ラグビーの聖地 第一蹴の地 雑太社


糺の森は賀茂川と高野川の合流地点に発達した原生林で、およそ12万4千平方メートル(東京ドームの約3倍)の面積がある。

1994年(平成6年)には下鴨神社全域が世界遺産に登録されている。

明治43年(1910)9月10日、「さわた社」前の糺の森馬場にて、関西で初めてラグビーが行われました。

旧制第三高等学校(現・京都大学)の学生が慶応義塾(現・慶応義塾大学)の学生にラグビーを習い、初めてラグビーボールが蹴られたのです。

京都大学ラグビー部のOBたちによって「第一蹴の地」の石碑が、昭和44年(1969)に建立されました。

そして平成29年5月10日、日本で開催されるラグビーワールドカップ2019の組み合わせ抽選会が京都で行われ、世界各国の代表が「第一蹴の地」を視察されました。

その後、ラグビーワールドカップの王者の証「ウェブ・エリス・カップ」も到来しています。

「さわた社」は雑太社、澤田社とも書き、かつては糺の森の中、現在の「第一蹴の地」石碑横に所在していました。

下鴨神社では毎年正月の4日には「蹴鞠初め」が行われていて、球技の上達を目指す人にって大切な神社。

ラグビー神社の絵馬は、ラグビーボール形をしています。

日本のラグビーチームの勝利を願っているものから、部活のラグビー部の勝利祈願など、いろいろな願いが書かれています。

こちらのラグビーボール型の絵馬は、河合神社においてあります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">