古民家を訪ねて 香芝市の民家 旧赤土家離座敷


香芝市狐井の赤土家に在った。当家は系図によると、楠木氏を祖とする農家で、庄屋を務めたと伝えられている。

この建物は見たところ小規模ながら、均整のよくとれた姿を表している。

内部は8畳1室で、本床を備えた構成にはすばらしいものがあります。

なお、8畳1室と本床部分は18世紀初期以前の建築とみられますが、屋根や庇は、後世に整えられたようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!