春から初夏へ


長居植物園はすっかり初夏のムードです。
スモークツリーの花が咲いていました。

ウキツリボク(チロリアンランプ) [浮釣木]

葉の脇から長い花柄を垂れ下がらせて、赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたような形の色の花を咲かせる。
そのため、流通名をチロリアンランプという。

花は黄色だが、膨らんだ赤い5稜形の萼が目立つ。
雄しべと花柱(雌しべ)は飛び出している。

水連も今を盛りと咲き誇っています。

アジサイの群れの中からわずか色づいているものをチョイス、もう少しの辛抱。

正雪(まさゆき)

透明感のある淡いグラディエーションに魅了された。

「スヴニール・ダンネ・フランク」という薔薇、、黄色がかったオレンジから淡いピンクまでいろいろな色合いで咲いていました

錦絵(にしきえ)

オレンジの花弁の表に濃い朱色が入り鮮やかな色彩となる。
次第に全体が朱に染まる。

ブラス・バンド

季節により花色に変化があり、春の一番花は赤みがかったオレンジ色、 二 番花以降はアプリコットオレンジの発色を見せます。

ミケランジェロ

やわらかな黄色とふんわりとした花形が、とても優しい雰囲気のバラです。
開いてくると、花びらのふちの方が白くなる事も多いようです。

シャーレーポピー(ポピー) [Shirley poppy]

花径は5~8センチくらい。

花の色は紅色、ピンク、白などのものがある。
原種は4弁花だが、本種には八重咲きのものが多い。

花びらには紙を揉んだような皺がある。

花言葉の一つに『七色の愛』というものがある。

中国では虞美人草と呼ばれていますが、項羽に虞と言う愛人(妻や恋人という意味)がいたのですが、項んが劉邦に敗れて垓下に追い詰められてしまったときに足手まといにならないために、虞さんは自害し、その彼女を葬った場所一面に翌夏赤くこの花が咲いたという伝説があるからだとか。

花言葉は多彩。

ポピー(和名:ヒナゲシ(雛芥子)コクリコ(雛罌粟)の花言葉は「乙女らしさ」「恋の予感」「七色の愛」「感謝」「慰安」「活発」「軽率」「いたわり」「思いやり」「陽気で優しい」「忍耐」「妄想」その他いろいろ。


山法師もまだまだ頑張っています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

卯の花は今盛り


卯の花神事は 住吉大社の重要な行事。

神功皇后摂政11年( 西暦211年)の辛卯( かのとう ) 卯(う)の月 卯(う)の日が 住吉大社の創立日です。
この日に神功皇后が住吉大神を祀られた。

「すみよしの ゆふしでなびく 松風に うらなみしろく かくるうのはな」光台院親王の歌碑。

かつては住吉大社の太鼓橋のあたりまで海だったそうで、 海岸の砂浜には美しい松林が続いていた。

住吉大社 卯の花園は25種類500株の卯の花が咲き、今、一般公開中。

卯(う)の花の、ともにし鳴(な)けば、霍公鳥(ほととぎす)
、いやめづらしも、名(な)告(の)り鳴(な)くなへ

大伴家持

卯の花の咲く時 「ほととぎす」と鳴くほととぎすは おもしろい 鳥だな

卯の花は別名:ウツギ(空木)と呼ばれアジサイ科ウツギ属の落葉低木です。

一重のピンクのサクラウツギが可愛い。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住之江下水処理場のバラが見頃


大阪市住之江区の住之江下水処理場で、シンボルのバラの花が見頃を迎えている。

74種約2千株があるバラ園は一般公開されており、家族連れやお年寄りらが咲き誇る花と香りを楽しんでいる。


2000年、フランス作出のバラ「ジュビレデュ プリンス ドゥ モナコ」。
なにか、舌をかみそうな名前です。

モナコといえば「プリンセス」を連想しがちですが、この花は「プリンス」が冠されています。

赤と白はモナコの国旗の色にちなむものとか。

アイスバーグはバラの園芸品種の一つであり、1983年世界バラ会議で殿堂入りした白バラの名花。

傍を流れる住吉川畔にセンダンの花が咲いている。

5-6月頃に、若枝の葉腋に淡紫色の5弁の花を多数、円錐状につける。
花にはアゲハチョウ類がよく訪れる。

なお、南方熊楠が死の直前に「紫の花が見える」と言ったのはセンダンのことと言われている。

楝(おうち)ちる、川べの宿の
門(かど)遠く、水鶏(くいな)声して
夕月すずしき、夏は来ぬ

楝(おうち = 栴檀(せんだん)の古名

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

八幡堀雨中散策


近江八幡市は、豊臣秀次が築いた城下町を基礎として、近世は商業都市として発展した。
いわゆる近江商人の発祥の地。

今日は雨、赤いポストの似合う通り、雨もお似合い。

近世の風情がよく残る新町通り、八幡山もガスに煙る。

この辺りからは八幡城跡もよく見える。

橋の上の人はボランティアのエキストラ。

「時代劇の似合うまち近江八幡」をアピールしようと、近江八幡観光物産協会が春と秋に行っている催しで今回が11回目。

こちらにもさりげなく街の風景に溶け込んでいる。

日牟禮八幡宮、伝承によれば、131年、成務天皇が高穴穂の宮に即位の時、武内宿禰に命じてこの地に大嶋大神を祀ったのが草創とされている。

691年、藤原不比等が参拝し、詠んだ和歌に因んで比牟禮社と改められたと云われる(「天降りの 神の誕生の八幡かも ひむれの杜に なびく白雲」)。

ここにもボランティア侍。

黄菖蒲は近江八幡の顔、雨によく似あっている。

建造当初から、堀には「背割り」と呼ばれる排水路による下水システムがあり、堀に溜まった汚泥は、船の運航にさしさわる前に随時浚渫され、近隣の田畑の肥料として使われていた。

また、その田の粘土を使って八幡瓦が作られていた。

ヴォーリズは、近江八幡名誉市民第一号、女の子が名誉市民のお祝いの花束を渡している情景を像にしています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ボタン咲くころ


長谷寺は朱鳥元(686)年、僧道明上人が天武天皇のために銅板法華説相図(国宝)を西の岡に安置したことが始まりという。

仁王門を抜け、本堂へと続く登廊(重要文化財)は399段に渡る石段になっており、天井には楕円形の灯籠が吊られている。

登廊は4月下旬から5月上旬に見頃をむかえるボタンに彩られる。

ミドリのきれいな季節になりました。

訪問したのはボタン祭りの最終日、ボタンもほぼ盛りを過ぎている。

登廊のそばの石垣にはテッセンが見頃を迎えている。。

石垣にはわせているがおもむきがあっていい。


登廊のそばのボタンはほぼ終わっており鉢植えの花が並べられている。

本堂を通して、外の景色を眺める。

礼堂から眺める五重塔、ここにもボタンが。

長谷寺の牡丹は、今から千年以上も前、「唐の僖宗皇帝の妃、馬頭夫人が、遠く海を越えた大和国長谷寺十一観世音に願いをこめて祈願したところ、その願いが叶い、御礼として十種の宝物に牡丹をそえて献上した」という寺伝によって始められたのだとか。

目を閉づるとき 牡丹花曰く
      ここにわれ在り    ポール・クローデルの『百扇帖』

目という感覚に映る牡丹より心で想像する牡丹のほうが、より牡丹であるというのだ。

ちりて後おもかげにたつぼたんかな  与謝蕪村


巨大な十一面観音さまの御足に触れてご縁を結べる「大観音特別拝」とぼたん。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春から夏へ花のメドレー


近鉄大阪線三本松駅は無人駅、滝谷ショウブ園へは三本松駅から徒歩25分(4月中旬~6月下旬のしょうぶシーズンのみ奈良交通の臨時バスjあり、6分、その他の時期は要連絡で送迎あり)

三本松長瀬の大師堂と室生寺を結ぶ道沿いに広がる。
この道は、かつて多くの参拝客が通り大師の道と呼ばれていた。

この花しょうぶ園は広さは1万坪で、600種100万本のハナショウブが咲き乱れる花の名所。

ハナショウブは6月から7月に見頃をむかえるが、桜、シバザクラ、テッセン、ハマナス、スイレン、アジサイ、コスモスなども栽培されており、次々に開花する。

今の時期、テッセンが見頃を迎えている。

テッセンの花はもちろんきれいだが、蕾も捨てがたい。


花色は青紫、紫、白・・・・と各種あるが青紫系に趣を感じる。



ツルバラのアーチもある。

シバザクラは見頃を過ぎていた。

シバザクラのアップ。

チョウチョも盛んに飛び交う。

休憩所にはかわいいマスコットも。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

司馬遼太郎記念館 バラが見頃


司馬遼太郎記念館の玄関脇のバラが見頃を迎えています。






緑もきれい。


通路のシャクナゲも咲き誇っている。

ミヤコワスレも素敵です。

猫は日向で昼寝。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

瓊花(けいか)の咲く唐招提寺


モノトーンのイメージのある唐招提寺、境内には、菖蒲、おおでまり、ツツジなどが咲き、そこに色を添えています。

菖蒲が咲いている、新緑とのコラボが美しい。

鑑真和上の御廟のそばと、御影堂供華園では、和上の故郷、中国揚州から送られた瓊花(けいか)の花が、春の終わりと夏の到来を告げるように、小さな白い花を咲かせます。

白い装飾花が中央の小花を囲みます。この装飾花は、必ず8つ。花びらは必ず5枚です。

中国の江蘇省、揚州市が原産。

隋から唐の時代、「瓊花(チウンホア)」は「玉蘂」とも呼ばれ、その芳香のある黄白色の花が愛でられたといいます。

ただ不稔であったために、「聚八仙」という台木に接ぎ木して増やしていたそうですが、やがて元軍の進入とともに絶え、その後は残った台木の「聚八仙」が「瓊花」と呼ばれるようになったといいます。

わが国では、鑑真和上の縁で揚州市・大明寺から贈られたものが奈良県の唐招提寺や飛鳥寺などに植栽されています。

「ムーシュウチュウ(木綉球)」の近縁種で、高さは4メートルほどになり、葉は卵形から楕円形の革質で、縁には細かい鋸歯があります。

金堂の東南には、大きな水鉢が、そこに金堂が映っています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

梅宮大社は花盛り


全国の梅宮神社の総本社。
式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社で、旧社格は官幣中社。

現在は神社本庁に属さない単立神社。
旧称は「梅宮神社」。神紋は「橘」。

四姓(源平藤橘)の1つの橘氏の氏神として知られる神社。

元々は奈良時代に南方の綴喜郡井手町付近に創祀されたといわれ、のち平安時代前期に橘嘉智子(檀林皇后)によって現在地に遷座したとされる。

社務所の周りは猫だらけ。
気持ちよさそうに昼寝。

神苑はつつじが盛り。

アヤメも咲く。


少しピンクがかったつつじ。

キリシマつつじがきれい。

白い大輪のつつじ。

色とりどりに咲き乱れる。

この見事な神苑に参拝者は数名、誠にもったいない。

緑もきれい。

なんじゃもんじゃの木(一葉たご(ひとつばたご))

明治時代、東京の青山練兵場(今の明治神宮外苑)の道路沿いにこのなんじゃもんじゃの木があり、名前がわからなかったので「何の木じゃ?」とか呼ばれているうちにいつのまにか「なんじゃもんじゃ?」という変わった名前になってしまった♪

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

遅かりし松尾大社のヤマブキ

今年は花の盛りがあまりにも早くついつい時機を逸してしまう。

この垂れ下がっているのが、脇勧請です。

脇勧請は、榊の小枝を束ねたものです。
榊の束は、十二(閏年は十三)あります。

月々の農作物の出来具合を占った太古の風俗を、伝えていると言われています。

注意して見ないと、鳥居に、脇勧請がぶら下がっているとは、気づかないでしょう。

松尾山の神使が亀である事から、境内の至る所に亀の像があります。

もともと松尾大社周辺はヤマブキの自生地だったが、宅地開発などのため昭和30年代半ばから境内に移しかえたという。

境内を流れる一ノ井川沿いを中心に、花びらが5枚の「一重」と、花びらが重なり合い華やかな印象の「八重」の2品種が楽しめる。

今年は例年と比べ10日以上早く開花した。
担当者は「こんなに早く開花するのは初めてと。

中世以降は酒の神としても信仰され、現在においても醸造家からの信仰の篤い神社である。

平安期に始まったと伝わる神輿の巡行は有名。
松尾大社神幸祭 おいで
神輿の巡行は平安期に始まったと伝わる。 「松尾七社」の神輿と唐櫃(からびつ)が氏 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!