大河内山荘


大河内山荘は区嵯峨にある日本庭園。
時代劇などで知られる俳優大河内傳次郎が別荘として造営した回遊式庭園。

昭和9年(1931年)、傳次郎34歳のとき、当時長期保存が難しかったフィルムに対し永く消えることのない美を追究するため自身で設計しこの庭の造営を始めた。

映画出演料の大半を注ぎ込み64歳で亡くなるまで30年の歳月をかけてこつこつと作り上げたもの。

場所は小倉百人一首でも知られる小倉山の南東面、嵐山公園(亀山公園)に挟まれた約2万平方メートルの荒地であったところに位置している。

傳次郎の別荘であった当時は、高峰秀子・片岡千恵蔵・山田五十鈴・京マチ子といった傳次郎の共演者たちが山荘に招かれている

画像は大乗閣前庭。

入場者には抹茶と茶菓子のサービスがある。

茶菓子は「大河内山荘」と刻印されたモナカで、これは土産として販売もされている。

大乗閣(登録有形文化財)寝殿造、書院造、数寄屋造など日本の住宅の伝統的様式を合わせ取り入れた建物で傳次郎の構想に基づき数寄屋師の笛吹嘉一郎が施工した。

散策路からは比叡山を望める。

持仏堂(登録有形文化財) 信仰の篤い傳次郎が座禅を行った所で山荘の初期の建物。

滴水庵と前庭

ミツバツツジか咲き誇る。

南西方向、桂川の上部に咲き始めた桜を望む。

目を少し右に転ずると千光寺の大悲閣が山の中腹に小さく展望できる。

大悲閣千光寺:江戸時代、角倉了以が大堰川の開削工事で亡くなった人たちを弔うためによって建立した。

月下亭

ここからは真正面の比叡山の下に市内が一望できる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">