懐かしのガラス瓶コレクション

レトロな建築物が残る北浜一帯。
大正時代の古民家を利用した《日本精工硝子》のショップ&ギャラリーを訪ねた。

店の名は「CuteGlass Shop and Gallery」
大正時代に建てられたという木造家屋「宗田家住宅」を一部改装・復元し、同社が製造するガラス瓶やスキンケア化粧品の販売店と、ガラス瓶の歴史を展示するギャラリーを兼ねる施設が誕生した。

奥には蔵も見えています。
そして驚きが畳の下はなんと防空壕。

大阪市内で防空壕はめったに見れない。

防空壕の中に敷き詰められ光っているのはガラスの原料である「カレット」です。
きらきらと今は美しい防空壕となっています。溶かせばガラスになります。

ショップではお部屋のインテリアに、ハーバリウムに、化粧水入れに、調味料入れに、あらゆるタイプの素敵なガラス瓶が一つ100円から買えます。


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">