絶景を望む天空の寺院「大悲閣千光寺」へ


カツラ川の右岸をさかのぼります。

渡月橋あたりは人混みなのに、川をさかのぼる道を歩く人はまばら。

維持費を得なくてはならない事情があるのだろう、なんとか人を招くように、「京都一絶景」とか「TheBest in Kyoto 」とか、英文やら略地図までくわえて、元気のいい看板を作って立ててあった。

対岸は亀山公園。

戸無瀬瀧は蛇谷からさらに50メートルほど上流に歩いた山肌にある三段に落ちる滝のことを云う。

天龍寺の正西背後にあたり、造営された亀山殿からもこの滝が眺められている。

突然サルが!!

嵐山モンキーパークいわたやまでは、現在約120頭のニホンザルが野生の状態で暮らしています。

新緑が鮮やかです。

通例として、京都市右京区京北地区の流域にかけては「上桂川(かみかつらがわ)」、南丹市園部地区に入ると「桂川」、南丹市八木地区から亀岡市にかけては「大堰川(おおいがわ)」、亀岡市保津町請田から京都市嵐山までは「保津川(ほづがわ)」[1]などと名を変え、嵐山から合流地点は再び「桂川」と称される。

新緑が川面に反射してきれいです。

松尾芭蕉に、夏目漱石や谷崎潤一郎も訪れ、近年では司馬遼太郎が「街道をゆく」の中でも紹介している嵐山の隠れた名所。

嵯峨野の旅は、古くは、「絶壑ノ間ニ孤立ス」と表現された山峡の水尾から始まった。

司馬遼太郎は、はるか昔この地に辿り着いた清和天皇に触れ、天皇を祀るお社を護持し続ける里人の心遣いに注目する。

嵐山の渡月橋では、古代、山城国(京都)に定住し、土木技術によって田野を切り開いたといわれる渡来系氏族の秦氏について考える。

見まわせば、渡月橋下の中洲も松尾大社も、現代に残る秦氏の足跡なのだった。
天竜寺塔頭の妙智院で嵯峨名物の湯豆腐を食べながら、司馬さんの思いは遠く豆腐の起源にまで遡る。
街道をゆく〈26〉嵯峨散歩、仙台・石巻-朝日文庫-司馬-遼太郎

店の名は、むかしから二軒茶屋というのだそうで、いつのほどか一軒だけになった。

とあるが、今はその一軒もなくなって、かつてそういう茶屋があったと記した札が道端の木にかかっていた。

司馬遼太郎一行は川沿いの道を歩いたとき、オデンの屋台に寄り道している。

屋台は路傍にあり、客席はそれより降りて瀬ぎわの平床几(ひらしょうぎ)だった。そばに、水でまるくなった岩場がうねっていて、その上に五、六点の濡れた下着が置かれていた。

「身投げでもあったんですか」
と、須田画伯はゆるゆると老婦人にきいた。身投げがあれば、いくらこの老婦人ものんきにオデンを煮ていられまい。

「あれは私の干しものどす」
「そう」
 
画伯はオデンを食べはじめた。
ここのところは読むたびに、つい笑ってしまう。

千鳥ヶ淵は戸難瀬瀧より430メートル先の断崖に望んで深い淵となっているところを云う。

往生院に滝口入道を訪ねた横笛は、再会適わなかったのを嘆きこの淵に身を投げたと伝える。

山深い隠れ里のような風情 滝口寺
元々は法然の弟子・良鎮が創建した往生院の子院三宝寺跡を引き継いで今日に至る。 明 … 続きを読む →

『平家物語』の斎藤時頼(滝口入道)と建礼門院の侍女横笛の悲恋の寺として知られている。

二つの悲恋を語り継ぐ寺 滝口寺
滝口寺は、滝口入道と横笛そして新田義貞と勾当内侍の二つの悲恋を語り継ぐ寺である。 … 続きを読む →


星のや京都(もと嵐峡館)
京都市西京区嵐山元録山町11-2

右岸をさかのぼる道がつきあたるところに宿がある。

路傍より下の崖に、料理旅館があり、嵐峡館とあった。二十年ほど前、この旅館にきたことをおもいだした。

そのとき、右岸を歩かず、渡月橋からいきなり舟でここへきた。

今は嵐峡館の名はなく、全国で老舗旅館の再生を手がけている星野リゾートにより、2009年から「星のや京都」になっている。渡月橋のたもとから送迎の舟が往復しているのは今も同じ。
街道をゆく〈26〉嵯峨散歩、仙台・石巻-朝日文庫-司馬-遼太郎

門前、上り口の左手には「花の山 二町のぼれば 大悲閣」という松尾芭蕉の歌碑が置かれています。

途中には何度か「大悲閣 千光寺」の案内看板が出てきますので道が間違っていないことを確認できてちょっと安心。

そして「京都一の絶景・GREAT VIEW」などと書かれた案内板に心が躍ることでしょう。

ここからは約10分の登りです。

大須賀乙字の句碑「嵐気動く奥は蝉声晴れてあり」

千光寺(せんこうじ)は、京都府京都市西京区嵐山中尾下町にある黄檗宗系の単立寺院。

山号は嵐山、寺号は詳しくは大悲閣千光寺と称する。本尊は恵心僧都作といわれる千手観音菩薩。江戸時代の豪商角倉了以の木像があることで知られる。

境内にある、切り立った岩肌に建つ舞台造りの観音堂(客殿とも)は大悲閣と呼ばれるため、寺そのものの別称も「大悲閣」と呼ばれる。

参道途中の洗心亭をさらに上る。


松尾芭蕉の句碑「六月や峰に雲おくあらし山 はせを翁」

この寺の創建年代等については不詳であるが、当初は現在の嵯峨清涼寺の近くにあり、後嵯峨天皇の祈願所であったが長らく衰退していた。

江戸時代初期の慶長19年(1614年)、豪商角倉了以が、大堰川を開削する工事で亡くなった人々を弔うために、嵯峨の中院にあった千光寺を現在地に移転させた。もとは天台宗であったが、文化5年(1808年)に黄檗宗に改宗した。

山門に到着。

渡月橋から写真を撮りながらゆっくり歩いて30分ほどで着きました。

つづら折れの石段を登れば、やがて見えてくるのがまるで清水の舞台のような建物。

これが「大悲閣 千光寺」の客殿です。

ここからの眺めが絶景といわれるポイント!客殿と本堂が見えてきたらそこが境内の中心地の展望台エリアです。

三回まで無料でつけます。

客殿からの絶景。

一段と高い山が比叡山です。

目を少し右に転ずると千光寺の大悲閣が山の中腹に小さく展望できる。

大悲閣千光寺:江戸時代、角倉了以が大堰川の開削工事で亡くなった人たちを弔うためによって建立した。

春に大河内山荘より
大河内山荘は区嵯峨にある日本庭園。 時代劇などで知られる俳優大河内傳次郎が別荘と … 続きを読む →


温かみのある客殿内には、住職さんがコピーした様々な資料が所狭しと並んでいて、まるで寺子屋の様相。

現在の大悲閣は、保津川の開削を計画した角倉了以や、その一族(外祖父)で塵劫記の著者の吉田光由に因み、そろばんや数学・理学向上の寺ともされている。

椅子の置かれた縁側からの京都市街の眺望が良い。無料で使える双眼鏡が備えられている。

秋にはこの山が紅く染まります。

住職と向こうは途中から同行してくれた老人、ことし91歳という、とても元気です。

ここで御朱印をもらいます。

明治維新で一旦衰退した後、大悲閣以外や境内を失った後、徐々に本堂などを再建したが、1959年の伊勢湾台風により大きな被害を受けた。

本堂も大悲閣も屋根の多くが飛び、仮補修でしのいできたが、1978年に本堂は解体された。

仮本堂 かつての本堂に祀られていた仏像や角倉了以の像がぎっしりと安置されている。

角倉了以の像がここにはあり、法衣姿で石割斧を持っている姿が特徴的。
今もこの大悲閣から川の安全を見守っているかのようです。

角倉了以別邸跡 高瀬川源流庭苑
現在のみそそぎ川は京都府立医大病院の北側で鴨川から取水し、そのまま暗渠で荒神橋を … 続きを読む →

高瀬川開発には7万5千両を費やしたとされているが、角倉家に納められる通行料は年間1万両を超えるものだったと考えられる。
開発に費やした工事費をわずか8年で回収したことから、かなり高額な通行料にも思えるが、これでも人馬で運ぶ手間よりは安かったので、鉄道輸送が本格化するまでは利用されてきた。

化野念仏寺
化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)は、京都市右京区の嵯峨野にある浄土宗の寺。 山号 … 続きを読む →

竹藪の小柴垣の中央に立て札が立っています 角倉了以の長男 【住倉素庵】の墓があります。
風神雷神図で有名な俵谷宗達と親交あり素庵56歳でハンセン病で61歳で亡くなるまで 此処に隔離 宗達は面倒を看ました。

山を下ります。
同行してくれた老人は最後まで付き合ってくれました。

知る人ぞ知る、穴場のエリア
参拝客の7割が外国人!?

そろそろお昼です、舟が増えてきました。

右側の舟は物を売りに来た舟です。

トロッコ列車と保津川下り

この風流な保津川下りは夏目漱石の『虞美人草』を始め、水上勉、薄田泣菫、大町桂月、三島由紀夫など幾つもの文学作品に登場した。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

トロッコ列車と保津川下り

2012年9月の記事ですが誤って消去してしまったものを今回再掲載したものです。
記事の内容は当時のままです違いがあればご容赦願います。

トロッコ列車の旅はここトロッコ嵯峨駅から始まる。
1時間に一本の運行だ。

峨駅から亀岡駅まで全長7.3kmを25分で走行、変化にとんだ沿線の風景を堪能!
5号車が、ザ・リッチ号となってます、買った切符を見たら5号車でした。
他とどこが違うのかというと・・・・全オープンなんです。

途中の陸橋上で一時停車サービスがある。
眼下を流れる保津川、これからここを船で下るのだ。

最初の駅保津峡駅に到着。
タヌキが出迎えてくれます。

「タヌキ」は古来より「他を抜く」という縁起があるとのことで、沿線の各駅にご覧のような愛らしいタヌキの置物が飾ってあります。

ちょうど眼下を船が下ってきた。
皆さん、盛んに手を振っています。

いよいよ川下りの開始です。
左手に愛宕山が見えています。

丹波高地を発した桂川は、亀岡盆地から京都盆地に出るまでの11.5kmにわたって愛宕山(924m)南麓の狭隘な山間部を蛇行して流れている。

この山間部の渓谷が保津峡だ。

左手に見えるのは「烏帽子岩」乗船場から約3km地点。

渓谷は巨岩、巨石に富んだ急流と瀞が続き、大高瀬、二股の瀬、殿の漁場、女渕、烏帽子岩、鎧岩、かえる岩、書物岩、ライオン岩などの見どころが連なっている。

左岸にハイキングコースはあるものの、嵐山からJR保津峡駅の間は清滝を経由していて渓谷沿いではない。

乗客約20名の平底船に船頭3名(本日1度目の下り)
1日に2~3度下るそうで、3度目ともなるとクタクタだという。

先頭一人、竿捌き、船尾に一人、一番重要な役目は、後ろのかじ取り、一番疲れるのは、先頭の竿捌き、次いで、船尾のかじ取り、待遇は同じため、途中で数度交代しながら平等な働きにしている由。

水難の守り不動尊
川の安全を守ってくれている神様だそうです。

難所の激流、絶妙な竿捌き。

ラフティングを楽しむ人たちに会った。

主に若年層の間で人気を集めているのがラフティング(コマーシャルラフティング)による保津川下りである。

保津川下りとほぼ同じコースをゴム製のラフト(ゴムボート)で下るラフティングは、一般的には観光川下りよりもスリルが味わえ、かつ「自分で操作する」という満足感を味わえるために人気が高まり、複数の業者が開催している。

時間帯によっては観光川下りの舟よりもラフトの方が多いこともある。

対岸をトロッコ列車が行く。

前方にJR山陰線の鉄橋が見える。
保津川の蛇行により、山陰線と5度クロスする。

京都の代表的な観光地である嵐山・嵯峨野に近いことから、1885年(明治28年)に観光客を対象とした遊覧船による川下りが行われるようになった。

この風流な保津川下りは夏目漱石の『虞美人草』を始め、水上勉、薄田泣菫、大町桂月、三島由紀夫など幾つもの文学作品に登場した。

向こう岸に小路が見える。

保津川の岸には舟曳路が造られ、人夫が川に浮かべた船を曳きながらここを川上へ歩いていた。
川を下った高瀬舟は、人に曳かれて約4時間かけて保津川を遡った。

昭和23年までは下った船を人力で引っ張り上げていた、というのだから驚きます。
現在では、遊覧船3艘を積んで亀岡へ戻るトラックを国道9号で見かけることができる。

岩には船頭のさす竿の跡やもどり舟を人力で引きあげた綱の跡が、ところどころについており舟下りの歴史を物語っている。

はじまりは江戸時代初期、木材、薪炭など丹波地方の産物を京の都へ送るために産業水路として、角倉了以が開いたもので、約400年もの歴史があります。

大正時代から昭和時代初期にかけて人力車で老の坂を越えてきて、保津川下りを楽しむ外国人観光客が多く、乗船場に通じる道に「異人街道」という異名がつけられたといわれる。

1920年(皇紀2580)大正9年
 ルーマニア皇太子
1922年(皇紀2582)大正11年
 英国皇太子
1926年(皇紀2586)大正15年
 昭和天皇、秩父宮妃殿下
1929年(皇紀2589)昭和4年
 英国グロスタニ公ご一行
アレキサンドラ内親王殿下
 ランドルマーガレット内親王殿下
1983年(皇紀2643)昭和58年
 常陸宮妃殿下と皇族の方々

孫六岩(一番大きい岩)
乗船場より約8㎞のところにあります。

保津峡駅まで下ってきました。
川岸には記念写真を撮るひとが待ち構えています。
船の中で申し込むと後で振込用紙と共に送ってくれます。

落合、乗船場より約13㎞の地点です。

保津川と清滝川との合流するところで、この落合は、険しい岩山に松の木々が生い茂り、保津峡の中でも、まさに風光明媚といえる場所なのですが、ここでの楽しみは、美しい景色だけでなく、あっ!と驚く時があります。

ここでは、ひんぱんに、殺人事件がおきます!!
そうです!!

それは、火曜日とか土曜日に事件は起き、そして、だいたい事件は、2時間で解決するやつです。
詳しくは、サスペンス・ドラマをどうぞ。

橋げたの赤い線は今までの一番高かった水位だとか・・・室戸台風って聞いたかな?

「ライオン岩」確かにそう見えます。

嵐山へ到着寸前に物売りの舟が来ます。
すぐに下りるので何も買うこともないだろう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!