admin の紹介

木村康雄 大阪在住 写真家

風の教会 ミーツ・アート芸術散歩


風の教会は、兵庫県神戸市灘区の六甲山上にある教会堂。

所在地から六甲の教会とも呼ばれる。
竣工は1986年、設計は後年(1996年)国際教会建築賞を受賞する安藤忠雄が手掛けた。

南仏プロヴァンスの「セナンク修道院」から影響を受けたとされコンクリート打ち放しの躯体に直方体の塔が載り柱廊はすりガラスの半透過の空間が特徴的。

当初は六甲山中腹の六甲オリエンタルホテルの庭園内に位置していた。

素材を生かした簡素な建物で、礼拝堂へ続くコロネードにはガラスが、堂内の十字架はRCフレームが用いられている。

教会を肉体に見立てて描かれた天井画のアニメーションは、本展のために制作された貴重な作品。

「天井画はその空間を延長する役割を持つ」との本人の言葉通り、天井から拡張した映像がこちら側へ迫力を伴って向かってくる。

天井のシミや傷も作品の一部のようだ。
一切の装飾がない風の教会だからこそ、より際立つ個性。

映像を観ながら、自分の身体に湧き上がってきたものをじっくりと感じてみよう。

礼拝堂内の一番後ろには小さなオルガンがある。
コンクリート打ちっぱなしの小さな礼拝堂内であることもあり、非常に強い音の反響がある。

以前は自由に見学できたが、六甲オリエンタルホテルが2007年6月15日限りで営業を終了したため、当分見学は出来なくなった。

2015年秋に六甲山上の観光施設を会場として開催された現代アートの祭典「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015」では、風の教会内に作品が展示され、内部を見学できた。

この催しはその後も定期的に行われているので、この催しが一般人が風の教会を見学できる最も手軽な方法である。

3年前の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の記事。
風の教会
兵庫県神戸市の六甲山の頂き近くに立てられた教会堂、通称・風の教会。 大阪府茨木市 … 続きを読む →


六甲スカイヴィラ迎賓館

六甲スカイヴィラは瀬戸内海国立公園内の「六甲山 標高931m」にある山岳リゾートホテル。

『天空の楽園』をコンセプトに1000万ドルの夜景や、四季折々の自然など神戸の「海」「山」「空」を思う存分楽しめる。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」で展示作品、個性的な作品が・・・・

少し不気味でもある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

嵐の六甲ガーテンテラス


あまりの寒さにガーテンテラスへ移動。

標高890mに位置する複数の展望テラスを中心とする複合施設。

それまで敷地内にあったホテルや展望施設を撤去し、2003年4月にリニューアルオープンした。

園内のいたるところから神戸市街や大阪湾を見渡すことができる。

リニューアルで誕生した西側の施設群は英国調に統一されている。

雲が出て強い風が吹きつける。

右上に見えるのはガス、嵐の予感。

強風にススキが煽られ異様な雰囲気になってきた。

ススキが気になりススキばかり激写。

雲の下は光る海・・・・画像をクリックすると拡大出ます。

吹き付ける風に雨が混じりだした、六甲ビューパレスへ避難しよう。

画像は六甲枝垂れ

1957年開業の十国展望台が2002年に老朽化したために閉鎖になった跡地に、経営する「山の上に立つ一本の大きな樹」がコンセプト。

テラス内の東側にある「見晴らしのデッキ」からの眺め。

一面ガスに埋まってしまった。

本来なら神戸から大阪にかけてを一望できるのだが、一面白い世界。

静止画像で良く分からないかもしれないが、ガスが激しく流れています。

先ほどまでいた見晴らしのテラスが霞んでいます。

激しい雨嵐を凌ぐこと小1時間、少しずつ晴れ間が見えてきました。


それでもまだガスは激しく流れています。

まだ激しくガスが流れていますが、青空が見えてきました。

雨が小止みになり、デッキには人影が・・・・

ここから先、雲の形が激しく変わります、面白くて撮っているときりがないくらい。

そろそろ次に行くことを考えなきゃ。

神戸空港がよく見えています、拡大して見てください、右手、海の中に誘導灯が伸びています。

拡大して見てください、関空が見えています、連絡橋の先に空港島が見えます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

秋の 六甲高山植物園


六甲山を登るケーブルカーだが、六甲山最高峰の山頂は3.7kmほど北東にある。

六甲山上駅ではケーブルカーと同じく六甲山観光が運行する六甲山上バスに接続しており、バスと六甲有馬ロープウェーを乗り継いで有馬温泉へ抜けることもできる。

アールデコ調の六甲山上駅の駅舎は創業当時のもので、大切に保存されている。

六甲山上駅のから眺望、前日からの雨が今朝止んで、今は御覧の通りの快晴。

例年であれば紅葉が始まる時期だが、今年は異常気象で前日まで夏日だった。

それでも一部は紅葉が始まっている。

しかし、今日は夏日からいきなり11月の気温となり、時折強風が吹きつけて寒い。

シクラメン・シリシウム

モウセンゴケ・アリキアエ

植物学の第一人者・牧野富太郎博士の指導を受けて1933年6月24日に開園し、1955年に博物館相当施設の指定を受けた。

園は海抜865mに位置するため年平均気温は北海道並の約9°Cである。

この気候を利用して世界の高山植物、寒冷地の植物など約1,500種の植物を栽培している。

ヒダカミセバヤ

ツリガソウかな

アサギリソウ

キクバヤマボクチ

ダイモンジソウが群生している。

湿生植物区(西入口前)
高原の湿地に生える植物を栽培しています。

池には鯉が放流されており、人が近づくとえさを求めてやってくる。

皇室と六甲高山植物園

六甲高山植物園は、その学術性から皇室の訪問(行幸・行啓)をたびたび受けている。

1958年には上皇が皇太子時代に訪れた。

上皇が皇太子時代に訪れた時に、園内に架けられた吊橋には「プリンス・ブリッジ」と名づけられたが、その後老朽化により2回架け替えられた。

2代目からは吊橋ではなくなったが、2代目の橋は木製の装飾により、現在の3代目は装飾のワイヤーにより吊橋の雰囲気を出している。

1971年には今上天皇が立太子前の学習院初等科在学中に訪れた。

1981年には、昭和天皇が神戸ポートアイランド博覧会視察のため、神戸を訪問した際に当園を訪れた。

園内には昭和天皇の行幸記念碑が設置されている。

また、昭和天皇は満開のエンコウソウ群落に特に関心を示した。

昭和天皇の帰京後、宮内庁を通じてエンコウソウの譲渡の要請があり、30株が皇居吹上御苑に献上・移植された。
園内には皇室三代訪問時の記念植樹もある。

過去の訪問記録

春の六甲高山植物園
六甲山上も春です、新緑とオオヤマザクラのコラボがきれい。 ユキモチソウ。 サトイ … 続きを読む →

初夏の高山植物園
ムサシアブミ 地面から立ち上がる第一の葉柄の途中から二番目の葉柄が分岐し、その途 … 続きを読む →

夏の六甲高山植物園1/3
六甲高山植物園では世界や日本の高山帯に咲く約1500種の四季折々の植物に出合える … 続きを読む →

夏の六甲高山植物園2/3
アサギリソウは、北陸地方や東北地方以北の岩場に見られるヨモギの仲間。 全体に白い … 続きを読む →

夏の六甲高山植物園3/3
コウホネ、浅い池によく見かけるが、流れの緩い小川に出現することもある。 根茎が骨 … 続きを読む →

六甲高山植物園に初秋を訪ねる2/3
今上天皇が皇太子時代に訪れた時に、園内に架けられた吊り橋には「プリンス・ブリッジ … 続きを読む →

六甲高山植物園に初秋を訪ねる 1/3
まだまだ日中はうだるような暑さが続いているが、夕方ともなるとどこからともなく虫の … 続きを読む →

六甲高山植物園に初秋を訪ねる3/3
2008年6月に六甲高山植物園はスイスを代表する高山植物園とされるベルン州インタ … 続きを読む →

ヒマラヤの青いケシまだ見頃 高山植物園
高山植物園ではヒマラヤの青いケシがまだまだ見頃です! メコノプシス・ベトニキフォ … 続きを読む →

紅葉シーズン到来 六甲高山植物園
六甲高山植物園は植物学の第一人者・牧野富太郎博士の指導を受けて1933年6月24 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日本最初の庭池 名勝大沢池散策


大覚寺は、京都市右京区嵯峨大沢町にある真言宗大覚寺派の大本山の寺院。

山号は嵯峨山。
本尊は不動明王を中心とする五大明王、開山は恒寂入道親王。

嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院である。

また、後宇多法皇がここで院政を行うなど、日本の政治史に深い関わりをもつ寺院である。
また、嵯峨天皇を流祖と仰ぐ華道嵯峨御流の総司所(家元)である。

池舞台、ここで「嵯峨の送り火・宵弘法」が行われる。

静かに夏に別れを告げる嵯峨の送り火・宵弘法 | 大覚寺
毎年8月20日の夜には、大沢の池に数多くの灯籠が浮かび、池にせり出すように作られ … 続きを読む →


大沢の池のハスも枯れて秋の風情。

春爛漫 大覚寺大沢池
大覚寺に隣接している大沢池、中国の洞庭糊になぞらえて「庭糊」とも呼ばれている。 … 続きを読む →


ススキも秋の風情をそえる。

放生池のハスはまだ緑を保っている。

真紅の水鏡

紅葉の名所として知られる寺院。
紅葉シーズンになると、境内の紅葉樹が真っ赤に色づき、園内を彩る。

見頃を迎えた紅葉は、大覚寺ならではの風雅を演出し、放生池の水面に映し出される心経宝塔のあでやかさは圧巻の光景だ。

大覚寺 「真紅の水鏡」2016年度
本堂および大沢池周辺の広大なエリアを、幻想的で柔らかな光で照らし出す。 見頃を迎 … 続きを読む →

心経宝塔は剣客商売など時代劇で度々登場している有名ロケ地。

護摩堂

堂正面に掲げられた額には「仏母心院跡」とあるが、護摩木を焚くところなので「護摩堂」と称する。

こじんまりとした形から各地のお堂として使われる。
旅物をはじめ江戸の市井を描く作品にも多用される。

大沢の池の北岸、護摩堂の横に、20体近い石仏群がならんでいます。

比較的大型の7体の石仏は鎌倉中期の造立と思われる古石仏で、嵯峨野の石仏では有名です


大沢の池 天神社

天神島は、御神木の姿によって遙か遠くからでも一目でわかります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

旧嵯峨御所大覚寺門跡


嵯峨野の北東に位置するこの地には、平安時代初期に在位した嵯峨天皇が離宮を営んでいた。

臥龍の松

地を這うように松が生い茂っており、非常に美しい。

嵯峨天皇の信任を得ていた空海が、離宮内に五大明王を安置する持仏堂の五覚院を建て、修法を行ったのがそもそもの起源とされる。

画像は表門天井

江戸時代初期 木造切妻造本瓦葺

その後、嵯峨天皇が崩御してから30数年後の貞観18年(876年)、皇女の正子内親王(淳和天皇皇后)が離宮を寺に改めたのが大覚寺である。

嵯峨天皇には孫にあたる淳和天皇の皇子の恒寂(ごうじゃく)入道親王を開山(初代住職)とした。

北山杉が壁に影を落とす。

応仁2年(1468年)、応仁の乱によりほとんどの堂宇が焼失する。

天文3年(1534年)からは東山にある安井門跡蓮華光院の門跡を兼帯するようになった。

天文5年(1536年)、木沢長政により放火されて堂舎が炎上している。

天正17年(1589年)に空性が門跡になってから復興にとりかかり、寛永年間(1624年 – 1644年)にはほぼ寺観が整えられた。

「女ひとり」という歌があった、永六輔作詞、いずみたく作曲、デューク・エイセスが歌ったご当地ソング。

「にほんのうた」シリーズの一曲で、京都府を舞台とした楽曲。

1965年に制作され、ヒットした。福岡県を舞台とした「ぼた山」との両A面シングル(東芝レコード TP-1117)として発売された。

歌詞には、京都の三千院、高山寺、大覚寺の三つの寺院が登場する。

村雨の廊下

宸殿と心経前殿を結ぶ回廊は、縦の柱を雨、直角に折れ曲がっている回廊を稲光(いなびかり)にたとえ「村雨の廊下」と呼ばれる。

高貴な人が通られる際の防犯の意味で、天井は刀や槍を振り上げられないように低く造られている。

床は鴬(うぐいす)張りとなっている。

嵯峨菊は、嵯峨天皇がその気品ある姿と香りを好まれ、この独特の古代菊を、永年にわたり王朝の感覚を持って育成し、一つの型に仕立て上げられた風情と、格調をかねそなえた菊が大覚寺「門外不出」の嵯峨菊。

この菊の仕立ては一鉢に三本仕立てとし、長さは約二メートルに育成。

これは殿上から鑑賞されるために高く育てているのです。

嵯峨菊は、嵯峨天皇がその気品ある姿と香りを好まれ、この独特の古代菊を、永年にわたり王朝の感覚を持って育成し、一つの型に仕立て上げられた風情と、格調をかねそなえた菊が大覚寺「門外不出」の嵯峨菊です。

以前の映像大覚寺の嵯峨菊展2016

毎年大覚寺の境内にて11月1日~11月30日の1ヶ月間開催され、大覚寺で栽培され … 続きを読む →

今年も展示が予定されている。

日 程:令和3年11月1日(月)~11月30日(火)

時 間:9時~17時(16時30分受付終了)

勅使門

江戸時代・嘉永年間の再建で門は四脚門とし、屋根は切妻造り、正面および背面に軒唐破風を付け全体は素木造りだが唐破風の部分のみ漆を塗り、金鍍金の飾り装飾を施している大きな菊の御紋をいただいたすばらしい門。

伝統的な建築を表現するにはやはり色が邪魔になる。

モノクロで仕上げてみた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

秋 嵐山


中島橋からの景観、秋の気配は感じられない。

ズームしてみる、観光用のボートが係留されている。

まだ、秋というには程遠い、インバウンドの姿もなく静かに秋を迎えている。

古くは葛野川と呼ばれ、大堰川と呼ばれるのは、5世紀後半に、この地域で大変な力を持っていた秦氏(渡来系の豪族)が、川に大きな堰(せき)をつくり、灌漑用水を引いたことに由来します。

大堰川に橋を架けられたのは、承和年間(834年〜848年頃)法輪寺を中興した僧、道昌(どうしょう)で、法輪寺の門前橋であったことから「法輪寺橋」と呼ばれていました。

渡月橋と呼ばれるようになったのは、鎌倉時代に亀山天皇(在位期間1259年〜1274年)が、満月の晩に舟遊びをされ、月が橋の上を渡るように見えることから、
「くまなき月の渡るに似る」と詠われたことからに由来します。

上桂川、桂川、大堰川、保津川など流れている地域によって名を変えているが、いずれも同じ川(桂川)である。

司馬遼太郎は、渡月橋をこう評価しています。
この景観には、大きく弧を描いた唐橋は似合わない。
渡月橋はひたすら水平の一線をなしている。
それも、橋であることの自己顕示を消しきったほどにひかえめである。
この感覚は、桂離宮の軽みにも通じている。
また、どこから見ても、景観のなかでは、低めの位置に渡月橋の一線があり、
この位置が、黄金分割になっている。
『街道ゆく 嵯峨散歩』より

秦の時代に中国四川省の成都の郊外に築かれた都江堰(とこうえん)と京都の秦氏が築いた葛野大堰がよく似た構造をしている。

葛野大堰とは、観光地で有名な嵐山の渡月橋の直ぐ上流周辺を指している。

実は、秦の始皇帝の末裔の秦氏の土木技術者が朝鮮半島の新羅経由で渡来して、京都嵐山の渡月橋の上流に葛野大堰を築いたことになる。

川漁をしている人の姿が見られる。

鵜縄(うなわ)と呼ばれる漁か。

縄に鳥(鵜など)の羽根を取り付けて、縄で水面をたたきながら網に魚を追い込んで魚をとる漁法。

二人で涼をしている、向こう側の人が石を投げて魚を網に追い込もうとしている。

一般的に、渡月橋を境にして、上流を大堰川 (おおい がわ)、下流が桂川 (かつら がわ)と言われてます。

静かに秋の風情です。

渡月小橋の上から・・・

大きい流れの桂川の上に渡月橋がかかっている。
小さい流れの桂川には小渡月橋架かっている。
この川は保津川下りの船を陸揚げしたり、船着き場がある。

保津川下りの船が係留されている、舫い舟(もやいぶね)とでも呼んだら風情が出るのかな。

二枚目の画像の奥に係留されているのがこの舟。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

秋の花祭り 長居植物園


長居植物園、随所に秋の気配。

カツラも紅葉してきれい。

カツラは葉の香りに由来し、落葉した葉は甘い香りを発することから、香りが出ることを意味する「香出(かづ)る」が名前の由来といわれている。

あちらこちらと黄色く紅葉した姿が。

今年はアサザが沢山茂ってきれいです。

小池の周りではメタセコイヤが紅葉を始めています。


馬などの尾に似ているところからススキの別名。

また、ススキの花穂。
秋の七草の一。
はなすすき。

《季 秋》「牛群れて小川を渡る―かな/鳴雪」

幽霊の正体見たり枯れ尾花とは、恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないものまで恐ろしいものに見えることのたとえ。

花のベストシーズン10月。

長居植物園で「秋の花祭り」開催中。

10月11、18、25の月曜日は臨時開園のようです。

キアゲハ、葉だけではなく花序や若い果実をも好んで食べて育つ。

ジュウガツザクラが開花中。

エドヒガン系の中のコヒガン系の栽培品種で、マメザクラとエドヒガンが交雑した種間雑種で[、春と秋から冬にかけての二度開花する二季咲きが最大の特徴である。

秋に咲くバラは、花は少し小ぶりながら、「深い香り」と「濃い色合い」が特徴。

香り豊かな「秋バラ」の1本1本の香りや色味、美しさをゆっくりと楽しみたい。

ハーブ園では花が咲き乱れています。

たわわに実を付けたカリン。

果実はパパイヤと似たような縦長の形をしており、350~500g程の大きさになります。

表皮の色は明るい黄色で、熟した果実の表面はつるっとしています。

果肉は薄い黄色から橙黄色でとても固く、中心部に縦に5本の空洞があり、その中に無数の種が入っています。

可憐な「コスモス」

色とりどりの10品種20万本のコスモスが秋風に揺れ、咲き乱れる光景は、まさに絶景!

期間最終日にはコスモス畑を開放し、花摘み体験会(別途300円)も開催されるようです。


キアゲハが花の間を忙しく飛び回る。
関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!


明け方強いサイド光に照らされた光景は時に美しいと感じる。

古くから宗教に光は登場しており、より具体的には太陽と結びつけられることも多かった。

古代エジプトの神、アメン・ラーなどはその一例。

プラトンの有名な「洞窟の比喩」では、光の源である太陽と最高原理「善のイデア」とを結びつけている。

ポートレート撮影などでよく使われる半分影になるので印象的なライティング、よく言うレンブラントライトなんていうのもそうですよね。

散歩のお供は光・・・となることが多い。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

散歩


今日も低空に雲があり日の出が少し遅れた。

久しぶりにハーフNDフィルターを取り出して使ってみた。

フルサイズを使っていたころのもので思いついて使ってみたのだが強い光を遮って思いのものを表現したいときは欠かせないものだ。 

バリアブルNDフィルターを探しているのだが長いこと使わないので所在不明。
スナップを撮っているときなど遮光量に応じたフィルターをセレクトしている猶予が無い時などに重宝する。

毎日相当な距離を歩くタフな老人、以前も記事にしたことがある。

朝の輝きの中で
今日も住之江公園、住吉川を朝の散策です、今日は「朝の輝き」をテーマに楽しみます。 … 続きを読む →


朝日の降り注ぐ坂道、逆光でとらえると素晴らしいシルエットが生まれます。

散歩
暑さ寒さも彼岸までと言われますが、昨日が彼岸明けになります。 暦のうえでは立秋か … 続きを読む →


毎日多くのウォーカーがこの道を歩きます。

毎日のことで知り合いも少しずつ増えてきます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

朝の輝き


朝のまだ暗いうちから鳥たちが鳴き始める。

ネットの書き込みに面白い記述があった。

これは,鳥が朝何時ごろから鳴きはじめるかを,1年以上にわたって観察した結果の報告である.

声を記録した烏は約30種であるが,そのうちハシブトガラス,ヒヨドリ,スズメ,キジ,キジバト,ハクセキレイ,トビの7種については,鳴きはじめる時刻の季節変化をはっきりとらえることができた.

カラス以外の鳥は,日の出の時刻の前後から鳴きはじめていて,日の出のころの明るさ,または明るさの変化が,鳥の行動開始と深い関係があることがわかった.

と、いうものだ。

日の出の前後、鳩の群舞が見られるが似たようなものかな。

逆光の画像だが、差し込む光が水面にキラキラ光る。

朝の一瞬だが森の中に入ると強いサイド光が射し込む。

明暗がはっきりとした、メリハリのある場面が広がる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!