布引ハーブ園


ロープウェイ神戸夢風船に乗り10分で山頂駅に到着する。

そこから風の丘駅までの谷あいに、樹林に囲まれるようにして園路に沿って布引ハーブ園(香の庭園)が展開している。

西欧の生活の中に定着しているハーブ文化を神戸の地に根づかせる施設と位置付けられる。


ここはまだバラが健在だ。



園路には様々ペイントが施され見ていて楽しい、猫の足跡もかわいい。

ハーブを映し込んだモニュメント。


香りの庭園「グラスハウス」では様々な香り、ハーブが楽しめる。

バレンタイン発祥の地、イタリアのテルニ市より寄贈された彫刻「愛の像」。

ラウンジテラスからの眺望、神戸空港が見えています、遥か彼方には関西空港も見えます。

南港方面に目を移すと、WTCトレードセンタービル、長居競技場、湾岸線等が見えいます。

右奥には二上山の姿も。



風の丘芝生公園、ハンモックに揺られて気持ちよさそうです。

当日は酷暑も予想したのですがそよ風の心地よい一日でした。

後ろ姿のひまわり。

ロープウエイからの布引の滝、生田川の中流(布引渓流)に位置し、上流から順に、雄滝(おんたき)、夫婦滝(めおとだき)、鼓滝(つつみだき)、雌滝(めんたき)からなる。

画像は雄滝、その下に夫婦滝が見えています。

布引の滝のしらいとなつくれは絶えすそ人の山ちたつぬる(藤原定家)

抜き乱る人こそあるらし白玉の間なくも散るか袖のせばきに (在原業平)

下山後、左手のコーヒーショップで休憩、出されたコーヒーの量の多さに一同びっくり。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">