大和郡山 外堀緑地公園


郡山城の外堀を利用し整備された市民憩いの公園。

かつての外堀の土塁は、松または藪で覆われ雄大なものだったそうですが、近年それらは殆ど旧観を留めず溜池として残っていました。

常念寺は、現在の平群町から大和郡山に天正年間(1573~92年)移り、18世紀初めに現在地に移っている。

大和郡山藩主からも寄進を受けたり、家老の菩提寺でもあった。

そして、緑地の「北門」が建てられた「常念寺裏濠」から「南門」の建てられた「洞泉寺裏濠」までが「外堀緑地」として整備され、郡山城柳大門を再現した外堀緑地南門「高麗門」や北門「冠木(かぶき)門」がイメージして造られた。

緑地には州浜も再現されています。

毎月第2日曜日には、フリーマーケットが開催されています。

郡山城柳大門を再現した外堀緑地南門「高麗門」や北門「冠木(かんき)門」がイメージして造られています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">