十三駅 界隈


地名の由来は、摂津国西成郡の南端を一条とし、北へ順次数えると十三条の場所に当たるという条里制に基づく説[や、かつて当地に存在した中津川の渡しが淀川の上流から数えて13番目の渡しであったとする説など、諸説存在する。



阪急神戸線・京都線・宝塚線が交わる、京阪神の要である十三駅の周辺は活気が溢れた大阪の下町だ。

十三は実は商店街マニアな人達にはたまらない聖地なのかもしれません。

もとは八幡神社と称し、中津川・神崎川の氾濫で旧記録流失し創記年代は不詳。

旧地名小島から小島八幡といわれていた。昭和4年(1929年)の社殿改築時に見つかった宝永7年(1710年)銘の棟札には天正年中(1573〜1592年)勧請とある。



トミータウンは、飲食店が主であること から公衆トイレも 1 箇所設置されている が、昔は⽴⼩便が跡を絶たなかったことか らしょんべん横丁といわれていたそうだ。

そこで、⼩便⼩僧をモチーフとして、⽴ ⼩便をしようとしたところ「おいコラッ、 ⼩便をするな!」と 注 意 され振り返る様子 をモニュメント化したのが「⾒返りトミー 君」なのだそうだ。

平成26年に大きな火災が発生した「しょんべん横丁」は、このトミータウン商店街に含まれる。


風俗店が駅近傍にあり、ネオン等で目立つ存在であるため、歓楽街として位置づけられることが多い。
特に十三駅西南側の栄町エリアには飲食店、パチンコ店、キャバレー、ピンクサロン、ラブホテルなどが密集している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">