淡路夢舞台


淡路島の東岸、海を望む高台にある。

国際会議場やリゾートホテル、野外劇場、植物園等の施設が点在する敷地内は、百段苑をはじめ複数の個性的な庭園が存在し、それらは遊歩道やデッキなどで結ばれ、全体が回遊式庭園の構造となっている。

建築家・安藤忠雄の代表作であり、2000年に開催された、国際園芸・造園博「ジャパンフローラ2000」の会場になった。

隣接する国営明石海峡公園(淡路地区)、兵庫県立淡路島公園、あわじ交流の翼港などと共に、淡路島国際公園都市を構成する。

このホタテ貝の貝殻は、北海道の水産加工場で捨てられていたものをもらってきてリサイクルしました。

1枚ずつ職人の手で敷き詰められたホタテ貝の貝殻の数は100万枚。

百段苑へ向かう。

「百段苑」(ひゃくだんえん)は山の斜面に沿って100個もの花壇を階段状にした庭園で、安藤忠雄が阪神淡路大震災被災者への「祈りの庭」として設計されたもの。

ブロックごとに「海に祈る庭」「収穫の庭」「淡路メドウガーデン」とコンセプトが分かれています。また百段苑のある高台からは大阪湾を眼下に見られ、その眺望も壮観。

海を望む一枚の斜面地に百区画の花壇と立体迷路状の階段で構成される。

イタリア式庭園の幾何学的な部分を洗練した一つの到達した形ある。
花壇には世界のキク科植物が植栽されている。

円形フォーラムは、淡路夢舞台施設群の中心に位置します。

直径約32m、高さ約11mの円空間を囲むスロープを歩いて行くと、壁の窓から切り取られた風景が覗けたり、空や海や風を感じることができます。

壁の窓から切り取られた風景が覗ける。

楕円フォーラムは「海回廊」と「山回廊」を結ぶ扇の要のような位置にあります。

直径約50メートル、高さ約17メートルの楕円空間は、イベント会場にもなります。
壁には日時計が取り付けられています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

海の教会


ウェスティンホテル淡路で行われるご婚礼のための祝祭空間として、ホテル脇に広がる『貝の浜』に設置されています。

チャペル内部は立方形となっており、天井面に切り取られた十字状のスリットを通してやわらかな光が人々を包む仕掛けとなっています。

天からの光が十字架を描き出す「海の教会」は、世界的建築家・安藤忠雄氏による設計。

海と空が一望できる開放的なブライダルホールでは、美しいカリヨン(鐘)の音色とフラワーシャワーによる祝福がおふたりを待っています。

安藤忠雄氏が建設した教会は日本では4つ。

三大教会シリーズには入っていませんが、、、入っていない一つがこの「海の教会」になります。

淡路島の北東部にある『淡路夢舞台』は、世界に名を馳せる建築家・安藤忠雄氏によって設計された複合型リゾート施設。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

兵庫県立美術館 Ando Galleary


同美術館は1995年に起きた阪神・淡路大震災の復興事業として計画され、安藤忠雄さんの設計で2002年にオープン。

館内の一角に安藤さんの建築作品を紹介する小さなギャラリーがあったが、新たに独立した建物として、既存の展示棟・ギャラリー棟の間に鉄骨造り3階建て(建築面積87.82㎡、延床面積614.74㎡)の建物を建てた。

約5億2000万円の設計・施工費用は安藤さんの事務所(安藤忠雄建築研究所)が全額負担し、2018年1~8月に施工。2018年9月1日付で県に寄贈された。
観覧料は無料。

Ando Gallearyには安藤作品の代表作の模型が展示されている。

画像中央部分が増設されたAndo Galleary。

デザイナーのコシノヒロコさんの住宅「小篠邸」。

兵庫県内にある安藤さんの代表作「六甲の集合住宅」(神戸市)。

屋外オブジェ『青りんご』(海のデッキ(既設部分))
米国の詩人・サムエル・ウルマンの詩「青春」をモチーフに安藤忠雄氏がデザインしたオブジェ。

建物の中から海を臨む。前方の「海のテラス」には安藤さんがデザインした「青りんご」が置かれた。

安藤さんは、近代米国の詩人サミュエル・ウルマンが70代で作った「青春の詩」からオブジェを着想。

詩は「青春とは人生のある期間ではない。

心のありようなのだ」「希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる」などとつづられ、安藤さんは「目指すは甘く実った赤リンゴではない。

未熟で酸っぱくとも明日への希望へ満ち溢れた青りんごの精神」との言葉を寄せている。

ヤノベケンジ氏のオブジェ「Sun Sister」

ジョージ・リッキー「上を向いた 2本の線 30フィート」

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

紫式部邸宅跡・廬山寺


比叡山延暦寺の中興の祖である良源(元三大師、慈恵大師)により、天慶元年(938年)、平安京の北にある船岡山の南麓に與願金剛院が創建される。

一方で寛元3年(1245年)に法然に帰依した住心房覚瑜が出雲路に寺を建立、宋の廬山にならい廬山寺と号した。

源氏庭と称し、白砂と苔にキキョウを配する。

南北朝時代、この二か寺の住持を兼務していた明導照源によって応安元年(1368年)に與願金剛院によって廬山寺が吸収合併される。

しかし、新たな寺院名は廬山寺、正式名称廬山天台講寺となった。
これにより円(天台宗)・密(密教)・戒(律宗)・浄(浄土教)の四宗兼学道場となった。

元亀3年(1571年)、織田信長の比叡山焼き討ちの際には正親町天皇の女房奉書により被害を免れたが、豊臣秀吉の寺町建設によって天正年間(1573年 – 1593年)に現在地に移った。

しかし宝永5年(1708年)、天明8年(1788年)と度々火事のため焼失してしまう。
現在の本堂は寛政6年(1794年)に仙洞御所の一部を移築して作られたものである。

明治維新までは宮中の仏事を司る御黒戸四箇院(廬山寺、二尊院、般舟院、遣迎院)の一つであった。

1872年(明治5年)9月に天台宗の寺院となるが、1948年(昭和23年)に四宗兼学の天台圓淨宗として独立する。

1965年(昭和40年)に考古・歴史学者角田文衞により紫式部邸(堤邸)跡とされた。
御黒戸四箇院のうち現存する唯一の摂家門跡である。

閑院宮をはじめ皇族の陵墓が多くあり、宮内庁によって治定されている。
公家の墓も多い。また、豊臣秀吉の築いた史跡の御土居が境内東端に残る。

賀茂大橋より下流を望む、葦も茂り秋の気配を漂わせる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

今日のお昼はがんこ二条苑

高瀬川二条苑(たかせがわにじょうえん)は、1611年(慶長16年)、高瀬川開削者である豪商角倉了以がその源流に建設した別邸跡にある日本庭園である。
高瀬川源流庭苑とも呼ばれる。庭園の一角には、江戸時代初期に小堀遠州により作られた茶庭が現存する。

明治時代になって、元勲山県有朋が当地に第二無鄰菴と称される別邸を建設した。
このときに庭園は、無鄰菴を作庭した小川治兵衛により改修され、現在に至っている。
山県以降は、日本銀行総裁川田小一郎らが当地に別邸を構えていた。

京都市を流れる運河「高瀬川」にて。川の名は「高瀬舟」にちなんでいる。

高瀬舟といえばわが故郷が有名です。

のれんのかかる町 町並み保存地区 勝山
勝山は三浦藩2万5千石の城下町である。 昭和60年に町並み保存地区に指定され、昔 … 続きを読む →

旧遷喬小学校 迎賓館を思わせる明治のモダンな校舎
真庭市南部の観光スポットとして映画やテレビのロケでも使用される迎賓館を思わせる明 … 続きを読む →

故郷の山河
ふるさとは遠くにありて思うもの・・・・・・ 故郷へ所要がありつかのまの里帰り、観 … 続きを読む →


高瀬川の源流、鴨川の水をここから取り入れ高瀬川の始まりとなっている。

たまたま舞妓のショーが有り楽しませてもらう。
今日のお昼はがんこ二条苑
「がんこ二条苑」はおおよそ380年前の慶長16年 角倉了以によってつくられその後 … 続きを読む →

秋の紅葉の時期は見事な紅葉が。
紅葉2015 もしかして紅葉絵巻のフィナーレはがんこ二条苑かも
嵐山花灯路を見ようとゆっくり目に出発、とりあえずがんこ二条苑高瀬川源流庭園で腹ご … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

京都植物園

日本で最初の公立植物園として、1924年(大正13年)1月1日に開園した。
1946年(昭和21年)から12年間は連合国軍に接収され閉園を余儀なくされたが、1961年(昭和36年)4月に再開した。

ワイルドガーデンにある『麦わら帽子と少女』のモニュメント。

ネコノヒゲとは、おもしろいネーミングですが、本来は薬草です。
葉にオルソシフォニンを含み、単独でまたは他の生薬と配合して広く使われているようです。

半木(なからぎ)の森の池、秋には素晴らしい紅葉が見られる。

蓮の実は、栄養価が高く、中国や東南アジアではおしるこに入れたり、かき氷のトッピングにしたり広く食用にされています。

雄鶏のトサカのような形をした花を咲かせるケイトウ。
和風のイメージが強く、花の形も実はいろいろある。

赤やピンクに加えて、爽やかな淡いグリーンや白、オレンジなど洋風のアレンジメントに合う花色も増えてきました。

クスノキ並木。

何のモニュメントかな、干支のモニュメントかな。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

曇り空に映える安藤忠雄の技


クロード・モネ作「睡蓮(水の習作・一朝)」 200㎝×1275㎝ほぼ原寸大>

有名で馴染みのある綺麗な陶板画と安藤氏の建築物にわくわくしながら。

打ちっぱなしのコンクリートが直線的に広がり、ヨーロッパの美術館を彷彿させる『京都府立陶板名画の庭』は、日本が誇る建築家 安藤忠雄氏の設計によるもの。

曇り空にくっきり浮かび上がる打ちっぱなしのコンクリートの世界。

この種の美術展示施設としては、世界初のものである。

展示されている絵画は世界の名画8点が選ばれており、内4点は元々1990年の国際花と緑の博覧会の為に制作され、安藤忠雄の設計によるパヴィリオン『名画の庭』に展示されていた。

残り4点は、この施設の為に作られたものである。 制作は、大塚オーミ陶業株式会社の信楽工場で行われた。

これらの陶板画は、堺屋太一の企画発案により、所有者であったダイコク電機取締役、栢森新治より京都府に寄贈されたもの。

オープンエアの建物は、安藤忠雄の設計により平成6年(1994年)3月に完成した。

ウォーターカーテンの壁の苔が何とも言えぬトーンを見せる。

安藤忠雄の世界
頭上に広がる秋
秋真っ只中、高く流れる雲が気持ちいい。 安藤忠雄建築で秋の空を楽しむ。 大阪府立 … 続きを読む →

西日本最大級!海辺の巨大美術館 兵庫県立美術館
2002年に開館した兵庫県神戸市「HAT神戸」にある美術館。 愛称は「芸術の館」 … 続きを読む →

古墳を模したといわれる 近つ飛鳥博物館
近つ飛鳥博物館はエリア全体が遺跡博物館ともいわれる陵墓・古墳の宝庫「近つ飛鳥」の … 続きを読む →

没後20年 菜の花忌の準備万端
今年は司馬遼太郎の没後20年にあたる。 御存じの通り彼の命日2月12日は 「菜の … 続きを読む →

三角形という大胆な形状 坂の上の雲ミュージアム
司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』をテーマにしたミュージアム。 コンクリートとガラス … 続きを読む →

安藤忠雄の世界 大阪文化館・天保山
サントリー創業90周年を記念し、佐治敬三氏が大阪に芸術や文化と親しめる空間、そし … 続きを読む →

安藤忠雄の世界 TIME’S
建物は京阪・地下鉄三条駅より三条大橋を渡り、少し歩いた先にかかる三条小橋西詰に建 … 続きを読む →

安藤忠雄の世界 ユニバーサルシティ駅
相対式ホーム2面2線を持つ地上駅、橋上駅舎を有しており、建築家の安藤忠雄の設計に … 続きを読む →

安藤忠雄の世界 京都陶板名画の庭
「京都府立陶板名画の庭」は歩きながらミケランジェロやモネ、ルノアールの名画が間近 … 続きを読む →

風の教会
兵庫県神戸市の六甲山の頂き近くに立てられた教会堂、通称・風の教会。 大阪府茨木市 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

湊町リバープレイス


早朝の散策、涼しくて気持ちいい。

OCATとは地下通路でつながる。


道頓堀川を航行する遊覧船が使用する湊町船着場に接しているほか、JR難波駅や大阪シティエアターミナル (OCAT) およびバスターミナルからも至近距離にある。

八角形の宇宙船のような形が特徴。

大阪市の都市構造再編プロジェクト「ルネッサなんば」のウォーターフロントゾーンとして、旧国鉄湊町駅(現 JR難波駅)の貨物ヤード跡地に開発され、2002年に開業した。

プラザ1(地下2階)、プラザ2(1階)、プラザ3(2階)の屋外イベントゾーン3箇所と、エフエム大阪の社屋(プラザ3にオープンスタジオを設置している)、3階から6階を占めるライブハウス「なんばHatch」およびオフィスなどで構成されており、音楽・パフォーマンスイベントや展示会に幅広く使用されている。

浮庭橋を渡ると南堀江方面にもアクセスが可能である。

川の浮遊ごみを取り除く、おかげでかわの水もきれいになった。


向こうに大黒橋が見える。

また、建物の一部を阪神高速道路の湊町出入口と共有しているほか、2階は湊町PAとしても利用されている。なお、湊町リバープレイスの他の施設と同PAは接続していない。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

OCAT


地下鉄の改札を出て、正面向かって左(西)、動く歩道のをまっすぐ進めばOCATバスターミナル。
朝の早い時間帯でまだ人もまばら。

JR難波駅に直結する、西日本最大規模のバスターミナルであり、オフィスやレストラン、ショッピング施設も併設する。

屋上には、ラベンダーやローズマリーなどのハーブ系の多年草や樹木約200種/10,000株が植えられた本格的な屋上庭園があり、「都会のオアシス」として市民の憩いの場になっている。

雨のOCAT屋上ガーデン
OCAT屋上ガーデン、扉を開けて、庭にはいると屋根がり20人くらいが座れるオープ … 続きを読む →


ポンテ広場

地下1階、JR難波駅となんばウォークの連絡通路の間にある広場。

休日の昼間を中心に、ストリートダンスの練習のために多く若者が集まる人気スポットとなっている。

OCATのオープン当初から自然発生的に定着し、人気となった。

ちなみにここで最初にダンスを始めたのは、関西のヒップホップチーム「Colors」。

それを見たOCAT側も気をきかせて、練習に活用してもらおうと壁面に大型鏡を設置したところ、たちまち多くの若者が集まるようになった。

リバープレイスに向かう通路。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

心斎橋駅のグランドリニューアル工事


大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは20日、大丸心斎橋店本館を新装開店した。

2018年2月より始まった心斎橋駅のグランドリニューアル工事。
今月で1年半が経過した。

工事完了は2021年3月とのことで、まだまだ長い工事となりそうです。

各所をセグメント別に南側からリニューアル工事していく模様で、現在は大丸へ続くメインの階段であったC階段・およびホーム内のシャンデリア撤去が始まっている。

大丸は一足早く20日にグランドリニューアルオープンしたが、これで心斎橋界隈が更に活気づくでしょうか…

5年前の心斎橋界隈の様子
心斎橋ぶらぶら散策
投稿日時: 2014年5月2日
心斎橋筋は、船場と島之内を分ける長堀川に架かっていた心斎橋(橋梁)に由来する。 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!