新西宮ヨットハーバー


西日本最大級のヨットハーバーとされる。
行政上は尼崎西宮芦屋港の一部。

海の駅としての登録名はしんにしのみや海の駅。

収容できるヨット数は 700隻と云われている。

ビジターバースでは何やら作業が行われている。

ボードウォーク。
海辺に続くデッキでは、ヨットハーバーに静かに浮かぶヨットを眺めながら、のんびり散歩できます。

向はASHIYA BAYCOURT CLUB – 芦屋ベイコート倶楽部

1971年、西宮港港湾整備工事が着工され、桁下16mの西宮大橋が架けられる見通しとなった。

しかし、当時、西宮マリーナ(西宮市西波止町1-2)を母港とする関西ヨットクラブ会員の大型ヨットが西宮大橋をくぐれなくなるため、兵庫県と西宮市に対し、西宮の埋立地(現在の西宮浜)の沖に新ヨットハーバーを確保するよう誓願した。

西宮浜にある「新西宮ヨットハーバー」のセンターハウス前には、堀江健一さんのマーメイド号が飾ってあります。

これは2004年から2005年にかけて、ケープ・ホーン東回りで単独無寄港世界一周された時のものです。

センターハウス内の西側には関西小型船安全協会事務局が、東側には老舗名門ヨットクラブである関西ヨットクラブがある。

芦屋市在住の海洋冒険家・堀江謙一は、関西ヨットクラブの名誉会員であり、海洋冒険に使用した2艇が展示されている。

新西宮ヨットハーバー建設の契機となった西宮大橋、ランニングする市民の姿も見られます。

堀江謙一は1962年、小型ヨット「マーメイド号」による西宮 – サンフランシスコ間の太平洋単独横断航海に成功、当時出港した西宮マリーナ(西宮市西波止町1-2)。

対岸は芦屋の住宅街。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!