雨の日 十輪院を訪れる


予期せぬ雨になってしまった、久しぶりに十輪院を訪問。

本堂(国宝)
この建物は内部にある石仏龕を拝むための礼堂として建立された。
近世には灌頂堂とも呼ばれていた。

石造不動明王立像

鎌倉期の作、高さ205センチメートル、一部に彩色が残る。

ここには川島英五が眠る。

ハギはやや早いかな、雨に打たれている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

畝傍山を借景に14万本のホテイアオイ


今年も国の特別史跡に指定されている本薬師寺跡周辺(橿原市城殿町)の休耕田に、約14,000株のホテイアオイが見られる。

西方に目をやれば名勝大和三山の一つである畝傍山がそびえ立っており、この山を背景にカメラを構える。

夕日とのコラボが楽しめる夕方がおすすめ。

ホテイアオイは葉柄(ようへい:茎の根元)の中央部がふくれ、これが浮き袋の役割をしています。

名前の由来は、この姿を七福神の一人「布袋様(ほていさま)」のお腹に例えたもの。

蕾(つぼみ)が朝の太陽の日ざしにより花開き、夜になると萎んで、翌朝にまた新しい蕾が花開きます。

特に日ざしが強い日は開花が多いようです。

その涼しげなすみれ色の花は、素朴な農村景観に艶やかな風情を醸し出す。

どこからともなくカモが飛来、目の前をスイーッと泳ぎ飛び去りました。

もしかすると散歩している黒い豚さんに会えるかも。

ヒガンバナとのコラボ、満開まであと少しか。
8月中旬にはハスとのコラボが楽しめる。

現在奈良市の西の京にある薬師寺(やくしじ)の前身にあたる寺です。

天武(てんむ)天皇が後の持統(じとう)天皇である皇后の病気平癒のため祈願して、天武9年(680年)に薬師如来を本尊とする寺の建立に着手。

完成しないうちに天武天皇が崩御したので、持統天皇がその遺志を継いで完成させました。

藤原宮が完成したのと同じ時代に建設されたので、藤原薬師寺とも呼ばれている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

秋霖

酷暑がやっと終わりかけたかなと思えば、長雨に、台風の相次ぐ襲来、中々快適に過ごさせてくれない。

秋雨にけぶる二上山、残念ながら屋内から眺める。

うつそみの人なる我(われ)や明日よりは 二上山(ふたかみやま)を弟(いろせ)と我(あ)が見む
磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど 見すべき君がありと言はなくに

万葉集巻第2 165〜166番 大来皇女のうた2首。

悲劇の皇子を悼み 二上山麓散策
ため池越しに二上山をのぞむ。 手前の芝生が鳥谷口古墳。 そもそも、皇子の墓所につ … 続きを読む →


雨に打たれるハイビスカスもいい。
和名: 仏桑花・扶桑花(ブッソウゲ) ハワイでは州花、マレーシアでは国花、沖縄でもシンボル的な花として一年中見られ、親しまれる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

初秋の花々

秋の訪れを感じ、長居植物園に咲き誇る花を訪ねた。

スモークツリー、四季折々の変化が楽しく毎度取り上げている。

「ギボウシ」は擬宝珠(ぎぼうしゅ)の転訛であるが、これはこの植物のつぼみ、または包葉に包まれた若い花序が擬宝珠に似ることに由来する。

ギンボ(青森県)、タキナ(高知県)などの地方名がある。

風鈴ブッソウゲ

アフリカ・ザンジバル島あるいはケニアモンバサ付近原産の高さ1 – 3mの非耐寒性常緑低木であるブッソウゲの近縁種で、大型の5弁花には細く深い切れ込みがあり、後ろに反っている。

花柄は風鈴のように下に長く伸び、先端付近に筒状の雄蕊がついている。

ヒオウギは山野の草地や海岸に自生する多年草。

高さ60 – 120センチ・メートル程度。
葉は長く扇状に広がり、宮廷人が持つ檜扇に似ていることから命名されたとされる。
別名に烏扇(からすおうぎ)。

万葉名「ぬばたま」

「ぬばたまの夜さり来れば巻向の」(柿本人麿)

夜になってきたら近くの巻向川の川音が、とりわけ高くなってきた。山嵐が激しくなっているのだろうか。

フヨウ

7-10月始めにかけてピンクや白で直径10-15cm程度の花をつける。
朝咲いて夕方にはしぼむ1日花で、長期間にわたって毎日次々と開花する。

同属のムクゲと同時期に良く似た花をつけるが、直線的な枝を上方に伸ばすムクゲの樹形に対し、本種は多く枝分かれして横にこんもりと広がること、葉がムクゲより大きいこと、めしべの先端が曲がっていること、で容易に区別できる。

フヨウとムクゲは近縁であり接木も可能。

アメリカディエゴ

アメリカ原産と思いきや東南アジアらしい。

沖縄県を象徴する県花。

シコンノボタン(紫紺野牡丹、学名:Tibouchina urvilleana)は、ノボタン科ティボウキナ属(和名シコンノボタン属)の常緑低木。
別名スパイダーフラワー
中南米原産の常緑低木。

ブッドレアは長い円錐形の花穂が甘く香り、チョウが集まるため、英名では「バタフライブッシュ」と呼ばれている。

藤色を基本に、白や紫などの花色があり、ほかに葉に斑が入るもの、小型のものなど、数多くの園芸品種がある。

オミナエシ(女郎花 Patrinia scabiosifolia)は、合弁花類オミナエシ科オミナエシ属 の多年生植物。
秋の七草の一つ。
チメグサ、敗醤(はいしょう)ともいう。

秋の七草「萩の花尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」山上憶良(万葉集・巻八 1538)

「手に取れば袖さへにほふ女郎花この白露に散らまく惜しも」不詳(万葉集・巻十 2115)

源氏物語では歌の言葉、前栽の花や襲色目の名として何箇所にも出てくる 「女郎花しほるゝ野辺をいづことて一夜ばかりの宿を借りけむ」(夕霧の巻)「霧ふかきあしたの原のをみなへし心をよせて見る人ぞ見る」(総角の巻)

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

実りの秋

陽が傾く時間も少しずつ早くなり、朝夕の風に秋の気配を感じ始めるこの頃。
旬のおいしい食材が多く市場に出回る季節がまもなくやってきます。

「実りの秋」「食欲の秋」と言われるように、楽しみな季節の到来です。

長居植物園でも実りの秋を感じるこの頃です。

クリ

9月から10月頃に実が成熟すると自然にいがのある殻斗が裂開して中から堅い果実(堅果であり種子ではない)が1 – 3個ずつ現れる。

果実は単に「クリ(栗)」、または「クリノミ(栗の実)」と呼ばれ、普通は他のブナ科植物の果実であるドングリとは区別される(ただし、ブナ科植物の果実の総称はドングリであり、広義にはドングリに含まれるとも言える)。

また、毬状の殻斗に包まれていることからこの状態が毬果と呼ばれることもあるが、中にあるクリノミ自体が種子ではなく果実であるため誤りである。

香りの主成分はメチオナール(サツマイモの香りの主成分)とフラノン(他にはイチゴやパイナップルに含まれている)。

花梨 (かりん)

実はかなり固くて酸味が強く、そのままでは食べられないので、ハチミツ漬けやジャム、果実酒などに用いられる。

あへたちばな (万葉表記 阿部橘 )  クネンボ、ダイダイ、タチバナ、ユズなどのミカン科の植物の総称

我妹子に逢はず久しもうましもの安倍橘の苔生すまでに  作者不詳 巻17-2750

恋しい彼女に長いこと会っていない・・・。 あのおいしいあへ橘に苔が生えるくらい長い間。

あへたちばなを詠んだ歌はこの1首のみ。

カツラ(桂)

名前の由来・・・葉が香りを発することから、「香出(かづ)ら」が転訛したと言われている。
東北地方では、昔、この葉を集めて乾かして粉末にし、抹香をつくったので、別名「マッコノキ」と呼んだ。

果実・・・未熟な緑色のうちはミニバナナのような実をつける。
熟すと帯黒紫色になり2二つに裂け、先端に翼のある種子を出す。

ハナミズキは、1912年に東京がアメリカにソメイヨシノを贈った返礼として、1915年に日本に贈られたのが始まりとされています。

花が鮮やかで観賞用として街路樹や庭木に使われますが、果実が有毒で食用にはできず、葉の表面の毛も刺激性物質があるため触ると皮膚炎を起こしてしまうので注意が必要です。

小紫は紫式部を小さくしたものなのでこの名前になった。
 
小さいが、実のつきかたがいいので花屋さんでは紫式部より人気が高い。

カンレンボク

中国の中南部からチベットを原産とする落葉樹。
大正時代に日本へ渡来し街路樹や公園樹として使われる。

生薬としては「喜樹果」と呼ばれる。

楝(あふち)は、センダン科センダン属の落葉高木の栴檀(せんだん)の古名。
5~6月頃に薄紫色の花を咲かせます。秋に実がなります。

ちなみに、「栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より香(かんば)し」の栴檀(せんだん)は白檀(びゃくだん)の別名で、楝(あふち)とは別物です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

夏の名残り

酷暑の夏も終わりが見えてきた、9月に入りました。
まだまだ暑さも残っていますが、ふと感じる風はすっかり秋。

長居植物園に夏の名残りを探した、

ハスの花の寿命は4日間と言われます。
開花1日目の花弁(かべん・花びら)は「とっくり型」、2日目は「おわん型」に、3日目は「おわん型」から「さら型」に開き、満開状態になります。
そして、色あせした花弁は、一片(ひとひら)二片と散りはじめ、4日目を迎えます。

夜中の1時頃から咲き始める花びらは、早朝6時頃には完全に開き、閉じることなく散り始め、午後1時頃には一片もなくなり、花托(かたく)だけが残ります。

やがて、成長した花托は緑色になり、茶褐色の果托に成長し、蜂の巣状の穴の中にある実も、熟して黒色に変色します。

成熟したハスの実は蓮池に落ち、池の底で根茎(こんけい・蓮根)となり、再び、見学者を楽しませるハスの花を咲かせます。

セミは、卵→幼虫→成虫という不完全変態をする虫。

成虫期間は1-2週間ほどと言われていたが、これは成虫の飼育が困難ですぐ死んでしまうことからきた俗説で、野外では1ヶ月ほどとも言われている。

さらに、幼虫として地下生活する期間は3-17年(アブラゼミは6年)に達し、短命どころか昆虫類でも上位に入る寿命の長さをもつ。

今年の夏は酷暑でセミの鳴き声もあまり聞かぬうちに夏も終わろうとしている。

園内はすでに実りの秋を迎えつつある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ヒガンバナ見つけた 長居植物園


小池の渓流近く、早くも彼岸花が咲いています。

彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。

彼岸の入りには少し日にちがあるが、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように朝晩は秋を感じるこの頃です。

別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。
別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。

『万葉集』にみえる「いちしの花」を彼岸花とする説もある(「路のべの壱師の花の灼然く人皆知りぬ我が恋妻は」、11・2480)。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

秋の気配 長居植物園

暑さがおさまるころと言われる 処暑 (しょしょ)8月23日も過ぎ、まもなく、しらつゆが草に宿るころといわれる白露 (はくろ)9月8日もちかい。
日中は相変わらずの酷暑、しかし朝夕は少し涼しくなり秋の気配を感じる。

秋を感じようと長居植物園に出かけた、大池を右手に見て時計回りに回るのがいつものパターン。

ここは定点観測の地点でもある、見た目秋を感じる風景ではなさそうだがカツラ、ハナミズキは実を着けており既に秋。

右側に見えるのはセンダンの大木。

実をたわわにつけている、この実が初春のころまで景観を楽しませてくれる。

珠に貫(ぬ)く 楝(あふち)を家に 植ゑたらば 山霍公鳥(やまほととぎす) 離(か)れず来むかも

         大伴宿禰書持(ふみもち) 万葉集 巻17ー3910

玉に貫く『あふち』を家に植えたら山ホトトギスはいつも来るでしょうか。

青く澄み渡った秋の空、万葉の小径のほとりのススキが秋を知らせる。

我が宿の尾花が上の白露を消たずて玉に貫くものにもが(万葉集 1572)

私の庭の尾花に付いている白露を、消さないで玉のように貫(ぬ)き通せたらよいのになあ

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

咲くやこの花館 高山植物室

高山植物室、この時期ずっと居続けたくなる、室温が25゜C いかに保たれているのです。

ハエトリグサ(蠅捕草、Dionaea muscipula)は、北アメリカ原産の食虫植物。別名、ハエトリソウ、ハエジゴク。

葉を素早く閉じて獲物を捕食する姿が特徴的で、ウツボカズラと並ぶ有名な食虫植物。

サスマタモウセンゴケは細かな毛に覆われた細い葉の先が二股に分かれ、防犯グッズのサスマタ(刺又、刺股、刺叉)にそっくりな形をしています。

サクラソウ科 (Primulaceae) は北半球の暖帯から寒帯を中心に広く分布する被子植物の科。
世界に28属約1000種があり、日本には9属 には9属。

サクラソウの仲間

ヤマシャクヤク

和名の由来は、山地帯に生え全体がシャクヤクに似ていることによる。

レンゲショウマ

花が蓮に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられた。

花茎の下部に茎葉と根出葉がある。葉は二-四回三出複葉で、小葉は卵形、あらい鋸歯を持つ。

コマクサ

美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような厳しい環境に生育することから「高山植物の女王」と呼ばれている。

和名はその花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来する。

ミヤマオダマキ

和名の由来は、苧環(おだまき)という紡いだカラムシ(苧)や麻糸を丸く巻く道具が花の形に似ていて、深山に咲くことから付けられた。

マツムラソウ

日本では、西表島と石垣島に分布し、常緑広葉樹林中の川沿いの水がしたたり落ちるような湿った崖面にまれに生育する。

自生地は、西表島の3河川で数か所、石垣島では1か所知られているが、各地とも個体数が極めて少ない。

減少の要因として、園芸用の採集があげられるが、そもそも自生する場所と個体数が少ない。

世界では、中国大陸南部、台湾に分布する。

クロユリ

日本の中部地方以北・北海道、千島列島、ロシア連邦のサハリン州、カムチャツカ半島、ウスリー地方、北アメリカ北西部に分布。高山帯の草地に生える。

本州では、東北地方の月山、飯豊山、中部地方に分布し、分布の西限地は白山で、室堂周辺などに大量に群生しているのが見られる。

石川県の「郷土の花」である(「県花」ではない。)。

花言葉は「恋」「呪い」。

武将の佐々成政にシェイクスピアの『オセロ』に似た、側室の早百合姫の「黒百合伝説」が富山にあり、明治になり金沢出身の作家泉鏡花が『黒百合』という小説を書いている。

川端康成は小説『山の音』の「春の鐘」の章の中で、黒百合の匂いを「いやな女の、生臭い匂いだな」と表現してい。

チシマルリオダマキ

色合いも姿もミヤマオダマキに良く似ている

千島を原産とする花と思われるが間違いなく姉妹種であろう。

コウライウスユキソウ(高麗薄雪草)は、朝鮮半島の雪岳山に産するという高山植物。

日本に自生するウスユキソウの仲間。

見たところ、エーデルワイスに似ていますが、微妙に違います。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ヒマラヤの青いケシを咲くやこの花館に見る

日本においては幾つかの植物園で本属の花(主にベトニキフォリアとグランディス)を見ることができ、特に大阪市にある咲くやこの花館では、2007年現在一年を通していつでも花を見ることができる。

ヒマラヤ等の高山で可憐な花を咲かす“ヒマラヤの青いケシ”メコノプシス。青空の如きヒマラヤンブルー、天上の妖精と謳われるこの幻の花、属名のメコノプシスMeconopsis は「ケシに似た」という意味のギリシャ語で、直訳すればさしづめ「ケシモドキ」である。

この属名がそのまま園芸名としても通用するので、特に和名は定められていないが、本属代表種 M. betonicifolia の俗称「ヒマラヤの青いケシ」にちなんだアオイケシというカナ表記がされることがある(岩波生物学辞典など)。

もっとも本属自体が登山家や園芸愛好家以外にあまり知られていないこともあり全く使われていない。
なお中国名は緑絨蒿である。

一般にヒマラヤの青いケシといえば本種を指し、英名もそうなっているが主産地は中国雲南省北西部の高山地帯である。

多年生であるため、一度根付けば種から育てる必要は無く、その点栽培の難しい本属の中では栽培しやすいといえる。

ただし低地で栽培した場合は紫外線の影響もあり、花色の青は薄らぐ傾向にある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!