尼崎寺町散策 広徳寺


臨済宗、瑞雲山。1390年に言外宗忠が京都大宮から大物へ移した寺院。細川高国切腹の地。
正式には旧字体を用い「廣徳寺」と記す。

明徳元年(1390年)京都紫野大徳寺の第七世である言外宗忠和尚が開基。

または宗忠の弟子にあたる華岳宗栄が開基としたともされる。
その後、宗忠の法嗣で大徳寺27世の明遠宗智が住し、文明10年(1478年)頃には柔仲宗隆が住持となっていた。

享禄4年6月8日(1531年)には、大物崩れの戦いで敗れた細川高国が三好一秀に捕らえられ広徳寺で切腹させられている。

その後荒廃したが、永禄年間(1558年 – 1570年)に笑嶺宗訢が隣接していた栖賢寺(現在は京都市)とともに再興、当時は豊臣秀吉から寺領をもらっていたと言われている。

また徳川秀忠の朱印状には寺領三十石と記載されている。

慶長20年(1615年)前後、尼崎城築城にともない大物町から現在の尼崎市寺町に移転した。

移転後も大物に秀吉から与えられた寺領を有していたという寺伝や、『絵本太閤記』、『絵本豊臣勲功記』などでは中国大返しの際に、秀吉が同寺に逃げ込んで難を逃れたという逸話などがあり、太閤ゆかりの寺として有名。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!