京橋駅界隈ブラブラ


大阪府の繁華街にある乗換駅としては、キタ(大阪駅・梅田駅周辺)やミナミ(難波駅周辺)および天王寺(天王寺駅・大阪阿部野橋駅周辺)に立地する駅ほどの規模ではないが、一日あたり約59万人(2006年)の乗降客の利用があり、大阪市北東部の玄関口となっている。

駅名の由来は、大川との合流地点近くの大阪城北側の寝屋川に架かる「京橋」であるが、この橋は当駅よりも天満橋駅の近くに存在する。

裏町の風景

当駅がある地に鉄道が開通したのは、1895年8月に浪速鉄道が現在の片町線となる片町駅 – 四条畷駅間を開業してからであるが、開業当時は駅が設置されていなかった。

当駅は、同年10月に大阪鉄道 (初代) が現在の大阪環状線となる天王寺駅 – 大阪駅(当時は梅田駅)間の鉄道を開業させた際に浪速鉄道との交差地点に設けられたのが始まりである。

両路線とも、関西鉄道を経て国有化された後、1912年、片町線片町駅に京橋口乗降場が設けられ、城東線(現在の大阪環状線)の京橋駅と連絡するようになる。これが翌1913年に当駅の片町線乗り場となった。


京橋北口改札外(大阪市都島区東野田町4)の工事仮囲いに、巨大な壁アートが完成した。

壁アートは、関西のラジオ局「FM802」が主催するアーティスト発掘プロジェクト「digmeout」とJR西日本がコラボレーションし、「駅と駅、駅と町をつなぐ」をコンセプトに大阪で活躍するアーティストによって描かれた。

京橋駅のリニューアル工事で設けられた京橋駅北口前の仮囲いに、7月10日から5日かけて制作。

壁にはアクセスの良い京橋駅の象徴として、大阪の象徴となる絵がちりばめられ、「行ってみたい」「乗ってみたい」大阪環状線をイメージ。完成後は、京橋在住の人たちにより、「CONNECT KYOBASHI」の文字が刻まれた。



大阪の京橋と言えば、飲兵衛で知らない人はいない立ち飲み屋のメッカ。

京橋の駅前に広がる道は、立ち飲みストリートとも言われ、京橋駅から徒歩1~2分の場所にたくさんの居酒屋が揃っています。

居酒屋とよ

屋台とも思える立ち飲み屋「とよ」。

屋外で立ち飲みするお店ですが、京橋では超人気の立ち飲み屋と呼ばれる、行列必須の有名店です。

夕方前には営業が始まるので、早く飲みたい飲兵衛には最高!何より驚くのは、新鮮で豪快な海鮮料理。
マグロの刺身やいくらの寿司など凄いボリューム!京橋駅北口より徒歩1分。

居酒屋 まるしん(丸進)

とても気さくな大将の人柄が魅力的なお店「まるしん」。
立ち飲みストリートの中でもレジェンド的存在で、超人気店!お店の外観はディープですが、入ればアットホームな雰囲気♪女性客でも入りやすいお店です。

京橋駅北口から徒歩2分。

昼間から大勢の酔客が、いい御身分です。

リバーカントリーガーデン京橋

マンションのエントランスは古いレンガ造りにして古代ローマのコロッセオや水道橋が再現されており、異国情緒が漂うどこか牧歌的で自然と古代ローマ時代の廃墟を融合させた“独自の絵画的な空間”が魅力。

地上36階から眺める景色は格別で、目の前で行われる天神祭りの花火大会を独り占め!

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">