萬福寺 ハスが咲き始めました


三門前の放生池の蓮はまだ咲いていません。

回廊沿いにある中和園の蓮は咲いています。

「山門を出れば日本ぞ茶摘み唄」と歌われるように、ここは中国風のお寺です。

池の周囲をぐるりと回りフジの蔓を額縁に。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

宇治の間


宇治の間は、光源氏の息子、薫、孫の匂宮が登場する源氏物語の第三部のうち「宇治十帖]と呼ばれる部分。

薫、匂宮、大君、中の君、そして浮船の五人が宇治の地で綾なす恋の物語。

桐壺院の八の宮(第八皇子)で、光源氏の異母弟である。

冷泉院の東宮時代、これを廃し代わりに八の宮を東宮に擁立せんとの弘徽殿大后方の陰謀に加担させられたため、時勢が移るとともに零落していったのである。

今は北の方に先立たれ、宇治の地で出家を望みながらも二人の姫君(大君、中君)を養育しつつ日一日を過ごしている。

宇治山の阿闍梨から彼を知った薫は、その俗聖ぶりに強く惹かれ八の宮のもとに通うようになりますます傾倒してゆく。

通い始めて3年目の秋、八の宮不在の宇治邸を訪れた薫は、有明の月の下で箏と琵琶とを合奏する姫君たちを垣間見る。

屈託のない、しかも気品高く優雅な姫君たちに、薫はおのずと心惹かれる。

薫は女房を介して大君に逢いたく思うが、代わりに老女房の弁が現れる。弁は故柏木の乳母子(めのとご、乳母の娘)で、今は八の宮の侍女である。弁は、薫の出生の秘密と柏木の遺言を伝えることを約束する。また薫は、案内してくれた邸の従者に自らが着ていた直衣を贈る。

京に戻ってから薫は大君と弁の言葉が気になって頭から離れない。薫は匂宮に宇治の姫君たちの存在を語り、匂宮はその話題にいたく興味を示し、「ついに薫にも恋が訪れたか」と驚く。

年の暮れの雪の日、宇治を訪れた薫は大君と対面し、匂宮と中君の縁談を持ち上げつつ、おのが恋心をも訴え、京に迎えたいと申し出るが、大君は取り合わなかった。

翌年の春、匂宮の中君への思いはますます募るようになり、夕霧の六の君との縁談にも気が進まない。また、自邸の三条宮が焼失した後始末などで、薫も久しく宇治を訪ねていない。

夏、宇治を訪れた薫は、喪服姿の姫君たちを垣間見て、大君の美しさにますます惹かれてゆくのであった。

薫の庇護を受けていた女が匂宮に連れ出されて宇治川対岸の隠れ家へ向かう途中に詠んだ和歌

「橘の小島の色はかはらじをこのうき舟ぞゆくへ知られぬ」

橘の茂る小島の色のようにあなたの心は変わらないかも知れないけれど、水に浮く小舟のような私の身は不安定でどこへ漂ってゆくかも知れません。

宇治十帖(「橋姫」より「夢浮橋」まで。薫20-28歳) あらすじ

柏木と女三宮の不義の子・薫と、源氏の孫・匂宮が、宇治八の宮の三姉妹・(大君、中君、浮舟)をめぐって織りなす恋物語である。

つよい仏教色、無常感が作品の主調をなし、優柔不断で恋に対して決定的な強引さを持たない薫の人物造形がライバルである匂宮や第一部、第二部の源氏と対比されている。
薫の人物像はこの後の王朝物語、鎌倉物語に強い影響を与えた。

橋姫(薫20-22歳10月)

源氏の弟・八の宮は二人の娘とともに宇治に隠棲し、仏道三昧の生活を送る。
みずからの出生に悩む薫は八の宮の生き方を理想としてしばしば邸を訪れるうちに、ふとしたことから長女・大君に深く心を引かれるようになる。
都に戻って薫が宇治の有様を語ると、匂宮もこれに興味をそそられるのであった。

椎本(しいがもと)(薫23歳2月-24歳夏)

春、匂宮は宇治に立寄り、次女・中君と歌の贈答をする。
秋、八の宮が薨去。
二人の姫君たちは薫に托された。

薫は中君と匂宮の結婚を計画し、自らはを大君に想いを告げるが彼女の返答はつれない。
しかし薫の慕情はいっそうつのる。

総角(あげまき)(薫24歳8月から年末)

薫は再び大君に語らうが想いは受け入れられず、むしろ大君は中君と薫の結婚を望む。
秋の終わり、大君により中君と薫が一つ閨に取り残されるが、薫は彼女に手を触れようとしない。

やがて当初の計画通りに薫は匂宮と中君の結婚を果たすが、匂宮の訪れは途絶えがちで、これを恨んだ大君は病に臥し、遂には薫の腕のなかではかなくなる。。

早蕨(さわらび)(薫25歳春)

翌年、大君の喪が明けて中君は匂宮の元に引き取られる。
薫は後見として彼女のために尽くすが、それがかえって匂宮に疑われる始末であった。

宿木(やどりぎ)(薫24歳春-26歳4月)

匂宮と夕霧の娘・六の君が結婚し、懐妊中の中君は行末を不安に思う。
それを慰めるうちに彼女に恋情を抱き始めた薫に中君は当惑するが、無事男子を出産して安定した地位を得る。

一方で薫は今上帝の皇女・女二宮と結婚するが傷心は癒されない。
しかし初瀬詣の折に、故大君に生き写しである中君の異母妹・浮舟を垣間見て、心を動かされるのだった。

東屋(あずまや)(薫26歳秋)

浮舟は母の再婚により田舎受領・常陸介の継娘として育てられ、父の財力のために求婚者は多い。
しかし母は高貴の男性との婚姻を望んで、彼女を中君の元に預ける。

母の意中は薫にあったが、ある夜、匂宮が見つけて強引に契りを結ぼうとしたためにあわてて浮舟を引き取り、後に薫と相談して宇治に移す。

浮舟(うきふね(薫27歳春)

浮舟への執心やまぬ匂宮は、中君への手紙から彼女の居所を察し、薫を装って宇治に赴いて強引に浮舟との関係を結んでしまう。

やがて浮舟も宮を憎からず思うようになるが、何も知らない薫は彼女を京に移そうと準備を始め、匂宮もこれに対抗してみずからのもとに彼女を連れ去る計画を立てる。

その結果匂宮とのことは薫の知る所となり、裏切りを詰る歌を贈られた浮舟は二人の男のあいだで懊悩する。

蜻蛉(かげろう)(薫27歳春から秋)

浮舟は行方不明になり、後に残された女房たちは入水自殺を計ったと悟って嘆き悲しみながらも、真相を隠すために急遽葬儀を行う。
薫もこのことを知って悲嘆にくれる。

夏になって、薫は新たに妻の姉・女一宮に心惹かれるものを感じるのであった。

手習(てならい)(薫27歳3月から28歳夏)

実は浮舟は、横川の僧都によって入水自殺後に助けられていた。

やがて健康が回復した彼女はみずからの名を明かさないまま、入道の志を僧都に告げて髪を下ろす。
やがて、明石中宮の加持僧である僧都が浮舟のことを彼女に語ったため、このことが薫の知るところとなる。

夢浮橋(ゆめのうきはし)(薫28歳夏

薫は横川に赴き、浮舟に対面を求めるが僧都に断られ、浮舟の弟・小君に還俗を求める手紙を託す。
しかし浮舟は一切を拒んで仏道に専心することのみを思い、返事すらもない。

薫は浮舟に心を残しつつ横川を去るのであった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

物語は京から宇治へ


物語は京から貴族の別業の地、宇治へと移ります。
展示も物語に合わせて「架け橋」と名付けた空間を通り、宇治十帖の世界へ誘います。

3部の舞台は宇治へと移るため、展示室もまた「宇治の間」へと移ります。
その間を繋ぐ「架け橋」は平安京から宇治への道中を体感する事が出来ます。



わが庵(いほ)は 都のたつみ しかぞすむ
     世をうぢ山と 人はいふなり

           喜撰法師(8番) 『古今集』雑下・983

私の庵は都の東南にあり、辺りには鹿もいるほど寂しいが、これこの通り静かに暮らしている。
それなのに人は私を世の中をつらいと思って宇治に遁れていると言っているそうだ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

平安京と光源氏


先ず、平安の間を訪れます。

平安の間は、「源氏物語」の主人公光源氏が人生を謳歌した第一部、第二部が紹介される。

物語の空間的な展示や装束、遊び道具、調度品が物語の世界へ誘います

「空蝉」の巻より。

源寺の君は、それならば向かい合って碁を打っている女たちの姿を見たいものだとお忍びになり、そっと歩き出して、簾の隙間に忍び込まれました・・・・・・

紀伊の守が任国へ下り屋敷が女ばかりの日を狙って、夕闇のころ小君は源氏をそっと邸宅に招き入れる。

部屋から覗いてみれば、空蝉と継娘の軒端荻(のきばのおぎ)が二人で碁を打っているところだった。

空蝉は身体の線が細くそれほどの美人というわけではないが、慎ましく振る舞っていて趣深い雰囲気を漂わせている。

反対に軒端荻は奔放で明け透けな様子で、どうも落ち着きがなくはしたない感じがするが、美人なこともありこれはこれで興味を惹かれる女だと源氏は感じた。

夜も更けて皆寝静まった。

しかし空蝉は寝息を立てる軒端荻の隣で横になりつつも、源氏のことを考えると眠ることができない。

そんな暗闇の部屋に芳しい香りが漂ってきた。
記憶にある香りにその正体を察知した空蝉は驚くが、声も音も立てずに寝床を抜け出して逃げてしまう。

状況の変化に気づかぬ源氏だったが、寝入っている軒端荻に寄り添ってみると、どうも以前と感覚が違う。
そこでようやく空蝉が逃げてしまったことを察知したのであった。

半蔀車(はじとみぐるま)

屋形の横にある物見窓(ものみまど)が、引き戸ではなく、上に押し上げる半蔀戸になっていることによる名称。

屋形そのものは檜の薄い板を編んでおり、いわゆる網代車(あじろぐるま)の一種である。

上皇・親王・摂関、大臣のほか、高僧や女房が用いることもある。

光源氏が造営した「六条院」は、4つの町に分かれており、それぞれ春夏秋冬の季節に合わせた庭が造られていました。

そして、春の町には紫の上、夏の町には花散里、秋の町には秋好中宮、冬の町には明石の君が住みました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日本で唯一、源氏物語専門の「源氏物語ミュージアム」


宇治市源氏物語ミュージアムは、京都府宇治市にある公立博物館。

『源氏物語』の幻の写本とよばれる「大沢本」など「源氏物語」に関する資料の収集・保管等を行う。
1998年に開館し、開館10周年にあたる2008年9月にリニューアルが行われた。

何度かに分けて展示内容等の案内をします。

常設展示室では、実物大の牛車や平安時代の調度品の複製や広大な寝殿造の建物である六条院の縮小模型を展示するほか、映像や音響を多彩に取り入れ「源氏物語の世界」を紹介する。

映像サービスもあります、2本立てでそれぞれ20分程度。

映像展示室 映像展示「橋姫 女人たちの心の丈」 – 声の出演:緒方直人、白石加代子

映像展示「浮舟」 – 制作:ホリ・ヒロシ / 監督:篠田正浩 / 声の出演:岩下志麻、葉月里緒奈

源氏物語の各巻のタイトルや登場人物の名前などは、花にちなんだ名前をつけられております。

このミュージアムのエントランスにつづく「源氏の小径」や図書館から見える「中庭」にはその花々が植えられており、展示とはまた違った視点からの源氏物語を見る事が出来るようになっています。




同じ敷地内に「花散里」という名の飲食店もあります。
この名前も、源氏物語の登場人物や巻名が由来です。

おいしいそばがいただけます。


ミュージアムには「図書館」があり、3000冊以上の書籍がデータベース化されています。

ホームページからの検索が可能なので、事前に検索の上訪問すれば手間無く探し当てる事が出来ます。

貸し出しやコピーは不可、補修などで閲覧できない場合もありますが、それでも此処ならではの蔵書は必見です。

源氏物語の関連書籍の閲覧のほか、「復元音で聞く源氏物語」「六条院再現」など映像資料をDVDで視聴できます。


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

世界遺産 宇治上神社


宇治上神社(うじがみじんじゃ/うじかみじんじゃ)は、式内社で、旧社格は村社。
隣接する宇治神社とは対をなす。

ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の構成資産の1つとして登録されている。

鳥居から奥の参道、緑いっぱいのトンネル、涼風が吹き渡る。

創建年代などの起源は明らかではない。宇治上神社のすぐ近くには宇治神社があるが(位置)、宇治上神社とは二社一体の存在であった。

宇治上神社の境内は『山城国風土記』に見える菟道稚郎子の離宮「桐原日桁宮」の旧跡であると伝え、両社旧称の「離宮明神」もそれに因むといわれる。

拝殿前には上賀茂神社などと同じような形で、円錐形のお山(立砂、又は盛砂と言う)が二つ盛られています。
ただし、宇治上神社のお山は上賀茂神社のものと同じ意味ではありません。

上賀茂神社の立砂は、神社の北の方にある神山に見立てた神の依代よりしろですが、こちらは「清め砂」です。

9月1日に行われる八朔祭はっさくさいの時に氏子さんたちによって奉納された、境内のお清めのためのお砂です。

盛られたお砂は1年間盛られ続け、その後はお正月やお祭りの時に境内にまき散らし、境内を清めるのだそうです。

拝殿横の授与所では、自宅用の清め砂も販売されています。

本殿は1060年頃のものとされて「現存最古の神社建築」であることが裏付けられた。
また、1052年創建の平等院との深い関連性が指摘されている。

左殿:菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと) 『日本書紀』では「菟道稚郎子」、『古事記』では「宇遅之和紀郎子」と表記される。応神天皇皇子。天皇に寵愛され皇太子に立てられたものの、異母兄の大鷦鷯尊(のちの仁徳天皇)に皇位を譲るべく自殺したという美談で知られる。

中殿:応神天皇 第15代天皇。菟道稚郎子命の父。

右殿:仁徳天皇 第16代天皇。菟道稚郎子命の異母兄。

本殿から見た拝殿。

本殿前に建てられている拝殿は鎌倉時代前期の造営で、寝殿造の遺構といわれる。切妻造、檜皮葺き。桁行6間、梁間3間の主要部の左右に各1間の庇を付す。

桁行6間のうち、向かって左端の1間は柱間が狭く、隣接する庇部分とともに閉鎖的な1室を構成する。

また境内には「桐原水」と称される湧き水があり、「宇治七名水」のうちでは唯一現存するものになる。

幹周/4. 8m、樹高/27m、樹齢/300年とケヤキの前に立つ宇治市名木100選の立て札にあります。

本殿東のパワースポットは、「天降石」や「岩神さん」と呼ばれる巨石。

この上に小石を乗せて、落ちなければ願いが叶うと言われており、参拝客が満願成就を願って乗せていった小石が積まれています。

かつて古神道では、磐境信仰(いわさかしんこう)というものがあり、岩を祀っていました。
宇治上神社のこの巨石も、磐境信仰によるものではないかという説もあります。

春日社 祭神:建甕槌命、天児屋根命

社殿は一間社流造で、檜皮葺。
鎌倉時代後期の造営とされ、国の重要文化財に指定されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

宇治散策


宇治橋のたもと、ハスの花が咲き、空は青くすみわたり気持ちのいい朝です。

道すがらチロリアンランプを見つけました、かわいい花です。

「アブチロン」(浮釣木(うきつりぼく))は葉の脇から長い花柄を垂れ下がらせて、赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたような形の色の花を咲かせる。

そのため、流通名をチロリアンランプという。

花は黄色だが、膨らんだ赤い5稜形の萼が目立つ。

雄しべと花柱(雌しべ)は飛び出している。

さわらびの道は源氏物語散策の道」としても親しまれているところ。

コースの途中には源氏物語ミュージアムや宇治十帖ゆかりの古跡などがあります。

木々に囲まれていて、静かな心地よい散策道です。

宇治十帖ゆかりの「早蕨」(さわらび)の古跡

年改まり、宇治の山荘にも春が来た。

今年も山の阿闇梨(あざり)から蕨や土筆(つくし)などが贈られてきた。
 
中君(なかのきみ)は亡き父君や姉君を偲びつつ

   この春はたれにか見せむ亡き人の
      かたみにつめる峰の早蕨

と返歌なさった。
 
二月の上旬、中君は匂宮(におうのみや)の二条院へ迎えられ、行先の不安を感じつつも、幸福な日々が続く。
 
夕霧左大臣は、娘の六君(ろくのきみ)を匂宮にと思っていたので、失望し、薫君(かおるのきみ)にと、内意を伝えたが、大君(おおいきみ)の面影を追う薫君は、おだやかに辞退した。
 
花の頃、宇治を思いやる薫君は、二条院に、中君を訪ねては懇ろに語るが、匂宮は二人の仲を、疑い始める。

宇治十帖ゆかりの「総角」(あげまき)の古跡のあたり

大君、中の君の父・八の宮の1周忌が近づいてきてその準備をする場面から「総角」が書き出されます。

姫君たちは仏前に供える名香の飾り紐を作るのです。

法要準備の見舞並びにその支度の手伝いをするために宇治を訪れた薫の君は、几帳の隙間から糸繰り台を垣間見ます。

そして、姫君に代わって法要の願文を薫の君が認めるのですが、その時に、薫の君はさりげなく贈答歌を書いて示すのです。

 あげまきに長き契りを結びこめ おなじ所によりもあはなむ

大君は煩わしく思いながらも、返歌を書きます。

 ぬきもあへずもろき涙の玉の緒に 長き契りをいかがむすばむ   と。

薫の君が詠んだ歌に出てくる「あげまき(総角)」がこの巻の名となった。

宇治駅で燕を見かけた、そろそろ南へ帰る時期ではないですか。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ユニークなポスター市場 新世界市場


新世界市場の商店街をあげて盛り上げようと、このポスター展が企画された模様。

商店街ポスター展は、商店街各店舗のポスターを電通の若手スタッフがボランティアで制作し、それをアーケード中に展示するもの。

「近所の女のカラダを知り尽くしている男」
ジゴロのセリフかと思いきや、洋品店の宣伝。

裏側が面白い、「ねえ奥さん。本当、Mなんでしょ」
きわどいセリフかと思いきやサイズの話でした。

「お肉と幸せは類語だよ」
ここのカツサンドは絶品だ。

「おっ茶ん」 ダジャレの世界だ。

「男の覚悟で女は動く」
「きっかけはここにあった」
ウーン!!?

「パンツの2度履き禁止!!」
ごもっとも。新世界の2度漬け禁止に倣ったか。

「お客さんは神様やって言うけど、うちの常連さんは半分くらい仏様になってもうたなぁ」
まさにブラックジョーク。

饅頭屋の独り言、夫婦の会話が面白い。

「若いころの嫁、これくらいの感触やったわ」

まだまだ沢山のユニークなコマーシャルがある。

大阪「新世界」のシャッター街に新たなマーケットが誕生した。

「これ、なんぼ?」が、合言葉

cafe・雑貨・古着・インテリア、ちょっぴりサブカル系まで・・・多種多様なポップアップストアが“週替わり”で出店。

一番の特徴は、すべての商品には値札がないこと!?
お店の人との交渉によって値段を決める新感覚ショッピング、
それがWEEKEND PRICELESS MARKET「Wマーケット」!!

また、そのうちのぞいてみよう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪芸人発祥の地 新世界


地下鉄動物園前駅、壁面にリアルな大自然や動物が描かれた空間が広がる。

1918年に開業した飛田遊廓(1958年廃業)と新世界をつなぐ道筋として1921年、橋本傳三郎の尽力で開通した。

当時の地名は橋本の出身地である島根県の旧国名に因み「石見町」と称していた。

開通当時は関西本線を地下道でくぐる計画であったが、地元の反対にあい、踏切となった(紆余曲折の末、1923年ごろに地下道が開通)。

関東煮の鍋の向こうには、首筋を真っ白に塗った女が、ずらりと並んで、客に酒をついで、唄ひ、呑み、呑み且つ唄ふ。(北尾鐐之助『近代大阪』349~350頁)というような賑わいを見せていた。

「ジャンジャン横丁」はこの三味線の撥音に由来する。

「ジャンジャン横丁」で、唯一の将棋クラブ「三桂クラブ」が営業を続けている。

新世界は、棋士・阪田三吉(1870~1946年)ゆかりの地。「将棋ファンの聖地」とも呼ばれる。

最盛期の70年代ごろには4~5軒の将棋クラブが軒を連ねた。
しかし、競技人口の減少などで閉店。

残るのは三桂クラブだけになった。

今でき希少価値となったチンドン屋に出くわす。

朝日劇場 明治43年(1910)創業。

100年の伝 統と歴史を誇る大衆演劇専門劇 場で、過去には曽我廼家鶴蝶、 ミヤコ蝶々、藤山寛美、ディッ ク・ミネといった大物役者を育 てたことで有名。

どうも曰くありそうな雰囲気。

釣鐘屋本舗 明治33年(1900)、地元の有志から四天王寺に 大梵鐘が奉納されて、その奉納記念として、釣鐘 のかたちを模した饅頭を四天王寺の門前で売り 出したのが「釣鐘まんじゅう」のはじまり。

大阪・新世界名物として人気があります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

路面電車のある風景


住吉停留所は阪堺電車の阪堺線と上町線が併用軌道で交差する4面4線の地上駅。

現在は、阪堺線と上町線の主従逆転ダイヤにより、下り方面は当駅までが上町線、当駅からは阪堺線を走る天王寺駅前→浜寺駅前系統が主流となっている。

恵美須町からの電車、左は旧住吉公園駅、2016.0131.28 22:12に廃止された。

住吉-住吉公園駅間の線路は敷設から60年近く経過し改修が必要となっているが、数億円規模の費用がかかることから経営的な判断で廃止を決めたという。

神ノ木停留場

1900年(明治33年)11月29日 大阪馬車鉄道の終端停留場として開業。開業当時の停留場名は上住吉であった。

南海高野線をオーバーパスした築堤上にホームがあり、ホーム東寄りの階段で上る。

塚西停留所、安全地帯すら無い、大阪で一番スリリングな乗り場に漂うアナーキズムの香りが何とも言えない魅力を有する電停、後方に通天閣が見える。

綾ノ町停留所から南を見る、3編成しかないトラムが上下線ですれ違うというレアケースな場面。

大和川を渡る車両、夕日でなく残念。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!