奇跡の星の植物園


淡路夢舞台温室『奇跡の星の植物館』は建築家・安藤忠雄氏が設計した国内最大級の温室植物園で、どの季節に訪れても『花緑とアート』が融合した魅力的な空間を楽しめます。

8つの展示室では、花・緑と水と音楽に包まれ、季節やテーマごとに繰り広げられるフラワーショーや、花と緑のある暮らしの中のガーデニング、各種教室を楽しめる。

2000年3月18日に開館した。展示温室の延床面積は6,700m2で、咲くやこの花館(6,900m2)に次ぐ日本第2の規模。

天井の高さがスケール感をさらに増している。館内は「共生文化ゾーン」と「花と緑の暮らしゾーン」で構成される。

展示室1 「ブランツギャラリー」 – 多肉植物とオブジェのドライガーデン

画像はフルクラエアギガンティア。

エアプランツのコーナー.

展示室2 「トロピカルガーデン」 – サマーガーデン。

画像はゴクラクチョウカ。

“感動創造”をメインテーマとする、芸術と緑花を融合させた新しいタイプの展示空間である。

花と緑のある暮らし花と緑のある暮らし、地域性と伝統性を活かしたガーデンを提案するスペースです。

2004年から江戸のガーデニングをテーマに、江戸の花文化を伝えています。

タカノハススキ、和のムード。

松の展示。

女郎花。

また、兵庫県をはじめ、全国のボランティグループや一般の方々にガーデニングを体験学習していただきながら、共に展示を行っていく場ともなります。

春にはツバキ、スミレ、初夏にはショウブ、秋には菊を取り上げています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">