尼崎寺町散策 大覚寺


摂津国八十八箇所第65番札所で、現存する尼崎最古の古刹である。

律宗の寺院。山号は月峯山、本尊は千手十一面観音。

寺伝によると、百済の僧・日羅が聖徳太子の命により剣尾山(大阪府豊能郡能勢町)に月峰寺を創建、推古天皇13年(605年)には長洲(尼崎市)に剣尾山を遥拝する灯炉堂を建立したのが始まりと伝えられる。

2月3日 節分祭 – 本堂手前の能舞台で、大覚寺狂言が執行される。
狂言は、明治以後、行なわれなくなっていたが、昭和28年(1953年)に復活した

大覚寺に伝わる56点の、正和2年から天正17年(1313~1589年)に至る間の文書(『大覚寺文書』)は尼崎の中世を今に伝え、兵庫県文化財に指定されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">