甲山大師 神呪寺


神呪寺(かんのうじ、神咒寺)は兵庫県西宮市甲山山麓にある真言宗御室派別格本山の寺院。
通称甲山大師(かぶとやまだいし)と呼ばれる。
新西国三十三箇所第21番札所。

画像は仁王門、江戸時代(1804年)建立、三間一戸八脚門(中央高屋根四脚門)

寺号の「神呪寺」は、「神を呪う」という意味ではなく、甲山を神の山とする信仰があり、この寺を神の寺(かんのじ)としたことによるという。

神呪寺の本尊・如意輪半跏(はんか)像は、河内観心寺、大和室生寺の如意輪観音像と合わせて、日本三如意輪と呼ばれている。
家業繁栄・商売繁盛のご利益があるとされ、秘仏となっている。
融通さん、融通観音とも称されている。

なお、「神呪」(じんしゅ)とは、呪文、マントラ、真言とほぼ同義で、仏の真の言葉という意味がある。開山当時の名称は「摩尼山・神呪寺(しんじゅじ)」であり、「感応寺」という別称もあったようだ。

神呪寺は第53代淳和天皇の第四妃(後の如意尼)が開いたとする。

一方、『帝王編年記』には、淳和天皇皇后の正子内親王が天長4年(827年)に橘氏公、三原春上の二人に命じて真言宗の寺院を造らせたとある。

この「多宝塔」は天長8年(831年)に神呪寺が開創されてから1150年目にあたる昭和55年に国家安泰、十方施主、万徳円満を祈願し、神呪寺の無窮の興隆を念願して建立されたといわれている。

1200万年前に噴火したとされる。岩質は輝石安山岩からなり、隣接した花崗岩(いわゆる御影石)からなる六甲山とは全く形成過程が異なる。

1200万年前の活動期には大きく広がる山体を持っていた。約200万年間の活動が終息した後、侵食によりわずかに火口付近の火道周囲のみが塊状に残るに至ったことが確認されている。

神功皇后が平和を祈願して兜等を埋めたという伝説があり、またその山の形がかぶとに似ているところから、甲山と名付けられたこの山の中腹に、神呪寺がある。
ただ一般には神呪寺というより、甲山大師の名で親しまれている。

天長7年(830年)に空海は本尊として、山頂の巨大な桜の木を妃の体の大きさに刻んで、如意輪観音像を作ったという。

この如意輪観音像を本尊として、天長8年(831年)10月18日に本堂は落慶した。
同日、妃は、空海より剃髪を受けて、僧名を如意尼とした。

如意尼が出家する以前の名前は、真井御前(まないごぜん)と称されていた。

この時、如意尼と一緒に出家した二人の尼、如一と如円は和気清麻呂の孫娘であった。

鎌倉時代初期には、源頼朝が再興する。
境内の近くには源頼朝の墓と伝えられている石塔がある。

境内から西宮市街を望む。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新春の大和川


奈良県桜井市の北東部、貝ヶ平山(かいがひらやま、標高822m)近辺を源流としており、上流部では初瀬川と称される。

奈良盆地を西に向かって流れつつ、佐保川、曽我川、葛城川、高田川、竜田川、富雄川など盆地内の大半の河川を生駒山系の手前までに合わせる。

生駒山系と葛城山系の間を抜けて、大阪平野にでると柏原市で南河内を流れてきた石川と合流してまっすぐ西へと流れ、大阪市と堺市の間で大阪湾に流れ込んでいる。

大和川は天井川です。

大和川の水面の標高は18メートル、一方、上町台地の東側に広がる河内の地域はゼロメートル地帯です。
「河内」という地名も、「河の内」と書きますよね。

ですから、もし大和川の右岸が決壊したら、一気に水は河内平野に流れ込みます。

奈良県から大阪府へ抜ける峡谷は、「亀の瀬」と呼ばれる地滑り多発地帯。
同区間を走る関西本線(大和路線)や国道25号も過去に度々被害を受け、関西本線は路線を付け替えている。

度重なる被害の大きさに、河内の大和川流域の村々から付け替えの機運が起こり、現在の東大阪市にあった今米村の庄屋、中甚兵衛らが河内の農村をとりまとめ何度も幕府に請願し続けた。

新しい川の流路となる村々からも付け替え反対の請願が起こったが、1703年(元禄16年)10月、幕府はついに公儀普請を決定する。

また流域の奈良県などで下水道普及が遅れているなどの原因で水質の悪い一級河川の一つであり、2009年の調査では関東の綾瀬川に次いでワースト2位であった。

現在は以前と比べて水質が大幅に改善されており、2010年調査ではワースト3位まで改善して環境省の水質基準も満たしている。

2007年11月には、アユの産卵も確認された。

なお、水質が悪くなる前より、古くからシラスウナギ(ウナギの稚魚)が採れることでも知られている。

加賀屋甚兵衛は延宝8年(1680)河内国石川郡喜志村(現在の大阪府富田林市喜志町)で生まれ、11歳のとき、大坂淡路町の両替商加賀屋嘉右衛門の店に奉公人として入った。

加賀屋は天王寺屋、鍵屋、鴻池など十人両替と呼ばれる大店に次ぐランクの店であった。

甚兵衛は35歳で暖簾分けを許され、加賀屋甚兵衛として新たに自分の店を持つ。

甚兵衛は商用で堺に行く途次、紀州街道の西に広がる大和川の浅瀬が新田開発に適していることを知り、新たな事業に投資すべく45歳の年に初めて新田開発に手を染めた。

宝永元 … その前年には「加賀屋新田会所」(現在の大阪市住之江区南加賀屋)を建てており、甚兵衛はここを終(つい)の棲家(すみか)としたのである。 ….

本殿の屋根は大和 川堤防の遊歩道から眼下に見え、大和川が天井川であることを改めて知らされる。

アマゾン堺フルフィルメントセンター(FC)は、西日本最大級の規模をもつ拠点で、西日本の各FCをまとめる基幹の役割を担っています。

その延べ床面積は、東京ドームの約1.5個分。

沖に見えるのは大阪から韓国・釜山への旅をワンナイトクルーズで、パンスタークルーズは瀬戸内海を定期運航する唯一無二の国際船籍のフェリー。

南港の国際ターミナルへ向かうところ。

豪商の気風を映す新田会所跡。

260年むかしの豪商の暮らしがよみがえる 加賀屋新田会所跡
加賀屋新田を開発した加賀屋甚兵衛は大阪淡路町の両替商であり、享保13年(1728 … 続きを読む →


のんびりと釣りを楽しむ人を見かけた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

真冬の住之江公園

真冬を迎えた住之江公園、この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言う。

暦の上では冬の寒さが一番厳しい時期となる。
この日から寒中見舞いを出し始める。

大池にはゆりかもめが渡来し群舞する姿が見えます。

全長40cm。
冬鳥として、全国の河、河口、湖沼、海岸に至る水辺に来ます。

赤いくちばしと足がきれいな小型のカモメの仲間で、水上に群がる姿は白い花が一面に咲いたようです。
在原業平や和泉式部の古歌に登場する都鳥(みやこどり)はこの鳥。

主にカムチャッカ半島から渡って来ることが、標識調査の結果からわかっています。
対岸にはサギも見えています。

カモの親子がのんびりと。

「花と緑のスクエア」はイングリッシュガーデン風の「サンクンガーデン」(沈床花壇…周囲から眺められるように、真ん中を一段低く設計された花壇)、 スクエアの周りには20数種のバラが生育し、毎年顔を見せてくれる宿根草や多年草が何十種類も植わっていて四季おりおり楽しませてくれています。

春と秋には一年草を植え替えて、新しい表情を見せてくれます。

時期を過ぎたガーベラが寒そうに震えている。

草地を散策していると昼寝中のノラ猫が驚いて飛び出してきました。

サザンカは住之江区の区花。

秋の終わりから、初冬にかけての寒い時期に、5枚の花弁の花を咲かせる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

旧居留地散策

神戸港開港により外国人の営業を認可する治外法権の居留地が設けられ、イギイス人土木技師J.Wハートにより、126区画の西洋的な区画に整備され、西洋の文化が花咲く国際都市へと発展した。

当時「東洋の居留地として最も美しい街」と称され今でもほぼそのまま残されている

南京町の東の入口に当たる長安門。
旧居留地西端の鯉川通に面している。

当時、条約の未締結国であった清国から神戸に渡ってきた華僑は、居留地には住むことができず、その西側に多く住み着き、南京町といった中華街を築いていった。

旧居留地内の住所は町名+番地の外国スタイル。
町名は江戸町、京町、浪花町など日本の都市にちなんだものが多いのも特徴。

スポーツ用品メーカーの「ナイキ」という社名の名前に由来といわれるニケの像。

ニケは、ギリシャ神話の神でアフロディーテの娘で航海中に糸を紡いだり様々な役立つものを作り出す生産の神と同時に勝利の神の象徴として船の先に航海の危機を乗り切り安全を祈願して女神像として取り付けられていました。

明石町筋と仲町通りが交差する角にあるのは旧居留地38番館。
近代建築の匠、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ事務所による設計の情趣溢れた建物で、訪れる多くの人々を魅了しています。

1894年(明治27年)、明治政府はイギリスとの間に日英通商航海条約を締結し、領事裁判権の撤廃と外国人居留地の返還を実現した。

政府はその後同じ内容の条約をアメリカ、フランスなど14ヵ国と締結した。

これら一連の条約は1899年(明治32年)7月17日に発効し、同日をもって神戸外国人居留地は日本側に返還された。

神戸旧居留地のランドマークともいえる大丸神戸店。

その大丸神戸店の天井の高い、石の廻廊の下に『CAFFELA(カフェラ)』というオープンカフェがあります。

通りに向かって並んだ籐の椅子。足もとには荷物籠。
しつけのいい接客。
それだけで、もう、外国のようじゃないですか。

冬にはちゃんとひざ掛けも用意されています。もちろん、とっても暖かいストーブもあるので、木枯らしビュービュー吹き荒ぶ日でなければ、快適に過ごせます。

返還された居留地(旧居留地)には大正から昭和初期にかけて日本の商社や銀行が多く進出し、ビジネス街として発展した。

一方、外国商館は第一次世界大戦を境に衰退を見せた。

とりわけ大戦において日本と敵対したドイツ人所有の不動産は強制的に日本人に売却され、旧居留地においても日系商社がドイツ系商社にとって代わった。

1931年(昭和6年)の時点で、外国人が永代借地する旧居留地内の区画は126区画中47区画にまで減少した。

電気供給が開始されるにあたって居留地側は電線が空中を横切るのは美観を損ねると主張し、電線は地下に配線されることになった。

居留地返還後も旧居留地では電線は地下配線され、通りに電柱が建てられることはなかった。

神戸外国人居留地はラムネ発祥の地といわれることがある。

アレキサンダー・キャメロン・シムが経営するシム商会が、1884年(明治17年)頃に「18番」と呼ばれる(シム商会が居留地18番地にあったことに因む)ラムネの製造・販売を始めたが、「日本清涼飲料水工業発達史」には「神戸の A.Cシム商会が日本で最初のラムネだろう」と記されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

うろこの家


神戸で最初に公開された異人館。
外壁に貼られた天然スレートの形状が魚鱗のように見えることが館名の由来。

明治38年(1905年)頃、神戸旧居留地に外国人向けの高級借家として建設され、大正年間に北野町に移建された西洋館で、後にドイツ人R.ハリヤーの住居となった。

そのため旧ハリヤー邸とも呼ばれるが、「うろこの家」という通称の方が一般的。

館内には、時代の経た家具・調度品とともにマイセンをはじめとする陶磁器、エミール・ガレやティファニーなどのガラス工芸品が展示されている。

そばにあった解説には「王家の橇(そり)」と書かれていて、こちらも調度品のうちの一つ、デンマークの王子がアマリエンボー宮殿で使っていたもので、1750年頃のものだそうです。

ガレのランプ。

プライベートルームには、遊び道具がいっぱい。
テニスのラケット、スキーの板、ゴルフクラブ、三脚つきカメラ、スケート靴。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

うろこの家展望ギャラリーアート

展望ギャラリーは、「うろこの家」の姉妹館として1982年に開館した。
ヨーロッパの近・現代絵画の名作を幅広く収集して展示しています。

花人・上田真弓作品展「紡ぐ花びら」開催中。

タイトルの「紡ぐ花びら」は作者が花から解いた花びらを紡ぐように制作していく様から。

異人館プリザーブドフラワーコンテストで2度の大賞受賞者。

ノエル 「嵐のち晴れ」

ディエ 「裸婦」

3階展望ギャラリーでは、地元の画家で、画壇の芥川賞と称される安井賞のグランプリを受賞した堀江優の代表作を展示しています。

「ノアの訴え」

「イエスの服に触れる女」

「裏切り」

さらに神戸の街と港、はるか大阪港や淡路島まで広がる神戸・北野異人街随一の眺望。

この日は薄曇りで雲が多く少し肌寒い一日でした。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

山手八番館(旧サンセン邸)


山手八番館(旧サンセン邸・明治後期築)は、サンセン氏の自宅として建設された洋館です。

海に向かって台形の張り出し窓が連なる個性的な外観で、柱や梁、筋交いなどの骨組みが外部に現されたハーフティンバーと呼ばれる様式や、曲線を描くように石を積み重ねたアーチ状の梁のある開口部などが特徴的なチューダー風の館です。

このアーチ状の入口を入った所で、素敵なステンドグラスがお迎えします。

写真はピカソも大いに影響を受けたと言われる東アフリカ『マコンデ族の彫刻』。
聖なる意味を持つ木彫りの彫刻。

壁には、バロック時代の巨匠レンブラント、ドイツ・ルネッサンスの代表的な画家デューラー、18世紀イギリスの風刺画家ホーガースらの版画を展示。

2階には、ガンダーラやタイなど日本の仏像のルーツとなる仏陀や菩薩像が厳かに鎮座。



展望室からは神戸の街並みが・・・・・

今日のお昼は「カフェレストラン ティファニーの休日」

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ゆく年くる年


大みそかの夕日。

2019年は令和時代の始まりという明るいニュースはありましたが、総じて災害等の暗いニュースの多い年ではなかっただろうか。

沖縄県の首里城が火災で全焼、東日本における大雨、台風の被害、京都アニメーション放火殺人事件、締めくくりがゴーン被告の国外逃亡。

開けて元旦の日の出。
横着をしてベランダからの撮影。

今年はいい年になってほしいと願っています。

住吉大社へ初詣、今年はどうも気のせいか人出が少ないようだ。

第一本宮の様子。

御田に新しい年の光が射し込む、いい年でありますよう。

近年は時間差の初詣です、早朝8時ごろが一番空いているようだ。

護国神社、此方もパラパラと人が参拝している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

北野外国人倶楽部(旧フリューガ邸)


開港当初、外国人居留地に建ち、外国人たちの社交場として賑わっていた。

その名残は、暖炉や豪華な家具調度品にとどめている。

銅製の鍋や杓が並ぶ薪炭時代の『オールドキッチン』

ドン・キホーテの像。

異国情緒漂わせる帆船。

こちらでプレミアムチケット所持者はドレス体験をすることができます。異人館に合ったレトロなドレスがそろっており、ドレスを着て写真撮影を楽しめます。


空には魔女が・・・・・

1890年ごろのフランス製、ノルマンディ地方の貴族が使用していた馬車。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

坂の上の異人館(旧中国領事館)


久しぶりの異人館街訪問。
年末というのに大勢の人出です。

中国の政治家・王兆銘(1883~1944年)が1940年、南京に親日政府を樹立したとき、中国領事館として神戸に建てたものが始まり。

現代中国画壇の第一人者、王成喜の墨彩画「春」はこの館の絵画郡の中でもひときわ目立つ。

一時期中国領事館として使われていた歴史から、館内のインテリアは明朝(1368年~1615年)~清朝(1616年~1911年)に至る中国の貴重な家具、調度品、美術品で統一されています。

数ある神戸異人館の中でも、唯一東洋的な建物です。

こちらは寝室、ベットは中国の雰囲気のものが置かれていました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!