兵庫県立美術館 Ando Galleary


同美術館は1995年に起きた阪神・淡路大震災の復興事業として計画され、安藤忠雄さんの設計で2002年にオープン。

館内の一角に安藤さんの建築作品を紹介する小さなギャラリーがあったが、新たに独立した建物として、既存の展示棟・ギャラリー棟の間に鉄骨造り3階建て(建築面積87.82㎡、延床面積614.74㎡)の建物を建てた。

約5億2000万円の設計・施工費用は安藤さんの事務所(安藤忠雄建築研究所)が全額負担し、2018年1~8月に施工。2018年9月1日付で県に寄贈された。
観覧料は無料。

Ando Gallearyには安藤作品の代表作の模型が展示されている。

画像中央部分が増設されたAndo Galleary。

デザイナーのコシノヒロコさんの住宅「小篠邸」。

兵庫県内にある安藤さんの代表作「六甲の集合住宅」(神戸市)。

屋外オブジェ『青りんご』(海のデッキ(既設部分))
米国の詩人・サムエル・ウルマンの詩「青春」をモチーフに安藤忠雄氏がデザインしたオブジェ。

建物の中から海を臨む。前方の「海のテラス」には安藤さんがデザインした「青りんご」が置かれた。

安藤さんは、近代米国の詩人サミュエル・ウルマンが70代で作った「青春の詩」からオブジェを着想。

詩は「青春とは人生のある期間ではない。

心のありようなのだ」「希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる」などとつづられ、安藤さんは「目指すは甘く実った赤リンゴではない。

未熟で酸っぱくとも明日への希望へ満ち溢れた青りんごの精神」との言葉を寄せている。

ヤノベケンジ氏のオブジェ「Sun Sister」

ジョージ・リッキー「上を向いた 2本の線 30フィート」

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">