布引ハーブ園 ガーデンエリア


園路を下っていくとラベンダー園、四季の庭などがあるガーデンエリアに到着。

約200種75,000株の花やハーブが咲き集う日本最大級のハーブ園。

テーマの異なる12のガーデンには、四季折々、様々な花やハーブが咲き集います。

アジサイもたくさんあります、見頃は6月中旬~7月下旬です。

画像はヤマアジサイ 黒姫。

穏やかな山並みを背景に、ヨーロッパの田舎を彷彿させるガーデン。

石畳を歩くと、優しいミントの香りに包まれます。



「ハーブのある暮らし」は、ハーブを育てることから始まります。

段々畑では、暮らしを豊かにするためのハーブや花々を育てています。
農機具や収穫したハーブを乾燥保存するためのガーデンシェッド(小屋)も見られます。

そよ風に吹かれて「ハンモック」でのんびり。

ハーブ園では、園内各所で美しいユリに出会うことができます。

風の丘芝生広場をぬけると・・ユリ園の”オリエンタルリリー”が甘い香りをいっぱいに漂わせています。

滝のパティオ

布引の滝をイメージした水辺のゾーン。

階段状の花壇は、下のオリエンタルガーデンへと続いており、滝の水が流れていく様子を表現しています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">