仮面 民博


ランダ バリ族 インドネシア

災いをもたらす魔女。
その力を恐れるバリ島の人々は、ランダに供物をささげ、劇を演じることでその力をしずめようとする。

アボ・マウ(女の仮面) イボ族 ナイジェリア

木彫り人形 インドネシア

人形芝居ワヤン・ゴレック・チュバックに使われる。
ジャワ島西部北海岸のチルボンとその周辺地域のジャワ人の社会で演じられる。

仮面 バリ族 インドネシア

仮面舞踏劇トペン・パジェガンに使われる。
ガムラン音楽を伴奏に、ジャワ島やバリ島を舞台にした歴史物語を演じる。

一人あるいは数人の役者が、順番に仮面を付けかえ、それぞれの役柄を演じ分けていく。

仮面 ジャワ族 インドネシア

仮面舞踏劇ワヤン・トペンに使われる。
ジャワ島東部を舞台とする英雄パンジの物語を演じる。

ガムラン音楽を伴奏に、ダラとよばれる語り手の語りと歌、仮面をつけた役者のセリフにより物語が進行する。

仮面 ジャワ族 インドネシア

仮面舞踏トペン・チルボンに使われる。

ジャワ島西部北海岸のまちチルボンとその周辺のジャワ人社会で演じられる。
踊り手は、順番に仮面をつけかえて踊る。

あやつり人形 ビルマ族 ミャンマー

ヨーテー・プェーと呼ばれる人形芝居に使われる。
ぶっだ(仏陀)の前世を描いたジャータカ物語などを演じる。

かっては宮廷に保護されてさかえ、古典舞踊にも大きな影響を与えた。

西ジャワの人形劇ワヤン・ゴレックの人形たち

ワヤン・ゴレックは、インドネシア・ジャワ島西部をふるさととするスンダ人の伝統的な人形芝居。

ガムランを伴奏として、1人の人形つかいが、語り歌いながらたくさんの人形をあやつります。

割礼や結婚、田植えや収穫などの儀礼に際してよく演じられます。






木彫り人形 インドネシア

人形芝居ワヤン・ゴレック・チュパックに使われる。
ジャワ島西部北海岸のチルボンとその周辺地域のジャワ人の社会で演じられる。

仮面「エグウ・アバ」 イガラ族 ナイジェリア

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">