道頓堀の隠れスポット 浮世小路


道頓堀の裏には、その昔、多くの小路が縦横に走っていたという。
その名残を残すといわれる「浮世小路」が、法善寺横丁と道頓堀の間に細々と走っている。

浮世小路はとても狭く入口も分かりにくいため、道頓堀に面しているのに人通りも少なく静かです。

うどんの「今井」の前身「今井楽器店」があり、昭和初期・大大阪時代のモガ、モボが粋を気取ったカフェの店内風景も見え、吉本興業の昔の劇場「花月亭」の前を通ると出囃子が聞こえます。

繁華街から「浮世小路」に入るとそこは大正浪漫!

道幅は1.2mとのこと。
大人がすれ違うのがやっとな感じ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!