甲山神呪寺八十八ヶ所巡り


武庫山神呪寺は平安時代初めに弘法大師空海が開山したといわれていますがミニ八十八箇所が作られたのは江戸時代の寛政10(1798)年になってから。

信心からでなくても、全行程2.5kmほどの散策コースもおすすめ。

88カ所たった2キロ 200年続く「時短」お遍路。


洞窟状の仏像も。

第60番 大日如来坐像。


西宮市街が見渡せる場所も。

甲山、神呪寺を望む。

1200万年前に噴火したとされる。
岩質は輝石安山岩からなり、隣接した花崗岩(いわゆる御影石)からなる六甲山とは全く形成過程が異なる。

1200万年前の活動期には大きく広がる山体を持っていた。

約200万年間の活動が終息した後、侵食によりわずかに火口付近の火道周囲のみが塊状に残るに至ったことが確認されている。


大岩がごろごろ転がる遍路道。

全行程2.5km、楽しいお遍路。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">