早咲き種が満開です 大阪城梅園


季節外れの陽気にコロナ自粛もどこへやら蜜を避けて公園で憩う人々。

景色は冬のまま。

枯れ木の目立つ内堀。

大阪城天守閣の東方二の丸で東外堀と内堀の間に位置する曲輪は元は秀吉の家臣で秀頼の後見役であった片桐市正且元の屋敷があったことから市正曲輪と呼ばれている。

大阪の梅の開花は平年で2月10日。
大阪城公園梅林の梅「白加賀」が基準木になっています。

早咲きが見頃を迎え中咲きの品種が咲き始めています。

月影

清白色の中輪花が1月中旬から2月下旬に咲く。
枝も萼も緑色で美しい。

曙枝垂

野梅性 一重。
江戸時代につくられた品種、枝垂れ梅には40品種ほどが知られている。

ローバイは見頃を迎えています。

梅林の間から天守を望む。

毎年1月~3月頃にかけて、早咲きから遅咲きまで100品種を超える、約1270本の梅を楽しめます。

一重野梅

この「一重野梅」という品種、原種に近い素朴さがウリだそう。

「一重」という名前通り、花びらが重なっていないシンプルな花びらが特徴。

花の色は、白または淡い紅色が多いそうだ。

鹿児島紅

紅梅や 見ぬ恋つくる玉すだれ 芭蕉〔其木枯〕

紅梅の中でもとくに紅が濃いものを緋紅性といい、紅千鳥、緋梅、鹿児島紅、五節の舞、緋の句、玉光枝垂などがありますが、あでやかな色合いと芳香の花びらが古くから愛でられ、古典文学にも数多く登場します。

月の桂

青軸性 一重。
花は月影よりやや大きい。 

開花は遅く、清香がある。

当梅林は、大阪府立北野高校の卒業生(六稜同窓会)が開校100周年事業として、22品種、880本を大阪市に寄付した事で、昭和49年3月に開園となる。

今では100品種を超える梅が見られる。

小鳥も蜜を求めて盛んに飛びまわる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

冬枯れの長居植物園

寒く厳しい冬にこそ見て感じることが出来る何かを見つけに、暖かい家をちょっと離れて寒空の下の公園へ。

最近、人気がでてきている冬のガーデンの景色です。

枯れた花や実、葉などを残して、その姿を観賞します。

海外ではそのようなガーデンが作られ、日本でも広まっています。

寒々とした景色です、カワウの糞害で木々が枯死しています。

渓流にも寒々とした木立が影を落とす。

「冬枯れ」とは冬に草木の葉が枯れた状態。
寒々とした、もの寂しい冬景色の表現にも使われます。   

重要なのは、「寂しいナ!」と感じること。

スズメは元気にえさを探していますが枯れ葉に隠れてしまいそう。

冬枯れの蓮の残骸の池は静かです。

ラクウショウの呼吸根(気根)

『土中の酸素が不足するため、地上の酸素を吸収しようとする工夫です』

あ~根は「光合成」できないから「呼吸」してるんですね。

で、ラクウショウが湿地に生えると、根が水に浸って酸素が不足する。
だから根の一部を地上に出して呼吸する。

「まつぼっくり」というのは,マツの袋という意味です。

松笠(まつかさ)ともいいます。

ハナミズキの枯れ葉、寂しさを感じます。

この寂しい感覚は、日本の諸文化にみられる「侘び寂び」に代表される美意識にも通じる部分がありそうです。

徒然草19段の後半部分にも冬枯れについての箇所がみつかります。

さて、冬枯(ふゆがれ)のけしきこそ、 秋にはをさをさ劣るまじけれ  (徒然草19段)

可憐だったカツラの葉、今は枯れ葉。

深まる秋 長居植物園
定点観測としている場所、ハナミズキの赤とカツラの黄が目立ちます。 ハナミズキとカ … 続きを読む →


小さなバナナのような果実をたくさんつけています。

なんの木かと思いましたが冬芽からカツラとわかりました。

「冬枯れ」という表現に対して、木々は枯れてはいないのですよね。

次のプロセスの為に、来たるべき春に備えて休み息をひそめている…

枳殻の残り実。

田舎で子供の頃「からすのきんたま」と呼んでいた。

かまきりの卵です、調べてみると各地方で「からすのきんたま」とよばれていたようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春待つ花たち 長居植物園

長く厳しい冬が一段落して、寒い中にも時折春の訪れを感じる頃、新しい季節を待つ気持ちが強まる。

早く春よ来い、来て欲しいと願う気持ちだ。

カンヒザクラ

寒桜、寒緋桜と呼ばれるものは、1-3月の早春に咲き、各々薄桃色と深紅である。

啓翁桜とサンシュユの桃源郷 五條市西吉野町川岸地区
ここは黄色いサンシュユと淡いピンクの啓翁桜(ケイオウザクラ)が主体、両方同時に見 … 続きを読む →

啓翁桜はカンヒザクラとカラミザクラの種間雑種と考えられる栽培品種。

ジュウガツザクラ

名を漢字で書くと「十月桜」、春と秋(10月頃)にも花が咲きます。
秋に咲く花は春より少し小さいようです

一般には、白、薄桃色で八重のものが多いが、色々な品種があるようだ。

須磨離宮公園
1907年(明治40年)に大谷光瑞別邸を宮内省が買収して1908年(明治41年) … 続きを読む →

ジュウガツザクラがさりげなく咲いている。

スイセン

桜満開 足羽川堤防の散策
今日の東海北陸20名城巡りの宿はホテルフジタ 福井 夕食を済ませ桜満開の足羽川堤 … 続きを読む →

昨夜は暗くて気が付かなかったが、土手にはスイセンが咲き、桜とのコラボが素敵です。

フリソデヤナギ

名前は、江戸時代の1657年、明暦の大火(振袖火事)の火元となった本郷丸山町の本妙寺、その境内で発見されたことによります。

クリスマスローズ

クリスマスローズとは?…早春に咲く雪割草や福寿草などと同じキンポウゲ科の植物です。

学名をヘレボルス(Helleborus)といい、欧州では英名のヘレボレス(Hellebores)の名前が一般的です。欧州では12月に咲くヘレボルス・ニゲル(H.niger)をクリスマスローズといい、キリスト教の聖節レント(四旬節)の頃に咲くのでレンテンローズとも呼ばれます。

カワズザクラ

花が大きくピンク色なのが特徴のこの桜はカンヒザクラとオオシマザクラの自然交配と考えられています。

淀川水路に河津桜を訪ねる
淀川水路に河津桜があるというので出かける。 この辺りは平安時代には「与度津」と呼 … 続きを読む →

春呼ぶ 伊良湖菜の花ガーデン
1月中旬から3月下旬にかけて、渥美半島のいたるところで1千万本を超える菜の花が咲 … 続きを読む →

メイン会場の中でも、一番オススメの場所が菜の花畑の真ん中にある“河津桜”。

カワヤナギ

まだ花穂が開いたばかりのカワヤナギ、ビロード状の柔らかい毛が、川べりに残雪がある時期は保温の役割を担う。

万葉集には、「カワヤナギ」を詠んだ歌が三首収録されている。

山の際(ま)に雪は降りつつしかすがにこの川楊(かはやぎ)は萌えにけるかも (作者未詳 巻十 一八四八)

(訳)山あいに雪は降り続いている。
それなのに、この川の楊(やなぎ)は、もう青々と芽を吹き出した。

ソシンローバイ

ソシンロウバイやロウバイの木のそばを通ると甘い香りがする。
冬の冷たい空気のなかで嗅ぐほのかな香りが清々しい。

普段は下を向いていて花を正面から捉えるのは難しい。

下から覗き込むと空が明るすぎて絵にならないし・・・・

紅梅とソシンロウバイの紅色と黄色のコラボレーションはとても色鮮やかで華やいだ雰囲気だ。

マンサク

早春を告げる花木の一つにマンサクがあります。

早春に、他の花(葉)に先駆けてまず咲くから(まんずさく東北訛り)、あるいは、花が沢山付いて豊年満作だから等、諸説あるようです。

ギョリュウバイ

葉の姿がギョリュウ科の樹木「ギョリュウ(御柳)に似ており、梅のような花を咲かせるので「ギョリュウ(御柳梅)」 の名前なのだとか。

写真的には難しい部類に入るかな。

アセビ

池水(いけみず)に、影さへ見えて、咲きにほふ、馬酔木(あしび)の花を、袖(そで)に扱入(こき)れな 作者: 大伴家持

ささやきの小径再び
ささやきの小径、苔むした木の根が素敵です。 一週間たってやっとささやきの小道の雰 … 続きを読む →

まさにアセビのトンネル。
関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

梅林は花盛り 長居植物園

春告草(はるつげぐさ)、早春、葉に先だって前年枝の葉腋に、1 – 3個の花がつく。

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど  早春賦

長居植物園では、早咲き・中咲き・遅咲きと開花時期の異なる約30品種の梅の花が咲き継がれます。

緑萼枝垂

天平2年(730年)1月13日、大宰帥・大伴旅人の邸宅(現在の福岡県太宰府市・坂本八幡宮辺りとの説がある。)で開かれた宴会で、いわゆる筑紫歌壇の員により梅花を題材に32首の歌が詠まれた。

この宴会を「梅花の宴」と呼び、これら32首の歌は『万葉集』巻五に収録されている。

これを基に、元号『令和』が制定されている。

文扉

遠の朝廷と防人を訪ねて②
御笠団印出土地 701年の大宝令(たいほうりょう)に定められた軍団(軍隊)の印判 … 続きを読む →

大宰府展示館の中、天平2(730)年正月13日、大宰師大伴旅人の邸で梅花を題とする歌宴が開かれた。
その様子を博多人形で再現されている。

舞扇

「東風(こち)吹かば にほひおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ」菅原道真が大宰府に左遷される時、道真の愛した庭の梅の花に別れを惜しんで詠んだ歌。

後に庭の梅木が道真を追って大宰府に飛んできた、という「飛梅伝説」がある。

緑萼枝垂

遠の朝廷と防人を訪ねて④
太宰府天満宮・北野天満宮・防府天満宮を合わせて「三天神」と呼ぶ。 三天神には諸説 … 続きを読む →

飛梅が一輪寒風にさらされています。

雪月花

北野天満宮界隈
投稿日時: 2019年3月20日
旧称は北野神社。二十二社(下八社)の一社。 福岡県太宰府市の太宰府天満宮とともに … 続きを読む →

飛梅伝説の現実的経緯としては、一説に、道真に仕えて大宰府にも同行した味酒保行が株分けの苗木を植えたものとも

鶯宿

月影

八重唐梅

御所紅

浜千鳥

八重寒梅

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春まだ遠し 長居植物園

震災からもう26年がたちました、私も義妹と両親の家を失いました。

もうすぐ1月20日、二十四節気で「大寒」。

小寒から数えて15日目にあたり、一年で最も寒い時季とされています。

春を待つ気持ちが抑えきれず、長居植物園を散策しています。

季節外れの温かさで時折小雨が降っています。

スイセンが今を盛りと咲き誇っています。

系統によって開花時期が異なり、早いものでは11月中・下旬から、ラッパズイセンなどは3月から4月に開花します。

黄花の花言葉:もう一度愛してほしい、私のもとへ帰って

デメテルの娘ペルセポネは、冥界の王ハーデスに一目ぼれされて、黄泉の国に連れ去られてしまいます。

連れ去られるペルセポネの手から落ちた水仙は、その後黄色い花を咲かせ、黄水仙となったとされています。

ペルセポネの母親で豊穣の女神デメテルは怒り悲しんだことから、「私のもとへ帰って」という花言葉がつきました。

水が抜かれた大池、寒々とした景色です。

こちらも寒そうな景色です、カワウの糞害で木々が変色しています。

振袖柳 (ふりそでやなぎ)が芽吹いています。

最初は赤い皮に包まれているが早春、白い毛に包まれた部分が出てくる。 

この様子がとても美しい。

梅の花が咲き始めています。

梅の木にジョウビタキがやってきました。

庭や公園にも飛来する冬鳥で、「ヒッ、ヒッ」と澄んだ声で鳴き、時折「カッカッ」とも鳴く。

素心蝋梅(ソシンロウバイ)が咲き始めました。

花言葉は「愛情」「慈しみ」「慈愛」「先見」「先導」「優しい心」「ゆかしさ」など。

俳句では冬の季語になっています。

サキシマフヨウの実は5つに割れて毛でつつまれた種子が散る。

水たまりに映った樹影、寒々とした景色です。

ユーカリの林、根や葉の成分が他の植物に影響を及ぼし生長を抑えるとも言われています。

アレロパシー(他感作用)と呼ばれる現象で、自分の生息領域に他の植物が侵入するのを防ぐ植物の”戦略”です。

植物園のユーカリの足元には確かに雑草が繁茂しません。

この成分の影響でしょうか。

ユーカリの木立の中に立つとかすかにいい匂いがします。

ユーカリの成分が香りを発しているのでしょう。

落ちている葉を指で揉むとより一層強い香りがします。

この香りしばらく嗅いでいると気分がスッキリ!!

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

冬到来 長居植物園


桜の葉一葉、寂しさを感じる風景だ。

このところ一段と冷え込むようになり、人出もほとんどない。

今、日本水仙が盛りであちこちに咲く。

落ち葉がカサコソと風に舞う、時折人が通り過ぎる。

小池のあたり、紅葉が残る場所がある。

彼女飲み上げる先は見事な紅葉が残る。


メタセコイヤの林、紅葉が進み落ち葉が積もる。

10月桜が盛んに咲いている。

エンジュの木が葉を落とし、不気味な姿を見せる。

春を待ち焦がれる季節になりました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

サザンカ見頃 長居植物園

ツバキ園を奥へ進むと…!

”サザンカロード”と名付けたくなるほど、美しい濃桃色の花がたくさん咲いています♪

落ち葉の上に散る花弁も、どこか風情を感じますね。

椿とサザンカの見分け方①

•椿(ツバキ):花が散る時に、花首から落ちる
•山茶花(サザンカ):花が散る時は、花びらが落ちる

サザンカの名は山茶花の本来の読みである「サンサカ」が訛ったものといわれる。
もとは「さんざか」と言ったが、音位転換した現在の読みが定着した。

椿とサザンカの見分け方②

•椿(ツバキ)の開花時期:12月~4月
•山茶花(サザンカ)の開花時期:10月~12月

童謡「たきび」(作詞:巽聖歌、作曲:渡辺茂)でも有名です。
二番に山茶花がでてくる。

椿とサザンカの見分け方③

•椿(ツバキ):花がやや筒状で立体的で厚みがある
•山茶花(サザンカ):花がツバキから比べて平面的で薄い

「さざんか」は、住之江区の「区の花」です。
また、その花言葉は「困難に打ち克つ!」

椿とサザンカの見分け方④

•椿(ツバキ):中心の葉脈がクリア
•山茶花(サザンカ):中心の葉脈が黒っぽい

椿とサザンカの見分け方⑤

•椿(ツバキ):鋸歯が浅い
•山茶花(サザンカ):鋸歯がツバキから比べて深い

椿とサザンカの見分け方⑥

•椿(ツバキ):裏返してもほとんど毛がない
•山茶花(サザンカ):裏返すと葉脈に沿って毛が生えている

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日本庭園 茶室「汎庵・万里庵」特別公開


万博記念公園の茶室が特別公開されているというので訪問してみる。

汎庵、万里庵は、公開はされていませんが、茶会や茶室にふさわしい集会などで貸し出しが行われています。

春と秋に特別公開されます。



人間国宝・中村外二が手がけた茶室「汎庵・万里庵」。


草庵造りの万里庵

汎庵は武家住宅様式の書院造りを、万里庵は藁ぶきの小さな建物の草庵をイメージして造られており、互いに添景となるように建てられています。






千里庵は禅院の方丈を象った枯山水をイメージしているそうです。

敷地面積は小さいですが茶室があり、枯山水を眺めながらお茶がいただけるようになっていました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

紅葉がきれいです 万博公園 日本庭園


江戸時代初期に範を取った近世風の庭園。

お祭り広場と近接し休憩所を備えた中央門を設け、12,000m2の池(心字池)や背景に標高60mの芝山を築いた。

見上げると、この辺りは葉が落ちている。

竹林の小径、ツワブキとのコラボがきれいです。

渓流沿いのツワブキ、この時期の主役のようだ。

真っ赤に紅葉したもみじ。

差し込む光と赤と黄の紅葉のコントラスト。

木漏れ日の滝、まさに木漏れが当たっているよう。


苔の上の落ち葉。


紅葉のトンネル、きれいです。

ここでも赤と黄のコントラストが。

渓流沿いの真っ赤なモミジ。

松の州浜

鎌倉時代・室町時代期の日本庭園を再現した築山を背景とした池泉庭園。

標高50mのクロマツの疎林を主とする緩やかな山にツツジ類を密植し関西独特の景観を造成し、山の北側に渓流を設けモミジや竹を多植し滝も設け渓流と合わせて石庭を思わせる景観としている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

遅かりし万博公園の紅葉

コロナの感染拡大を心配しながら3連休の最終日万博公園を訪問、お祭り広場ではガレージセールも行われていてここはやや密状態。

密を避けて中津道をすすむ、水車茶屋のすすきがきれいです。

ケヤキの丘、すでに紅葉は終わったかの感。

2017年11月6日訪問時の紅葉

万博公園の秋
万博公園では早くも紅葉の見ごろを迎えている。 一方、先日の台風の被害は大きく、コ … 続きを読む →

万博公園の紅葉時期の認識を改めなければならない。

紅葉渓へと歩を進める。

うっそうとした森だがところどころ空を見上げる場所がある。

ソラードも人波は絶えない。

もみじの滝のあたりはまだ紅葉が残っている。

この水は日本庭園の心字池まで流れている。

川面への映り込みもきれい。

対岸に渡り池を見る。

女性ハイカーがこわごわ飛び石を伝う。

再び中津道へ進む、落ち葉がきれいです。

もみじ川にかかかる橋、やはり紅葉は終わっている。

もみじ川を下る。

展望タワーからは若い人たちの歓声が響く。

対岸へ渡れそうだが石が濡れているので注意が必要。

紅葉渓の方を振り返る。

もみじ川芝生広場、この辺りは広く、密の状態にはない。

西大路の彷徨を見る、東西に約360m続く石畳の両側にプラタナスの並木道が続きます、望遠で圧縮されているので錯覚を起こしそう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!