admin の紹介

木村康雄 大阪在住 写真家

大正駅界隈


大正駅周辺には沖縄県からの移住者が多く住んでおり、駅周辺には沖縄料理店が点在する。

大阪の島と言われた当地と都心をつなぐルートとして、大正4年(1915年)市電開通とともに架けられた大正橋は、当時わが国最長のアーチ橋で、当区名の由来ともなっている。

新橋が昭和49年に完成、あまり知られていませんが、橋の欄干は五線譜となっておりベートーベン作曲の第九の音符が、歩道にはメトロノームとピアノの鍵盤が刻まれています。

三川合流の地

「尻無川・木津川・道頓堀川の三川が合流する様子が眺められる珍しい場所。
大正区・浪速区・西区が交わる地点でもある。

左は岩松橋と岩崎運河「豪商・福西岩松が架橋したので岩松橋と名づけられた。
橋下を流れるのは岩松運河で、これは大正9年に開削された。・・・・」

「江戸時代、尻無川は商都・大坂の玄関口として発展した。

春は潮干狩り、秋は櫨(はぜ)の紅葉などで賑わい、「浪花百景」や「摂津名所図絵」にも記されるほど大坂庶民の遊興の地として有名でした。

また秀吉の朝鮮出兵で国交が断絶していた朝鮮との交流が幕府の努力によって再開されると、尻無川は「唐人澪」と呼ばれ、華やかな国際交流の舞台となり、平和への玄関口ともなりました。

大地震両川口津波跡

「嘉永7年の大地震で水上なら安心と小船や茶船に乗って遭難する人が数多くいた。

ところが大坂湾に海嘯現象(河口に入る潮波が垂直な壁となって河を逆流する)が発生して多くの人が波に呑まれ、甚大な被害を及ぼしました。

石碑は惨状と教訓を後世に残すべく、地震・津波時の心得を記しています。

木津川口遠見番所跡(きづかわぐちとおみばんしょあと)
 
木津川は大坂の経済を支える大動脈として諸国の船の出入りで賑わいました。

当地は、昔、「姫(ひめ)島」と呼ばれておりましたが、義民として名高い中村(木津)勘助が、慶長15年(1610年)に豊臣家のために軍船係船所の建設や船着場の整備等を行い、その功により「勘助島(かんすけじま)」と名付けられました。
 
江戸時代になって、幕府は宝永5年(1708年)に「木津川口遠見番所」を現在地に設けました。

また、西方には幕府の官船等を収容する「御船蔵(おふなぐら)」(岩崎橋公園附近)がありました。

中村勘助の記事はこちら義侠木津の勘助の地をゆく
木津勘助(本名・中村勘助)は、慶長から元和にかけて活躍した土木技術者で、木津川を … 続きを読む →


大阪ドームのある千代崎3丁目は、もともと寺島(千代崎1・2丁目方面)と勘助島(大正区方面)に挟まれた川とも芦原ともつかないような場所で、1757年(宝暦7年)に前田屋新田、1773年(安永2年)に岩崎新田が開墾されて漸次陸地化した経緯を持っており、地盤は軟弱。

加えて、1952年(昭和27年)に尻無川の上流区間が埋め立てられたが、大阪ドームはその埋め立てられた川跡にまたがって立地している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

一足遅い初夏 ガーデンミュージアム比叡


標高840mの比叡山頂の庭園美術館。

1.7haの園内に1,500種10万株の花が咲き乱れるここガーデンミュージアム比叡は、フランスの設計者により2001年にオープン。

標高840mからの眺望、近江大橋が見える、湖畔の高い建物は大津プリンスホテル。
ここは夕日の鑑賞ポイント。


岩場のあたり、ポピーが背伸び。

花の庭、バラを絡ませた6つの大アーチと、両側に広がる帯状の花壇が美しい。

里では見頃を過ぎたクレマチスも今が盛り。


庭園は、モネがジヴェルニーに作った自宅庭園をモチーフにしている。

お昼はテラスで雄大なパノラマを楽しみつつ。

印象派ガイダンスコーナーでは、印象派の歴史や日本文化との関わり、モネの生涯と彼が愛した庭などについて、モネを模したロボットと大型スクリーン映し出される映像で楽しく紹介。

見晴らしの丘からの雄大な眺望。

香りの庭

南仏プロバンスの丘陵をイメージした庭園。

陽光あふれる中、ラベンダーやローズマリー、タイムなど、心癒すハーブの香りを楽しむ。

園内にはモネ、ルノワール、ゴッホなどフランス印象派画家たちの作品が陶板画として45点飾られて、季節ごとに表情を変える花々とともに、訪問者の心を魅了。




水連の咲く池、藤の絡まる太鼓橋、シダレヤナギ、アヤメ、ショウブなど、モネたちが愛したモチーフをふんだんに取り入れ、彼らが思い描いた日本風の庭園を再現。




こもれびの庭、4月下旬から6月にかけてシャクナゲがさきそろう花の回廊。


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

一足遅い初夏を求めて


牡丹、バラも見頃を過ぎ夏のムード、一足遅い初夏を求めて比叡を目指す。

叡山電鉄では2018年(平成30年)3月21日より新しい観光用車両「ひえい」を運行。

「ひえい」目当ての人も多く、運行時はいつも満席。

高野川は初夏のムード。

かつては旧愛宕(おたぎ)郡小野郷に属し、中世には八瀬庄(やせしょう)とも呼ばれた。

八瀬の地名の由来については複数の説がある。

壬申の乱(672年)の際、天武天皇(大海人皇子)がこの地で背中に矢が刺さり(矢背)、その傷をかまぶろで癒したという説がある。

あるいは、この地域を流れる高野川に岩瀬や急瀬などが多く、八つの瀬があったのが由来とする説もある。

その流路延長は17km、八瀬流域では八瀬川とも呼ばれる。

この辺りは紅葉の名所、池に映る緑が鮮やか。

叡山ケーブルで山頂を目指す、比叡山へは表の坂本からのルートが一般的かもしれないが、ガーデンミュージアムを目指すならこちら。

叡山電鉄叡山本線、叡山ロープウェイとともに京都市内から比叡山山頂へのルートを形成する。

高低差は561 mあり、ケーブルカーとしては日本最大。

7合目到着、ここからはロープウェイに乗り継ぎ山頂を目指す。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

橿原神宮


神橋と二の鳥居

記紀において初代天皇とされている神武天皇と皇后の媛蹈鞴五十鈴媛命を祀るため、神武天皇の宮(畝傍橿原宮)があったとされるこの地に、橿原神宮創建の民間有志の請願に感銘を受けた明治天皇により、1890年(明治23年)4月2日に官幣大社として創建された。

南神門

1940年(昭和15年)には昭和天皇が同神社に行幸し、秋には日本各地で紀元2600年奉祝式典が挙行された。

この年の参拝者は約1000万人に達したという。
現在でも皇族の参拝がある。

今上天皇・皇后は神武天皇崩御2600年の式典(2016年)に親拝し、2018年には銅鏡を神宮へ贈った。

近代の創建ではあるものの、奈良県内では春日大社と並んで初詣の参拝者数が多い神社である。

他にも、勅使参向のもと紀元祭が行われる2月11日(建国記念の日)や、神武天皇祭が行われる4月3日および奉祝行事「春の神武祭」の開催期間にも多くの参拝者が訪れる。

外拝殿

内拝殿

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

久米寺


山号は霊禅山(れいぜんさん)、真言宗御室派仁和寺別院。

久米仙人による開基伝承は『扶桑略記』『七大寺巡礼私記』などのほか、『今昔物語集』巻十二本朝仏法部にも収録され、『徒然草』にも言及されている著名な話。

それによると、吉野・龍門寺の久米仙人は仙術で空を飛べるようになったが、ある日空を飛んでいる時、川で洗濯をしている女のふくらはぎに見とれて法力を失い、地上に落ちてしまった。

久米仙人はその女とめでたく結婚。
その後は普通の俗人として暮らしていた。

その後、時の天皇が遷都を行うことになり、俗人に戻った久米仙人は遷都のための工事に携わる労働者として雇われ、材木を運んだりしていた。

ある日仕事仲間から「お前も仙人なら、仙術を使って材木など一気に運んでしまったらどうだ」とからかわれた。

一念発起した久米仙人は7日7晩祈り続けた後、仙力を回復。

久米仙人の仙術で、山にあった材木が次々と空へ飛び上がり、新都へと飛んで行った。

これを喜んだ天皇は久米仙人に免田30町を与え、これによって建てたのが久米寺であるという話。

山門を入ると真正面に、かつての塔が建っていた礎石群が姿を現す。

この場所に五重塔が建っていたのか、はたまた巨大な多宝塔が建っていたのか、その謎は深まるばかり。

現在の多宝塔周辺の礎石群や、出土した瓦などから推察すると、7世紀後半には既に久米寺は存在していたと言われる。

かつては金堂、観音堂、御影堂、多宝塔などの伽藍が建ち並ぶ大寺院であったことがうかがえる。

久米寺に鯰(なまず)の奉納額がみられ、古く、久米氏族が鯰をトーテムにしていたといわれる。

異彩を放つ黄金の大日如来像。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

中之島界隈


とにかく暑い、道行く人の姿も裸に近い。 

バラ園のバラも盛りを過ぎた。


淀川30石船舟歌碑

京都・伏見と大坂・八軒家(はちけんや)を結んで1日2回淀川を往復した乗合旅客船「淀川三十石船」の船頭が唄った船唄の一節。

淀川三十石船は、全長約11~15メートル、幅1.8~2.1メートルといわれ、船頭4人、乗客定員は28人。
下りは川の流れまかせでしたが、上りは人力、とくに流れの速い瀬では船頭が岸にあがり、綱で引いたと伝えられます。

「おぉーい、舟が出るぞー。伏見の浜から、三十石船が出るぞー。」
♪(ヤレサー)伏見下れば 淀とはいやじゃ 
    いやな小橋を とも下げに(ヤレサ ヨイヨイヨーイ)

天満の子守歌歌碑

北区天満3丁目(南天満公園内)

『ねんねころいち天満の市よだいこ揃えて~』と歌われ、なつかしいなにわの歌として今も伝えられる天満の子守歌は、天満青物市場を歌ったもの。

現代でも新しくアレンジしたりして歌われている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

雨の長居植物園


スモークツリー、一番きれいな季節かな。

雨に濡れて水滴が光る。

タイサンボク。

アジサイ園では今が見ごろ。

ガクアジサイ、雨が似合います。

名前不詳、花色がきれい。

ヤマアジサイの紅(クレナイ)

まさに名前にふさわしい鮮やかな赤。
ヤマアジサイ の変種で、最初は白く、だんだん赤に変色していく。

万葉の小径のアジサイもきれいに咲いています。

カンナ・アミール

アメリカディゴ

南アメリカ原産の落葉低木。
日本では庭木として使われる。

寒さに弱いため関東以南で栽培可能。花期は6~9月頃で赤い花を咲かせる。
また、鹿児島県の県木であり、アルゼンチン、ウルグアイの国花である。

フェイジョア

花から果実まで楽しめる丈夫な常緑低木であるため[4]、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、イスラエルなどで庭木や公園樹として人気が高い。

日本では1980年代にキウィフルーツに続く新果樹として注目されたこともあったが、現在まであまり普及していない。

原因として、遺伝的に異なる個体間で受粉しないと結実しない(自家不和合性)であること、果実が一般的に出回らず訴求力に欠けること、生食時の食味がそれほど良くないことなどがあげられる。

エキナセア

エキナセアのハーブティーを飲むことで風邪やインフルエンザを予防し、膀胱炎などの感染症を鎮めることができると言われています。

北米の先住民はこのハーブを蛇にかまれた傷や熱病、歯痛などに使用していました。

名前不詳。

栗の木に、5月下旬よりいっせいに花が咲きます。

遠くから見ると、白い長い花のように見えます。
しかし、たくさんのこの長い花は、雄花です。
たくさんの雄花の中に、雌花が見つかります。

シャーレ―ポピーの咲く花園で遊ぶスズメ。

サンゴジュ

秋にできる赤い実が珊瑚に似ているとして名付けられた、初夏に白い花を咲かせる。

「未来」は、西洋アジサイと山アジサイとをかけ合わせた品種。

アジサイらしくよくまとまって咲く装飾花は花色も美しく花型も良いので観賞価値が高い。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

おふさ観音ではバラが見頃


スモークツリー。
約3800種類のバラが植えられた「花まんだらの寺」として知られる。

ドクダミ。

アジサイが咲き始めです。


クレマチスも花色を競う。

参詣者をもてなす目的で、イングリッシュローズを中心に約1800種およそ2000株(2008年5月現在)のバラとクレマチス・ハーブなどの植物が境内で栽培・展示されている。

バラは今が盛り。

花のほとんどは鉢植えで管理され、バラまつり以外の行事期間前後は移動している。鑑賞するだけでなく、近づいて香りも楽しめるようにと、縦横に通路を配して展示されている。

夏には風鈴が楽しめる。
涼やかな音色に誘われ「おふさ観音 風鈴祭」
おふさ観音(おふさかんのん)は、奈良県橿原市小房(おうさ)町にある寺院の通称名で … 続きを読む →


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

フライボード


フライボードとは噴射装置を足に装着し、その水圧の力で水上を飛び回ることのできるマリンスポーツ。

全日本フライボード選手権大阪大会2018「大阪はちけんや浜大会」が26日、27日の両日行われた。

プロ部門の優勝者は6月に開催される世界大会に出場するという。

水面から約10~20メートルまで上がり、横回転や宙返りを繰り返し、技の完成度などを競う。





関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

雨の屋上ガーデン


OCAT屋上ガーデン、扉を開けて、庭にはいると屋根がり20人くらいが座れるオープンデッキがあり、遅めのランチを楽しんでいる人もいます。

ガーデンは、日を遮る所があまりないので、夏場はちょっと厳しいかな、でも雨の日は涼しい別天地です。

この約1,000坪の庭園には、ラベンダーやタイム、ローズマリーなどのハーブ系の多年草や、ミモザやアーモンドの木といった植樹を中心に約200種類、1万株が植栽されている緑豊かな空間となっています。

ブラシの木を見つけました。

カンパニュラも雨に濡れています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!