比叡山東塔へ


涼しいという話に乗って比叡山を目指す。
高野川では子供たちが魚とり、これは涼しそうだ。

叡山電車「八瀬比叡山口駅」から徒歩1分という便利な場所にある叡山ケーブル「ケーブル八瀬駅」。
ここから「ケーブル比叡駅」まで移動します。

ケーブル比叡山駅についたら叡山ロープウェイに乗り換え、「ロープ比叡駅」から「比叡山頂駅」に移動。
そこから延暦寺まではバスが出ています。

比叡山に広大な寺域を持つ、天台宗の総本山。
平成6年に世界文化遺産に登録されています。

奈良時代末期、19歳の最澄(さいちょう)(767-822)が、比叡山に登り草庵(そうあん)を結んだのが始まり。

最澄が中国に留学して天台宗を開立してからは、弘法大師(こうぼうだいし)の開いた高野山金剛峰寺(こうごうぶじ)とともに、約1200年もの間、日本の宗教界最高の地位に君臨し、この比叡山からのちに日本仏教をささえた円珍(えんちん)(814-891)、円仁(えんにん)(794-864)、慈円(じえん)(1155-1225)、源信(げんしん)(942-1017)、法然(ほうねん)(1133-1212)、親鷲(しんらん)(1173-1262)、一遍(いっぺん)(1239-89)、道元(どうげん)(1200-53)、日蓮(にちれん)(1222-82)などの傑僧(けっそう)を輩出しています。

画像は大講堂

大講堂は比叡山延暦寺東塔に位置する建物で、単に「講堂」とよばれることもありますが、横川の四季講堂などと区別するため「大講堂」と称されています。

戒壇院よりも高い場所に位置しており、多くの法会の舞台ですが、幾度も焼失してきました。

現在の建物は昭和38年(1963)に讃仏堂を移築したもので、寛永11年(1634)の建立です。

東塔は延暦寺発祥の地であり、本堂にあたる根本中堂を中心とする区域。

伝教大師最澄が延暦寺を開いた場所であり、総本堂根本中堂をはじめ各宗各派の宗祖を祀っている大講堂、先祖回向のお堂である阿弥陀堂など重要な堂宇が集まっています。

大講堂の西側、一寸した高台の上に「戒壇院」が建っている。

ここは、天台宗の僧が住職になるための必修の条件である大乗戒(規律)を受ける堂で、年に一度授戒会が行われる。
このためか「戒壇院」比叡山中でも最も重要な堂の一つであるとされている。

最澄上人が大乗戒壇院を建立すべく心血を注いでいたが、存命中は実現せず、最澄の死後7日目に嵯峨天皇より勅許が下ろされ、堂は天長5年(828年)に第一世義真座主により創建されたといわれている。

気温27度といううたい文句につられてきたが、木陰は涼しいものの、日向に出ると熱風が容赦なく吹き付ける。

阿弥陀堂

昭和12年(1937)に建立された、檀信徒の先祖回向の道場。
本尊は丈六の阿弥陀如来です。
一般の方々の回向法要もしております。

法華総持院東塔

昭和55年に阿弥陀堂の横に再興された。

伝教大師最澄は日本全国に6か所の宝塔を建て、日本を護る計画をされましたが、その中心の役割をするのがこの東塔になります。

本尊は大日如来をはじめとする五智如来が祀られており、塔の上層部には仏舎利と法華経が安置されています。

本尊の阿弥陀如来

「雷すでに起らずなりぬ秋ふかく大比叡の山しづまりたまへ」

吉井勇は比叡山に来るといくらでも歌が作れたらしく、著作「京都歳時記」には山中での出来ことを題材にした多くの歌が詠まれている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">