兼好法師隠棲庵跡と伝わる天下茶屋 の聖天さん


天慶2年(939年)光道和尚により開基。当時は、現在地より東に500mのところにあった般若山阿部寺の一坊であったが、元禄時代(1688年-1703年)に義道見明和尚が寺を移転し、海照山正圓寺と改めた。

ご本尊は商売の神さま・大聖歓喜天(胎内仏の歓喜天は慈覚大師の作)で、日本最大の木彫りの聖天さんとして知られていま す。

本堂の東に武野紹鴎が建てた茶室がありましたが、惜しくも大正年間の風害で倒壊しました。

紹鴎が大切にしていた手水鉢は現在も残っています。

別名紹鴎森天満宮 天神の森天満宮
室町末期の茶匠・武野紹鴎が当地の森林に湧く泉水を愛し、歳月を送った所です。 北野 … 続きを読む →

また聖 天山は標高14メートルの低山で、正圓寺境内に山頂があり、聖天山古墳と呼ばれる古墳であることも判明しています。

本尊は木彫の大聖歓喜双身天王で、これは日本最大である。

また、1989年から2002年までは、大相撲春場所開催のさい鳴戸部屋(現在の田子の浦部屋)の相撲部屋の宿舎となっていた。

一願不動明王

元来は、あらゆる災難を信心する人に変わって引き受けて、悪病や厄鬼を取り押さえ、宿願を成就させてくれる仏さんですが、一願とあるとおり、願いごとをひとつ叶えてくれる仏さんとして、大変人気があります。

境内には鎮守の神を祭る奥之院と呼ばれる場所があり、鎮守堂(荼枳尼天)、寄松塚(八本松竜王)、石切社分祠、浪切不動明王、弁才天祠などが祭られている。

仏足
.
釈迦の足の裏の形を表面に刻んだ石。
インドの初期仏教では仏がそこにいることを示すしるしとして用いたが、のち礼拝の対象とされ、千輻輪 (せんぷくりん) などの図が刻まれる。

千幅輪は、中央の大きな車輪ですが、これは仏法が世界中に広まる印であり、正しい法が悪を砕き永遠に流れ続けることを表します。

日本では奈良の薬師寺にあるものが最古で、天平勝宝5年(753)の銘がある。

吉田兼好は、鎌倉末期から南北朝時代にかけての歌人であり、後宇多天皇に仕える北面の武士であった。
 
1324年(正中元年)比叡山で剃髪し、京都吉田山に隠れ住み、後には南北朝の戦乱を避け、彼の弟子の命婦丸(文献によっては命松丸)の里であった阿倍野丸山(現在の大阪市阿倍野区丸山通り付近)に移り住み、自ら藁を打ち、ムシロを織って、清貧自適な暮らしを営んでいたと言われている。

阿倍野を訪れたのは、南北朝の戦いで21歳の若さで戦死した北畠顕家(1318~1338)の霊を慰 めるためといわれています。

顕家の父である北畠親房(1293~1354)の『神皇正統記』(南朝の正統性を述べた歴史書)にも関わっています。

「風林火山」の花将軍、北畠顕家ゆかりの地をたずねる
日本に2つの王朝が存在して、それぞれが正当性を主張して戦乱に明け暮れた南北朝時代 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!