日ごとに春らしく


コロナ騒ぎをよそに自然は着々と春らしくなってきました、ここ住之江公園近辺でも花の数がめっきり増えました。

ハナミズキは街のあちこちで見かけます。

コデマリも今を盛りと咲き誇る。

コデマリの花言葉は「優雅」「上品」「友情」。

ベニバナトキワマンサク、春の開花期には枝先に集まるように咲くため株全体が花に覆われ、遠くからでもその美しさが楽しめます。

キングサリは名前のように、金色の鎖のような花序がぶら下がって咲く事から、ゴールデン・チェーンとも呼ばれとても美しい花を咲かせる花木です。

春になると、住宅街のなかで見事に咲くモッコウバラを見かけることがあります。

モッコウバラは中国原産の常緑性つるバラ。生育方法が難しいとされる一般的なバラよりも育てるのが簡単と言われ、初心者に向いているバラです。

フジもあちこちで見られるようになりました。

木々の緑も鮮やかさを増してきました。
早く自由に動き回れる日が来ることを。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">