シャクナゲが見頃 女人高野 室生寺

室生寺(むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。

平安時代前期の建築や仏像を伝え、境内はシャクナゲの名所としても知られる。
女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名がある。

この別名も江戸時代以降のもの。

室生寺の創建については、役小角(役行者)の草創、空海の再興とする伝えもあるが、これらは後世の付託。

室生川に架かる朱塗りの太鼓橋を渡ると、正面が本坊で、右方にしばらく行くと仁王門(近代の再建)がある。

仁王門をくぐったところにあるバン字池のほとりにクリンソウが見せれる。

クリンソウはサクラソウ科サクラソウ属。

花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることから名前の由来となっている。

花の色は濃い紅紫色(径2-2.5cm)が普通だが、ときにピンクや白、絞り咲きなどの変種も見られる。

室生寺は山岳寺院、最初に現れるのが鎧坂。

モリアオガエルのコロコロと鳴く声を聴きながら登ります。

鎧のさねが重なったように見えるところから名付けられたという、自然石が配された急な「鎧坂」を上った先に最初に出会うのが金堂。

シャクナゲの時期でとてもきれいです。

金堂、金堂諸仏 国宝 釈迦如来像・十一面観音像の特別拝観が行われている。

杮葺(こけらぶき)の屋根の質感が、まわりの木々の緑とよくマッチしています。

新緑とシャクナゲのコラボ。

シャクナゲの花言葉には以下の4つがあります。

・威厳
・警戒
・危険
・荘厳

とてもきれいな花なのに、花言葉を知ると結構怖いですね!

低木のハナズオウの紅色が彩りを添えてくれています。

本堂(灌頂堂)と五重塔。

山寺で、本堂前にこういう形で池が配されているのも珍しい。

この池の水面に映ったお堂とシャクナゲがまた素晴らしい 。

本堂(灌頂堂)、入母屋造、檜皮葺き。桁行5間、梁間5間。
室生寺の密教化が進んでいた鎌倉時代後期、延慶元年(1308年)の建立。

五重塔、登り口のハナズオウの紅色がきれいです。

ハナズオウ(花蘇芳、Cercis chinensis)は中国原産のマメ科ジャケツイバラ亜科の落葉低木で、春に咲く花が美しいためよく栽培される。

蘇芳花(スオウバナ)とも呼ぶ。

五重塔

800年頃の建立で、木部を朱塗りとする。

屋外にある木造五重塔としては、法隆寺塔に次ぎわが国で2番目に古く、国宝・重要文化財指定の木造五重塔で屋外にあるものとしては日本最小である。

高さは16メートル強、初重は1辺の長さ2.5メートルの小型の塔で、高さは興福寺五重塔の3分の1ほどである。

五重塔の相輪 通常の塔にみられる水煙(すいえん)の代わりに傘蓋がある。

通常の五重塔は、初重から1番上の5重目へ向けて屋根の出が逓減(次第に小さくなる)されるが、この塔は屋根の逓減率が低く、1重目と5重目の屋根の大きさがあまり変わらない。

五重塔は、1998年9月22日、台風7号の強風でそばの杉(高さ約50メートル)が倒れた際に屋根を直撃、西北側の各重部の屋根・軒が折れて垂れ下がる大被害を受けた。

しかし、心柱を含め、塔の根幹部は損傷せずに済み、復旧工事を1999年から2000年にかけ行った。

修理に際し奈良文化財研究所により、当初材を年輪年代測定法で調査したところ、794年頃に伐採されたものであることが判明した。
このことからも塔の建立年代を800年頃とする従来の定説が裏付けられた。

杮葺の屋根の質感とシャクナゲのコラボレーションが美しい。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新緑の依水園


依水園訪問は8年ぶりだ。

依水園は、奈良観光の中心、東大寺南大門の真西にあり、その地を流れる吉城川の流れをうまく取り入れて、庭をつくっている。

園内は今、ドウダンツツジが盛り。

フジが古木の枝から垂れている、松が新芽を伸ばし、園内では芽摘みが行われている。

依水園のある場所は、奈良市水門町、その地名のもととなった水門こそ今では見られませんが、かつて吉城川にはいくつもの水門が設けられ、水車の原動力となっていました。

依水園の池の周りには、臼(うす)に使われていた石が飛び石として使われ、園内には水車小屋もあり、当時をイメージすることができます。

昔は、依水園の辺りで、川の水と水車を、製粉業や晒し業に利用してきました。

池には大きなコイがいます。

飛び石の先には行き止まりを示す「止め石」。

「関守石(せきもりいし)」とも呼ばれるが、デザイン性の高い意匠だと関心させられます。

名の由来は諸説あり、池が吉城川の水に依っているためという説や、然庭園内の池が草書体の水の形をしていることに由来するという説、杜甫の「名園緑碌水」の句に由来するなどの説があるが、はっきりしたことは分かっていない。

依水園は、江戸時代前期に奈良晒(ならさらし:高級麻織物)を扱う将軍御用達商人・清須美道清(きよすみどうせい)が造らせた「前園」と、明治時代の実業家・関藤次郎(せきとうじろう)が造らせた「後園」で成り立っている。

昭和33年に一般公開され、昭和50年に国指定名勝を受ける。

奈良晒は奈良地方で生産されてきた高級麻織物。

麻の生平(きびら)を晒して純白にしたもので、主に武士の裃(かみしも江戸時代の武士の礼服)や僧侶の法衣として用いたれた。

また、千利休がかつて「茶巾は白くて新しいものがよい」と語ったことから、茶巾としての需要もあったという。

若草山や東大寺南大門などを借景とする。

前園と後園の二つに分かれており、それぞれが異なった景観を見せる。

前園は寛文12年(1673年)に晒職人であった清須美道清の作庭で、茶室「三秀亭」がシンボル。

後園は明治時代に実業家関藤次郎が築いた築山式の池泉回遊式庭園で、作庭は裏千家十二世又妙斎宗室による。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

県庁屋上から新緑の奈良市内を俯瞰


若草山が目の前に見える。

東大寺総合文化センター、南大門等が見えている。

視線を少し左に移すと、二月堂の屋根が見える。

新緑はこの時期若葉色、月日とともに濃い緑に変わる。

視線を右にずらせば、春日山、御蓋山が見える。

こちらは五重塔、中金堂が、遠くには二上山も望める。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

卯の花苑開園 住吉大社


令和に改元なったこの日、住吉大社の卯の花苑が開園した。

「すみよしの ゆふしでなびく 松風に
うらなみしろく かくるうのはな」
(後鳥羽院皇子 光台院親王)
歌碑に寄り添うように卯の花が咲いています。

卯の花苑は住吉大社の境内の一画にある卯の花畑のことで、13品種500株、白・淡紅・紫紅色の美しい花が咲き、とても見ごたえがあります。

大阪市内に残る数少ない卯の花の名所として有名です。

鎮座日が、神功皇后摂政11年の卯年の卯月の卯日と伝えられ、「卯の葉神事」にはかかせない花となっています。

古式床しく 卯之葉神事 住吉大社
住吉っさんがこの地に鎮座したのが、神功皇后摂政11年(211)の卯年の卯月の卯日 … 続きを読む →


開園は5/1~5/31、見頃は5月中旬のようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

万葉植物園 早咲き種が盛り


2年ぶりに万葉植物園を訪れる。
様々な花に交じって大根の花が存在感を示している。

御衣黄はほぼ終わり、咲き始めから3、4日間は薄緑色の花をつけるが、次第に中心から花びらに真っ赤な筋が入り、最後は全体が薄紅色になって花ごと落ちる。

名前は天皇の束帯である「衣黄」にちなむとされる。

臥竜のイチイガシ

このイチイガシの巨樹は、かつて暴風を受けて倒れた後、そのまま再び枝葉が生長することになったためこのような姿になったものであり、自然を生き抜くたくましさと時間の流れを感じることが出来る存在となっています。

なお、この木を含め春日大社境内には複数のイチイガシの巨樹が生育しており、いずれも「春日大社境内のイチイガシ巨樹群」として奈良市の天然記念物に指定されています。

老樹にフジが絡んで風情を醸している。

「口紅」という名だそうな、粋な名前だねえ。

麝香藤

さわやかな風に揺れる藤の花。
香りがあるのも魅力。

唯一園内に香りを広げる中国の「麝香藤(じゃこうふじ)」やピンク色の濃い「昭和紅藤」など珍しい藤が多い時期は早咲きの頃。

自生種も存在感を示す、高く垂れさがる姿は見事。

昭和7年に萬葉集にゆかりの深い春日野の地に昭和天皇の御下賜金を頂き、約300種の萬葉植物を植栽する、 我国で最も古い萬葉植物園として開園。

藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を思ほすや君        大伴四綱   巻3-330

(大宰府に赴任した作者が、上官大宰府の帥大伴旅人に呼びかけます。「故郷奈良の都を思い出しにはなりませんか。」)

わが盛りをまたをちめやもほとほとに奈良の都を見ずかなりなむ 大伴旅人   巻3-331(世綱に対して)

(若い頃に戻って奈良の都を見たいものだと詠う旅人。願い叶って帰京した翌年、薨去。子供の頃暮らした飛鳥の地を見ることが出来たのでしょうか。)

万葉集ゆかりの地そして令和元年にちなみ旅人の歌を紹介した。

大宰府展示館に旅人を訪れた時の記録。
遠の朝廷と防人を訪ねて②
御笠団印出土地 701年の大宝令(たいほうりょう)に定められた軍団(軍隊)の印判 … 続きを読む →

大宰府展示館の中、天平2(730)年正月13日、大宰師大伴旅人の邸で梅花を題とする歌宴が開かれた。
その様子を博多人形で再現されている。

それにしても見事、名前はわからないが咲き乱れるさまは素晴らしい。

藤棚の下をのぞいてみる、明それぞれかなりの老樹だ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

初夏の壷阪寺


つい先月までひな祭りで賑わっていた町もいまは閑散としています。

以前のひな祭りの様子
高取土佐町並み「町家の雛めぐり」
2007年から、始まった「町家の雛めぐり」は、今回で11回目。 町あげてのイベン … 続きを読む →


バスの車窓から野焼きの様子。

日本では春先のまだ草本の新芽が出ない時期に、野山の枯れ草を焼く事が多い。山焼きとも言う。

日本の自然の状態では酷寒地を除き、草原は森林へと遷移する。
野焼きを行うことで、この遷移がリセットされ、初期状態の草地に戻る。

一方、有機物の蓄積を減らし、無機塩類とすることで新たに出る若草のための肥料としたり、農業害虫を焼き殺す効果も期待される。

南法華寺は、奈良県高市郡高取町にある真言宗系の単立寺院。
山号は壺阪山。一般には壺阪寺の通称で知られる。

703年(大宝3年)創建と伝え、西国三十三所第六番札所。

天竺渡来大観音石像は、インドハンセン病救済事業のご縁でインドからご招来したもの。

インド国民の協力と南インドカルカラの三億年前の古石がインド政府や様々な方のご支援で、提供され、延べ7万人のインドの石工が参加してすべて手造りで製作された。

20mの巨岩は動かすことも、運ぶことも不可能なので66個に分割して彫刻し、日本に運ばれ組み立てられた。

この巨岩を支える土台は深く基礎岩盤にまで掘り下げられ、数万巻の写経と土台石が埋納されている。

また、胎内には数万巻の写経と胎内石が納められ、66個の石が1本の巨石となっている。
この大観音石像はインドの文化勲章受章者シェノイ氏及びその一門によって製作されたもので昭和58年3月12日開眼法要が営まれた。

高取城跡への登山道、緑に覆われてきれいです。

以前の訪問記
日本最大の山城 高取城
「巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城」と謡われた高取城。 日本国内では最 … 続きを読む →

苔むす石垣に名城の面影を偲ぶ 高取城
高取城は別名、芙蓉城ともいわれ近世山城の典型としてよく知られ、巽高取雪かと見れば … 続きを読む →


境内ではカワイイ童子が出迎え。

壷阪寺は4,000株以上の山吹が咲き誇る関西最大級のやまぶきのお寺です。
4月上旬~5月中旬やまぶきまつりが行われる。

大釈迦如来石像「壷阪大仏」

平成19年11月開眼
身丈10m、台座5m

インドでの奉仕活動のご縁から始まった国際交流・石彫事業の一環で、製作されたもの。

「大石堂」の堂内、中央に安置されているのが「大仏舎利塔」。

大石堂一字金輪曼荼羅。

慈眼堂横の回廊、春から初夏にかけて、やまぶき、つつじ、ラベンダーが咲き誇り、秋には境内一円のもみじや周辺の山々が色づき山寺独特の鮮やかな紅葉の風景が広がります。

眼の観音様として親しまれている十一面千手観音菩薩坐像。

当寺の本尊は眼病に霊験のある仏として昔から信仰され、元正、一条、桓武天皇をはじめ眼病平癒を祈願する人は多かったとされているが、特に、近年当寺が眼病患者を救う観音を祀る寺として有名になったのは、明治時代に失明回復祈願にまつわるお里沢市の夫婦愛を描いた浄瑠璃、壺阪霊験記が世間に共感をよんだことによるといわれている。

正面から見て右側に球を持った手が見えるが、この手が目摩尼手で眼を救う手といわれている。

天竺渡来佛伝図

この石のレリーフはインド南部のカルナタカ州において、延べ5万7千人もの石工たちの手によって、インドの石に彫刻され製作されたもの。

誕生から入滅までの間にある、数百もの佛伝図の中から、比較的誰でも知っているストーリーが選ばれて描かれている。

壷阪寺 八角堂(本堂)の縁から眺める二上山(幽かに見える奥の山)

「天の二上」と呼ばれ神聖な山と崇められる標高517mの雄嶽と474mの雌嶽の二峰からなり、日の沈む神の山とされています。

壷阪寺 以前の訪問記

紅葉の壺坂寺に遊ぶ 
盛りを過ぎたとはいえまだまだ紅葉が楽しめる壺坂寺、参道山道で。 駐車場から見上げ … 続きを読む →

高取城の護り五百羅漢
西国三十三所巡礼の札所であり、眼病封じのお寺としても知られる『壷阪寺』。 本堂か … 続きを読む →

観音霊場壺坂寺の諸仏
草創については不明な点が多いが、伝承によれば大宝3年(703年)に元興寺の弁基上 … 続きを読む →

壺坂寺 冬の早朝
奈良時代の創建と伝えられる町内屈指の古刹で、清少納言も『枕草子』の中で「寺は壷坂 … 続きを読む →

土佐街道 高取町の町を散策
高取町の「土佐」は飛鳥時代、都造営のために連れて来られた土佐(現在の高知県)の人 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

咲き誇る春から初夏の花々 長居植物園

長居植物園の春から初夏の花々を見る。

ジャノメエリカ

スモークツリー

ラベンダー

クリスマスローズ

フジ

サクラソウ

ハナミズキ

シャガ

シラン

ライラック

シャクナゲ

ヒカゲツツジ

ボタン 玉兎

ヤマブキ

カラタチの花

カリンの花

ハナズオウ

オオムギ

クヌギの花

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春から初夏へ 長居植物園


春はあっという間に過ぎ、はや初夏の雰囲気。

長居植物園も花が咲き誇って彩を添えている。

大花壇は色とりどりの花が咲き競う。

新緑を楽しむ若いママさん。

ミドリが濃くなり、中にハナミズキの白が目立つ。

新緑のクスノキ、赤い若芽がかわいい。

カツラの若葉、陽に透かして見る、かわいい。

大池に移り込む新緑がきれいです。

一文字橋の映り込みもきれい。

いつもの定点観測の場所。

小池の脇、新緑がきれいです。

渓流が小池へ流れ込む。

小池に移り込むメタセコイヤの林。

向こう岸を散策の人が通り過ぎる。

万葉の道。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

名残の桜 長居植物園

桜はほぼ終息の感があるが長居植物園の広い園内には様々に品種の桜が華やかさを競っている。

オモイガワ(別名:思川桜、学名:Prunus x subhirtella ‘Omoigawa’)は日本の栃木県小山市原産の栽培品種のサクラ。

1954年(昭和29年)に小山市の小山修道院の庭先で東京大学理学部付属植物園元主任の久保田秀夫がジュウガツザクラの実生を採取して植えて育てたところ、ジュウガツザクラとは違う特性を持った突然変異のサクラが育った。

これを日光植物園で栽培品種の新種として固定し、小山修道院の付近を流れる思川に因んで命名されたのがオモイガワ。

サトザクラの歴史は、人々がサクラを庭に植え始めた平安時代からと言われる。

このころから品種の育成が行われ、人為的な交配や突然変異、野生のものからの選抜育成などが続けられた結果、200種以上のサトザクラが誕生した。

オオシマザクラの影響は大きいと言われる。

サトザクラは往々にして人間の観賞用に改良されてきたため、花びらの数の多いものや、見栄えのするものを選んで作られている。
八重咲き、枝垂れ咲きの種類も多い。

ソメイヨシノはほぼ終わっているが中には残って咲き続けているものもある。

カンザン (関山 学名:Prunus lannesiana Wils. cv. Sekiyama )はバラ科サクラ属の植物。

サトザクラ群の桜で、日本原産の園芸品種のヤエザクラ。

学名にはセキヤマという名が登録されており、別名はセキヤマ。
どちらの読みが正しいかは分かっていない。

四月中旬から五月上旬にかけて花期を迎える。
花や蕾の色は濃い桜色であり、八重咲きである。

花弁は多い場合は50枚を超える。
花は大輪であり生育条件が整えば5cmを越えることもある。

雌しべは2本葉化しており、花の中心から突き出ている。
花の時期には葉が生えている場合が多い。

また、花が長い期間持つことも特徴であり、長い期間楽しむことができる。

フゲンゾウ(‘普賢象’ 学名:Cerasus ×lannesiana Carriere, 1872 ‘Alborosea’)はバラ科サクラ属の植物の一種。

サトザクラ群の桜で日本原産の園芸品種のヤエザクラ。

八重咲きのヤエザクラであり、大輪の花を咲かす。
四月の下旬に最盛期を迎える。

花は若いうちは薄紅色をしており、徐々に白くなっていく。
最盛期を過ぎると徐々に花の中心部が赤く染まる。

雌しべが花の中央から2本出ており、細い葉のように葉化している。
この雌しべが普賢菩薩の乗る普賢象の鼻に似ている事からこの名前がつけられた。

異称に普賢堂というものがある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

岩倉実相院門跡


入り口の四脚門をくぐった正面に背の高い山桜が1本植えられていますが、ほぼ満開です。

現在ある本堂(客殿)、四脚門、車寄せは、享保6年(1721)に、東山天皇(在位1687~1709)の中宮承秋門院の女院御所を移築したものといわれます。

枯山水庭園の枝垂れ桜は訪問時(4月7日)には蕾の状態でした。

3つあるこのオブジェは木製で、表面を杉皮、白砂で覆われており波を表している。

表面は杉皮が施され、後側に盛り土をして、その表面を白砂で覆っています。

奥の書院と客殿の間にある池泉回遊式庭園、山地の澄んだ水にしか生息しないモリアオガエルが棲んでいるという。

うさぎちゃんを見つけた。


現在これらの建物は、かなり老朽化が進み、斜交い(はすかい)や鉄柱などで補強されています。
修繕のための資金集めに苦慮しているようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!