荘厳浄土寺


荘厳浄土寺は住吉神宮寺、津守寺と共に住吉三大寺として有名であったが、今は現存する唯一の寺となっている。

山門は明治時代になって廃寺となった住吉大社の神宮寺である新羅寺から移築したものである。

創建は天慶年間(930年~946年)頃と考えられている。

応徳年間に、白河天皇の勅願寺となり、荘厳浄土寺の寺号を賜る。

1084年(応徳元年)住吉大社第39代神主津守国基は白河天皇の勅命により、八町四方の寺域を以って再建したと伝わる。

山門前に後村上天皇歌碑がありました。

ー新葉和歌集ー
正平18年8月16日
「秋をへて 月やはさみの 曇べき 泪かきくるる いざよひの空」

正平21年2月17日
「思ひやる さが野の春の 雪にもや 消ける罪の 程は見ゆらん」
「をしむなよ 法の席の 春の雪 消らん罪の ためしなりせば」御返(妙光寺内大臣)

山門とその脇に「後村上天皇聖跡碑」と「後村上天皇御製碑」が建っている。

後村上天皇は、後醍醐天皇追善のため当寺にて、「法華八講」の法要を1375年(正平18年)と78年(同21年)と2回修し、五色仏舎利と和歌を奉納している。

参考記事:住吉大社で森女と邂逅 溺る一休

後村上天皇の正平年間に、住吉に畢中、父後醍醐天皇の、御霊を信修した聖蹟であると、山門に向かって右側の石碑の裏には書いてある。

正平20年/貞治4年(1365年)ごろ、後醍醐・後村上の護持僧を務めた文観房弘真の高弟の宝蓮が仏教書『瑜伽伝灯鈔』を著し、本寺で指南の書として用いている。

後村上天皇は、後醍醐天皇追善のため、「法華八講」の法要を1375年(正平18年)と78年(同21年)と2回修し、五色仏舎利と和歌を奉納している。

吉野朝(南朝)の後村上天皇は、足利方の攻撃を避け、正平七年、住吉に滞在され、さらに同十五年より八年間、住吉に坐しまして、京都回復を図られたが、先帝以来のご悲願もついに果たすこともできず、正平二十三年(1368年)三月十一日、宝算四十一をもって、住吉大社から約300メートル南の行宮(正印殿)で崩御された。

参考記事:南朝の里 賀名生梅林散策

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!