大阪暮らし


木戸門を入ると、大通りの両側には商家が並び、路地の奥には裏長屋が。

天神祭のしつらいを再現した「夏祭りの飾り」。

屋根の上では猫のにらみあい。

路地では犬が。
のどかな天保初年の風情。

涼し気な町家の中庭。

天保初年(1830年代前半)の大坂の庶民の暮らしぶりをのぞく。

明治45年(1912)市電の敷設にともなって堺筋は12間幅に拡幅された。
これを機に近代的ビルや近代的町家が建てられ、都市景観は大きく変った。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!