我が坪庭にも初夏の気配


フェイジョア(学名:Feijoa sellowiana、別名:フィジョア)はフトモモ科の常緑低木、フトモモ科の熱帯果樹としては珍しく-10℃ほどまでの耐寒性がある。

夏に径4cmほどの花をつける。花弁は内側が赤褐色、外側が白色で分厚く、糖分を含んで甘みがある。

果実にはパイナップルとバナナの中間の様な芳香があり、生食またはジャムやゼリーなどの加工食品、果実酒などに利用される。
果実は通常、自然落果したものを更に追熟させてから食べる。

殖やし方は接木、挿木、食用には適さないが生垣などに実生繁殖も行われる。
また、枝の先に混合花芽を形成するので強い剪定を行うと翌年の開花、結実量が悪化する。

ナンテン、先端の葉の間から、花序を上に伸ばし、初夏に白い花が咲き、晩秋から初冬にかけて赤色(まれに白色)の小球形の果実をつける。

花言葉は「私の愛は増すばかり」、「良い家庭」。

垣が梅雨に重なり、雨除けをしてやらないと雨で散ってしまう。

鬼百合、花びらは反り返る。葉の付け根の上部分にはムカゴができ、これが土に落ちて増える。
よく似た小型のコオニユリ(小鬼百合)はムカゴはつけず種を作る。

トマトもやっと実を付けた。

きゅうりも勢いよく実を付けている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">