春待つ花たち 長居植物園

寒気を脱して暖かい風に心地よい。
植物園では様々な花たち、名前さえよく知らない花たちが春を待っている。

ギョリュウバイ

桃色の花が美しいため栽培される。ニュージーランドとオーストラリア南東部原産。

ギョリュウバイの名は、ギョリュウに似て葉が小さく、花がウメに似ることから。

今すくすくと育っているのはポピー、楽しみだ。

ローズマリー

属名Rosmarinusは「海のしずく」を意味する。
ヨーロッパでは、教会、死者、生者を悪魔から守る神秘的な力を持つといわれ、また記憶や友情を意味する。

紀元前4-5世紀頃の古代ギリシャでは、記憶や思い出の象徴とされ、学生たちは髪にローズマリーの小枝をさして勉強したというエピソードが残っています。

さらには、「二人の愛が永遠に続くように」という思いを込めて、結婚式で花嫁が身につけたり、招待客に配ったりという習慣もあったと伝えられています。

ヤツデは、晩秋から初冬にかけて、2か月間ほど花を付けます。
花茎を花火のように八方に広げ、球状に乳白色の花を咲かせます。

ユリオプスデージー

ユリオプス属は南アフリカを中心に、95種ほどが分布しています。

ユリオプスデージーはユリオプス属の常緑低木、ユリオプス・ペクチナータス(Euryops pectinatus)です。
晩秋から春まで、黄色い花を長期間咲かせます。

葉や茎に細毛が生えているので、全体が灰白色に見えます。

ラベンダー

日本では北海道の富良野地方のラベンダー畑が世界的にも知られ、上富良野町、中富良野町、ニセコ町のシンボルとしても指定される。

栽培発祥地は、札幌市南区南沢であり、1942年に栽培が開始された。

札幌市では、幌見峠頂上(宮の森地区)にあるラベンダー畑が有名であるが、規模は小さい。

他にも、南沢にある東海大学札幌キャンパスでは、2002年よりラベンダーキャンパス化計画として栽培されている。

以前北海道の富良野地方の「ファーム富田「」を訪問した時の記録です。
ラベンダー畑がとてもきれいでした。

富良野ラベンダーウォーク
ラベンダーの見頃に照準を合わせたような格好で富良野を訪れることができた。 おりし … 続きを読む →


ジャノメエリカ

和名の意味は蛇の目エリカで、花の真ん中に黒い葯がよく目立つことによる。

別名をクロシベエリカ、あるいはアフリカエリカともいう。

英語名としてはchanneled heath の他に、Black-anthered Heath、Black-eyed Heathもある。



関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春告草咲く 長居植物園


別名が、春告草とも呼ばれていて春を告げる花として昔から親しまれている「ウメ(梅)」の花。

寒中に花を探し求める人々。

寒梅こそ、感に堪えない。
季冬の風にそよぐ一輪に、春の風を予感する。

冬枯れの景観に落とされた一点の薄紅(ウスベニ)に、爛漫の仄かな兆しをとらえる。

洒落めくが、観梅の妙だ。

芭蕉が詠めば、こうなる。

    梅が香に 
     のつと日の出る 
      山路哉

「東風(こち)吹かば にほひおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ」菅原道真が大宰府に左遷される時、道真の愛した庭の梅の花に別れを惜しんで詠んだ歌。後に庭の梅木が道真を追って大宰府に飛んできた、という「飛梅伝説」がある。

「桃栗三年、柿八年、柚
(ゆず)の馬鹿野郎十八年、梅はすいすい十六年」種を植えてから実を収穫できるまでの期間を指す俚謡。本来は「桃栗三年柿八年」で一つの諺。「物事は簡単にうまくいくものではなく、一人前になるには地道な努力と忍耐が必要だ」という教訓である。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春呼ぶ水仙 長居植物園


春に咲く球根植物の代表格といえば水仙。

原産地は主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域、北アフリカまで広がり、原種は30種類ほど知られている。

また、園芸用に品種改良されたものが広く栽培されている。

多年草で、冬から春にかけて白や黄の花を咲かせるものが多い。草丈は、品種・環境によるが、15 – 50cm程度である。

茎は、黒い外皮に包まれた鱗茎の内部にある。そのため切断しない限り人の目に触れることはない。葉身は、若干厚みがあり扁平で細長く、つや消しのような表面をしている。

葉の間からつぼみをつけた花茎が伸び、伸びきるとつぼみが横向きになり、成熟するとつぼみを覆っていた包を破って花が開く。

典型的なスイセンの花の場合、雌蕊(しずい)は1本、雄蕊(ゆうずい)は6本。6枚に分かれた花びらと、中心に筒状の花びらを持つが、6枚に分かれている花びらのうち、外側3枚は萼(がく)であり、内側3枚のみが花弁である。

二つをあわせて花被片(かひへん)と呼ぶ。一方、中心にある筒状の部分は副花冠(ふくかかん)という。花被片・副花冠の形状と花の着き方により、品種を区分する。

日本においては、ニホンズイセンが古くに中国を経由して渡来したと言われている。

分布は、本州以南の比較的暖かい海岸近くで野生化し、群生が見られる

。越前海岸(福井県越前町)の群落が有名であり、福井県の県花ともなっている。

Narcissus という学名は、ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスに由来する。

神話によると、ナルキッソスは、その美しさにさまざまな相手から言い寄られたものの、高慢にはねつけて恨みを買った。

ついには、そんな彼への呪いを聞き入れた復讐の女神ネメシスにより、水鏡に映った自分自身に恋してしまった。

水面の中の像は、ナルキッソスの想いに決して応えることはなく、彼はそのまま憔悴して死ぬ(水面の像に接吻をしようとして溺死したという説もある)。

そして、その体は水辺でうつむきがちに咲くスイセンに変わった、というものである。

だからこそスイセンは水辺であたかも自分の姿を覗き込むかのように咲くのである。

春とは言え背景は冬枯れのススキが・・・・・

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

冬景 長居植物園


立春も過ぎてもう春なのに寒気が居座り寒い日が続く。

展望広場を見やるとスイセンが咲き競い春近しを思わせる。

風にそよぐススキを見れば冬景色。


パンパスグラスが風に揺れる。

展望広場のカフェは冬季休暇中、モニュメントも寂しそう。


風情を見せるサキシマフヨウの実。

長居植物園は春とは名ばかりの冬の真っ最中。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

高山植物たち 咲くやこの花館


オオバナノエンレイソウ

北海道、本州北部に分布し北海道では各地に群生が見られる。
草丈は30-70cm程度に生育する。

葉は菱形状広卵形で茎頂に3個を輪生する。

5-6月に茎頂に直径5-7cmの白い大きな3枚の花弁を付け、花の中央に子房があり、6本の雄蕊が取り囲む。

ユキワリコザクラ

中部以北の本州と北海道に分布する、ユキワリソウ の変種。

山地~亜高山帯の岩礫地や乾いた草地に生育する。
茎の高さは僅か5~10㎝ほど。

葉は広卵形で基部が急に細くなる。

6月から7月ごろ、花茎を伸ばして、花茎の先に淡い紅紫色の花を2~10個つける。
花弁は高坏状で5裂し、裂片はさらに2裂する。

花の大きさは15mm程度。

ヤマシャクヤク

茎の先に花径4~5センチの白い美しい花を上向きに1個つける。

花びらは5~7枚で、中心にたくさんの雄しべと2~4本の雌しべがある。

雌しべの赤い部分(柱頭)はやや曲がっている。
花びらは雄しべや雌しべを抱えるように咲く。

和名の由来は、山に自生しており、中国から渡来した芍薬(シャクヤク)に葉の形や蕾が似ているところからきている。

根は生薬で山芍薬(やましゃくやく)といい、鎮痛薬とされる。

植林による影響と盗掘によって絶滅の危機にある。

環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されている。

チシマルリオダマキ

千島瑠璃苧環(チシマルリオダマキ)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草である。

千島列島産として山野草愛好家の間に出回っている。

しかし、それを裏づけるような根拠はなく、産地など詳細は不明。

形状は深山苧環(ミヤマオダマキ:Aquilegia flavellata var. pumila)に似ている。

同種は朝鮮半島やサハリンにも分布しており、本種と近い仲間だと推測される。

草丈は10~20センチくらいである。

根際から生える葉は、手のひらのような形をした小葉3枚1組で1つの葉になっている。

平地での開花時期は5~6月である。

下向きないし横向きに青紫色の花をつける。
花径は3センチくらいである。

コウライウスユキソウ(高麗薄雪草)は、朝鮮半島の雪岳山に産するという高山植物。
日本に自生するウスユキソウの仲間だそうです。

 
見たところ、エーデルワイスに似ていますが、微妙に違います。調べると、「ウスユキソウの仲間はアジアからヨーロッパにかけて広く分布します。

同じ個体でも生育環境によって変異が多く、分類が難しい仲間です。

ヨーロッパアルプスのものは「エーデルワイス」と呼ばれ、その「高貴な白」は映画や音楽などさまざまな分野で親しまれています。」

エーデルワイスという名前は、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?直訳すると「高貴な白色」という意味になります。

映画や音楽、企業の名前に使われています。
これらの元となった「エーデルワイス」という植物は、真っ白な花びらをつけるかわいらしい花。

エーデルワイスの花言葉は?

『大切な思い出』『尊い思い出』『勇気』『忍耐』

エーデルワイスの花言葉は、花の可憐で潔い印象を持つものが多いですよね。

特に「大切な思い出」という花言葉は、天使と登山家の叶わぬ恋のエピソードに由来しています。

登山家はある日、地上に舞い降りた天使に恋をしてしまいました。
しかし、この恋が叶わないことに苦しみ、天に向かって「この苦しみから救ってほしい」とお願いをします。

すると天使がエーデルワイスの花を地上に残し、天に帰っていったというお話です。

コマクサ

美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような厳しい環境に生育することから「高山植物の女王」と呼ばれている。

和名はその花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来する。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

クロユリの花言葉 吉?凶 咲くやこの花館

クロユリの花言葉は、「愛」と「呪い」です。
相反する2つの花言葉を持つクロユリには、こんな伝説があります。

昔、越中富山に小百合という名前の美女がおりました。
この侍女は、武将で富山城主の佐々成政(さっさなりまさ)のお気に入りであったそうです。

成政があまりにも小百合を可愛がっていたので、他の側女から妬まれてしまいます。
成政が留守の間、「小百合が他の家臣と密通している」という噂を流されてしまいます。

噂を聞いた成政は怒り狂って、小百合を斬殺してしまいます。
早百合は無念の怒りから、死に際にこう言って、呪いをかけます。

「三年たって、立山に黒い百合が咲いた時に佐々家は滅びる事でしょう」

その後成政は、本当に失脚し、切腹により命を落とすことになったのです。
まさに、愛するが故に、その愛が呪いとなってしまったお話です。

黒百合のロマンチックな言い伝え

黒百合は高山地帯に咲く高さ約20センチのすらりとした濃い紫色の花です。
黒百合と言う名前なので花の色が黒と思われがちですが実際は濃い紫色をしています。

とても大人っぽい雰囲気のある花で、アイヌ民族の伝説といわれている黒百合が意味する花言葉『恋』と言うものがあります。

アイヌ民族は黒百合を好きな人の側に置き、その置いた黒百合を誰が置いたのか気付かれないで相手が黒百合を手に取ると2人は結ばれる言い伝えがあります。
とてもロマンチックですが、黒百合には怖い花言葉の方が多いです。

その他にも幾多のエピソードがあります。

クロユリの花の匂いから

クロユリは、日本では北海道や、石川県、青森などに生息しています。
高い山や、涼しい気候を好むので、山岳部などに咲いています。

厳しい環境を好むので、暖かい気候だと枯れてしまいます。

本土では、4月から5月、北海道では6月から7月頃に咲きます。
クロユリの花は、独特の香りをさせて、虫をおびきよせます。
この匂いについては、多くの人に、好ましいと思われないようです。

悪臭と言う人さえいます。また、この匂いでおびき寄せるのは「ハエ」です。
匂いでハエや銀バエを呼んで、花粉を運んでもらいます。
よって、花にはハエがたかることになります。

川端康成は小説『山の音』の「春の鐘」の章の中で、黒百合の匂いを「いやな女の、生臭い匂いだな」と表現している。

黒百合の歌から

クロユリの花にゆかりのある歌もあります。
「黒百合の歌」は、昭和28年(1953)に公開された松竹映画「君の名は」の主題歌になった歌です。

「君の名は」は、ご存知の方も多いと思いますが、春木と真知子の悲恋物語です。
真知子巻きという、頭からすっぽりとストールを被ったファッションも生み出した映画です。

黒百合の歌の歌詞は、「黒百合の花は魔物だよ・・・」という、嘆きの歌です。
最初は、なかなか結ばれない、主人公の春木と真知子の嘆きの歌かと思っていました。

ですが、良く聞いてみると、これは春木を愛していたもう一人のユミという娘の恨みの歌のようです。
ユミは、春木と真知子が恋人同士だと知って、摩周湖に投身自殺をしてしまいます。

そう思って聞いてみると、ものすごく恐い歌詞です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ヒマラヤの青いケシ 咲くやこの花館


ヒマラヤ産種には青い花を咲かせる種があり、それらはヒマラヤの青いケシとして非常に有名であるが、本種の分布の中心はチベットから中国西部にかけてであり、ヒマラヤはむしろ分布の辺縁域に当たる。

咲くやこの花館では長年メコノプシス(青いケシの仲間)を栽培展示してきていますが、この1,2年うどん粉病と呼ばれる菌による被害を受けてきました。

以前にも一度被害が出て、冷房室内が汚染され栽培が困難となりました。

今回は被害の少ない屋外で開花をさせました。
本日一年ぶりに開花したのはメコノプシス‘シェルドニー’(Meconopsis x sheldonii)と呼ばれるメコノプシス・グランディス(Meconopsis grandis)とメコノプシス・ベイレイ 旧:ベトニキフォリアと(M.baileyi =betonicifolia)の雑種です。

この雑種はグランディスとベイレイの中間的なものから、ベイレイよりのものなどさまざまな形態のものが出現します。

今回のものはベイレイ10%、グランディス90%で葉のつき方や花の色がほぼグランディスと思ってよいものです。

当館ではブータン、チベット、雲南、四川で採種したメコノプシスを何度も育苗してきていますが、ワイルドそのもので難しいものが多く、時折しか展示できていません。

雑種化すると各個体のもつバイタリティを併せ持つ個体も生じ、生き残った個体には栽培しやすい系統のものも出現します。

2018.04.12の記事より

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

冬は熱帯温室 咲くやこの花館


カリアンドラ・スリナメンシス

南アメリカ北部のスリナムが原産です。枝が広がり、高さは4.5メートルほどになります。

2回羽状複葉で、小葉は長楕円形。

長いパウダーパフのような雄しべは白色で、先の方が紅色を帯びています。

別名「スリナムごうかん(スリナム合歓)」。

カリアンドラ・ハエマトケファラ

赤い花を咲かせるアカバナブラシマメの方が一般的なようです。

イガグリぐらいの大きさの丸い形で、毛が生えたような面白い花を咲かせます。

ネムノキと同じ仲間で夜になると葉が閉じるようです。
熱帯の植物で沖縄に地植えされているようです。

カエンボク

西アフリカ原産の常緑高木で、樹高は12-25mほどになる。
葉は羽状複葉をなし、若葉のころは象牙色、成長すると光沢のある緑となる。

一年を通じて赤みがかったオレンジ色の、つり鐘形の大きく派手な花を枝先に多数咲かせ続けるので、見た目がとても華やかな木である。

ステフティア・クリサンタ

色はオレンジ色で、長い黄金色の冠毛を伸ばしてパフのようです。

開花が進むにつれて長く伸びてきます。

冠毛は花後も長く残り徐々に広がって直径約10㎝の球状となります。

バウヒニア・プルプレ

インド、ビルマ、中国原産の中高木。

しべの形は違うがハイビスカスやフヨウの花びらを細くしたような5弁の赤紫色の花びら。

ゲンペイクサギ

常緑で蔓性の低木で、高さは4mまでになる。
葉は対生して長卵形で先は尖り、縁には鋸歯はない。葉の表面では主脈が窪んでいる。

若枝は断面が四角で短い毛に覆われる。

葉は対生で卵形から長卵形、先端は細く突き出して尖り、基部は丸い。
葉身の大きさは長さ12cm。幅6cmほど。縁は滑らかで無毛。

書架に枝先に円錐花序を出す。
萼は白くて鐘状をなし、大きく5つに裂けるが先端は互いに寄り合って閉じる。

花冠は濃赤色、花筒は萼から伸び出して長さ2cmほど、その先端で5裂して大きく開く。
その径は1.8cm。

雄蘂は4本あり、花柱と共に花冠から伸び出している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

見事に咲き競う欄 咲くやこの花館


バンダは濃紫色をしたものが知られているためか、紫色の花が特徴と思われていますが、最近では、濃ピンク系や黄色系、白などの花もあります。

中心から葉を左右に広げて出し、上へ上へと伸びていきます。

株元から太く白い根をたくさん伸ばすさまは、見ごたえがあります。

デンドロキラム・コッビアヌム ラン科、デンドロキラム属 原種です・

学名:Dendrochilum cobbianum

デンドロキラムのフィリピンでの名称:ライスオーキッド 現地では、樹幹、または岩に着生しています。

パフィオペディルム

地上に根を下ろす地生蘭もしくは半着生蘭であり、洋ランでは少数派に属する。

茎はごく短く、葉は幅広い楕円形で平たく、根出状に重なる。

花は、長い花茎の先に単独か、少数を穂状につける。

パフィオペディルム’エメラルド

東南アジアを中心とした熱帯~亜熱帯アジアに約70種が分布するランの仲間。

主に樹林内のうす暗い地面に根を下ろしますが、たまに樹の上に根を張り付かせて生活するものもあります。

パフィオペディルム・インシグネ

この種は非常に古くから知られ、この属のタイプ種でもある。
緑地に褐色の斑点を持つ花をつける。

花は小輪ではあるが、栽培がきわめて容易なため、非常によく栽培される。

黄緑花の変種があり、これも含め、多くの交配品の親となっている。

リンコレリオカトレア・レンジャージックス

パフィオペディルム・セント・スイン

デンドロビウム・プルプレウムはラン科セッコク属(デンドロビウム属)の多年草。

デンドロビウム属は東南アジアやオーストラリアなどに1200種くらい分布する着生種。

属名の読み方は英語風にデンドロビューム属とするものもある。

日本にも石斛(セッコク)などが分布し、属名の和名をセッコク属という。

種の原産地はマレーシア、ニューギニア、フィジー、バヌアツなどである。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

台風21号の爪痕は残酷です

台風21号の襲来からすでに2か月になる。
長居植物園の被害は甚大でメタセコイヤ林のあたりの復旧は来年3月という。

大池のほとりのセンダンの木、大きな枝ぶりで威容を誇っていたが見るも無残。

メタセコイヤ林の中は被害甚大、今もたくさんの倒木が手つかずのまま。

うずたかく積まれた倒木の残材。

日開の様子を知らせるパネル。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!