トワイライトクルーズ


トワイライト(英: twilight)は、日の出前や日没後の薄明かりのこと。

本来の意味にちなんで、以下の列車・バス・楽曲・番組などの名称に使われている。

夕焼けが赤く、日没の前から日没直後まで見られることとは対照的に、ブルーモーメントは青く、日没後の短い時間しか見ることができない。

時間が経つにつれブルーモーメントの青色は暗くなり、夜の暗闇に変わる。

もともと薄明の時間が長い北欧で生まれた言葉であり、北欧諸国においては、白夜の時期は数時間にわたってブルーモーメントが見られる。

日本においては天気の良い日没の直後、目の前の風景が青に染まる時間が数分~10数分間ほど訪れることがある。

大阪港は国内でも数少ない西に開いた港。季節によりデイクルーズ最終便やトワイライトクルーズで、美しい夕陽を堪能できるかも。

通常は週末のみの運航ですが、8月は毎日運航。

空の明るさが室内照明や街灯などと同程度まで減衰しているため、とくに写真や映画を撮影する際に独特の雰囲気を表現できる時間帯として知られている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!