2018年も暮れようとしています

年も押し詰まった30日、梅田の空中庭園展望台を訪れた。

9月に関西を襲った台風21号の影響から、閉鎖していた梅田スカイビルの「空中庭園展望台」の屋上。約3カ月間の復旧工事を終えて再開した。

10月7日からは39・40階のみを再開するも、観光客からは「屋上に行きたかった」というメッセージも届いていたため修繕を急いで、12月20日に復活した。

伊丹空港へ着陸しようとしている航空機が見えています。

中国等からの観光客が大半のようだ。

あいにく低空には雲があり、きれいな夕日は望めそうにありません。

16時43分雲の中に没してしまいました。

画像をクリックしてみてください、拡大されます。
左手、ちょうど太陽の下あたりが南港フェリーターミナル。

右手の川は淀川、右端彼方に明石海峡大橋が見えています。

ズームアップして見ます、右手奥に明石海峡大橋が見えています。

空中庭園を後にする、その時点では入場の待ち行列が長く伸びていました、おそらく何時間かかかるでしょう。

街ゆく人は急ぎ足です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">