旧谷村家住宅 紀伊風土記の丘


旧谷村家住宅は、和歌山県の中部、有田川町粟生(あお)にあった茅葺きの農家住宅。

粟生地区は有田川の中流域にあり、林業のほか古くはシュロやハゼの生産などを行っていた地域です。

玄関を入ると、奥まで仕切りのない広い土間となっており、手前には地下にイモアナがあり、唐臼が据えられ、奥に三連のカマドが設けられています。

主屋の建立年代は不明ですが、言い伝えや建築手法から18世紀後期と推定されます。


苗籠

籠目編みで円形に浅く編まれ、針金で縁を留めている箇所もある。

苗籠とは苗代から代掻きの済んだ田へ苗を運搬する用具で、本来は2個1組として担棒で前後に担ぐもの。

「イモ穴」

「食事に必要な分を取り出したり、種芋として使ったりして先祖代々使い続けている。
冬場の生活に欠かせない」

山間部でよく利用されていたが、生活習慣の変化で次第に姿を消した。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">