古民家

古民家

五條新町通り 木村篤太郎生家訪問記

江戸時代の風情を残す新町通りに面している木村篤太郎の生家が、五條新町まちや館として一般に公開されています。 この建物は、旧辻家住宅で、米屋を営んでいた辻家の住宅として使われていました。 内部には土間が奥まで続いており、蔵もあります。 篤太郎...
古民家

五條新町通りの露地散策

五條を倶楽部の撮影会で訪れた。 滅びゆく街に美しさを求める面々で、自然足は路地に向かう。 五條新町通りやその周辺には江戸時代(17世紀初頭~18世紀)に建てられた町家が集中していて、今なお当時の面影を残す。 空き家が増えているようだ。 家の...
古民家

奄美大島の高倉

奄美大島や沖縄には高床式(たかゆかしき)の倉が残っています。 このような高床倉(高倉)は台湾やフィリピンなどの南方地域にその起源があると思われます。 古代には日本国中に存在していたと考えられますが、現在では南西諸島や八丈島にわずかに残るのみ...
古民家

摂津能勢の古民家

大阪で栗と言えば能勢栗! 能勢栗も大振りでおいしい。 が! おすすめは和栗の銀寄栗(ぎんよせ)です。 この家は大阪府の北端、能勢町吉野から昭和35年(1960年)に移したものですが、移築に際して、後世改造されていた部分を原形に復元しました。...
九州

日向椎葉の古民家

宮崎県日向の椎葉村は、飛騨白川村や阿波祖谷村と共に、わが国三大秘境として知られています。 昭和34年(1959年)に移築されたこの民家は、急峻な山の斜面に建てられるため、「竿家造り(さおやづくり)」と呼ばれる併列間取りの細長いつくりをしてい...
古民家

4年振りです緑地公園

今日は倶楽部の撮影会、4年振りに緑地公園へ。 【 金井良輔「カリアティード1983 3本のねじれた柱」】 ギリシャのラコニアのカリアの町が征服され女たちが苦役に従事した故事から「重荷を支える女」として、女性像による柱をカリアティードと呼ぶ。...
古民家

レトロな今井町町並み散歩 パート2

倶楽部の定例会用に作品用にレタッチをしたものを掲載します。 関連記事 ≪テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!そろろそろ紅葉の季節 金沢も中々いいよ、良く通いました。 幽玄空間 兼六園 今回は兼六園ライトアップ【早春の段】...
古民家

レトロな今井町町並み散歩

飛鳥川の流れにかかった蘇武橋を渡ると、現在も江戸時代そのままの情緒と風情を残す町、今井町があります。 飛鳥川のことをかつては蘇武川と言い、その付近には蘇武井、蘇武橋、蘇武田などの地名が残っています。 今井町の東の入り口にある大きな木。 この...
古民家

久宝寺 寺内町

久宝寺という地名は知っているし、過去何度も車でとおったことはあるが歩くのは初めてだ。 久宝寺は緑地のイメージが強く、寺内町が残っていることは全く知らなかった、お恥ずかしい。 倶楽部の撮影会での訪問。 久宝寺の地名のはじまり この地の氏神とし...
古民家

熊野古道と醤油の街ノスタルジック散策

湯浅町は、熊野三山へと続く熊野古道の宿場町として栄え、熊野古道が唯一商店街を通る町としても知られています。 交通上重要な位置にあった湯浅は、近世に入り次第に商業都市として発展を遂げます。 その核をなしたのは、なんといっても醤油です。 鎌倉時...