万代池公園 桜


万代池公園のサクラは、近隣では花見の名所として知られている。

池の周囲は約700メートル。
歴史ははっきりしないが、上町台地の浸食した谷をせき止めて作られたといわれている。

「聖徳太子が曼陀羅経をあげて、池に棲む魔物を鎮めた」という言い伝えから、「まんだら池」が転じて万代池という名称になったと伝えられている。

明治時代までは灌漑池として利用されていた。

万代池の成り立ちをみてみると、池の西端に熊野街道が接して通っていることから、上町台地の浸食台をせき止めてつくらせた池とされており、明治の中頃までは灌漑池として利用されていた。

熊野御幸記を歩く①八軒屋浜~住吉大社
実は熊野古道大阪編は5月5日に第一回が始まったのですが、どうも歩き通す自信がなく … 続きを読む →

歩行距離:15.2km   歩行時間:約5時間
八軒家船着場跡スタート → 第一社・窪津王子(坐摩(いかすり)神社行宮) → 坂口王子(南大江公園・朝日神明社跡) → 榎木大明神 → 上町筋 → 郡戸(こうず)王子
(高津宮) → 上野王子(上宮学園前) → 四天王寺 → 近鉄あべの橋駅前→ 安倍晴明神社 → 阿倍王子(阿倍王子神社) → 万代池公園 →  住吉神社(住吉大社)ゴール

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!