シーズンオフの磯ノ浦


磯ノ浦は遠浅で昔からの自然の砂浜が残り、海水浴シーズンには紀北では片男波と人気を二分する海水浴場。

京阪神間では最も近いサーフィンのできる海水浴場としもて知られる。

万葉集に「磯の浦に 来寄る白波かへりつつ 過ぎかてなくは 誰にたゆたへ」と歌われています。

パーキングの看板、いかにも書き足した感じが面白い。    

レンタルボードのお店、シーズンオフはほとんど閉店。
4月ごろ開店予定とか。

海水浴客目当ての食堂も当然閉まっている。

この浜でウミガメの産卵があったとか。

マリーナに無造作に積まれたボート、シーズンまでこのままかな。

廃屋が結構多い。

作品つくりにはもってこいの材料になる。


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">