京都迎賓館 桐の間

桐の間は、和食を提供する「和の晩餐室」。

最大24名までの会食が可能なこの部屋では、京料理でおもてなしします。

軽やかな和風建築を引き締める漆黒の漆

全長12メートルの漆の一枚仕上げのテーブルが鏡のように庭の緑や天井の意匠を写して室内に豊かな景色を創り出しています。

正座に慣れないお客様にもくつろいでいただけるよう掘り炬燵式としています。

畳は、「中継ぎ表(なかつぎおもて)」という昔ながらの技法で、イグサの良い部分のみを使って、中央でつないでいます。

畳縁は、麻の本藍染を使用しています。

軸装(じくそう)「雲水峡(うんすいきょう)」<雨林><水行><深山>菅原健彦(すがわらたけひこ)の作。

桐の間から見える日本庭園。

白地の唐紙(からかみ)に白い雲母(きら)の桐紋が光り、座敷に深い陰影を作っています。


「五七の桐」が描かれた座椅子

座椅子の背の部分には「五七の桐」の「蒔絵(まきえ)」が施されています。

桐の葉の色は微妙に異なり、同じ模様の椅子は一つもありません。

「五七の桐」は、昔は、皇室の裏紋として使用されていましたが、現在は、日本国政府の紋章として使用されています。

廊下を通り、庭の方向へ。

通常、ゲストは明るい外の方から来るが、今回の見学順路は、裏側からだったので、おもてなしのルートとは逆に歩くことになる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">