江戸時代前期の枯山水庭園。

三世住持の興欣により書かれた『築園記』によると、延宝6年(1678年)、興欣の依頼で、玄宮園・楽々園築造に関わった井伊家家臣の香取氏が作庭したとされる。

座視式を基本とする庭園であるが、面積2,717平方メートルと広大であるため回遊式も兼ねる。

平成30年(2018年)から庭園を眺められるカフェを住職自らが経営している。

通常、海を表現するのに白砂が使われるが、青岸寺では杉苔が用いられている。

庭園北西部には、桃山時代風の切石による反り橋が架けられている。

まるで渓谷のような景観を作り出し、杉苔と合わさって大変美しい。

画面上部には座敷がみえる。

大雨により苔庭が雨水で埋まり池泉庭園になるとのこと。
年に数回だけの奇跡の景観であるが、この目でみたいものだ。

庭園内にある織部灯篭(キリシタン灯篭)。

武将で茶人の古田織部正重然がキリシタン全盛時に信者や茶人の好みに合うように創案したと言われ、和洋折衷の寄せ灯篭です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!